リュウジ チャーハン。 絶対失敗しないパラパラチャーハンを作るコツ。初心者でもプロ並みのできに!

【学生応援★キュンごはん】料理家リュウジさん考案 第8回 「<人気の定番メニュー3選!>実家の味にも負けない!? 基本レシピをマスター」

リュウジ チャーハン

たまごはご飯と混ぜておく? チャーハンを作るとき、生の溶きたまごをご飯と絡めてから入れるという方法があります。 これはご飯をたまごでコーティングすることで、ご飯をくっつきにくくするため。 ですが、こうするとたまごの水分をご飯が吸ってしまったり、たまごが具材としての存在感を失ったりしてしまいます。 生のたまごはご飯と絡めず、一度先に焼いて後から混ぜ合わせるのがおすすめです。 チャーハンを作るときフライパンを振るのはなぜ? お店のチャーハンは、作るときに大きな中華鍋を振っているイメージがありますよね。 ただ、それをイメージしておうちで作ると、ご飯がこぼれてしまったり、うまく振れなくて失敗してしまうことも。 実はお店の火力は家庭の何倍も強くて焦げやすいため、フライパンを振る必要があるのです。 家庭で作るときは火力がお店よりも弱くなるので、振らなくても大丈夫!そうは言えども、ご飯がべちゃっと仕上がったり、たまごが固くなってしまったり、失敗しやすい点が多いチャーハンの作り方。 コツ[1] たまごは先に焼いて取り出す たまごは生の状態でご飯と絡めるのではなく、先に炒めておきましょう。 ただしたまごを炒めたところにご飯を加えると、たまごが固くなってしまう場合があります。 ふわふわのたまごに仕上げるには、一度取り出すのが失敗しないポイントです。 またご飯を焦らずにしっかり炒められるので、パラパラに仕上がります。 コツ[2] 熱々のご飯は使わない 冷やご飯または粗熱の取れたご飯を使いましょう。 熱々だとべちゃっとした仕上がりになってしまいます。 コツ[3] フライパンは振らない ご飯は中火でじっくり炒めましょう。 コツ[4] 具材の大きさは細かく揃えて 具材の大きさが違うと、火の通り加減が変わってきます。 細かく揃えると手早く炒めやすいですよ。 これできっとパラパラチャーハンの達人に。 ぜひチャレンジしてみてくださいね。

次の

【香蘭園】大須にある町中華|シンプルを極めた先の旨味が味わえるラーメン・チャーハンが絶品

リュウジ チャーハン

即席麺アレンジ新チャーハンの作り方• 豚のこま肉をフライパンで温める。 即席麺を袋の中で砕く。 肉が炒められたら、砕いた即席麺を入れていく。 水を150cc入れる。 中火・強火くらいで温めていく。 蓋をして2分くらい置いて柔らかくしていく。 ごはんを用意しておく(温かい物を用意)• ごはんをフライパンに入れ混ぜていく• 付属の粉末を入れていく。 真ん中にスペースを作り、そこに卵を2個入れていきます。 卵が少し固まってきたら、塩・胡椒・小ねぎを加えれば完成! コストが安くて、とても美味しいチャーハンの出来上がりです! 普段のインスタントラーメンに飽きたらぜひ食べてみてくださいね!.

次の

「何この高級感」 コンビニのインスタント食品を、組み合わせただけで…?

リュウジ チャーハン

つい先日、大きめのスーパーの冷凍食品コーナーをパトロールしていたところ、珍しいタイプのものを見つけた。 おいおい、そいつはワイルドだな! つまりは皿いらずでそのまま捨てられるってことだろうが、値段も195円となかなかリーズナブル。 セブンイレブンに売っていて人気のと似て便利そうだし、気になるなぁ。 よーし、これはいっちょ試してみますか! ・すぐに作れてすぐに食べられる ということで、ショーケースに3種類(本来は全部で4種類)置いてあるうちから「焼豚五目炒飯」を買ってみた。 理由はシンプル。 店長さんのチョイスとお客さんの好み頼りである。 「焼豚五目炒飯」が一番売れていて場所をもっとも取っているのに、あえて他を買う選択肢はないだろう。 さっそく持ち帰って調理といこう。 …… と言ってもやるべきことはレンチンのみなので、あとはレンジさんお願いします! 気をつけなければいけないのは、裏面を上にして加熱するくらいか。 まずはレンジに入れてチンしまーす! 取り出して点線に沿って切りまーす! 開けまーす! 完成でーす! 冷凍食品ならではのスピードで即出来上がり。 片付けもしやすいしね。 では食べまーす! ・味と炒飯の詳細 肝心の中身はというと、内容量は270g。 女性なら十分だろうが、男性ならちょっと少ないかなぁといったところだ。 ただ、ボリュームはまずまず。 ゴロッとした焼豚がちゃんと入っていて、歯ごたえもあってお腹も満たされる。 そして炒飯ということでパラつき具合が気になるが、ちゃんとパラパラしていて袋でチンしただけとは思えない。 最近の冷凍食品がスゴいことは知っているが、即席でウマい炒飯を作れるのはありがたい限りだ。 なお、味の方は濃すぎず。 そこはワイルドじゃないのねって感じであったが、195円という値段を考えたらアリアリ。 何より、洗い物が減るのは大歓迎。 他の種類には「豚キムチ炒飯」「エビピラフ」「チキンライス」とあるようだし、次は別のものを試してみよっかなぁ〜! 参考リンク:マルハニチロ Report: Photo:RocketNews24.

次の