マイ ドコモ アプリ バック グラウンド 実行 中 と は。 たった5分で完了!重~くなったスマホの動作をサクサクにする5つのコツ

「バックグラウンドで実行」とは

マイ ドコモ アプリ バック グラウンド 実行 中 と は

スマホは利用状況によって動作が遅くなる場合があり、それが元でネットが遅く感じることがあります。 原因はいくつか考えられるので、以下をチェックしてみてください。 アプリがたくさん動いていると動作が遅くなるので、使い終わったアプリは終了させましょう。 ホーム画面右下にある四角いボタンを押すと、起動しているアプリがカード状になって表示されます。 そこから終了したいアプリをタッチし、横にスライドするとアプリを終了できます。 キャッシュがたまってくると動作が遅くなります。 キャッシュはアプリの設定情報などを記録し、次回起動時に同じ設定状態で起動したりすることに使用されるものですが、動作が重くなった場合、キャッシュは削除しましょう。 「アプリと通知」を開く ホーム画面、またはアプリ一覧画面から「設定」画面を開き、「アプリと通知」を選択します。 すべてのアプリを表示させる 「〇〇個のアプリをすべて表示」と書かれている場所をタップすると、インストールされているすべてのアプリが表示されます。 キャッシュを削除したいアプリを選択する 4. 「ストレージ」を選択する 5. 使わないアプリは削除しましょう。 「アプリと通知」を開く ホーム画面、またはアプリ一覧画面から「設定」画面を開き、「アプリと通知」を選択します。 すべてのアプリを表示させる 「〇〇個のアプリをすべて表示」と書かれている場所をタップすると、インストールされているすべてのアプリが表示されます。 削除したいアプリを選択する 4. 「設定」画面から「システム」を開く ホーム画面、またはアプリ一覧画面から「設定」画面を開き、「システム」を選択します。 「端末情報」を選択する 3. 豆知識:知っておきたい「メモリ」のこと スマートフォンには、データの保存に使う保存用メモリと、データの処理を行う作業用メモリがあります。 アプリや写真、動画、音楽の保存データ量が増えたり、メールの保存件数が増えたりして、保存用メモリがいっぱいになると、動作が遅くなったり不安定になったりします。 また、スマートフォンは複数の機能やアプリを同時に動かしているので、同時に処理するデータ量が増えると作業用メモリがいっぱいになり、動作が遅くなったり不安定になったりします。 不要なデータを削除したり、起動したままのアプリを終了させたりすることで、動作が遅い状態を解消できます。 機種によっては、データの処理量が増え負荷が大きくなると、スマートフォンが自らを守ろうとして、自動的に再起動するという機能が備わっている場合があります。 例えば、アプリをたくさん起動してデータの処理を行う作業用メモリの使用量が増えると、メモリの残量が不足してこの機能が作動し、電源が落ちるのです。 繰り返し起こるようなら、不要なデータやアプリを削除したり、起動したままのアプリを終了させたりすると改善される場合があります。 0、機種:Xperia XZ Premium SO-04J、ホームアプリ:docomo Live UXを利用して撮影しております。 ご利用中のOS、機種、ホームアプリによって表示や操作方法が異なる場合があります。

次の

Androidで「バックグラウンドで実行中です」を消す方法

マイ ドコモ アプリ バック グラウンド 実行 中 と は

スマホのアプリは、端末を使用していなくてもバックグラウンドで通信をして、最新の情報を取得している場合があります。 Wi-Fiに接続した状態であれば問題はありませんが、モバイルデータ通信を利用している場合はデータ量が増えてしまう可能性があります。 無駄なデータ消費を防ぐためには、アプリのバックグラウンド利用を制限する手があります。 「設定」の「データ使用量」で設定を変更できる アプリのバックグラウンド利用は、「設定」の「データ使用量」で設定できます。 右上のメニューをタップし、「バックグラウンドデータを制限する」をタップしましょう。 確認画面で「OK」をタップすると、バックグラウンドでのモバイルデータ通信の利用が制限されます。 ただし、確認画面にもある通り、アプリによってはWi-Fiに接続していないと機能しないものもあるので注意しましょう。 「設定」を開いて、「データ使用量」を選択。 右上のメニューをタップして「バックグラウンドデータを制限する」をタップ(写真=左)。 確認画面で「OK」をタップすると、アプリのバックグラウンドデータが制限される(写真=右) アプリごとに制限することも可能 アプリごとにバックグラウンドデータの利用を制限することも可能です。 上記の「データ使用量」画面を下にスクロールすると、アプリごとのデータ使用状況が確認できますが、そこで任意のアプリを選択しましょう。 アプリの詳細画面に進むと、「バックグラウンドデータを制限する」のスイッチがあります。 これをオンにすると、そのアプリはバックグラウンドでのモバイルデータ通信を行わなくなります。

次の

LAで行われたストリートリーグにて堀米雄斗が優勝!シグネチャーデッキ解禁で有言実行(マガジンサミット)Instagramより @aprilskateboards7月28日(…|dメニューニュース(NTTドコモ)

マイ ドコモ アプリ バック グラウンド 実行 中 と は

操作画面の裏側でアプリが通信することをバックグラウンド通信といいます。 アプリを終了したり、設定を変更することでそれを停止することができます。 SNSやメールアプリは、画面上で操作をしていなくても、新着メッセージが届いていないか、定期的に更新情報を取りに行き、ステータスバーやウィジェットで新着状況を教えてくれます。 そのほか、位置情報を取得したり、接続できる電波を自動的に探したりと、スマホを便利に使えるようにするためにバックグラウンドで動き、通信をしています。 このようなアプリは、ホームキーを押してアプリ画面を終了しても、アプリの起動自体は停止していません。 このような状態を「バックグラウンドで動作している」といいます。 バックグラウンドでアプリが動作や通信をしていると、バッテリー消費につながることがあります。 不要な場合や、通信できない場所にいるときは、アプリを終了させたり、アプリ自体がバックグラウンドで通信しないように設定しましょう。 そこから終了したいアプリをタッチし、横にスライドするとアプリを終了できます。 詳しくはをご確認ください。 OSのバージョンや機種によって操作方法や画面は異なります。 詳しくはをご確認ください。 設定画面を開き、「ネットワークとインターネット」を選択する ホーム画面やアプリ一覧画面で「設定」アイコンをタップし、設定画面を開きます。 それから、「ネットワークとインターネット」を選択します。 (AndroidOS 7は「無線とインターネット」メニューから) 2. 「データ使用」を選択 3. 「アプリのデータ使用量」を選択 4. バックグラウンドでの動作を停止したいアプリを選ぶ 5. 「バックグラウンドデータ」をオフにする 「バックグラウンドデータ」をオフにすると、選択しているアプリのバックグラウンドでの動作が停止します。 0、機種:Xperia XZ Premium SO-04J、ホームアプリ:docomo Live UXを利用して撮影しております。 ご利用中のOS、機種、ホームアプリによって表示や操作方法が異なる場合があります。

次の