借金減額の仕組み。 【国が認めた借金の減額方法の正体】借金救済制度のメリットとデメリットについて

借金の減額方法とは|なぜ減らせるの?仕組みとデメリット

借金減額の仕組み

なぜ借金減額が出来るの? 借金減額の仕組みには、いくつかの種類がありますが、まず知っておくべきことはグレーゾーン金利についてです。 元々、日本には利息制限法という法律があり、利息については以下のようなルールが定められています。 そこでサラ金と呼ばれる消費者金融では、利息制限法ではなく出資法を優先して、最大29. 利息制限法を超えるけれども出資法を下回る金利をグレーゾーン金利と呼びます。 しかし、2007年~2010年にかけて、改正貸金業法が段階的に実施され、グレーゾーン金利が撤廃されました。 それによって、以前、グレーゾーン金利でお金を借りていた人は、相手の貸金業者からお金を返してもらえることになったのです。 借金はどれくらい減額される? 任意整理などを行なうと、弁護士や司法書士は、貸金業者から取引履歴を取り寄せ、利息を計算し直します。 そこで、払い過ぎていた利息が判明すれば、その分を残債から減額することが出来ますし、残債を上回った分は過払い金として請求することが出来ます。 過払い金がどれくらい発生するかは人によっても異なりますが、 取引期間が長ければ数十万円から100万円以上発生するケースもあります。 これが合法的なやり方で借金を減額できる仕組みです。 実際にあなたの借金がどれだけ減額出来るかは以下の方法で調べることが出来ますし、借金減額の相談も可能です。 任意整理では借金が減額されない場合も ただ、この過払い金による借金減額の仕組みが利用できるのは、 最後の取引があった日から10年以内と決まっています。 今は、グレーゾーン金利が撤廃されてから、かなりの期間が過ぎているので、過払い金によって全体の借金が減額できるケースは減りつつあります。 もし、払い過ぎた利息や過払い金が発生していなければ、 任意整理では借金の元本を減額することが出来ません。 しかし、任意整理で将来利息をカットすれば、80万円分を支払う必要がなくなるので、弁護士や司法書士へ支払う手数料を差し引いても利益が残ります。 つまり、月々の返済額も減らせて、 借金の返済負担をグッと減らすことが可能となるのです。 借金を減額する別の仕組み このように、もし過払い金が発生しなければ、グレーゾーン金利の仕組みでは、借金が減額されないのですが、別の債務整理の方法を使えば、借金を減額することも可能です。 その一つが個人再生というやり方です。 個人再生では、民事再生法13章の規定によって、 借金を約5分の1に減らすことが出来ます。 ですから、任意整理で借金が減額されない場合は、個人再生によって借金を減額することもあります。 さらに、自己破産であれば、借金をチャラに 免責 してもらうことが出来ます。 まとめ このように借金を減額する仕組みやからくりというものは、極めて合法的なものであり、決して怪しいものでも嘘でもありません。 もちろん、債務整理の手続きを行うと、 信用情報機関に事故情報が登録されるなどのデメリットもあります。 しかし、そういったデメリットと借金を減額するメリットを比較して、 もし、借金を減額するメリットの方が大きいと思ったら、まずは、法律の専門家に無料相談をするところから初めてみてはいかがでしょうか? 実際、借金減額シミュレーターや借金減額チェッカーなど、借金をどれくらい減らせるか無料で診断できるサービスはいろいろあります。 ただ、 弁護士や司法書士などの法律の専門家が借金をどれくらい減額出来るか診断してアドバイスをするという基本的な仕組みはどれも同じなので、後は、実績や親しみすさを考慮しながら、選んでみれば良いと思います。 実際に、 どの方法で借金を減額するのが、あなたに一番合っているかは、個別に診断をしてもらわないと分からない部分も多いです。 ですから、自分の借金をどれだけ減るかどうかは、弁護士や司法書士に直接、相談しながら確認してみて下さい。

