フラフープ の コツ。 フラフープの正しい回し方!ダイエットに効果的な基本のやり方とコツ

フラフープがすぐ落ちる!?回し続けるための簡単なコツとは?

フラフープ の コツ

小さいころに友達とよく遊んだフラフープ。 最近では健康やダイエットのために使用されることもあるようです。 しかし、小さいころから上手に回せない、大人になって久しぶりやってみたら出来なくなっていたという人もいるのではないでしょうか。 コツがいるフラフープですが、どうすれば上手に簡単に回せるようになるのか。 今回は、初心者の人でも簡単に出来るようになるコツや回し方を、動画を使って分かりやすく説明していきます。 フラフープの技を覚えれば、自分の子供だったり親戚の子に自慢できるかもしれませんし、フラフープの先生となって回し方のコツを教えることができるかもしれませんので、よかったら最後までご覧ください。 直径約1メートルほどのプラスチック製で作られた輪っか状の物がフラフープです。 日本では昭和33年に爆発的大人気に。 それからは誰しもが一度は遊ぶメジャーな道具になりました。 フラフープはアメリカの有名な玩具会社の創設者、ネルとメルンの二人が開発したものでした。 しかし、もともとオーストラリアでは、竹で作られた輪っかを腰で回すという授業がありました。 それを知ったネルとメルンの友人が二人にそのことを伝え、フラフープのアイディアが生まれたようです。 そしてそれより何千年も前の古代エジプトでは、ブドウのツタで作られた輪っかを棒で地面を転がしていたり、古代ギリシアでは今でいうダイエットを目的として、輪っか状のものを使用していたようです。 こう見てみるとフラフープの起原は長いということが分かります。

次の

フラフープの正しい回し方と逆に回す場合のコツを教えます

フラフープ の コツ

このような手順で行います。 では、順を追ってよりていねいに解説していきます。 【基本の姿勢】 まず両足を肩幅程度に開いてから、片足を少し前にずらします。 フープを右から左に押し出す(反時計回り)方は左足を前にします。 逆に左から右に押し出す(時計回り)方は右足を前にします。 【フープの構え方】 フープを水平に持ち、おへその高さで(高すぎても低すぎてもダメ!)背中にぴたりとつけます。 両脇はしめ、肘の角度は90度。 前腕をフープにそわせるように構えます。 【フープを手で押し出す】 片方の手を少しだけ後ろに引いて、勢い良く水平に押し出します。 勢いづけようとして上体を大きくひねるのはNGです。 水平に押し出せなくなりますし、つぎの動作(腰前後)に移るまでの間があいてしまい、その隙にフープが落ちてしまいます。 肘を支点にして、帯を巻くように手を押し出してください。 あせらず落ち着いて。 押し出しイメージはドリフの「ババンバ・バン・バン・バン」です! この押し出しがしっかりできるようになってから、いよいよ体幹の運動にはいります。 【骨盤を動かす】 おへそに意識を置きます。 おへそを前・後ろに、一定のテンポを保って動かし続けます。 骨盤はまわさず!ツイストせず! 前!うしろ!前!うしろ! 【注意点】 前足のつま先がしっかり前を向いているか おへそを押し出す方向は前(つま先の向いている方向と一緒)か まずはエアで確認しながら はじめゆっくり、段々とスピードアップして エアフープがしっかりできるようになってから 実際にフープを回し出すとよいでしょう。 【2-2:姿勢を意識する】 正しい動作に加えて重要なのが姿勢です。 開いた足の真ん中に重心をおいて、そこから天上に向かって垂線を引きます。 その延長線上に頭があることを意識してください。 この垂線を境に、おなかを前後に均等に動かします。 〇おしりが後ろにぴょこんと出てしまいおなかが前に動かせなくなっている【そり腰】タイプの方 〇腰を動かそうとして頭がブンブン振れてしまっている方 〇おへそよりも尾てい骨側が動いてしまっている方 上記にあてはまる方はぜひ姿勢をチェックしてみてください。 