塩谷 司。 塩谷司 2014 選手データ

塩谷司の嫁や子供を調査!現在の年俸推移やプレースタイルを解説【動画】

塩谷 司

名前:塩谷司(しおたにつかさ) 生年月日:1988年12月5日 出身地:徳島県小松島市 身長:182cm 体重:78kg 塩谷司選手は、小学校時代は、地元徳島の少年サッカーチームに所属。 中学入学後は、大塚FCジュニアユース(現・徳島ヴォルティスジュニアユース)に所属し、練習を積んでいきました。 高校時代は大塚FCユースではなく、徳島県立徳島商業高校のサッカー部に所属しました。 2年次、3年次には全国高校サッカー選手権にも出場したことがあります。 高校時代のポジションはMFでした。 大学は、国士舘大学へ進学。 大学進学後もサッカー部でプレーを続けていましたが、出場機会に恵まれていませんでした。 そんな矢先、大学3年生のときのこと。 父親が急死したことにより、学費のことを考えて大学を退学し、地元の徳島で就職しようと細田三二監督(当時)にその話をしたそうです。 しかし、細田三二監督から必死に説得され、思いとどまったそう。 依然として出場機会が増えてはいませんでしたが、自主退学を思いとどまった塩谷司選手はある決意をします。 「俺はプロになる」と。 そこで、塩谷司選手は柱谷哲二コーチ(当時)に「プロになるためなら、なんでもします。 どうすればいいのか、教えてください」とアドバイスを求めたそう。 これがきっかけとなり、柱谷哲二コーチにセンターバックにコンバートを命じられたそうです。 センターバックとして鍛えられた塩谷司選手は、レギュラーとなり出場機会を増やしていくのでした。 出場機会が増えたものの、Jリーグで獲得に興味を示すクラブがなかったそうです。 しかし、2011年に柱谷哲二コーチが水戸ホーリーホックの監督に就任することになったとき、塩谷司選手を誘ったことにより、水戸ホーリーホックへ入団が決まりました。 2011年に水戸ホーリーホック入団し、2年間プレー。 水戸ホーリーホックでのプレーが評価され、2012年にサンフレッチェ広島へ移籍。 それから6年間にわたってプレー。 2014年には日本代表にも選ばれています。 2017年からはUAEの強豪アル・アインへ移籍し、現在に至ります。 今現在も一線で活躍している塩谷司選手なので、もしかしたら日本代表復帰もありえる? 塩谷司の嫁 妻 、弟について 塩谷司選手の奥さんは、サンフレッチェ広島時代に出会った方で、2013年10月に結婚しています。 奥さんは広島でモデル業をされていたそうですが、写真が見つかりませんでした。 奥さんの方が年上だそうです。 なお、2014年9月29日には、娘さんが誕生しています。 現在は、奥さんと娘さんも一緒にUAEで暮らしているようですね。 弟さんは、2人いるそうです。 上の弟さんは、塩谷司選手が大学3年生のとき、大学に入学したばかりだったそうなので2歳差くらい。 同じころ、末の弟さんは中学生だったそうなので、6歳以上の年の差があるみたいですね。 弟さんもサッカー経験者のようですが、プロ入りはしてないようなので、おそらく一般の方の可能性が高そうです。 スポンサーリンク 塩谷司の成績やポジション、プレースタイルは? 塩谷司選手のポジションはDF(センターバック)です。 現在所属しているアル・アインFCでは、左サイドバックでプレーしたこともあります。 プレースタイルは、「対人能力だけでなく、足下の技術も優れたセンターバック」です。 身長182cmなのでセンターバックの選手の中では高さがあまりない方ですが、空中戦にも強いです。 一般的に空中戦に強い選手だと、足下の技術が乏しくなりがちです。 しかし、塩谷司選手の場合、足下の技術が優れているので、センターバックから中盤の選手へ攻撃に繋げるパスを出すことができます。 そんな塩谷司選手の個人成績は・・・ 所属クラブ 在籍年 試合数 ゴール 水戸ホーリーホック 2011-2012 63 6 サンフレッチェ広島 2012-2017 193 23 アル・アインFC 2017- 44 7 ブラジルワールドカップ後、ハビエル・アギーレ監督体制のときに日本代表にも選出されたことがあります。 A代表では、2014年10月10日のジャマイカ戦と10月14日のブラジル戦に出場しています。 代表チーム 年 試合数 ゴール A代表 2014 2 0 オリンピック代表 2016 3 0 また、2016年のリオデジャネイロオリンピックではオーバーエイジ枠で出場し、グループステージ3試合すべてにフル出場しています。 現在アル・アインFCの主力として活躍している塩谷司選手。 日本代表にまた選ばれても良いと思います。 しかし、中東のクラブに移籍してしまうと、日本代表スタッフの視察があまりされていないのかもしれませんね。 日本代表の森保一監督はサンフレッチェ広島時代の恩師なので、塩谷司選手にもチャンスが巡ってくればいいなと思います。 塩谷司の年俸や移籍金は? さん sio12533 がシェアした投稿 — 2018年12月月18日午後1時54分PST 塩谷司選手へのネットの反応もまとめてみましたので、紹介します。 「塩谷司、UAEですごい人気なんだね! すごい」 「塩谷司所属のアル・アインFC凄いなぁ。 決勝進出おめでとう㊗️ 決勝でもぜひ大暴れして下さい。 世界中に塩谷司の名が知れ渡りますように。 レアル・マドリード相手に良い試合をしてくれると良いなと思います。 森保一監督、近いうちに塩谷司選手も呼んでみてはいかがですか?笑 まとめ 塩谷司選手のプレースタイルは、「対人能力だけでなく、足下の技術も優れたセンターバック」だということがわかりました。 今後もアル・アインの主力として持ち味を存分に発揮してくれることでしょう。 塩谷司選手所属のアル・アインFCが登場するクラブワールドカップ決勝レアル・マドリード戦は、2018年12月22日25:30(23日深夜)キックオフです! ぜひ、塩谷司選手に注目してみましょう!.