次の

【国が認めた借金の減額方法の正体】借金救済制度のメリットとデメリットについて

借金減額の仕組み

あなたの現在の借金をすべて返し終わるのはいつ頃になりそうですか? 1年後ですか?10年後ですか?それとも、もっと先になりそうですか?• このままのペースだといつになったら返済が終わるのか見当がつかないし、あまり借金のことは考えたくない。 借金の借入先がたくさんあって、どこにいくら借金が残っているのか把握しきれていないのでわからない。 すでに毎月ちゃんと返せていなくて支払いが滞りがち。 借金をして別の借金を返済しているからこの先どうなるのか。 もし、今ある借金を減額することができて、少しでも返済期間が短くなればこれほど嬉しいことはありませんよね。 毎月の支払いに追われ、何かイベントごとがあっても給料は返済にまわってしまうため余裕のない暮らし。 早くそんな借金生活から抜け出したいと思いませんか? このページの目次 CLOSE• 現在の借金を返し終わるのはいつになる? 毎月の支払いは正直きつい。 早く借金をすべて返し終えたい。 そもそも、これ以上借金を返済していくことができない…。 借金の返済について思い悩んでいる人はとても増えています。 病気やリストラなどが原因で生活費を借入れた人、買い物でクレジットカードを使いすぎた人、遊興費のためにキャッシングを繰り返した人。 借金を始めた理由は違っても、早く借金問題を解決したいと思うのは一緒です。 ここからは借金問題を早期解決する方法を一緒に考えていきたいと思います。 借金を減額できるのは本当? 借金を減額できると聞くと、借金で悩んでいる人にとっては、とても気になる事だと思います。 最近ではテレビCMや、インターネット広告などでよく目にする機会もあるため尚更です。 自分の借金も減額ができるのか、どうやったら減額できるのか、その方法が知りたいですよね。 結論から言うと、借金を減額することは可能です。 人によっては大幅に減額できることもあります。 ただし、借金の種類や債権者によってはあまり減額できない場合もあるので注意が必要です。 借金の減額が難しい種類のものや、減額に関することには一切応じてくれない債権者もいるため、自分の借金が減額できる借金なのか調べる必要があります。 それでは、借金を減額して返済していく方法とはどんなものがあるのでしょうか。 減額して返済していく方法とは 実は、借金を合法的に減額できる方法がいくつかあります。 それは「債務整理」という方法です。 その債務整理にはいくつか種類があり、代表的なものが「任意整理」「個人再生」「自己破産」があります。 その中で減額して返済していく方法は「任意整理」か「個人再生」です。 自己破産は借金を全額免除にする方法なので、今回はこの2つの方法について説明していきます。 任意整理 過払い金があればさらに減額可能 まず「任意整理」です。 任意整理は、他の債務整理と比べると、裁判所を通さないので比較的簡単な手続きです。 債権者と直接交渉をして、借金の減額や返済期間を決めていきます。 キャッシング契約は利息制限法に基づいて計算すると過払い金が発生している場合や、借金総額が大幅に減額できる場合があります。 過払い金は返還請求することもでき、戻ってくればその他の借金の返済に充てることも可能です。 その他にも、今後支払う利息をカットして残金をどのように返済していくか交渉していくなどします。 金利の高いカードローンやキャッシングを利用している人に有効な債務整理の方法です。 減額した借金をだいたい3〜5年の分割払いで無理のない返済計画をたて、債権者と合意書をかわし返済していきます。 個人再生 さらに大幅な借金減額が可能 次に「個人再生」です。 個人再生は、裁判所に借金を大幅に減額して分割弁済していきたい旨申し立てをする方法です。 裁判所が提出した返済計画を認めてくれた場合、大幅に減額した借金を分割で支払っていきます。 原則、借金総額の5分の1までカットできそれを3年の分割払いで支払います。 任意整理では、金利分を取り戻したり、カットしたりして減額を計るので、もともと金利が高くないローンや元金が大きい場合は借金の減額をあまり望めません。 そのため、任意整理ではあまり減額を望めない人に有効な債務整理の方法です。 それに、住宅ローンがある人も申立てができ、住宅ローンを支払いながら借金を返済していくことも可能な場合があります。 住宅ローンがあり住宅を手放したくない人にも有効な方法です。 ただし、裁判所に提出した書類を認めてもらわないといけないため、しっかりと生活再建の道筋をたて借金の減額が必要なことを記さないといけません。 この一連の作業は任意整理と比べると、とても大変です。 多くの人が利用している借金の減額 債務整理で減額して返済していく方法を簡単に説明しましたがいかがでしたか? 任意整理や個人再生を実際にするには具体的にどうしたらいいのかというと、まずは借金について専門家に相談することです。 借金の専門家は弁護士や司法書士です。 専門家に相談して解決することが借金問題解決のもっとも近道と言えます。 しかし、なかなか専門家に相談する機会はありませんよね。 たくさんある法律事務所からどこがいいのかわからない、そもそも高額な相談料を請求されても支払えない等、色々と心配してなかなか一歩踏み出せないと思います。 無料で専門家のアドバイスを聞く機会 そんな時は、無料の法律相談という方法があるのをご存知ですか? 無料相談なら、最初から高額な相談料を請求される心配もないですし、無料でも相手は弁護士や司法書士などの専門家です。 まずは、あなたの借金を減額して返済していくことが可能か的確にアドバイスしてくれます。 減額できる借金かどうかわかってから、債務整理を依頼することも可能なので相談する際に聞いてみましょう。 多くの人が借金の減額をして完済することに成功しています。 あなたも借金の減額をして完済を目指してみてはいかがでしょうか。 \まずは気軽にCHECK/ あなたの借金をどれだけ減らせるかを 匿名・完全無料で診断できます。

