バンドル カード 問い合わせ。 【バンドルカード徹底解説】利用メリットと安全な使い方(口座維持手数料は無料!)

バンドルカードでiTunesカードの購入は不要?App Storeのアプリ課金が楽になる方法

バンドル カード 問い合わせ

コンテンツ• バンドルカードの残高返金は出来ない• バンドルカードをもう利用しない。 バンドルカードに残っているチャージ残高を返金して欲しい。 上記の様に、バンドルカードに残っている残高を返金して欲しい場合、返金して貰えるのだろうか…? 結論からお伝えしましょう。 残高の返金は基本的にして貰えません。 では残っている残高を利用しなかった場合どの様になるのでしょうか。 詳しく解説します。 残高を利用しない場合 バンドルカードに残っている残高を利用しなかった場合、残っている残高はどうなるのだろうか… 戻ってこないのだろうか…不安になってしまいますよね。 残高を 使い切らず放置した場合は、 残高は戻ってきません。 口座維持費として、チャージしたお金は引かれるのです。 詳しく解説しましょう。 バンドルカードの様なプリペイドカードは、カードを維持する為に口座維持費の様な費用がかかります。 上記の理由から120日間バンドルカードを利用しなかった場合、 以降30毎に ¥100引かれるのです。 その後残高が¥100未満になると、 自動的にカード解約になります。 バンドルカードにお金が残っている状態で放置した場合には、お金が引かれ続け¥ゼロになってしまうのです。 口座維持費で引かれない様にする方法 残高を利用しないままにすると、口座維持費がかかり残高から¥100づつ引かれてしまうのです。 残高を返金してもらう事は出来ないので方法は1つしかありません。 残高を使い切りましょう! 残高をショッピングで使い切り、残高をゼロにして下さい。 残高を使い切れば、 口座維持費として引かれる事はありません。 お金が失くなってしまわない様に、ネットショッピングで活用しましょう。 退会方法• もうバンドルカードは利用しない!• 残高もキリがいい所まで使い切った! そんな時には退会手続きを取りましょう。 退会手続きは バンドルカードアプリから行う事が可能です。 (1)アプリ内の「問い合わせフォーム」クリック (2)「退会・カードの停止をしたい」をクリック (3)必要事項を入力 (4)送信 (1)〜(4)の順に退会希望の旨を送信しましょう。 この時に残高が残っていた場合、残高の返金はされませんので注意が必要です。 問い合わせフォームの受付は平日9:30〜17:00までです。 注文キャンセル時の返金 amazon等のネットショッピングをした場合に、注文をキャンセルしたい時ありますよね。 注文キャンセル時の返金はして貰えるのだろうか… もちろん返金して貰えます。 通常注文支払い時から 46日前後ののちに返金されるのです。 「え、そんなにかかるの?」 私もそう感じました。 その理由を詳しくお伝えしましょう。 返金処理に46日前後かかる理由 注文キャンセル後の返金処理は、 注文支払い時からおよそ 46日前後ののち完了します。 なぜそんなに時間がかかるのか、理由がきちんとあるのです。 しかし多くの加盟店では、お客さんが注文をキャンセルしてもカード会社へ 返金伝票を送ってこない場合の方が多いのです。 その様な事があり、46日前後ののちに返金となります。 加盟店から返金伝票が送られてくれば、その瞬間に返金されます。 46日前後の時間はかかりますが、注文キャンセル時の返金はきちんとして貰えるので安心しましょう。 問い合わせ方法 返金についてや、何かわからない事があればサポートデスクへ問い合わせをしましょう。 バンドルカードには問い合わせ方法が 2つあります。 問い合わせフォーム 上記2つの方法で問い合わせをする事が可能ですが、 電話での問い合わせをオススメします。 それぞれの問い合わせ先について紹介しましょう。 電話で問い合わせる 緊急、 早く問い合わせをしたい際には 電話での問い合わせがオススメです。 電話での問い合わせはバンドルアプリから電話を架ける事が出来ます。 (1)メニューをクリック アプリ画面左上のメニューボタンをクリックしましょう。 (3)お問い合わせをクリック 画面中央にあるサポート項目の中からお問い合わせをクリックしましょう。 (4)電話をかけるをクリック 画面を下へスクロールすると「電話をかける」バーが出てきます。 クリックしましょう。 電話をかけるバーをクリックすると、そのままサポートデスクへ繋ぐ事が出来ます。 受付時間は平日9:30〜17:00までです。 時間内に電話をして問い合わせをしましょう。 問い合わせフォームで問い合わせる 問い合わせフォームからの問い合わせは、 2営業日以内での返信になります。 急いで居ない時には、便利ですが急ぎの場合にはオススメしないです。 問い合わせフォームからの問い合わせもバンドルカードアプリから問い合わせをします。 (1)メニューをクリック アプリ画面左上のメニューボタンをクリックしましょう。 (3)お問い合わせをクリック 画面中央にあるサポート項目の中からお問い合わせをクリックしましょう。 (4)バンドルカードをクリック 対象のカードを選択します。 バンドルカードを選択しましょう。 (5)カテゴリーを選択 カテゴリーを選択します。 (6)必須項目入力• メールアドレス (必須)• 名前(任意)• 件名 (必須)• 説明 (必須)• 電話番号 (必須)• VID(変更不可)• 添付ファイル(任意) 上記7つの項目を入力しましょう。 名前と添付ファイルに関しては任意ですので、空欄でも問題ありません。 (7)送信 必須項目を入力したら、送信しましょう。 受付時間は平日9:30〜17:00までです。 まとめ• チャージ残高は返金してもらえるのか• 注文キャンセル時の返金は、どうなっているのか 上記2つについて詳しく紹介してきました。 結論を再度お伝えしましょう。 チャージ残高の返金はしてもらう事が出来ません。 チャージ金額を使わずに120日放置していた場合には、口座維持費として以降30日毎に¥100円づつ引かれて行くのです。 結果として放置した場合には、残高からお金が減っていきます。 そうならない為には、残高を利用しきりましょう。 注文キャンセル時の返金は勿論返金してもらう事が出来ます。 商品注文から46日前後でバンドルカードへ支払い分の金額が戻されるのです。 上記の点を踏まえた上でバンドルカードを利用しましょう。 不明な点があれば問い合わせフォームからサポートデスクを問い合わせをするのも1つの手です。

