牛 タン 定食 へ の 恋。 熟成された牛たん焼とご当地グルメ【牛たん 徳茂】

メニュー|牛タン専門店 司

牛 タン 定食 へ の 恋

一般的に牛タンは仙台名物としての印象が強いと思われます。 仙台の牛タンの特徴は、仙台牛を使っており、それを比較的厚めにスライスして提供されていることです。 これに対して東京都内で食べられる牛タンは、仙台牛はもちろん、アメリカ産やオーストラリア産の牛肉や黒毛和牛など料理に適した牛肉が使われ、それらを薄めにスライスして提供される傾向があります。 そのため、都内では様々な種類の牛タンを楽しむことができ、またそれらを海鮮などと合わせた独特な料理を堪能できる店もあります。 今回はまず、都内にある牛タン専門店をランチ営業をしている5店舗、ディナー営業のみの5店舗を厳選して紹介し、その後タンを売りにしているおすすめ焼肉店をこちらも5店舗紹介します こちらはディナーのみ。 この記事を読み東京でも美味しい牛タンを食べられることを知ってぜひ足を運んでいただけたらと思います。 赤坂駅2番出口を出て徒歩1分ほどのところにある鳳月堂ビルの4階に位置するのが「AKASAKA Tan伍」です。 昨年9月にオープンした牛タンの専門店で、店内はカジュアルでさっぱりとした雰囲気に包まれています。 こちらは平日限定でランチも営業しており、お得でボリューム満点のランチを楽しむことができます。 おすすめは牛タンカツサンド自家製ピクルスとサラダ添えです。 牛タンを贅沢に使ったボリューム満点のカツサンドは大満足間違いないです。 ランチは1000円~1500円程度、ディナーも1000円から2500円程度とお手軽な価格帯となっています。 さらに飲み放題も付いた高級なコースプランもあるのでフォーマルなパーティーにも向いています。 牛タン専門店だけあって普段食べることができないようなメニューもあるのでぜひ訪れてみてください。 六本木駅から東京ミッドタウン方面に1分ほど歩いた所にあるロック&ロックビルの2階に位置するのが「牛たん 一徹」です。 六本木の中でも閑静なエリアにあり、店内もおしゃれで女性にも入りやすい造りとなっています。 こちらのお店の自慢は、店主が丹精を込めて仕入れを行っている一本物の牛たんを使ったシンプルで味わい深い料理です。 その中でもおすすめなのは、特選牛たん焼です。 たんとは思えないほど柔らかく、芳醇な味わいが凝縮されていて絶品です。 価格帯は一品料理が1000~2000円ほど。 またこちらのお店もランチ営業を行っているので、ランチにはお得な定食が楽しめます。 こだわりの牛たん料理の数々をぜひ楽しんでください。 茅場町駅を出て徒歩5分ほどのところにあるのが「たん助六」です。 独特で派手な外観をしているので見つけやすいはずです。 店内は和風な造りとなっており、1階にカウンター席とテーブル席、2階にテーブル席という構成になっています。 こちらのお店では牛たんをメインに使ったボリュームのある定食が数多く楽しめるのですが、その中でもおすすめなのが牛たんシチュー定食です。 じっくり煮込まれ柔らかくなった牛たんと、その牛たんの旨味がしみ込んだシチューは深い味わいを楽しむことができます。 麦飯とテールスープもついて大満足です。 価格帯はランチなら700~1500円、ディナーなら2000円ほどです。 ボリューム満点のたん料理を楽しみたい方はぜひ。 調布駅東口から徒歩5分ほどのところにあるのが「い志井」です。 こちらの店は2017年に新装オープンし、レンガとガラス張りで造られたおしゃれな店となっています。 また、調理を見ながら食事を楽しむことができるカウンター席も設けられています。 主に牛たんを使ったこだわりの1品料理やコース料理を楽しめるのですがその中でもおすすめなのはリーズナブルな2500円コースです。 牛たんのどて煮込み、ゆでたん、葱タン塩の炭火焼きの牛たん料理3点を含んだ7点を税込み2500円で楽しむことができるお得なコースです。 80分1500円、120分2000円で飲み放題をつけることもできます。 価格帯は一人4000円ほどになります。 ワンランク上の上質な牛たんとお酒を楽しみたい方はぜひ。 幡ヶ谷駅から甲州街道方面へ徒歩3分ほどのところにあるのが「萬月」です。 哀愁が溢れる雰囲気をした個人居酒屋で、カウンター席のみの造りとなっています。 こちらのお店ではお酒にぴったりの牛たん料理の数々をリーズナブルな価格で楽しむことができます。 その中でもおすすめはローストタンです。 じっくり丁寧にローストされたタンを薄く切り、わさびと塩のみで頂く一品は一度食べたら忘れられません。 しかも460円という非常にリーズナブルな価格なのでさらに驚きです。 価格帯は、ほとんどの一品料理が1000円以下なので様々なたん料理を楽しんでも3000円以下で収まります。 しかしこちらのお店はマスターの気まぐれで不定休を取るので一部の人には幻の店とも呼ばれています。 入れるチャンスがあればぜひ訪れていただきたいです。 赤坂駅から徒歩3分ほどのところにあるソシアル赤坂ビルの1階に位置するのが「金舌」です。 店内は上品で美しい和風な造りで、高級感のある雰囲気を醸し出しています。 こちらの店は、厳選したA4、A5ランクの中でも刺しと肉質がキメ細かい雌牛と去勢牛のみを仕入れ、30日程度熟成しもっとも旨味の凝縮された状態で極上の牛たんを提供しています。 おすすめは「肉宴会 雪コース」です。 30日乾燥熟成「金舌」と氷温熟成舌の「黒舌」を食べ比べることができる贅沢なコースです。 価格帯はコースは1万円からと高級ですが、ランチ営業も行っておりランチは1000円~2000円といったリーズナブルな価格で最高級の牛たんを楽しむことができます。 最高級の牛たんを楽しみたい方はぜひ。 秋葉原駅からつくばエクスプレス方面へ徒歩5分ほどの所にあるライオンズマンションの地下一階に位置すのが「たん清」です。 こちらの店内は少しクラシックな雰囲気をしており、席数は40席 テーブル9席 という落ち着いた造りをしています。 店名からわかる通り、たんを中心とした焼肉を提供していますが、その中でもおすすめは、味噌たん焼きです。 たんに味噌を合わせるというのは珍しいのですが、甘みのある独特な味わいを楽しめます。 価格帯は一人5000円ほどです。 そして不定期ではあるのですが月に1,2回ランチ営業を行っており、ランチではタンシチューランチを提供しておりこちらも絶品です。 本格たん焼肉を楽しみたい方はぜひ。

