キングヌー シンパ。 King Gnu(キングヌー)のTシャツなど人気グッズ一挙紹介/おすすめ通販サイトも

King Gnuの2ndアルバム『Sympa』全13曲をメンバー自ら解説

キングヌー シンパ

キングヌー【King Gnu】アルバムに「白日」は? King Gnu キングヌー の2ndアルバムとなる 『Sympa』が、2019年1月16日に メジャーリリースされました。 ドラマ『イノセンス』の主題歌として話題とな った「白日」は、このアルバムには収録されて いません。 「じゃあ、購入してまで聴く価値のあるアルバ ムなの?」と内容が気になりますよね。 これ、絶対に購入して聴く価値ありのアルバムです!! 「King Gnu キングヌー 」改名後の2枚目となる アルバムですが、満足度の高い内容となってい ます。 アルバムというと、一般的に10曲程度が収録 されていますよね。 その中には、あまり好みではない曲もあったり するものです。 そんな曲は飛ばして聴いたりしますよね。 でも、この『Sympa』には、飛ばして聴く 曲がありません。 何度も何度も聴きたくなる曲ばかりなので、購 入してじっくり聴きたいアルバムですよ。 Slumberland 3. Flash!!! Sorrows 5. Hitman 7. Player X 11. Bedtown 12. The hole 13. アグレッシブな「Slumberland」や「Flash!!! 」 から始まって、超バラードの「The hole」へ とすんなりとハマってしまう曲構成です。 あっ、 「Player X」も追加です。 「Slumberland」は、圧倒的にカッコいい曲 です。 MV ミュージックビデオ も必見です。 「Hitman」は、ANAのグローバルCMに 起用されている曲です。 井口さんの低い声もステキ!と聴き入ってし まうハズです。 MVも印象的すぎて、何度も観てしまいます。 「Player X」は、アニメ「BANANA FISH」の エンディング曲です。 こちらのアニメから知った方も多いようです。 MVを観て曲を聴くと、間奏で首を上下に動 かしてしまいそうになります(笑) あとは、「King Gnu キングヌー 」の曲って、 曲名が歌詞の中に出てくるのが少ないですよね。 この『Sympa』収録曲では、「Flash!!! 」 のみです。 「Sorrows」は、コーラス的に出てきますが、 歌詞としては書かれていません。 ほとんどの曲で、曲名が歌詞に溶け込んでい るといった感じ。 そんなところにも注目して聴いてみるのも面 白いのではないでしょうか。 「Low Love」がお気に入りです。

次の

Sympa (King Gnuのアルバム)

