パスワードが漏洩しました。 確認 サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。

Googleパスワードチェックアップで漏洩や不正使用を調べる

パスワードが漏洩しました

ブラウザGoogle Chrome のセキュリティ機能が強化 2019年12月のウェブブラウザ「Google Chrome」のアップデート、バージョン79にてセキュリティ機能が強化されました。 そのセキュリティ機能とは IDとパスワードの組み合わせが第三者によるデータ漏えいの影響を受けていないかをGoogleが自動で調べてくれる「Password Checkup」です。 具体的に何をするのかというと、 ユーザー(あなた)がWEBサイトのログインフォームで利用したIDとパスワードが世間に情報漏洩していないか自動チェックし、もし漏れていれば「パスワードを変更してください」とユーザーに警告する仕組みです。 ブラウザChromeの利用者は今回のセキュリティアップデートについて事前知識がありませんし、いきなりポップアップが表示されて何が何だかわからず驚いている人が多いと予測されます。 本記事では何が起きているのか解説します。 パスワードを変更してください。 サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。 XXX(サイトURL)のパスワードをすぐに変更することをおすすめします。 このメッセージを最初に見た時「ログインしようとしたサイトに何か問題がある、情報漏洩が起きたのでは?」と誤解してしまいました。 同様にポップアップが表示されたあなたも混乱したと思います。 注意点ですが、 この警告ポップアップが出た時にログインしようとしたサイトそのものが情報漏洩を起こしたわけではありません。 該当サイトで利用している「IDとパスワード」の組み合わせが、何らかの経路で世の中に流出してしまっている、使い続けない方が良い・パスワードを変更するべき、ということをブラウザGoogle Chromeが警告してきたのです。 Google Chrome ではどのような処理で漏洩の判定をしているのか Google Chromeはどうしてパスワードが漏れているって判断できるの? Chromeのセキュリティを強化する新機能「Password Checkup」は以下の流れで情報漏洩をチェックしています 1. Googleは既に何らかの経路で世の中に漏洩したIDとパスワードのリストを入手しています。 そのデータをGoogle内部で安全な形式(暗号化・ハッシュ化)で管理しており(これらのデータを仮に「漏洩リスト」と呼ぶ) 2. 私たちがChromeを使ってWEBサイトにログインする時、Chromeは自動的にこのIDとパスワードを暗号化・ハッシュ化した上でGoogleに送ります。 Password Checkup は ID・パスワードの組み合わせが漏洩リストに含まれていないか照合します。 ID・パスワードの組み合わせが漏洩リストに含まれていることが判明したら「パスワードを変更してください(このIDとパスワードの組み合わせは漏洩しているので危ない)」とポップアップで警告します。 このような流れになっています。 画像は以下の公式ブログから引用しました。 英語ですがGoogle公式ブログの解説です。 英語になります。 何も知らずにこのポップアップを見た人は、現在ログインしたサイトで情報漏洩があったのかと誤解するケースが多そうですが、上記で解説した通り、違います。 過去に利用した何らかのWEBサービスから漏れており、流通しているということです。 もしもパスワード情報漏洩の警告ポップアップが表示されたら 警告ポップアップが表示された人は、 ・該当するIDとパスワードの利用を今後止める ・該当するIDとパスワードで登録しているサイトのパスワードを変更する 上記の作業を行った方がよいでしょう。 情報漏洩リストに載っている・警告が出たということは、あなたのID・パスワードの組み合わせが、今まで使ってきた何らかのWEBサービスから漏洩している、ということになります。 悪意のあるハッカーもGoogle同様に漏洩リストを入手し、記載されているID・パスワードの組み合わせで様々なWEBサービスにログインしようと試みます。 お金の絡むサービスに不正ログインされると大変です。 Chromeからパスワードを変えるように警告された人は、今まで使ってきたWEBサービスとID・パスワードの組み合わせを見直しましょう。 重要な情報が漏れたら大変なことになりますし、データが壊される・PCが立ちあがらなくこともありますよ。 私のおすすめは アバスト です。 日本ではそれほど知名度は高くないかもしれませんが、動作が軽くて操作性もシンプルなのでお勧めです。 国内で有名なソフトは動作がもっさり、裏側で勝手に動作してPCが重くなるなど不満が多いです。 繰り返しますが アバストがおすすめですよ。 という話題でした。 他にもおすすめの記事だよ 人気記事 人気記事 人気記事 人気記事 人気記事 KazuoLv1.

