六 代目 山口組。 田岡一雄

六代目山口組

六 代目 山口組

大阪府警に家宅捜索を受けた健竜会事務所 2005年、五代目体制から六代目体制へと代替わりを果たし、山口組はそれまで以上に組織内部の情報に関する危機管理を徹底させてきた。 特に、早い段階から情報収集や分析に長けていた弘道会が六代目山口組の中枢組織になったことで、その徹底ぶりにも拍車がかかったといえるのではないだろうか。 「名古屋方式ともいわれた、そうした厳格な管理体制が一部で反発を受け、後に六代目山口組が分裂する原因のひとつになります。 ただ、一般社会でも情報の扱いは重要課題となってきているように、六代目山口組の組織運営は理に適っており、時代の先端を行っていた。 だからこそ弘道会という組織は、激戦区だった中京地区を統一し、勢力を拡大させることができたのではないでしょうか」(ヤクザ事情に詳しいジャーナリスト) 六代目体制発足後に、執行部の情報漏洩の防止を中心とした危機管理体制を強く印象づけたのが、9年前の2010年11月に起こった、六代目山口組・髙山清司若頭の恐喝容疑による逮捕だったと思われる。 そうした立場で、六代目山口組総本部から出された通達を、所属する二次団体本部から伝達したのだが、その内容は以下のようなものであった。 「本家若頭(髙山若頭)の逮捕について、あれこれ詮索したり、口に出したりしてはならない」 その通達後、筆者の知り得る限り、髙山若頭の逮捕について、あれこれと噂する組員は一切いなかった。 単純なことではあるが、本部からの通達ひとつで情報統制が取れたのだ。 その後、髙山若頭が服役することになり、六代目山口組が分裂。 SNSの普及ともあいまって、これまでは決して世間に出ることのなかった、「菱のカーテン」と評されるベールに包まれてきた山口組の内部情報や資料が、SNS上で拡散されることが目立つようになるのである。 「分裂後、戦略として、メディアも含めたそうした情報操作を巧みに取り入れ、先手を取ったのが神戸山口組だったのではないでしょうか。 なんせ、普段はヤクザ事情を報じない民放番組や一般紙までもが、内部から漏れ伝わる情報も交え、山口組の分裂を報じ続け、記事にしたほどだったのですから」(報道関係者) そして、今年10月の髙山若頭の出所。 出所後まず髙山若頭が着手したのが、信賞必罰ともいえる組織改革であった。 これによって、六代目山口組サイドの意識が大きく変わったように見てとれる。 それを証明するかのように、神戸山口組サイドに対する攻撃が相次いだのだ。 さらに、それだけではなかった。 手綱を緩めることなく次に断行されたのが、情報漏洩の防止だったのである。 先頃、六代目山口組サイドから、こんな主旨の伝達が回されたといわれている。 要約すると、「写真等、破門状等、漏洩した組は処分対象とする」といったもので、現にその規律に違反したとして、直参組長が謹慎処分を受けたというのだ。 「ある二次団体の組員が、他の二次団体の挨拶状を携帯電話で撮影し、それが流出してしまった。 それによって、トップの組長が謹慎処分となったのだ。 これで、内部情報流出に対する警戒感が組員の間で一気に高まった。 本来の六代目山口組の姿に戻りつつあるといえるのではないか」(業界関係者) 山口組新報も住所録もいまだ流出せず こんな例もある。 六代目山口組では4カ月に一度、「山口組新報」という機関紙を発行している。 その機関紙は、山口組組員にしか閲覧できない規則があったのだが、それでも髙山若頭の服役中には、たびたびメディアで取り上げられることがあった。 だが今回、11月に発行されたとみられる山口組新報は、一切外部に漏れていないというのだ。 「メディア関係者の間では、『六代目山口組総本部が使用制限を受けたことなどで、今回は発行されなかったのではないか』といわれていたんです。 毎年、12月13日の会合で直系組長に配布される最新の山口組住所録も、今年は配られなかったと見られていました。 しかし、関係者から漏れ伝わる話によれば、どうも山口組新報はすでに配布され、来年度の住所録も肩書きなどの変更があり、会合では配られなかったものの、その後、配られているという話です」(週刊誌記者) 当サイトで何度か「山口組新報」を紹介してきた筆者も、今回は配布されなかったのだと思っていた。 だが、流出しなかっただけで、実際には発行されたようなのである。 それが事実であれば、六代目山口組の情報統制は、髙山若頭の出所後からすぐに行われ、すでに相当徹底されているといえるだろう。 そうした中で、警察当局も動きを見せている。 今月16日、大阪市西成区で、神戸山口組傘下である五代目山健組・六代目健竜会組員が、三代目弘道会系幹部組員を包丁で殺害しようとした容疑で逮捕された事件で、20日、大阪府警が神戸にある六代目健竜会事務所大々的な家宅捜索をかけたのである【参考記事】。 その模様はメディアでも流されたほど、物々しいものだった。 当局は、抗争に関連して、捜索や取り締まりを強化する姿勢を見せつけている。 年の瀬も押し迫ってきたが、六代目山口組の分裂騒動は、年をまたぎつつ、大きく動き続けることになりそうだ。 以降、テレビ、雑誌などで、山口組関連や反社会的勢力が関係したニュースなどのコメンテーターとして解説することも多い。 著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。 最新刊は、元山口組顧問弁護士・山之内幸夫氏との共著『山口組の「光と影」』(サイゾー)。

