オール アバウト マイマザー。 オール・アバウト・マイ・マザー : 作品情報

ペドロ・アルモドバル

オール アバウト マイマザー

映画『オール・アバウト・マイ・マザー』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。 各サービスには 2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。 配信状況により無料ではない場合があります。 オール・アバウト・マイ・マザー 評価• 点数: 100点/100点• スペインのマドリードに住む、移植コーディネーターのマヌエラ(セシリア・ロス)は、女手ひとつで息子のエステバンを育ててきた。 エステバンは作家志望であり、母親から誕生日にプレゼントされたカポーティの小説を喜ぶような文学少年だった。 エステバンの誕生日に二人は「欲望という名の電車」の舞台を観に行く。 そして舞台を見終え、タクシーに乗り込んだステラを演じる女優、ウマ・ロッホ(マリサ・パレデス)にサインをもらおうと、道路に飛び出したエステバンは交通事故で死亡する。 息子の死を別れた夫のロラに知らせようとマドリードからバルセロナへ来たマヌエラは、再び一人で「欲望という名の電車」を観に出かけ、女優ウマのレズビアン相手の若手女優ニーナの後を追い、ニーナの身勝手な行動がきっかけでウマの付き人になる。 そして妊娠したシスター、ロサ(ペネロペ・クルス)と同居を始める。 ロサはマヌエラの元夫であるロラの子どもを妊娠していた。 マヌエラは友人であるゲイの娼婦・アグラードにウマの付き人を任せ、親身にロサの世話をする。 やがて男の子が生まれるがエイズに感染していたロサは死んでしまう。 彼女の葬式の席で、マヌエラは立派なゲイになってしまったロラに再会し、息子エステバンのことを話しその死を悼み二人は泣き崩れた。 そしてロラはロサとの子供に面会するが、それを見かけたロサの母は、赤ん坊のエイズ発症を恐れていた。 そして新しい息子を守るため彼女は再びマドリードへと戻る。 数年後、エイズを奇跡的に克服した新しい息子と共に、マヌエラは希望を抱え再びバルセロナへ訪れた。 オール・アバウト・マイ・マザー 感想・レビュー(ネタバレ) 映画『オール・アバウト・マイ・マザー』について、 感想・レビュー・解説・考察です。 シングルマザーになったマヌエラという主人公の強さを表現するにはドラマ性が足りない。 死んでしまった息子への想いを切々と表現するというものでもない。 エイズへの警鐘を鳴らすといったメッセージ性も希薄な感じである。 何よりも主人公のマヌエラが不幸な人生を背負っているにも拘わらず明るいのである。 明るさの陰に引きずるような過去はあるのだが、その過去に存在する男がオカマになっているという、どうにも支離滅裂なペドロ・アルモドバル監督の独断場である。 これが最初から「Mr,レディ. Mr,マダム」のような展開なら腹を抱えて笑えるシーンも多いだろうが、冒頭でボリス・ヴィアンとかカポーティの名前が出てくると前衛的な展開かと思いきや、バルセロナへ行ってからは話が二分されたような展開が待っている。 どこかフェリーニの作風を思わせるようなところもあり、そっち系かと思っているとお涙頂戴へ持ってゆく。 意識していないところへカウンターパンチを喰らうようなインパクトは相当強烈である。 まぁ、とにかく主人公のマヌエラが強く逞しく生きてゆく話なのである。 お・・・面白い。 観れば観るほど謎の映画だ B旧映画という括りでは語れない映画である。 これを真剣に撮っているのだとしたら、ペドロ・アルモドバルという映画監督を改めて見直さなければいけないだろう。 ネタバレになってしまうが、亡くした息子をドナーとして、心臓を提供した男性を追いボローニャへ行くというところからどうも話がおかしくなり、そしてバルセロナへ訪れ、タクシーに乗って行ったところがラリった若者の集会所みたいな空き地で、そこで暴漢に襲われていた女性を見つけ助けようとしたら、18年振りに会ったオカマの売春婦だったというのをどう理解しろと言うのか。 一言一句聞き逃すまいと観ていたらそのシュールさに驚いてしまうが、どうもその作りが意図的ではないのだ。 背景に流れる音楽も、スパニッシュ色の強いマイナー調のものや、やたらと荘厳な音楽が使われている。 観ている自分の感性が正しいのか、作った映画監督の感性が正しいのか、役者はどう思って演技しているのか。 部屋を暗くして画面に近づいて観よう。 という事を思えばちょっと納得が出来る。 1999年 第72回 アカデミー賞 外国語映画賞を受賞したというところでも少し解る。 葬式で悲しみに暮れる場面で突然出てくるオカマの亭主と泣き合っているのはちょっと。。。 もし友人にスペイン人がいたら解説してもらいたい。 スペインではこの感性が日常的なのか非日常的なのかを。 非日常的なら100点だ。

