こんにゃくの保存方法。 こんにゃくを冷凍・保存・解凍調理する方法

余ったこんにゃくの保存方法は?

こんにゃくの保存方法

料理の名わき役、主役にもなる素敵な食品な訳なんですが・・・。 開封してしまうと保存期間が落ちてしまいます。 半分だけ使いたい時とかって結構ありますよね?(あるんですッッッ!!) そんな時は冷蔵での保存がオススメッッッ!! 冷凍してしまうと、こんにゃくの食感が変わってしまい、こんにゃくがこんにゃくじゃ無くなってしまいます。 ただGoogleで調べると冷凍こんにゃくのレシピが出てくるので冷凍保存してもいいんですが・・・余ってしまった、こんにゃくでもちゃんと 冷蔵保存すれば 1週間~1か月は保存が効きます。 今回は余った(余ってしまった)こんにゃくの 冷蔵保存方法のお話しをしていきたいと思います。 それではどうぞッッッ!! 水道水を使って冷蔵保存。 パックに入っていた水を捨ててしまった場合、水道水を使って冷蔵保存も可能です。 タッパーや密封容器にこんにゃくが浸るぐらいの水道水を入れ冷蔵保存します。 ただ水道水を使う場合は 2~3日に1回は水を取り替える必要があり 保存期間は1週間を目安に。 そして水道水を使っている為、こんにゃくのアルカリ水が水に溶けていきます。 その為こんにゃくの食感が変わります。 決して腐っいる訳ではありませんが気になるようであれば食べない事が望ましいです。 では次に、こんにゃくが腐ったらどのようになるのかお話ししていきますね。 こんにゃくが腐ったらどうなるの? 凄い悪臭 ヌメリがある ドロっとしていたり形が崩れている 浸している水に膜が張ってある このような状態であれば絶対に食べないようにしてください。 腐るとかなりの悪臭が出るので分かりやすいかとは思います。 開封前のこんにゃくでも袋が膨張しているようであれば腐っている可能性が高いです。 こんにゃくは長期保存すると縮む事があります。 それはこんにゃくから水分が出て縮んでいるだけで、先ほどの状態でなければ食べる事はできます。 いかがだったでしょうか? 自分なりに調べた余ったこんにゃくの冷蔵保存方法です。 こんにゃくは様々な料理に使えるしお手頃値段で売られていますよね。 ただ1つのサイズ感が結構大きいので料理のサブに使うを余ってしまう事って結構あるんですよね(苦笑) 余らすと勿体ないから無理やり入れるとかよくしてました(笑) けど余ったこんにゃくの冷蔵保存方法を知ってからは上手に活用しています。 こんにゃくを無駄にしない為にも是非有効活用してください。

次の

こんにゃくは冷凍保存できる?冷蔵で長持ちの方法、賞味期限切れは?