次の

六代目山口組体制で消えていった名跡

六 代目 山口組

高山若頭出所後、事態は大きく動き出していたが……(写真は、高山若頭出所日の府中刑務所) 昨年10月に六代目山口組・ 髙山清司若頭が府中刑務所から出所して以降、同若頭の存在は分裂問題に大きな影響を与えてきた。 組織内の引き締めを図ると同時に、対立する組織へは、決して妥協はしない姿勢を見せつけた。 それは、一気に分裂問題を終息させるのではないかと思われたくらい強烈なものであった。 だが、その勢いに歯止めをかけてみせたのが、1月に発効された特定抗争指定暴力団の指定だろう。 これによって、 六代目山口組と 神戸山口組は、組事務所や関連施設などの使用制限を受け、抗争どころか日常的な活動そのものにストップがかけられたのだ。 その影響で分裂問題は長期化する見通しが出てきたのである。 「ヤクザ組織は本来、例え抗争中であっても、国内の大規模な行事やイベントがある際には、自主的に休戦し、相手を刺激するような行動は自粛するように通達が出される。 特に今年は日本でオリンピックが開催される予定になっており、挙げ句、現在は新型コロナウイルス問題で日本全体が揺れている状態だ。 そうしたなかでの抗争の激化は、六代目山口組も神戸山口組も望んでいないだろう。 六代目山口組サイドとしては、こうなる前に一気に決着をつけ、分裂問題を終わらせたかったのではないか。 だが、特定抗争指定暴力団に指定されて、そうもいかなくなった。 逆にいえば、劣勢が囁かれ続けた中で、神戸山口組が耐え忍んだといえるのではないか」(業界関係者) この関係者が語るように、ここに来て抗争が収まっている理由として、現在の新型コロナに関する自粛ムードが関係しているのは間違いない。 その上で、特定抗争指定暴力団指定の条文に設けられている、警戒区域の存在も大きいといえるだろう。 現在、それぞれの主要組織が、組事務所の機能や幹部の自宅を警戒区域外に設けるという緊急措置を取っている。 警戒区域外であれば、それらの施設を使用しての組織運営が可能な状況だ。 だが、次にそれらの施設を含む区域で抗争事件などが起これば、そこも警戒区域に入ることになる。 そうなると、また警戒区域外に拠点を移し直さなければならない。 全国の至るところに傘下団体があるので、イタチごっこをしばらく続けることは可能だろうが、それは組織を疲弊させるだけで、決して分裂問題解決の一手とはならない。 そんな背景からも、対立組織との衝突につながるような軽率な行動を取ることは、今は両陣営とも避けたいのではないかと考えられる。 それが分裂問題の膠着状態につながっているともいえるだろう。 ただ、まったく何も起きていないかといえば、そうではない。 水面下では組員の移籍や小競り合いは存在しており、非公式ながら、政治的な解決案も浮上したのではないかという話が錯綜したこともあった。 だが、やはり短期間で分裂問題を解決するような流れにはなっていない。 それは、神戸山口組の中核組織の様子からもうかがえるという。 「神戸山口組の中核といえば、五代目山健組です。 現在、山健組の中田浩司組長は、社会不在を余儀なくされています。 だからといって、山健組が揺れているかといえば、そんな感じではない。 中田組長は、六代目山口組系組員に対する殺人未遂罪など身柄を拘束されながら、当局の追及に対して今も黙して語らず。 中田組長のそんな姿勢に感化されたのか、同じ留置場に勾留されている他の神戸山口組系組員たちも、心身ともに引き締まっているという噂が漏れ伝わってきたこともありましたし、中田組長不在のなかでも、五代目山健組は執行部を増員させて、組織内を強化させています。 それを見ても、山健組ひいては神戸山口組は、長期戦をにらみ、反撃することを諦めていないといえるのではないでしょうか」(ヤクザ事情に詳しいジャーナリスト) そんな中、新型コロナ特別措置法が成立。 まさに日本は緊急事態に陥りつつある。 ヤクザたちが、自分たちの戦いに明け暮れていられる場合ではなくなった。 山口組の分裂問題は、長期戦の様相を呈してきたといえるだろう。 以降、テレビ、雑誌などで、山口組関連や反社会的勢力が関係したニュースなどのコメンテーターとして解説することも多い。 著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。 最新小説『』が発売中.