次の

英語All About(オールアバウト)の意味と使い方 [日常英会話] All About

オール アバウト マイマザー

極上の女性賛歌ドラマは素敵に女装したヒューマニズム 投稿日:2009年7月31日 ペドロ・アルモドバル監督といえば、変態趣味のキッチュで可笑しいメロドラマが真骨頂。 そんなスペイン映画界の奇才が巨匠になった。 女性と女優、芸術、他人の優しさを賞賛する「オール・アバウト・マイ・マザー」は、20世紀最後の感動作品です。 アルモドバル監督もミドルエイジとなり、丸くなったのでしょうか。 但し、登場人物はパワフルで型破り。 主人公のマヌエラは、シングルマザーの努力で育てた10代の長男エステバンを交通事故で亡くす。 心の平穏を取り戻すために、一人息子の父親を捜索するためにバルセロナへ出発。 息子には告げなかったが、父親は女性として生きる性同一障害者だった。 アルモドバル監督は本編で、情熱を込めて家族の概念を再定義します。 バルセロナで生活し始めたマヌエラは、三人の女性と親密になっていく、オシャベリな売り専のオカマ、妊娠中の修道女、レズの大女優。 亡くなった息子はこの大女優にサインを貰おうとして道路に飛び出して交通事故に遭ったのだが、マヌエラにとっては三人とも家族同然。 傷ついてはいるが根は逞しい女たち(?)の救済の軌跡を、コミカルに、温かく描写。 極上の女性賛歌ドラマは素敵に女装したヒューマニズムです。 総ての母に贈る 投稿日:2007年12月1日 息子と母、作家志望の息子は母の目の前で交通事故で命を落とす。 母はひとり、17年前息子と来た道を遡るが・・・・・ 冒頭のシーンから、ペドロ・アルモドバルの世界に引き込まれます。 同性愛、臓器移植、エイズ、性転換、痴呆。 考えてみれば、随分に重い荷物をペドロ監督は観る側に背負わせるのですが、 マヌエラを始めとして、周囲の女性達が実に魅力的で、逞しい。 物語の展開も余計な部分が省かれてテンポがよく、その重さを忘れてしまいます。 映画にもなった【欲望という名の電車】(T・ウィリアムズ)、 【イヴの総て】を知っておくと、この物語が余計に深いものとなります。 この二つはいずれも女性の栄光と挫折を描いたものであり、 ブランチやイヴをマヌエラに重ねることができ、 そしてマヌエラがそのいずれの「女」としての部分も持ち合わせながらも、 「母」として信ずる方向に向かっていく姿には共感を覚えます。 ヴォーヴォワールの「女になる」ではありませんが、 母は母として生まれない、母になるのだ、と思える映画です。 思うに、当作品で女性三部作の旅に出たペドロ監督は、 「トーク・トゥ・ハー」で魂を探す放浪をし、 「ボルベール」で帰郷を果たしたのですね。 出発点として是非鑑賞することをお奨めしたい作品です。

次の

オール・アバウト・マイ・マザー

オール アバウト マイマザー

いろいろ使えるAll About 先ほど書いたように、たんに about と書くだけでなく、そこに all をつけると意味が強調されます。 慣用句としてはこちらの使い方の方が多いかもしれません。 たとえば、 What's that all about? (それはいったい何のこと?) という定番の表現がありますが、意味としては What's that about? (それは何に関すること?) と大きく変わりません。 ただ、all をつけることにより、文章全体の意味が強調された表現となっています。 また、 What is the book all about? (それはいったい何の本なの?) That's what education is all about. (教育とはそういうものさ) なども同様です。 たとえば What is the book all about? も、all をつけなくても意味は通じますが、all をつけることで、「その本は全体としてどんなことが書かれているの?」「かいつまんでいえば何の本なの?」というニュアンスが出てきます。 また、 It's all about luck. (それはすべて運次第だよ) なども、It's about luck. (運に関すること=運の問題だよ) に all をつけて、「それ全体が運で決まる」という強い表現になっています。 【こんなところにも使われている All About】 All About という表現、探してみるといろいろなところでタイトルとして使われています。 身の回りには、このサイト以外にも結構 All About を使ったタイトルを目にします。 いくつかその例を見ていきましょう。 【関連記事】•

次の