キングヌー シンパ

King Gnu 「Sympa」(読み:シンパ) トウキョウミクスチャーバンド、キングヌーのセカンドアルバムである。 キングヌーのメジャーデビューとしては初めての作品であり、キングヌーの原点の作品とも言えよう。 「Hello? 」と何度も叫んでおり、同時にモールス信号も流れている。 これは、一人取り残された人が電波を使って通信を試みるが、繋がらず代わりにモールス信号だけが合図となり、このアルバムの世界に誘っているのではないだろうか。 2、Slumberland イントロの音がなんか口ずさんでしまう。 夜の汚い街で遊んでいるかのようなことを感じる曲だ。 もともと、 Srv. Vinci というキングヌーとなる前のアルバムでもこの曲のメロディーがあった気がする。 ミュージックビデオでは、不思議なニュース番組で踊り狂っているぬいぐるみやメンバーが印象的であり、この不気味な曲ととてもあいまっている。 管理人はこの曲をライブのbgmにしたりした。 3、Flash!! なんともSlumberlandが終わってからの繋ぎが完璧すぎる。 そして始まり方も、複雑な動きをしているが静かなドラムとずっと何かを案じているかのようなキーボード、そしてクレッシェンドの動きのようにどんどん跳ね上がっていくギターがなんとも心地いいイントロである。 そしてサビ前にも、イントロと同じメロディーがあり、「間違えだらけの人生が〜」とカッコよくサビに入り、一瞬だけでも光を見せたいっていうこの曲のそこ深い思いが一気にサビで解き放たれるのだ。 この曲のミュージックビデオでは、おかしな洗脳ビデオのような不気味な映像が流れるのもすごい見ていて痺れる。 4、 Sorrows この曲も前の曲の繋ぎがとても素晴らしい。 ファンにも人気のアップテンポのナンバーである。 ここまでアップテンポで明るい曲はキングヌーとして珍しい。 ファーストアルバムにはなかったイメージを勝負に出してきたという感じがする。 お洒落で軽いイントロもすごい遊び心があって聞いていてついスキップしてしまうよう。 ここでも男の声がするがさっきの緊迫したような感じはなくずっと一人で会話をしているようだ。 6、Hitman 「スカイハーイスカイハーイ」というのが耳の残る曲だ。 これはバラードではなくミドルナンバーだ。 意外とピアノが目立っているのにその存在が大きく出ておらず全体のバランスが素晴らしい。 鍵盤の音がトイピアノみたいで可愛い。 最後のCメロで曲調がちょっと変わっていくのも聞いていて面白く、いろんな面から楽しめる曲だ。 7、Don't Stop the Clocks イヤホンで聞くと井口の綺麗な裏声がすごい響き渡る、豪華な昼食後のおやつの後に聴きたくなるような曲である。 ストリングスとアコースティックギターがとても優しい音を奏でてくれる。 カラオケで歌ってみるとわかるわかるが、ものすごくキーが高い。 8、 It's a small world すごい奇妙な曲だとはじめは思ったが意外とシンプルな構成でできていることに気づく。 「皆、寝ちゃったよ。 今夜世界は僕らのもの」とあるようになんかファンタジックな世界観をテーマにして書かれた曲なのではないか。 「息を潜めろ町が寝静まるまで」というのもあるようにこの曲の歌詞の人物は人間でなく小さな世界の別世界の人間なのかもしれない。 なんとも考察しがいのある曲である。 すごい異質である。 もう男の声は聞こえなくなったが、彼は助かったのだろうか。 10、Prayer X バナナフィッシュのエンディングテーマとしてある、ミュージックビデオのアニメーションも相まってかものすごい奇妙な名曲。 白日の前でキングヌーを知った人はこの曲がきっかけとという人も多いのではないだろうか。 つい歩きながら聞くと、イントロの「テンテンテンテンテン、」の部分でつい頭を振ってしまうような妙な魅力がこの曲にはある。 この曲に驚いたのが、ラスト転調したのかと思ったが、そう錯覚させているだけで実は音を変えているだけで転調していないこと。 白日もすごいけどこの曲もすごい。 11、Bedtown この曲も今ままでのキングヌーとは変わってミドルテンポで、夜に一人で歩いて聴きたい曲だ。 リズムを取るのがすご難しそうな曲である。 全パート早くて音数も多く、バンドの難易度的にもトップレベルに難しそうな曲である。 12、The hole このアルバム唯一のバラード曲であり、この曲も井口のハスキーの澄んだ歌声がすごく聞いていて心地いいのだが、曲としてものすごく切ない。 常田はこの曲のことを「傷口がテーマで、穴がキーワード」ということを聞いて納得した。 「穴のような傷口は僕が塞ぐから、この正体を見て」と訴えているような曲だ。 歌詞をずっと見ていると涙が出そうになる曲だ。 ストリングスと一緒に男の声が復活して何かをずっと語っている。 このアルバムについて終わりを告げているのだろうか。 最後にサイレンがなっていたのできっと男の人は助かったのだろう。 よかった。 このアルバムが出てから、管理人はキングヌーを聞くようになって一気に聞いたときは手も衝撃が走ったのを覚えている。 特に、2曲目の「Slumberland」から連続して「Sorrows」までの流れが好きだ。 何度もそこをヘビロテしてしまう。 (もちろん他の曲も好きだ).