次の

パスワード漏洩が確認できるサイトHave I been pwnedの使い方【この差って何】

パスワードが漏洩しました

普段jのデフォルトブラウザはGoogle Chrome(グーグル クローム)。 そのChromeであるウェブサイトにログインしたところ、「 データ侵害によりパスワード情報が漏洩」といった内容のアラート文が表示されました。 サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。 保存したパスワードを確認し、このウェブサイトのパスワードを今すぐ変更することをおすすめします。 こんな警告文が突然表示されるので、初めて目にした時にはびっくり。 最初はアクセスしてログインしたウェブサイトで情報漏洩したのかと思ったのですが、どうやらそうではなく、Chromeのセキュリティ機能の「 Password Checkup」の機能だそうで。 ID・パスワードの組み合わせが漏洩リストに含まれている……ということなので、対処法はパスワードをすぐに変更すること。 面倒ですが、不正ログインされてしまうよりは良いですね。 Password Checkup|Google Chromeバージョン79でセキュリティ機能強化 知らない状況でアラートが表示されると驚いてしまいますが……。 IDとパスワードの組み合わせが漏洩していないか自動チェックし、漏洩していれば前述の通り「パスワードを変更してください」とchrome上で警告する機能は「Password Checkup」です。 実際には、このようにアラートが表示されます。 パスワードの確認 サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。 漏洩した組み合わせのID・パスワードで登録したウェブサイトにログインすると表示されるので、ログインしたサイトで情報漏洩したように思ってしまいますが、そうではありません。 何らかの経路でそのID・パスワードの組み合わせが流出してしまっていると、Chromeが警告しています。 「Password Checkup」の仕組みは、下記のようになっています。 Chrome上でログインした情報は、暗号化・ハッシュ化した上でGoogleに送られています。 そのログイン情報が、Googleが管理している「何らかの経路で世の中に漏洩したIDとパスワードのリスト」に含まれていないか照合し、もし含まれている場合はChrome上で「パスワードを変更してください」とアラートを出します。 Chromeで「データ侵害によりパスワード情報が漏洩」と警告された場合の対応方法 さて、「Password Checkup」でパスワード情報が漏洩していると警告された場合の対処方法ですが、一にも二にもパスワードを変更するに限ります。 アラートに表示されている「パスワードを確認」ボタンをクリックします。 すると、パスワードチェックアップの画面になりますので、再度「パスワードを確認」ボタンをクリックします。 進めるには本人確認としてGoogleアカウントへのログインが必要です。 パスワードを入力して進めます。 ログインすると、「Password Checkup」によって分析された結果が出力されます。 それにしても、不正使用されたパスワードが想像以上にありました……。 ショック。 「パスワードを変更」ボタンをクリックすると、該当ウェブサイトに遷移します。 パスワードは該当ウェブサイトで変更します。 注意点としては、該当ウェブサイトでパスワードを変更した上で、Chromeに保存しているパスワードも上書きして変更すること。 あとは地道にパスワードを変更していきます。 「不正使用されたパスワードはありません」の表示になれば一旦安心です。 パスワードの再利用と脆弱なパスワード利用でも怒られていますが、今回はここまで。 漏洩したパスワードを変更するだけで、結構手間でした。 不正利用されている可能性があるパスワードがわかるのはありがたいですね。 堅牢なパスワードを初めから利用していれば良いのですが、なかなかね(笑).

次の

【恐怖】Chromeの「パスワード情報が漏洩しました」について(パスワードの確認)