次の

田岡一雄

六 代目 山口組

六代目山口組 高山若頭は出所してからというもの服役中から綿密に計画していたかの如く革新を行いより強固な組織力を構築している。 その強硬にみえる裏には高山若頭自身が服役中に不在であった期間に六代目山口組 司忍組長に対し反旗を掲げた神戸山口組 井上 邦雄組長 、任侠山口組 織田 絆誠組長 に対して自分の留守中に長年、司忍組長に相共し従って来た意地と六代目山口組若頭としてのケジメであろう。 何故、山口組は分裂したのであろうか?何故、山口組は一つでありながら弘道会と山健組は肌があわなかったのか? 健竜会々長から山健組々長~山口組執行部入り強いては山口組々長も エスカレーター式の絶対ルート 五代目山口組 渡辺芳則組長は初代山健組(山本健一組長)の出身である。 渡辺芳則組長が山健組若頭当時に組織として作り上げたのが山健組内【健竜会】で初代会長に就任した。 三代目田岡一雄組長相次いでナンバー2であった山健組 山本健一組長も他界、四代目竹中正久組長も暗殺され、のちに五代目山口組に渡辺芳則組長が就任する事となる。 ここで山健組の三代目には若頭だった(初代 山本健一組長 二代目 渡辺芳則組長)二代目健竜会 桑田兼吉会長が三代目山健組を就任し同時に桑田兼吉組長は五代目山口組の執行部入り(若頭補佐)をはたす。 これにより六代目執行部~山口組々長になるには健竜会々長にならないと行けない様な誰もが容認する山健鉄板ルートが自然に出来上がってきたのだ。 五代目山口組渡辺組長を推薦したキーマン宅見組 宅見勝組長 何故、五代目山口組は引退して山健組主導の中、名古屋の弘道会司組長にバトンを渡す事になったのか語るには、 初代宅見組 宅見勝組長から話さないと行けない。 宅見勝組長は資金力に優れていたので渡辺芳則組長はお金の面でも相当世話になっていたらしい。 それと、宅見勝組長が【渡辺組長を五代目にしてやった】と言いまわっていた事が当時の渡辺親分の悩みの種だったらしい。 元五代目山口組若頭補佐 中野会 中野太郎氏の自伝【悲憤】より 宅見勝は、5代目山口組の若頭として組を差配する、組長の女房役であり、事実上の山口組のナンバー2である。 そのような者を狙うなど掟破りもはなはだしく、私だけではなく中野会の存続に影響する。 そして、事実そうなってしまった。 「宅見は、病気でもう長いことないと自分で言うてますし、引退も考えてますやろ? ほっといても死にますわ」 私は静かに言った。 中野太郎氏は宅見若頭射殺事件により、山口組から破門、絶縁処分を受けた だが、5代目は私を見据えて言った。 「……あかん、今や」 「…………」 「今、トるんや」 「…………」 なぜ、5代目はそこまで宅見を憎むようになっていたのだろうか……。 たしかに宅見は難儀な男ではあった。 宅見が関与したと言われる事件は少なくなく、その一方でスマートな「経済ヤクザ」と評され、カタギ衆とも親交があった。 だが、たとえば、山一抗争の発端となった一和会に対する「義絶状」を書いたのも宅見である。 山一抗争については拙書『』でくわしく述べるが、「義絶状」が一和会の者たちを激怒させたことは周知の事実である。 