次の

「バンドルカード」の問い合わせ電話番号を紹介!

バンドル カード 問い合わせ

バンドルカードはVISAのマークが付いているプリペイドカードなので様々なオンラインショップでクレジットカード払いが可能です。 特にクレジットカードが持てない若い世代の利用が多いバンドルカードは実店舗での利用よりもオンライン決済で利用されることが多いようです。 もっとも利用される用途として多いものの1つとしてアプリ課金が挙げられます。 App Storeで課金する場合、バンドルカードをApple IDに登録しておくと直接課金ができるので iTunesカードが不要になるので手間が省けますよ。 まだバンドルカードを持っていない方は無料で発行できるのでダウンロードしておきましょう。 バンドルカードアプリ無料ダウンロードはこちら もくじ• バンドルカードでApp Storeのアプリ購入・課金する3つの手順• バンドルカードにお金をチャージ• Apple IDにバンドルカードを登録• アプリ購入または課金 バンドルカードに1円以上お金がチャージされていないとApple IDへバンドルカードを登録することができません。 残高が0円の人はまずはバンドルカードにチャージを行います。 バンドルカードにチャージが済んだらApple IDにバンドルカードを登録していきます。 一度、バンドルカードを登録してしまえばアプリの購入や課金分が自動で引き落とされますのでiTunesカードを買ってコードを入力する手間が省けて便利です。 Apple IDにバンドルカードの登録が済んでしまえばあとはバンドルカードのチャージ残高分だけアプリ購入や課金ができます。 バンドルカードアプリ無料ダウンロードはこちら バンドルカードにお金をチャージするには バンドルカードにお金をチャージする方法はいくつかあり、アプリを開いてチャージタブをタップしてみると選択できるようになっています。 ポチッとチャージ• コンビニ払い• クレジットカード払い• ケータイ払い• ビットコイン払い• ネット銀行払い• 銀行ATM(ペイジー)払い 最も手軽にチャージできるのはポチッとチャージで手数料がかかりますがコンビニにいかなくても良ければ振込をする必要がありません。 後払いでチャージする方法となりますからすぐにチャージしたい場合に利用します。 仕様によって異なりますがコンビニ端末を利用して入金する場合やレジでスマホのバーコードを読み取ってもらい支払う方法などがあります。 クレジットカード払いはチャージ分をクレジット決済で入金します。 ケータイ払いに関しては一時利用停止となっているので現在は利用できません。 ビットコイン払いはチャージリクエストを作成した後、入金アドレスへウォレットから送金してチャージします。 ネット銀行払いはチャージリクエストを作成するときにどの銀行から振り込むのか銀行一覧が出てきますのでお持ちの銀行を選択して入金します。 銀行ATM(ペイジー)払いは自分の銀行口座から送金するわけではありません。 銀行ATMさえあれば現金でチャージができます。 チャージリクエストで作成した収納機関番号、お客様番号、確認番号をATMに入力して振込ます。 バンドルカードのチャージの仕組みがいまいちわからないそんなことはありませんか? チャージ残高上限も累計保有と月内、1回分など細かく分けられているのでたまにわかりづらいときがあります。 今回はバンドルカ... Apple IDにバンドルカードを登録 バンドルカードに残高がある状態でないとApple IDにバンドルカードを登録することができませんので予めチャージをすませ残高がある状態で行います。 Apple IDはiPhoneの設定アプリから 「iTunes StoreとApp Store」を選択して 「Apple ID: メールアドレス」をタップします。 Apple IDを表示させ 「お支払い情報」のカード情報項目に バンドルカードの情報、 請求先情報を入録して登録を行います。 バンドルカードの情報はバンドルアプリのカードタブで確認できます。 注意点は名義人が共通で「VANDLE USER」であること、ご自身の氏名を入れても決済できませんので間違えないようにしましょう。 バンドルカードのカード情報をタップするとコピーできるので簡単にApple IDにバンドルカードを登録することができると思います。 バンドルカードでアプリ購入または課金 App Storeでアプリを購入するときは対象アプリをタップすると金額部分が【購入】に変わるので再度タップで確定させます。 ゲーム内の課金に置いてもガチャを回すためのダイヤやコインなどの購入金額はバンドルカードを登録することで引き落とされていきます。 以上でバンドルカードの有効期限の限りアプリの購入や課金はiTunesカードを買わずできるようになります。