次の

借金減額シミュレーターを今すぐやってみる!

借金減額の仕組み

このページの目次 CLOSE• 借金減額方法は怪しい? 嘘じゃない? いま返済している借金を減らせれば、生活がラクになりますよね。 私も借金減額に成功しましたが、その後はみるみる借金が減っていきました。 マックス200万の借金が、気付けば完済していたんですよね。 「でも…本当に借金減らせるの?」 と思うのは当然です。 「なんか…怪しくない? 嘘じゃないの?」 と感じるかもしれません。 しかし 借金減額方法の仕組みは至ってシンプルです。 借金減額の仕組みとカラクリ1【過払い金返還請求】 まずは過払い金返還請求という方法があります。 シンプルに言うと、 「今までに払い過ぎた利息があれば、交渉次第で取り戻せる」という仕組みです。 近年の借金には該当しませんが、• まず元本から、払い過ぎた利息を引く• 元本がゼロになっても払い過ぎていれば過払い請求 という仕組みです。 しかし自分で過払い金を計算するのは面倒ですし、過払い金があると分かっても、貸金業者との交渉は別ものです。 主に過払いが期待できるのは、 消費者金融(サラ金)とクレジットカードのキャッシングですが、どちらも自分で交渉するとなれば、法律知識に加えてテクニックが必要です。 さらに、自分の借金交渉を自分自身で行う、という心理的なハードルの高さもあります。 そのため、素直に弁護士事務所にお願いすると良いでしょう。 借金減額診断で過払い金が分かる 今は無料相談を受けている弁護士事務所が多いですし、 全国対応、24時間受付の事務所もあります。 弁護士に無料相談すれば、過払い金があるかどうか分かりますし、費用は掛かりますが、その後の返還交渉も行ってもらえますよ。 しかし『弁護士』という言葉に敷居の高さを感じてしまうかもしれません。 「いきなり弁護士事務所に電話するのは抵抗がある…」 と思う方が多いんですよね。 今は、 弁護士事務所の借金減額診断があります。 借金減額診断なら、ネットから気軽に申し込めますし、まずは匿名&住所不要で申し込めます。 つまり、 「いきなり電話をかけなくても良い」ということです。 申込みは1分で完了しますので、気軽に利用してみて下さい。 以下のページから申し込めます。 具体的な効果は以下ですね。 将来利息をカット(0円)• 遅延損害金をカット(0円)• 残った元本を原則36回〜60回で分割払い 上記の交渉を 任意整理と言いますが、要するに実質的な借金減額です。 利息の支払いが無くなるわけですからね。 あなたの借金額や収入にもよりますが、元本の返済だけなら楽に続けられるかもしれません。 ただし返済は続くので、支払を続けられるだけの収入は必要になります。 もし「任意整理でも厳しい」という場合は、 後述する個人再生や、自己破産もありますね。 そのような判断も、借金減額診断が行ってくれますよ。 そもそも借金の利息っていくらなの? 貸金業者からの借金の金利に関しては、利息制限法という法律により、 100万以上の借入れの利息は年15%まで と決められています。 もしあなたの借金が100万円で年利15%、元本が全く減らなければ、 年間15万円の利息が付く、ということです。 200万なら年利30万• 300万なら年利45万• 400万なら年利60万• 500万なら年利75万 単純計算で上記ですね。 毎月の返済には元本部分も含まれますが、 常にマックスまで借入れていれば、利息は全く減りません。 それどころか、じわじわ利息分が増えていくことでしょう。 リボ払いの利息がゼロ=借金減額となりました 私はリボ払いで金銭感覚がマヒしていたので、返済後、すぐに限界まで借入れていました。 