次の

塩谷司 (しおたにつかさ)とは【ピクシブ百科事典】

塩谷 司

塩谷司のプレースタイルは? アルアイン所属でアジアカップで日本代表としても活躍する塩谷司選手。 We are champions!! Mabrook all Alain fans!! 身長182cmとCBとしては小柄なものの、 対人守備能力の高さが特徴で、 ジャンプ力が高く空中戦もかなり強い選手です。 また、サンフレッチェ広島時代に現日本代表監督の森保一監督に 3バックの右から右サイトバックにポジションを移動するプレーを仕込まれているので、サイドバックでもプレーすることができます。 サイドバックでのプレーができる関係上 ビルドアップ能力も高く、攻撃面でも貢献度が高いCBです。 豪快なミドルシュートも強力な武器の1つで、塩谷選手のプレースタイルは「 攻撃的なCB」と言えるでしょう。 豪快!あの場面であのシュート打てるのはやばい! 塩谷司の強さの秘密とは? クラブと代表で活躍する塩谷司選手、強さの秘密とはいったい何なのでしょうか? 塩谷選手は現在UAEの アルアインというクラブでプレーしています。 アルアインはリーグ優勝13回、AFCチャンピオンズリーグ優勝1回という中東の強豪クラブです。 昨シーズンリーグ優勝し、FIFAクラブワールドカップに開催国枠で出場、決勝まで勝ち進み世界最強クラブの1つレアルマドリードと対戦しました。 残念ながら4-1で敗れてしまいましたが、なんと レアル相手に塩谷選手がゴールを決めたんです! 世界と戦い結果を出している塩谷選手、そうした環境が塩谷選手の強さの秘密なのではないでしょうか?.

次の

塩谷司が生活するコロナ禍のUAE。日本とは違う「さまざまな規制がある」|海外サッカー|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