次の

バンドルカードはVプリカでチャージできる?実際に調査してみた結果

バンドル カード 問い合わせ

残高は返金されない• ポチっとチャージの未払いがあると解約できない• 解約後90日間は新たに利用することができない 解約しても残高は返金されない バンドルカードを解約する際に一番注意したいのがこの「解約しても残高は返金されない」点です。 まあ、数十円くらいならいいかなとも思ってしまいますが、数千円~数万円の残高があるなら話は別です。 バンドルカードは原則としてチャージした金額の返金には対応していないので、買い物などで使うか現金化する必要があります。 欲しいものがある方は買い物をして消化するのが良いですし、急いで買い物をする予定がない方は1円単位で購入できるAmazonギフト券を使って現金化するのがオススメです。 バンドルカードの残高を現金化する方法は以下のページで詳しく解説しているので、そちらをご覧ください。 ポチっとチャージの未払いがあると解約できない これは至極当然のことですが、ポチっとチャージの未払い金額があると解約手続きをすることができません。 バンドルカードを退会できない!と言っている方の多くは、これに該当しているのだと思います。 先に支払いを済ませてから再度解約手続きを行いましょう。 解約後90日間は同じ電話番号で新たに利用できない これはバンドルカードの仕様の問題ですが、退会後は90日間同じ電話番号で再度利用することができなくなります。 電話番号が変わればいつでも利用することができますが、また利用する可能性があるのであれば安易に解約しない方が良いでしょう。 バンドルカードを解約するやり方・手順 それではバンドルカードを解約する方法について解説していきます。 大まかな手順としては以下の通りとなります。 アプリを起動する• 左上のメニューから歯車アイコンをタップする• 「お問い合わせ」をタップする• 「お問い合わせフォームへ」をタップする• 「バンドルカード」をタップする• リストから「カードの退会をしたい」をタップする• 必要事項を入力し送信する• 1~2週間後に退会完了のメールが届いたら手続き終了 実際の画像を見ながら説明していきます。 バンドルカードのアプリを起動し、左上のメニューをタップします。 カードの一覧が表示されるので、左上にある歯車のアイコンをタップします。 設定画面が開かれるので、「お問い合わせ」をタップします。 お問い合わせの種類を選択できるので「バンドルカード」をタップします。 ちなみに「その他」でも問題ありません。 リストボックスをタップするといくつか項目が表示されるので、「カードの退会をしたい」をタップします。 必要事項を入力して送信します。 送信が完了してから1~2週間ほどで解約手続きが完了し、運営からメールで報告がきます。 そうしたら解約手続きは完了となります。 バンドルカードは自動解約になることがある インターネットで調べていると、バンドルカードが自動解約されてしまったという記事を見かけました。 バンドルカード自動解約になってしまったんですけどまた利用することは可能ですか? バンドルカードを作成したのですが、利用をずいぶんとしておらず自動解約をされてしまいました どうやら一定期間利用がないとカードが自動解約されて利用ができなくなってしまうようです。 もう少し調べてみたら分かりましたが、厳密には解約という訳ではなくカードのみ利用停止となり、アカウントにはログインできるとのこと。 つまり、カードが利用停止になったりスマホからアプリを削除しても解約したことにはならず、アカウント自体は残っている状態となります。 なので、しっかりと退会したいのであれば、先ほど解説した手順でしっかりと解約手続きを完了させましょう。 バンドルカードの解約についてまとめ いかがでしたか? バンドルカードは非常に簡単に利用することができるサービスですが、解約手続きもそれほど面倒なものではありませんでした。 ただ勘違いする人が多い点として、カードの利用停止やアプリの削除で自動解約になると勘違いする人が挙げられます。 大切な個人情報なので、もし今後利用する予定がないのであれば、しっかりと解約手続きを完了するのがオススメです。 他にもバンドルカードに関する記事をいくつか書いているので、ご興味のある方はぜひご覧になってみて下さい。

次の