その場合も、 「任意整理に成功すれば利息がゼロになる」ということです。 最初は「利息なんて余裕じゃない?」と思っていても、借金額に伴って負担が大きくなります。 さらに、 借金で借金を回す生活になれば、自力脱出は困難ではないでしょうか。 しかし任意整理で利息がゼロになれば、毎月の返済で、着実に元本が減っていきますよ。 さらに任意整理には、「原則36回〜60回の分割払い」というメリットがあります。 私は60回の分割でも厳しかったので、もっと返済回数を多くしてもらいました。 その分、返済期間は長くなりますが、毎月の負担は減ったんですよね。 その結果、 キャッシングとカードローンの利息がゼロになり、任意整理によって完全に救われましたよ。 尚、任意整理すると一定期間、クレジットカードを作れなかったり、ローンを組むことが難しくなります。 だからこそ、新たな借金を作らずに済むんですよね。 借金グセを克服するには、そのくらいの荒療治が必要ではないでしょうか。 デメリットに感じる方もいますが、むしろメリットと思って下さいね。 借金減額の仕組みとカラクリ3【個人再生】 借金を減らす仕組み、カラクリとして 『個人再生(個人民事再生)』があります。 民事再生法という法律で定められているので、国が認めた借金減額方法と言えますね。 個人再生を簡単に言うと以下です。 任意整理では原則、元本が減りませんが、 個人再生が認められれば大きく減らせる、ということです。 ただし借金100万未満は『減額なし』、3000万円〜5000万円で最大幅の10分の1になることから、 借金額が多い方がメリットを受けやすい整理方法 と言えるでしょう(ただし借金5000万円を超えると利用できません)。 他にも、個人再生のメリットとして以下がありますね。 住宅ローン返済中の持ち家を残せる可能性がある• 自己破産と違って財産の処分が必須ではない• 自己破産のように一定期間の職業制限がない そのため、自己破産だけは避けたい、という方が利用することもありますよ。 ただし個人再生には各種条件がありますので、まずは以下を利用して、あなたに合った整理方法を知ると良いでしょう。 任意整理や個人再生よりも、自己破産はイメージしやすいのではないでしょうか。 特に借金問題に苦しんでいれば、日常的に『自己破産』という言葉が耳に入りますよね。 自己破産は個人再生と同じく、 裁判所に申請する手続きです。 一定の価値ある財産を手放すかわりに、原則すべての借金が免除されます。 そして返済義務がなくなります(税金など一部を除く)。 ただし支払い不可能かつ、裁判所で免責が許められなければなりません。 借金理由が以下なら免責が認められない(免責不許可事由)に該当するでしょう。 パチンコや競馬などのギャンブル• クレジットカードの換金行為• ブランド物の浪費• 株、先物取引、FX• 名義貸し しかし免責不許可事由に該当していても、100%免責されないとは限りません。 実際は「大多数のケースで免責が認められている」とも言われていますが、その辺りは借金減額診断を利用して、 弁護士に相談して下さい。 自分自身で「自己破産で借金がチャラになるから大丈夫」と思って申請しても、免責が下りなければ借金は残りますからね。 手続き自体が複雑ですし、必要な書類も多いので、素直に専門家に相談するのがベストです。 借金減額Q&A 借金減額の良くあるQ&Aを見ていきましょう。 借金減額は周囲に知られる? 家族に秘密で手続き出来る? 借金減額のうち、 任意整理は周囲に内緒で手続きを進めやすいと言われています。 