ただし姿勢に気をとられるあまり、ガチガチになってしまわないように。 力み過ぎているとリズミカルに体幹を動かすことができません。 リズムとバランスを大切に! 理論的には回しやすいはずのフープを使い、正しい回し方をしているつもりでも、どうしても回せない方は少なくありません。 それはなぜか? 正しい動かし方を維持し続ける筋肉が足りないためです。 フープをウエストで回すには胴回り~下半身の筋肉を使います。 なかでも重要なのが、上半身と下半身をつなぎ全身のバランスを取る働きをする大腰筋(だいようきん)、股関節の動きを支える腸骨筋(ちょうこつきん)といった、姿勢維持に関係するインナーマッスルです。 これらは重要な筋肉にもかかわらず、年齢を重ねる毎にその量が失われていきます。 「子供の頃にはフープがあんなに得意だったのに、今まったく回せない!」 悲しいかな、体は子供の頃と一緒ではありません。 〇座り仕事の方 〇普段歩いたりなどの運動習慣が無い方 〇階段の上り下りがおっくうになって来た方 〇何もないところでつまづくようになった方 〇立つと背中が反っておしりがポンと外に出る方 〇食事を摂ると下腹がポッコリ出る方 そしてフープが中々回せない方… そんな方はこちらの【寝たままできる骨盤筋トレ】をおためしください。 フープと並行して取り組んでいただくことで、インナーマッスルを効率的に育てることができます。 回しているうちにインナーマッスルが自然と育ち、育つとより回せるようになります。 さいごに 最後にとても大切なことを付け加えておきます。 フープを回していると不思議と楽しくハッピーな気持ちが高まります。 これは体にポンポンと刺激が加わることより脳内に【幸せホルモン】セロトニンが分泌されるからです。 ばんばん回して、フープ=楽しい という回路をぜひ脳に作ってください。 つらいだけの運動は長続きしません。 一回5分でもOKです。 気楽に気長にむりなく楽しく取り組むこと、これが身心の健康の秘訣ではないでしょうか。 いかがでしたか? もちろん人の体は千差万別で、使い方の癖や体のゆがみ、筋肉の付き方の違いなどによってアドバイスもそれぞれ異なったものにはなります。 ですが上述したことを意識していただくだけでも回る回数が増えたりするのではないかと思います。 その他フラフープに関するお悩みなどありましたらメールやコメントでお寄せください。 We wish your happy hoopy life! ***** レッスン予約受付中です! 四谷フラフープ超ビギナークラス(毎週土曜13時10分~14時10分)・四谷フープダンスクラス(毎週土曜14時20分~15時50分)・吉祥寺フープダンスクラス(第2第4水曜13時15分~14時45分)につきましては、ネットで簡単にご予約いただけます。 スマホやiPadなどのタブレット端末ご利用の方は、ネット予約が大変便利です。 またメールでもお申し込み可能です。 hoop hooptokyo. com までお問い合わせください。 その他のダンススタジオ主催クラスについては、各主催者までお問い合わせ・お申し込み下さい(から各レッスンをクリックすると詳細についてご覧いただけます)。 はじめまして、コメントありがとうございます。 毎日1時間もトライして回す感じが全くつかめないのはとてもつらいですよね… まず、お使いのフープがお体に合っているのか(小さすぎないか、軽すぎないか、逆に重すぎないか)を確認してください。 できれば鏡で、ご自身の動きと姿勢をチェックしながら試してみてください。 「フープがどうしても回せなくて…」とオンラインレッスンを申し込まれ、ものの15分で回せるようになった方もおいでです。 もし行き詰まりを感じていらっしゃるのでしたら、一度ご利用をご検討ください。