次の

メニュー | 牛たん焼き 仙台辺見オフィシャルサイト

牛 タン 定食 へ の 恋

各店舗の営業日・営業時間は変更する場合がございます。 詳しくは店舗へお問合せくださいませ。 牛たん かねざきのご案内 丹念な下ごしらえと炭火の手焼き 目利きの職人が選び抜いた牛たんを一枚一枚丁寧に仕込んだ、こだわりの本場仙台「牛たん」の味わいをお楽しみ頂けます。 旨味が引き出された肉のみを使い強火の炭で焼き上げた牛たんは、肉厚で軟らかく食通も納得の味わいです。 長時間熟成 手間を惜しまない下ごしらえも「牛たん かねざき」のこだわり。 牛たん1枚1枚に、うまみのある岩塩を手振りし、長時間熟成させています。 熟練の技 絶妙な厚みに切り分ける。 脂を落としながら、炭火で丹念に網焼きする。 職人の技から、「牛たん かねざき」ならではのうまみと柔らかさは生まれます。 通常メニュー• 厚切り牛たん定食(塩)1. 牛たん定食(塩)1. 店頭では、ガラス越しに職人が牛たんを焼いております。 目の前の牛たんは厚みがあって、見るからにゴージャス! 職人が調理した、焼きたての牛たんが味わえます。 じっくり熟成させた肉厚牛たんは、口にするとやわらかくてうま味がつまっており、専門店ならではの味わい。 ご旅行のおとも、出張の際のお弁当にオススメです!• 所在地 大丸東京店 地下1階「ほっぺタウン~お肉の細道」内 "牛たん かねざき" 住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅八重洲北口改札を出てすぐ 営業時間 10:00~21:00 TEL 各店舗の営業日・営業時間は変更する場合がございます。 詳しくは店舗へお問合せくださいませ。

次の

お品書き

牛 タン 定食 へ の 恋

「美味しい牛たんをできるだけ低価格でたくさんの人に食べてもらいたい」 一隆本店は約五十年間、ずっと「牛たん焼」伝統の味とスタイルにこだわり続けています。 当店店主は仙台名物牛たん焼きの生みの親、故・佐野啓四郎氏(太助初代店主)第一期の直弟子として修行を積み、昭和47年に独立して当店を開業。 牛たんの仕込みから焼き上げまで機械を一切使用せずに「昔ながらの手法」「塩味」「炭火焼き」に現在もこだわり続けております。 また当店は仕入れにもこだわりを持ち、牛たんの中でも質の良いものを厳選して仕入れております。 日々ご用意できる数量に限りがございますので「売り切れごめん」のスタイルで長年やってきました。 品切れにより閉店時間が早まるなど、お客様には多々ご迷惑をおかけすることもありますが、何卒ご理解をいただければ幸いです。 クレジットカードはでのみご利用可能です。 バーベキューや父の日ギフトにも! コロナウィルスの影響で、仙台旅行や仙台帰省計画も中止せざるを得ないという状況…。 そんなお客様からのお取り寄せ注文やご贈答注文を多くいただいております。 2020年月4月23日更新 当店の「牛たん」「赤身牛たん」の違い 牛の舌1本は、奥の付け根部分「タン元」、中間の「タン中」、先端を「タン先」というように分けて呼ぶことができます。 牛たんは奥に いくほど脂がのっていて美味しいとされています。 マグロでいう「トロ」と「赤身」の違いでしょうか。 タン元部分は「芯たん」などと呼ばれ、他の部分と区別して非常に高価な値段設定にしているお店もあるようです。 しかし当店では、普通の「牛たん焼定食ABC」「牛たん焼単品 テイクアウトも同様 」にこの「タン元」「タン中」を使用。 そしてタン先付近を「赤身牛たん」として区別し、より安価でご提供しております。 違いは「食感」「コク」「旨味」「大きさ」でしょうか。 赤身よりも通常の牛たんの方が、焼くと歯切れ良くサクっとなり、プリッとジューシー、深いコクと旨みがあります。 また、赤身牛たんの方が大きさが若干小さいです。

次の