幸せを手放す。 手放したら入ってくるのはなぜ?執着も物も、手放すと叶う不思議を解説!

気持ちがモヤモヤするときは、不要なエネルギーを手放す♡

幸せを手放す

心地良く過ごそうとしても、 すぐにネガティブ思考に引き込まれたり、 好きな彼のことばかり考えて 執着にならないようにと、 習い事を始めたり、 自分の好きなことをして、 他のことに意識を向けているのに、 どうしても彼のことばかり考えてしまう。。 やろうと思っていることが、 なぜか上手くいかない。 楽しんでいる反面、 なんだかスッキリしない毎日。 相変わらず変わらない現実に、 気持ちがモヤモヤしてしまう💦 このように、 それなりに楽しく過ごしてはいるのに、 なんだか心が晴れなかったり、 気持ちがモヤモヤしてしまうときは、 エネルギーが滞っているのかもしれません。 そんなときはね、 エネルギーが滞っているのかもしれません。 エネルギーはつねに循環していますが、 あなたが何かに捉われていたり、 強く握りしめていたり、 執着しているときはね、 あなたの中のエネルギーは 詰まっている状態です。 例えるなら、新しいお洋服を買ったのに、 クローゼットがいっぱいで収納できない状態。 クローゼットにスペースがなければ、 新しいお洋服を収納できないのと同じように、 あなたの中にスペースがなければ、 新しいエネルギーは 入ってくることができません。 せっかく新しいエネルギーが 舞い込んできたとしてもね、 スペースがなければ入ることはできないのです。 このような物理的な空間の整理は、 エネルギーを大きく変えることに とても有効なんです! 何年も使っていないもの、 トキメキを感じないもの、 エネルギーが止まっていると感じるもの、 違和感を感じるもの、 このようなものは思い切って 手放すことをしてみましょう! 買ってから数回しか使っていないものや、 一度も使わずに眠っているもの、 何かの折に使う機会がありそうなものは、 なかなか手放せないですよね。。 そのうち使うだろうと、 つい持ち続けてしまうものもあると思います。 でもね、 せっかく素敵なワンピースを見つけたとしても クローゼットがいっぱいだったら、 それ以上お洋服を増やせなくなりますよね💦 不要なエネルギーを溜め込んでいると、 新しいエネルギーが入るスペースが なくなってしまうのです。 それでも、 自分の心の中が いつもいい波動状態でいられるように、 気が乗らないことや、 違和感を感じるものから 離れる 距離を置く ことです。 嫌々つき合っている人間関係はありませんか? 気が進まないことを無理してやっていませんか? 人に気を遣いすぎていませんか? 自分の本心を抑えてまで やっていることがあるのだとしたら、 思い切って断る! 思い切って離れる! ことをしてみてください。

次の

執着を手放した時に叶うって引き寄せでよく言うけど、執着を手放す方法って何?

幸せを手放す

エゴを手放すべきである、というエゴ エゴを手放したいと思っている方に、まず最初に気づいてほしいことが何かというと、 「 エゴを手放したいという思考もエゴである」 ということです。 「エゴを手放すべきであるというエゴを手放す」 ことさえできれば、のちのちその他のエゴも手放すことができると思います。 エゴは無限とも言えるほどたくさんある まず、ひとくちに「エゴを手放す」といっても、エゴってめっちゃくちゃたくさんありますよね。 こういった無数に湧いてくるエゴに対して、 「わぁあ、まだ出てくるまだ出てくる。 エゴしつこい!どうやって消すの!?」 と焦ったり苦しくなる方は多いと思うのですが、そもそもなぜエゴが出てきたときに、 「まだ出てくるの!?やだー!」 と思って嫌な気持ちになるかというと、 「こういったエゴは悪いものだから、出てこないようにすべきである」 というエゴがあるから、ですよね。 このエゴが一番悪さをしているんじゃないかなーと思うんです。 「泉から水が湧くべきではない」というエゴを手放す たとえばですけど、泉からこんこんと水が湧いているのを見たときに何を思うか?というと…普通は特に何も思わないですよね。 「泉からは水が湧いて当然じゃん」 と思っているので、湧いているのを見てもそういうもんだと思って気にならないと思います。 でも、 「泉から水が湧くのは悪である、湧くのを止めるべきである」 という観念を持っている人だと、どうでしょう? 水が湧くたびに、 「わああああ、なんでなんで!どうやって止めよう!?」 と動揺して嫌な気持ちになりますよね。 この場合、その人が嫌な気持ちから解放される方法は2つです。 本物の泉なら埋め立てて消すこともできますが、エゴの源泉である脳は消すわけにもいきませんよね、死んじゃいます。 その観念を手放すことができれば、エゴが湧くたびに動揺してしまう…ということもなくなります。 無限のエゴを手放すより、ひとつだけ手放すほうが楽 多くの方が、 「脳から湧いてくる、ありとあらゆるエゴ(否定的な思い)を消してしまいたい」 というふうに考えるのですが、 エゴというのはそもそも湧くようにできているもの、なんです。 泉から水が湧くのは当然なのと同じく、脳からエゴが湧くのは当然で、それを止めることはなかなか難しいです。 自己観察というのは、 「自己から湧いてくるエゴをただただ淡々と観察する」 という方法です。 「どうせダメだ」というエゴが湧いたとき、 「こんなエゴは消さなきゃ!消さなきゃ!」 と思うのではなく、 「ふぅん、どうせダメだというエゴが出てきたなあ」 というふうに、ただ観察だけするやり方です。 この自己観察をしている途中で、 「えんえん湧いてくるたくさんのエゴに耐えられない!」 となる方も多いのですが、これって、 「 たくさんのエゴに耐えられなくなっている」 というよりは、 「『たくさんのエゴを消さなきゃ!』という ひとつのエゴに取り込まれている」 ので、このひとつのエゴにさえ気を配れば耐えがたくなることはないと思います。 気を配りながらやってみると、たくさんのエゴが湧いてきたときにも、 「ふーん、エゴがいっぱい出てきてるな。 たくさんあるものなんだなあー」 くらいにしか思わず、うわああああ~と苦しくなることはない、ということに気づくと思います。 そして、たくさんエゴがあっても苦しくならないと、だんだんエゴのことが気にならなくなってきます。 気にならなくなるということは、意識できなくなるということ。 意識することができないものなど、ないも同然です。 エゴを消せたと言ってよいですね。

次の

「捨てられない」がなくなる!8割のモノを手放すと入ってくるモノ

幸せを手放す

私のところに相談に来てくれる方もこういった悩みを持つ人は多いです。 むしろ、恋愛で悩まない女子なんていないのです。 そして、恋愛に教科書はなく、基本的に誰からも教えてもらうことがない科目です。 だからこそ、みんなの考えをシェアすると様々な声が聞ける良い機会になりました。 それではなぜ、この4つが幸せになれない考えなのか順に説明します。 もちろん、自信満々になれる女子なんてほとんどいないのですが、「卑屈」な思考は手放し良い関係を築いていくことが大切です。 恋愛から幸せな結婚に向けた土台を作る 恋愛の段階から、夫を最強のパートナーにする感覚は必要です。 家事、子育てなど、家のことがちゃんとできるようにするとお互いの生活が楽になります。 これは、同棲期間中からやっておかないと手遅れになります。 尽くすのが好きなら良いかもしれないですが、尽くすことが当然になると辛くなってしまいます。 パートナーにもできるようになってもらっておいた方が、お互いにとって良いのは間違いありません。 幸せになれない恋愛を手放す【まとめ】.

次の