次の

フラフープの効果とは?お腹と下半身をキレイにして美人になろう

フラフープ の コツ

まずは初心者向けの動画で、フラフープの回し方をマスターしていきましょう。 フラフープの動かし方、立ち方をマスターすれば、無理なく自然な姿勢で回せるようになります。 フラフープを回す時には膝は軽くゆるめるのがポイントです。 フラフープを回す時に腰を回してしまう人がいますが、腰を回すのではなくフラフープを送り出して2〜3周回ったら腰を前後に動かすようにして回していくのが上手に回すコツです。 足を腰幅に開き、膝を軽くゆるめる(重要!)• フラフープを腰にピタッとくっつける• フラフープを持ったまま左右に軽く振ってみる。 水平に振るのがポイント• 右に回す場合は右手を前に出して回す。 左に回す場合は左手を前に出して回す• 後ろにある手で前にフラフープを送り出して回す。 うまく回せると何もしなくても腰で4〜5回、回ってから落ちる• 今度は実際に回してみる。 2〜3回フラフープが回ったらフラフープに合わせて体を動かす。 膝をゆるめるのがポイント• お尻や太ももに落ちてきてもすぐに手で取らず、お尻や太ももで回してみる フラフープは腰だけではなく、お尻や太ももやでも回すことができます。 お尻や太ももでも回せるようになれば、ずっとフラフープを回し続けることができるようになります。 以下にフラフープを回す時のポイントをまとめておきます。 フラフープは自分の体型に合ったものを選ぶことが大切です。 小さすぎたり大きすぎたりすると、回しにくくてダイエット効果が落ちてしまう可能性があります。 また、重すぎても軽すぎても回しにくいです。 回しやすいフラフープを手に入れることができれば、効果的にダイエットできますよ。 身長とウエストからの目安 まずフラフープを持って体の前に立てて見ましょう。 このとき、フラフープの上端がおへその下10cm〜上10cmに収まるものが回しやすいです。 胴回りが大きい方や身長が低い方の場合は以下の表を参考に選んでみてください。 ウェスト フラフープの直径 85cm 105cm(+10cm) 95cm 110cm(+15cm) 100cm 115cm(+25cm) 胴回りがそれ以下で身長が低い場合は、身長から考えてフラフープの直径を選んでみると回しやすいものが選べます。 あとは自分に合った重さとサイズが選べればあとは見た目で選んでもOKです。 初心者なら重さは720〜950gを目安に選ぶのがおすすめです。 上級者になると2. 9kgを使う人もいますが、最初から重いものを選ばずまずは軽めのもので挑戦してみましょう。 平均的な体格の人であれば、直径90〜95cmくらいのサイズがあれば回しやすいです。 エクスレーヴは履いて寝るだけで骨盤矯正をしてメリハリボディを作ってくれると人気の骨盤ショーツです。 フラフープにも骨盤を矯正してくびれを作り出してくれるというメリットがありますが、さらにエクスレーヴを履くことでその効果を高めることができます。 エクスレーヴは人間の体を徹底的に研究し、人間の骨盤の位置と加圧の関係を分析して開発されています。 適切な圧力をかけることで、骨盤が正しい位置に近づくようにケアしてくれます。 エクスレーヴがおすすめな理由は6つあります。 骨盤ケア:計算し尽くされた圧力により歪んだ骨盤をケア。 正しい位置に骨盤をリセットすることで血流やリンパの流れを改善し、痩せやすくする• 引き締めケア:脚が太くなってしまう原因は下半身のめぐりの悪さ。 骨盤矯正効果によって下半身のめぐりを改善• ぽかぽかケア:骨盤が正しい位置に戻ると血流が良くなり、基礎代謝アップし体がぽかぽかになる• ボディケア:骨盤の歪みが改善されると姿勢が良くなる。 猫背の悩み解消や肩こりなどの凝りの悩みを改善• くびれケア:骨盤矯正で姿勢が良くなるとキレイなくびれが出現。 下半身のめぐりが良くなることでメリハリのあるボディラインに• 脚線美ケア:股関節の歪みはO脚やX脚の原因に。 骨盤を正しい位置に戻すことで脚線美に近づける エクスレーヴは以上の6つの効果によって、理想の大人ボディにあなたを近づけてくれます。 エクスレーヴの公式サイトはこちらからチェックできます。 シボヘールはBMI(肥満度指数)25〜30のやや太めの人におすすめのダイエットサプリです。 シボヘールの成分はシンプルですが、ダイエット効果が認められている「葛の花由来イソフラボン」が配合されています。 この葛の花由来イソフラボンは、次の3つの作用によって皮下脂肪や内臓脂肪を減らすサポートをしてくれます。 脂肪合成の抑制をサポート:燃焼しきれずに余ったエネルギーは肝臓で中性脂肪(安定した脂肪)に合成されて体の各部に体脂肪として蓄積されてしまう。 葛の花由来イソフラボンはこの中性脂肪の合成を抑制する• 脂肪分解をサポート:体に蓄積された体脂肪はそのままでは燃やすことができない。 エネルギーとして燃焼させるには脂肪酸に分解する必要がある。 葛の花由来イソフラボンはこの分解をサポート• 脂肪燃焼をサポート:分解されて脂肪酸になった体脂肪は褐色脂肪細胞によって燃焼される。 葛の花由来イソフラボンはこの褐色脂肪細胞の働きをサポートする 脂肪が増えるのを抑え、脂肪の分解と燃焼をサポートするので、脂肪を増やさずどんどん燃やしてダイエットしていくことができます。 有酸素運動のフラフープと脂肪燃焼効果の高いシボヘールを併用すれば、なかなか落ちない脂肪の悩みを解消できるかもしれませんよ。 シボヘールは機能性表示食品で、科学的根拠のあるダイエットサプリです。 よくわからないサプリは使いたくないという人でも、シボヘールなら安心して使えます。 シボヘールの公式サイトはこちらからチェックできます。 以上、フラフープの正しい回し方、ダイエットに効果的な基本のやり方とコツについて見てきました。 フラフープの正しい回し方のコツは、次の3点です。 軽く膝をゆるめて立つ• 回すときは回したい位置でフラフープを回し始める• 腰を回さず、腰を前後に動かす フラフープは正しく回せば、有酸素運動の効果によって効率よく脂肪を燃やすことができます。 また、太ももやお尻で回せば、下半身ダイエットにも効果が期待できます。 一度コツを掴むと何回でも回せるようになり、楽しくなります。 今回お伝えしたコツを頭に入れ、実際にフラフープを購入して回してみましょう。 ダイエットのためには、何より楽しんでフラフープを続けることが大切ですよ。 ぜひフラフープダイエットを楽しんで続けてみてくださいね。

次の