パスワードが漏洩しました

メールアドレスを入力するだけで、個人情報やパスワード漏洩を確認することができるサイト「Have I Been Pwned? HIBP 」の使い方をご紹介します。 Have I Been Pwned? には78億件 2019年4月現在 もの漏洩アカウント情報が蓄積されており、メールアドレスを入力すると、データベースに一致した過去の個人情報流出や情報漏洩事件の情報を表示してくれます。 ここで確認できる情報は、流出元や流出した日時、情報の種類(パスワード等)をはじめ、生年月日や電話番号などの個人情報もあります。 恐ろしい話ですが、 流出したメールアドレスやパスワードは、アングラ情報が流通しているダークウェブや闇フォーラムで取引され、さらに入手したパスワードを自動的にSNSやウェブサービス、通販サイトに入力してチェックするというツールまであるそうです。 もし Have I Been Pwned? でメールアドレスやパスワード漏洩を確認したら、パスワードを変更したり、使いまわしを避けるなどの自衛策を取るようにしてください。 Have I Been Pwned? は英語のサイトですが、メールアドレスを入力するだけなので誰でも簡単に使えますよ。 Have I been pwned HIBP とは Have I been pwned HIBP は、セキュリティ研究者のTroy Hunt トロイ・ハント 氏が運営しているサイトで、2013年の開設以来、データベースに登録された流出アカウントは78億5800万件、流出したサイトは362件 2019年4月現在 となっています。 漏洩情報のデータベースは随時更新され、漏洩件数の大きさや流出元のサイトも見ることができます。 「Pwned websites」を見ると、Yahoo! や LinkedIn、Adobe、Dropbox など、かなりの大手でも過去に情報漏洩を起こしていることがわかります。 Have I Been Pwned? は、以前に紹介した Firefox Monitor にもデータベースを提供しています。 しかし、パスワード漏洩をチェックできる「Pwned Passwords」や、ドメインごとメールアドレスの検索ができる「Domain search」、外部から漏洩情報を検索できるAPIの利用は Have I Been Pwned にしかない機能で、検索できる情報も Firefox Monitor より多くなっています。 英語サイトなので誰でも使えるわけではありませんが、より詳細に情報を調べる場合は、本家本元の「Have I Been Pwned? 」でチェックすることをオススメします。 とはいえ、Firefox Monitor は日本語化されているので、一般の方はこちらの方が使いやすいかもしれませんね。 ちなみに、Have I Been Pwned? の「Pwned」は「owned」から転じたネットスラングで、「打ち負かす、やられる」といった意味があります。 Have I Been Pwned の使い方 では、さっそく Have I Been Pwned を使ってみましょう。 以下からアクセスしてください。 使い方は自分のメールアドレスを入力するだけなので、とても簡単です。 サイトに入る前にreCAPTCHAにチェックを入れて、ボットではないことを確認します。 トップページの入力欄にメールアドレスを入力して「pwned? 」をクリックします。 漏洩していない場合は「Good news — no pwnage found! 」と表示されます。 ただし、一部のセンシティブ情報はメール登録ユーザーのみ表示されます。 センシティブ情報については、下の「」で説明しています。 漏洩が確認された場合は「Oh no — pwned! 」と表示されます。 その下を見ると、漏洩元のウェブサービスやファイルが表示され、漏洩した背景や日時、漏洩したアカウント数、漏洩したデータの種類がわかります。 今回入力したメールアドレスは、流出情報コレクションのようなものに含まれていました。 そのうちの一つが過去最多とされる漏洩データ「Collection 1」で、2019年1月に公開されています。 「Collection 1」は、ウェブサービスやSNSから漏洩したメールアドレスとパスワードの組み合わせ情報で、ファイルには11億6000万件もの情報が記載されていたそうです。 そこから重複する情報や無効なデータを整理し、現在は7億7290万件のメールアドレスと、2122万件のパスワードが Have I Been Pwned で検索可能になっています。 漏洩した情報の背景は、Have I Been Pwned を運営しているTroy Hunt氏のブログに詳しい詳細があり、説明文内にあるリンクから飛べるようになっています。 すべて英語ですが、興味のある方は見てください。 Pwned Passwordsでパスワード漏洩を調べる Have I Been Pwned にはパスワード漏洩を調べることができる「」という機能もあります。 こちらも使い方は簡単で、パスワードを入力するだけです。 パスワード漏洩が見つからなければ「Good news — no pwnage found! 」と表示されます。 漏洩が見つかると「Oh no — pwned! 」と表示されます。 調べてみたパスワードは「123456」で、何と23,174,662件も見つかりました。 単純すぎるパスワードがいかに危険なのかがよくわかりますね。 