こんにゃくの保存方法

こんにゃくは低カロリーでダイエットに最適なヘルシー食材、かつ、さままざまな料理に活用しやすい食材です。 日々の食卓でも登場しやすい こんにゃくですが、賞味期限が切れていても半年から1年くらいは保存できるという話は本当なのでしょうか?こんにゃくはなんとなく 長期保存できる食材、賞味期限が長い食材というイメージがあるかと思います。 今回は こんにゃくが賞味期限を切れても食べられるかどうかについて、未開封、開封後とそれぞれの状態において詳しく調べてみました。 また、美味しく食べられる期間である 「賞味期限」をより長く延ばすための保存方法の工夫についても紹介しています。 本記事を参考にこんにゃくの賞味期限と上手に付き合えるようになりましょう。 こんにゃくの賞味期限は製造日から30日~90日程度ともともと長いほうですが、未開封なら半年から1年くらい過ぎていても食べられると聞いてもなんとなく不安を覚える人もいるかもしれません。 未開封のこんにゃくなら1年過ぎても本当に食べられるのでしょうか? 答えは、未開封のこんにゃくなら賞味期限を1年過ぎても「 食べられる、しかし食味を損なう」です。 実はこんにゃくは未開封の状態にあっても賞味期限を過ぎると徐々に水分が抜けていきます。 水分が抜けることを「離水」というのですが、この離水の結果、 こんにゃくは痩せていき食べるときにやや硬い食感となってしまうのです。 また、覚えておきたいのは 絶対に腐らないとは言えないという点です。 未開封で賞味期限を過ぎて1年程度であっても、開けた時に例えば 異臭があったりぬめりがあるような場合は腐敗している証拠ですのでくれぐれも注意しましょう。 賞味期限を過ぎたこんにゃくは、自分の目でみて腐っていないかどうかしっかりと確かめる必要があるということです。 未開封のこんにゃくなら保存状態さえ良ければ賞味期限を半年から1年過ぎていても腐ることはない、そう言える根拠はどこにあるのでしょうか? スーパーで普通に売られているこんにゃくはすべて梱包されています。 市販のこんにゃくは製造時に加熱殺菌された状態で衛生的にパッキングされていますので、未開封であれば空気を遮断し腐りにくいのです。 これらのことから、 未開封かつ高温でないなど環境的に正しい保存状態であれば、賞味期限が1年程度過ぎていても腐敗しにくいと言われています。 とはいえ、重ねて言いますが賞味期限を過ぎたこんにゃくが本当に腐敗していないかどうか、しっかりと自分の目で確かめる必要があります。 見た目だけでなく見た目にも注意してチェックしましょう。 こんにゃくの賞味期限を延ばす正しい保存方法については後述しますが、ここでは簡単に 開封後の保存方法についてどのような方法があるのか紹介しましょう。 こんにゃくといっしょに包装されていた アク水に浸けるのが一番よいですが、水道水でも大丈夫です。 水を毎日替えれば開封後のこんにゃくも数日は傷むことなく保存できます。 水に浸けたこんにゃくであればこんにゃくの離水を防ぎ、ある程度状態を保ったまま保存することが可能です。 ただし、再度使う場合は見た目と匂いを確認してこんにゃくが傷んでいないかチェックしてから使うようにしましょう。 こんにゃくを1枚丸ごと使わず、使い切れないこんにゃくを保存する人も多いかと思います。 その際に 水に浸けておくとより賞味期限を長く延ばすことが可能です。 こんにゃくと一緒に封入されていたアク水があれば、それを使いましょう。 アク水はこんにゃくと同じ濃度のアルカリ水であり、こんにゃくの状態を保持する成分が含まれているためです。 アク水がない場合は水道水に浸しても大丈夫です。 こんにゃくがしっかりと被るように水に浸けます。 こんにゃくを浸けておく水道水は毎日替えてください。 開封後のこんにゃくは2日から3日で使い切るのがベストですが、 保存状態が良ければ1週間から1か月程度保存することも可能です。 こんにゃくの状態を確かめて使いましょう。 一度 冷凍したこんにゃくは、解凍すると牛すじのような硬い食感に変化します。 これを利用してあえてこんにゃくを冷凍し、レシピに活用することもできます。 冷凍こんにゃくを作るなら、 保存する前に下ごしらえをしておきましょう。 まず適当な大きさに切ったこんにゃくを1~2分程度茹で、アクを抜きます。 ざるにとって水気をとったらフリーザーバッグなどに移して冷凍しましょう。 解凍は自然解凍するか、流水に当てながら解凍します。 解凍後はしっかりと絞ってこんにゃくの水分を出して下ごしらえは完了です。 画像のように炒め物に使っても良いですし、煮物にしても味がしみこみやすく美味しく仕上がります。 また、 肉のような食感を利用して唐揚げにするのも美味しいです。 鶏肉のから揚げよりもヘルシーに作れます。 冷凍こんにゃくの賞味期限は1か月程度が目安です。 賞味期限が切れそうなこんにゃくを冷凍しておくのも料理の幅が広がり良いかもしれません。 こんにゃくが腐っているかどうかを見極める方法、まずは見た目に注目しましょう。 未開封の場合なら包装されているパッケージごしに、こんにゃくの端を触ってみてください。 ぐにゃりとした感触がしたらこんにゃくの腐敗が進んでいる証拠ですので要注意です。 未開封で袋に入っている場合、 浸けている水が濁っていたり、袋自体が膨張していたりしていてもアウトです。 また、開封後にボウルやタッパーに移し水を張って保存する際も、その 水に膜が張っていたり、ぬめりが見られるようなら傷んでいる証拠ですので食べてはいけません。 次に見た目以外にも、 匂いでこんにゃくの腐敗が分かるケースもあります。 こんにゃくは腐敗すると強烈な悪臭を放ちます。 ツンとした匂いがしたらそのこんにゃくはもう腐っているという意味ですから、決して食べないようにしてください。

次の

こんにゃく・しらたきについて

こんにゃくの保存方法

料理の名わき役、主役にもなる素敵な食品な訳なんですが・・・。 開封してしまうと保存期間が落ちてしまいます。 半分だけ使いたい時とかって結構ありますよね?(あるんですッッッ!!) そんな時は冷蔵での保存がオススメッッッ!! 冷凍してしまうと、こんにゃくの食感が変わってしまい、こんにゃくがこんにゃくじゃ無くなってしまいます。 ただGoogleで調べると冷凍こんにゃくのレシピが出てくるので冷凍保存してもいいんですが・・・余ってしまった、こんにゃくでもちゃんと 冷蔵保存すれば 1週間~1か月は保存が効きます。 今回は余った(余ってしまった)こんにゃくの 冷蔵保存方法のお話しをしていきたいと思います。 それではどうぞッッッ!! 水道水を使って冷蔵保存。 パックに入っていた水を捨ててしまった場合、水道水を使って冷蔵保存も可能です。 タッパーや密封容器にこんにゃくが浸るぐらいの水道水を入れ冷蔵保存します。 ただ水道水を使う場合は 2~3日に1回は水を取り替える必要があり 保存期間は1週間を目安に。 そして水道水を使っている為、こんにゃくのアルカリ水が水に溶けていきます。 その為こんにゃくの食感が変わります。 決して腐っいる訳ではありませんが気になるようであれば食べない事が望ましいです。 では次に、こんにゃくが腐ったらどのようになるのかお話ししていきますね。 こんにゃくが腐ったらどうなるの? 凄い悪臭 ヌメリがある ドロっとしていたり形が崩れている 浸している水に膜が張ってある このような状態であれば絶対に食べないようにしてください。 腐るとかなりの悪臭が出るので分かりやすいかとは思います。 開封前のこんにゃくでも袋が膨張しているようであれば腐っている可能性が高いです。 こんにゃくは長期保存すると縮む事があります。 それはこんにゃくから水分が出て縮んでいるだけで、先ほどの状態でなければ食べる事はできます。 いかがだったでしょうか? 自分なりに調べた余ったこんにゃくの冷蔵保存方法です。 こんにゃくは様々な料理に使えるしお手頃値段で売られていますよね。 ただ1つのサイズ感が結構大きいので料理のサブに使うを余ってしまう事って結構あるんですよね(苦笑) 余らすと勿体ないから無理やり入れるとかよくしてました(笑) けど余ったこんにゃくの冷蔵保存方法を知ってからは上手に活用しています。 こんにゃくを無駄にしない為にも是非有効活用してください。

次の