塩谷 司

塩谷 司 名前 愛称 シオ、ソルティー、おやぶん カタカナ シオタニ ツカサ ラテン文字 SHIOTANI Tsukasa 基本情報 国籍 生年月日 1988-12-05 (31歳) 出身地 身長 182cm 体重 78kg 選手情報 在籍チーム ポジション 背番号 33 利き足 右足 ユース 南小松島FC 大松SC 2001-2003 大塚FCジュニアユース 2004-2006 2007-2010 クラブ 1 年 クラブ 出場 得点 2011-2012 60 5 2012-2017 140 17 2017- 44 7 代表歴 2 2014- 7 1 1. 国内リーグ戦に限る。 2018年12月3日現在。 2019年2月1日現在。 ( ) 塩谷 司(しおたに つかさ、 - )は、出身 の。 ・所属。 は(センターバック)。。 来歴 [ ] プロ入り前 [ ] 小学生時代は南小松島FCと大松SCに所属。 中学生年代はジュニアユース(現ジュニアユース)に所属、2歳下にがいる。 当時は全く無名だった。 2004年、に進学 、高1および高2のとき選手権(・)にミッドフィルダーとして出場している。 この選手権での活躍によりからスポーツ特待生としてスカウトされる。 2007年、国士舘大学へ進学 し、に所属する。 同期にや。 なお、後に広島でチームメイトとなるは4学年、 は1学年上の先輩にあたる。 主にボランチや左サイドのMFとしてプレーしていたものの、レギュラーを掴むに至らなかった。 2009年大学3年時、父親が急死、退学し就職を考えていたが細田三二国士大監督に説得され思いとどまる。 2010年大学4年時に、が国士大コーチに就任したことが転機となる。 この年、柱谷によりセンターバックにコンバートされ鍛えられ、レギュラーを獲得した。 大学卒業の際にはJリーグクラブからオファーがなく、唯一JFL・が声をかけたぐらいだった。 水戸ホーリーホック [ ] 2011年、柱谷がJリーグ・監督に就任すると、宙ぶらりんの状況だった塩谷を水戸に誘った。 水戸は前年まで主力だった選手が大量に移籍退団したことから大学出身の新入団選手を大量に獲得しており 、、、、、、、、、が同期入団となった。 またDFもやら主力が軒並み退団し 、DFライン再編を余儀なくされた状況だった。 その中で塩谷はレギュラーに抜擢され開幕戦からスタメン出場を果たし 、シーズン中にはDFラインのリーダーになるほど成長した。 では3試合でゴールを決めており「ダービー男」と呼ばれた。 ではと対戦し、水戸の対J1勢初勝利に貢献した。 2012年シーズンも引き続き水戸で中心選手として活躍した。 同年、この活躍によりJ1勢の・・から獲得オファーが届き 、2012年8月、広島へ完全移籍(ただし移籍金については非公開)。 これは柱谷と広島の監督が時のメンバーで、柱谷が広島を推薦したことにより決まった。 サンフレッチェ広島 [ ] 移籍当初はのバックアップとしてリーグ戦3試合の出場にとどまったが 、2013年に森脇がへ移籍すると、塩谷は3バックの一角としてスタメンに定着し、その森脇の穴を埋める以上の活躍を見せ、・と共にリーグ戦全34試合に出場しチームの連覇に大きく貢献した。 翌2014年には攻撃参加の精度に成長が見られ、第6節の戦までに4ゴールを挙げた。 最終的にリーグ戦で6ゴールを記録し、ベストイレブンに選出された。 オフにはから獲得のオファーがあったが 、「広島からワールドカップに出る」とクラブに5年契約を求め、契約を更新した。 アル・アインFC [ ] 2017年6月15日、の強豪クラブ・へ完全移籍。 移籍金は150万ドル(約1億6500万円)と現地メディア『albayan』が伝えている。 9月30日、第3節の戦で移籍後初得点を決めた。 に開催されたでは4試合にフル出場し、2得点を挙げ、チーム初の準優勝に貢献した。 なお、その内1得点はから挙げたものである。 クラブワールドカップ通算得点も4に伸ばし、 ()でもトップ10入りした(2018年大会終了時点で7位)。 日本代表 [ ] 日本代表監督の目に止まり、2014年5月の日本代表キャンプに呼ばれたものの 、この時点でのAキャップ出場はならずにも選出されなかった。 その後、監督時代の10月10日、・戦で日本代表デビューを果たした。 、監督時代2015年10月のにも選出されたが、共に出場はなかった。 2016年6月14日、に出場するの枠に選出。 センターバックに入りグループリーグ全試合フル出場を果たすも、不慣れな環境下で 、DFとの距離感が悪く、ビルドアップでもリスクの高いパスを選択して危険を招く など期待に応えられず 、チームはグループリーグ敗退となった。 2019年1月5日、の負傷離脱に伴い、に臨む日本代表に追加召集され 、森保ジャパン初選出。 3年3ヶ月ぶりのA代表復帰となった。 グループステージ第3戦の戦で代表初ゴールを決めた。 なお、このゴールを挙げたスタジアムは、所属するアル・アインのであった。 決勝戦となった戦ではが負傷した影響で、先発出場。 縦パスでの得点の起点を作ったが、試合は1-3で敗れ、準優勝となった。 