以下の記事でPwned Passwordsの使い方等を紹介しています。 よかったらご覧ください。 Notify me でメールアドレスを登録 Have I Been Pwned には、メールアドレスを登録しておくと、今後の情報漏洩発生時に通知してくれるサービスがあり、上部メニューの「Notify me」から登録できます。 また、一部のセンシティブ情報は、登録済みユーザーのみ検索や表示が可能となっています。 センシティブ情報とは、アダルトサイトや公序良俗に反するサイトからの漏洩情報のことです。 」にも以下の説明があります。 A sensitive data breach can only be searched by the verified owner of the email address being searched for. (センシティブ情報の流出は、メールアドレスの確認済み所有者のみ検索できます) Have I Been Pwnedは他人のメールアドレスでも検索できるので、センシティブ情報はメール認証済みの本人しか見られないという仕組みになっています。 情報漏洩は常にチェックできるわけではないので、通知があると便利です。 また、センシティブ情報の表示にも制限がかかるので、できればメールアドレス登録をオススメします。 メニューから「Notify me」に進み、メールアドレスを入力して reCAPTCHA にチェックを入れ、「notify me of pwnage」をクリックします。 入力したメールアドレスに認証用のメールが送られます。 送られてきたメール内の「Verify my email」をクリックしてください。 「Verification complete」と表示されたら認証完了です。 これでセンシティブ情報を表示したり、情報漏洩が見つかった時にメールで通知してくれます。 Have I Been Pwned の安全性 ここで気になるのは、Have I Been Pwned の安全性です。 アクティブなメールアドレスやパスワードを入手できるので、その気になればいくらでも悪事を働くことができます。 実際にこういった情報流出チェックのサイトを作成して、メールアドレスやパスワードを不正に収集するという事件も起こっています。 とはいえ、Have I Been Pwned を運営しているTroy Hunt氏は自らの素性を明かしており、Microsoftのセキュリティディレクターで、セキュリティ研究者としても著名な人物です。 また、Firefox を開発する Mozilla は、Have I Been Pwned のデータベースとAPIを利用して「Firefox Monitor」を提供しています。 今までの実績や提携先から見て、このサイトは信頼できるし、安全性は十分だと考えてよいでしょう。 もちろん、最終的な判断は自己責任です。 個人情報・パスワード漏洩対策 情報漏洩を確認したら、すぐにメールアドレスやパスワードを変更して、セキュリティを強化するなどの対策が必要です。 パスワードを使いまわしている場合は、面倒でも全て変更したほうがよいでしょう。 Have I Been Pwned では、パスワードマネージャー「1Password」の利用、2段階認証の導入、通知サービスに登録することを推奨しています。 過去の情報漏洩事件を見ると、厳重にセキュリティ対策を施しているはずのGoogleやHotmail、Yahoo! 、Twitter、Facebookといった大手SNSや、ウェブサービスでもメールアドレスやパスワードが流出しています。 これらの情報漏洩は、いくら自分で対策していても防ぎようがないし、漏洩した情報は「ダークウェブ」などで販売され、入手したスパマーやネット詐欺師に悪用される可能性があります。 ウェブサービスやSNSを利用するときは、常にパスワード変更等の手順を確認しておきましょう。 あと、推測されやすい「123456」や「password」「qwerty」といったパスワードは使わないようにしましょう。 以下の最悪パスワードランキングにリストアップされているような単純なパスワードは、ほぼ間違いなくパスワードリスト攻撃の対象になると思ってください。 パスワード管理アプリ 1Password Have I Been Pwned では、パスワードのセキュリティを向上させるための対策として、パスワード管理アプリ「1Password」の利用を勧めています。 各サイトごとに長くて複雑なパスワードを設定すると安全性が向上し、もしパスワードが流出しても、そのサイト以外で被害を受けることはありません。 でも、管理するパスワードが100や200にもなると、全て覚えるのは不可能ですよね。 1Passwordはサイトごとに設定した複雑なパスワードを、マスターパスワード1つで全て管理できます。 また、PCやスマートフォン、タブレットもすべて共通で管理できます。 さらに、Have I Been Pwned のデータベースを使ったパスワード侵害の監視機能も提供しているので、もしパスワードが流出してもすぐにわかります。 1Passwordの使い方と設定方法は以下をご覧ください。 有料のアプリですがそれだけの価値はあります。 あのAppleでも全従業員が1Passwordを利用しているそうです。 あと、Chromeブラウザをお使いの方は、Googleが提供するセキュリティツール「」もオススメです。

次の