次の

King Gnu『Sympa』リリースツアー セットリスト&ライブレポまとめ

キングヌー シンパ

凄まじい勢いと刺激的なクリエイティヴで周囲を巻き込みながら猛進する、ポップでアーティスティックなサウンドの大群——新しい時代の感受性よ、いまこそ共鳴せよ! どこを切っても筋が通ってる ヌー(哺乳綱ウシ目ウシ科ヌー属)はアフリカ大陸を移動しながら小さな群れを吸収し、時に数十万頭に及ぶ大群になるという。 〈ヌーの如く人を巻き込む力を持つバンドであれ〉という意思を込め、バンドの首謀者である常田大希によって名付けられたKing Gnu(キング・ヌー)は、瞬く間に耳聡いリスナーの注目を浴びる存在になった。 「もともと〈こういう音楽をやりたい〉というものがあって、それに適した人を探していたんですね。 例えばドラムだったら派手に叩ける奴、とか」(常田大希、ギター/ヴォーカル)。 「俺と大希がセッションで出会って、俺がいちばん好きなベーシストを連れてきて、大希が幼馴染みのヴォーカリストを呼んで、4人が集まった感じです」(勢喜遊、ドラムス/サンプラー)。 「話したいことがあるって、渋谷のカフェに呼び出された気がする。 〈おまえを入れたいと思ってるんだけど〉と言われて、〈やりたい〉って即答しました」(井口理、ヴォーカル/キーボード)。 「理はとてもマス向きな声をしていて、技術があっていろんな声が出せる」(常田)。 「僕はブラックなノリのセッション・ミュージシャンをやってた時期があって。 一度サポートをやった時にそういう要素がバチッとハマったみたいで、そのまま加入したという感じです」(新井和輝、ベース)。 みずからの音楽スタイルを〈トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル〉と称するように、その音楽性は実にエクレクティックかつ多岐に渡る。 新井はジャズやブラック・ミュージック、勢喜はダンス・ミュージック、常田と井口は東京藝術大学でアカデミックな教育を受けつつ、井口はJ-Pop、常田はオルタナティヴ・ロックを中心にオールマイティーに——そのような多様なルーツや嗜好を活かし、常田の描く設計図を元にキャッチーな現代的ミクスチャーに着地させるのがKing Gnuスタイルと言っていい。 「俺はどこのシーンにいたというわけでもなくて、あらゆるところに足を突っ込んでた感じですね。 そこで学んだこととして、例えばセッション界隈ではすごくプレイヤーシップが素晴らしい反面で歌詞やサウンド・プロデュースが弱いとか、逆にポップスの界隈は言葉の使い方がおもしろいけどサウンドの追求が弱いとか。 そういうものを反面教師にして、King Gnuはより強い表現でいいとこ取りバンドになろうとしたんですよ。 あらゆる面を切ってもちゃんと筋が通ってるものにする、その意識は他のグループよりも強いんじゃないかな」(常田)。 世代を超えて巻き込んでいきたい 年明けにリリースされるセカンド・アルバム『Sympa』は、猛スピードで成長を続ける彼らの現在を正確に映し出した作品になった。 「King Gnuは生バンドと打ち込みのビート・ミュージックとの間にいるバンドで、それが自然と馴染んできた感じがありますね。 もともと小さい会場でセッションしてきたメンツだけど、よりデカい会場にチューンされてきて、細かい手数が減った代わりにもっと大きく気持ちいいものが増えてきた感じはあります」(常田)。 バンド・サウンド、打ち込み、コーラス、弦など、楽曲の魅力と才気溢れるアレンジの見事さも、前作から大きく飛躍したポイントだ。 King Gnuはこういう曲もできちゃうし、パンク的なアティテュードのものも孕んでいる。 両面あるんですよ」(常田)。 音源のギター・ソロもヤバイことになってるし、全体の音像から色と景色が見えてくる。 理の歌うメロディーがポップで、しかも重心が低いサウンドになっているという、イイ曲ができたなと思いますね」(新井)。 「これだけ楽曲の幅があるから、いろんな世代の人が自分なりに好きなポイントを見つけられる、受け皿の広さがあるなと思いますね。 世代を超えていきたいです」(常田)。 『Sympa』=シンパとはその思想に共鳴する同志を指す言葉で、そこには年齢制限もジャンルの壁も何もない。 King Gnuは音楽であり、思想であり、行動であるという斬新なアート・フォーマットを用意して、あなたの参加を待っている。 「めざすのは、シンパを募ってどんどん広げていくこと。 King Gnu自体がそういうコンセプトで作ったバンドなので、どんどん巻き込んでデカくしていきたいなと思います」(常田)。 「これだけ歌ものとバンドの強みが同居しているアルバムは他にないと思うので。 〈これはいままで聴いてきた音楽ではないぞ〉って潜在意識に訴えかけて、音楽の聴き方がちょっと変わったりするんじゃないかなと思います」(井口)。

次の