所属クラブ [ ] ユース経歴• 南小松島FC• 大松SC• 2001年 - 2003年 大塚FCジュニアユース• 2004年 - 2006年• 2007年 - 2010年 プロ経歴• 2011年 - 2012年• 2012年 - 2017年• 2017年 - 個人成績 [ ] 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 日本 リーグ戦 期間通算 20 35 3 - 3 0 38 3 6 25 2 - - 25 2 33 3 0 - 1 0 4 0 34 3 2 0 6 1 42 4 32 6 3 0 3 1 38 7 27 3 4 0 2 0 33 3 30 5 0 0 2 0 32 5 14 0 2 0 - 16 0 UAE リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算 2017-18 33 18 3 2 0 - 20 3 2018-19 26 4 6 1 - 32 5 通算 日本 J1 140 17 11 0 14 2 165 19 日本 J2 60 5 - 3 0 63 5 UAE AGL 44 7 8 1 - 52 8 総通算 244 29 19 1 17 2 280 32 国際大会個人成績 年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点 33 - 1 0 6 0 - 8 2 - - 4 2 4 0 - 2 0 - 9 1 4 2 通算 AFC 29 3 9 4 その他の公式戦• 2013年• 1試合0得点• 2014年• 1試合0得点• 2015年• 2試合0得点• 2016年• XEROX SUPER CUP 1試合0得点• Jリーグ初出場:2011年3月5日 J2第1節 vs戦()• Jリーグ初得点:2011年8月21日 J2第25節 vs戦() クラブ [ ] サンフレッチェ広島• :3回(、、)• :3回(2013年、2014年、2016年) アル・アイン• :1回(2017-18)• :1回(2017-18) 個人 [ ]• :3回(2014年、2015年、2016年)• (2014年3月)• Jリーグ・優秀選手賞:1回(2015年) 代表歴 [ ] 出場大会 [ ]• 2016年 - ()• 2015年 -• 2019年 - 試合数 [ ]• 国際Aマッチ 7試合 1得点(2014年 - ) 年 出場 得点 2 0 5 1 通算 7 1 ゴール [ ] 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要 1. 東亜ハウス 脚注 [ ] []• J論 2014年10月13日. 2014年10月15日閲覧。 J論 2014年10月17日. 2014年10月15日閲覧。 中国新聞 2012年8月3日. 2014年1月24日閲覧。 徳島新聞 2010年12月29日. 2014年1月24日閲覧。 ゲキサカ 2012年10月6日. 2014年1月24日閲覧。 J's GOAL 2011年12月31日. 2014年1月24日閲覧。 徳島新聞 2011年4月24日. 2014年1月24日閲覧。 ゲキサカ 2012年6月2日. 2014年1月24日閲覧。 ゲキサカ 2011年11月17日. 2014年1月24日閲覧。 スポーツニッポン 2012年8月1日. 2014年1月24日閲覧。 スポーツ屋台村 2013年2月24日. 2014年12月15日閲覧。 サッカーキング 2013年12月8日. 2014年1月24日閲覧。 スポーツニッポン 2014年11月20日. 2015年1月10日閲覧。 中国新聞 2014年12月21日. 2015年1月10日閲覧。 サンフレッチェ広島公式サイト 2017年6月15日• SOCCER KING 2017年6月15日. 2017年6月15日閲覧。 フットボールチャンネル 2017年6月15日• ゲキサカ. 2018年12月26日閲覧。 jsports 2014年5月11日. 2014年10月15日閲覧。 サッカーキング. 2016年6月14日. 2016年8月12日閲覧。 Number Web 2016年8月7日• 『 issue13』カンゼン、2016年、53-55頁。 日刊スポーツ 2016年8月5日• 2019年1月5日• 2019年1月18日• football-zone. net 2019年1月18日• ゲキサカ 2019年2月2日 参考資料 [ ]• - 日本サッカー協会• - ゲキサカ 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - による選手データ (日本語)• sio125 -• 1 1993. 100 1993. 500 1993. 1,000 1994. 1,500 1995. 2,000 1995. 2,500 1995. 3,000 1996. 3,500 1997. 4,000 1997. 4,500 1998. 5,000 1998. 5,500 1999. 6,000 1999. 6,500 2000. 7,000 2001. 7,500 2001. 8,000 2002. 8,500 2003. 9,000 2004. 9,500 2004. 10,000 2005. 8 10,500- 20,000• 10,500 2005. 11,000 2006. 11,500 2006. 12,000 2007. 12,500 2008. 13,000 2008. 13,500 2009. 14,000 2009. 14,500 2010. 15,000 2011. 15,500 2011. 16,000 2012. 16,500 2012. 17,000 2013. 17,500 2014. 18,000 2014. 18,500 2015. 19,000 2015. 19,500 2016. 20,000 2017. 21 20,500- 30,000.

次の