ただし、 個人再生と自己破産は裁判所に申請する手続きですし、官報に氏名が掲載されるため、難しいようです。 秘密のまま自己破産した方もいますが、その辺りは弁護士事務所の判断によりますね。 基本的に任意整理は内緒で進めやすく、個人再生・自己破産は難しいのではないでしょうか。 私自身、任意整理の経験者ですが、周囲には全く知られませんでした。 自分から言わない限り、 家族や友人、職場に知られることはありませんでしたよ。 あなたに合った借金整理を知るためにも、借金減額診断を利用すると良いでしょう。 借金減額するとクレジットカードは使える? 任意整理、個人再生、自己破産ともに、今まで利用していたクレジットカードは使えなくなるでしょう。 また、 最低5年は新しくカードを作成できないと言われています。 信用情報機関に情報が登録(いわゆるブラックリスト)されるためですね。 クレジットカード会社が信用情報機関を参照するので、新しくカードを作るのは困難です。 ただし借金延滞が長引けば、いずれにせよ信用情報機関に事故情報が登録されます。 そのため、• 任意整理で利息を無くす• 個人再生で元本を減らす• 自己破産で借金免除 上記を選ぶことで、根本的な借金解決に繋がるのではないでしょうか。 その辺りも弁護士事務所に相談して決めて下さいね。 借金減額すると住宅ローン・車のローンは組めない? 絶対に組めないわけではありませんが、組みにくくなるでしょう。 クレジットカードの項目でお話ししたように、• 任意整理• 個人再生• 自己破産 上記を行うと、信用情報機関に事故情報が登録されます。 そして事故情報が消えるまで(一般的に5年間)は、ローンを組むのは難しいんですよね。 ただし債務整理の理由として以下があると思います。 借金により生活が圧迫されている 将来的にローンを組みたいと思っている場合も、まずは一般的な金銭感覚を取り戻して下さい。 取り戻した後にローンを組むのなら、計画どおり返済できるはずです。 つまり、借金を整理した後の期間は、金銭のリハビリ時期と考えると良いですよ。 私も任意整理するまで、確実に金銭感覚が狂っていましたが、任意整理後は家計簿を付けています。 そして 金銭感覚を矯正したんですよね。 お金の出入りを管理すれば、収入の範囲で生活できるようになるでしょう。 その期間にローンの頭金を貯めれる可能性もありますよ。 ぜひリハビリ期間と捉えて、借金減額を考えて下さいね。 借金減額の広告には裏がある? 借金が減る広告は本当? 借金減額でGoogle検索すると、関連ワードとして、• 借金減額 広告• 借金 減る 広告 と表示されることがあります。 それだけGoogleやYahoo! のような検索エンジンで、調べる方が増えているのでしょう。 実際、 弁護士や司法書士のテレビコマーシャルを見かけますよね。 主に過払い金に関するCMが多いようですが、あまりに広告が多いと、「何か裏があるのでは?」と思ってしまうかもしれません。 しかしこのページで説明したように、借金減額には根拠があります。 過払い金返還請求• 任意整理• 個人再生• 自己破産 上記によって、 借金を取り戻せたり、借金減額できたり、免除になる可能性がある、というわけですね。 そのような債務整理の依頼を受けている弁護士・司法書士が、テレビやラジオでCMを流している、という仕組みです。 特に受注件数が多い弁護士・司法書士の広告が多いのではないでしょうか。 債務整理の受注件数が多い=広告費の予算を立てやすい と予測できますよね。 いずれにしても、借金減額の仕組みには根拠がありますので、まずは無料診断から始めると良いでしょう。 当サイトから良く利用されている弁護士の減額診断は以下です。

次の