「義絶状」など出さなければ、竹中正久4代目が撃たれることもなかたはずだ。 とはいえ5代目の真意は、私にもわからない。 当時の宅見は末期のがんを患っており、すでに引退の準備をしていたのも事実である。 わざわざ危ない橋を渡る必要があったのかどうか。 ただ、5代目は、宅見から「5代目山口組にしてやった」というように言われるのがたまらなかったようではあった。 これも事実でないとは言わない。 5代目山口組組長の候補者を選ぶ際に、「若くて経験が不足している」と異を唱える親分衆も少なくなかった。 そうした不協和音を調整できるのは、宅見をおいて他になかった。 だが、それをいつまでも恩着せがましく言われたら、腹も立つというものだ。 「あのガキ、なめやがって……」 いつもそう言っていた。 また、カネの問題もあったと思う。 「経済ヤクザ」として名をはせたわりに、5代目に対してはケチくさいことを言っていたようだった。 ismedia. このまま、暫く五代目山口組は若頭を現在の司六代目組長が若頭になるまで空白の期間が長かった。 五代目体制は落ち着いた様に見えていたが当時、山健組以外の直系組長は不満に思っていた人もいるだろう。 全国で山健の傘下組織がオラオラと山健の代紋で他の勢力を押さえつけ全国で様々なシノギの利権に山健組は地元の山口組系列の組織を押さえつけて介入するのが当たり前の様に行われていた。 中には、山健組傘下系列の組長は全国を行脚し目上の立場である本家の直参連中から恐喝まがいな事をしていた。 勿論、弘道会も当時、司忍組長は五代目山口組の執行部入りはしているが平等ではない山健贔屓の組の運営に業を煮やしていただろう。 平成元年から六代目山口組切り替わるまでの17年間、山健組主導で行われた。 六代目山口組 司忍組長体制に 司忍組長は五代目若頭に就任しその後六代目を襲名する。 五代目渡辺芳則組長を引退させた理由がキーマン宅見勝組長だ。 【宅見組長射殺事件のケジメ】を問いに二代目宅見組入江禎組長と弘道会、司忍組長は宅見組長射殺のケジメと宅見組長から借りていた金のケジメの真意を問いに話したとされる。 クーデター的に代替わりさせられた説がある。 これは盛力健児氏の著書「鎮魂」に詳しく書かれているらしい。 Sponsored Links 六代目発足 山健組 鉄板ルートを次に上って来たのは井上邦雄組長 山口組三代目組長が京都のクラブ「ベラミ」で襲撃され大阪戦争が勃発し井上邦雄組長も長期服役をする。 三代目山健組 桑田兼吉組長は井上邦雄組長を養子にした。 山健組は井上組長が服役から帰って来たら健竜会の会長ポストを設定し 鉄板ルートである 井上組長が出所前、健竜会では理由不明で4人程健竜会執行部が処分され強引にも健竜会の会長の座布団を用意した。 出所後、井上組長は健竜会会長にありその後跡目を中田浩司組長に譲り四代目山健組々長になる。 同時に六代目司忍組長体制では井上邦雄組長は幹部から直ぐに若頭補佐と直ぐに執行部入りを果たす。 しかし、六代目山口組の中核は山健組から弘道会に塗り替えられて、いくら本家で若頭補佐を務めようが、今度は弘道会主義の六代目体制に不満を抱くようになる。

次の