京都舞鶴女子高校生殺人事件弁護士。 京都府 舞鶴 女子高生 殺害事件 男性(67) 大阪で女性(39)を殺人未遂

京都舞鶴女子高生殺害事件 とは、どんな事件ですか?

京都舞鶴女子高校生殺人事件弁護士

2008年5月に京都・舞鶴市の高校1年・小杉美穂さん(当時15)が鈍器で殴られて殺害された事件で、殺人や強制わいせつ致死の罪に問われた無職・中勝美さん(64)の控訴審判決が本日おこなわれ、大阪高裁は、 「現場近くに中さんと小杉さんがいたという目撃証言の信用性には疑いが残る」 として一審判決の無期懲役を破棄し、無罪判決を言い渡しました。 一貫して無罪を主張していた中さんは、涙ながらに裁判長に 「ありがとうございます」と述べました。 一方、傍聴していた小杉さんの母親は 「いい結果が出ると信じていた。 受け入れられない判決です」とコメントし、大阪高検は 「意外であり、遺憾である」と今後の対応を検討している旨を語りました。 そして午後、弁護人付き添いのもと、大阪拘置所を出た中さんは 「無実が晴れて、ほんまに誠にありがとうございます」と再度話しました。 なぜ検察・警察は無罪になるような人を逮捕し、裁判に臨んだのか不思議に思います。 小杉さんのお母さんかわいそうだな、などと思ったり、中さんの判決が確定したら、検察・警察は真犯人を捜すべく動くのだろうか、などと考えたりいたします。 実際、今後どのようになるのでしょうか。 直接法的証拠が取り得なかった結果、間接証拠を積み重ねざるを得なかったのでそうしたものの、疑わしきは罰せずという法理論でもって無罪判決が出されたという判決であって、実際はこの男が犯人ということは99. もし上告されて最高裁でも無罪にでもなろうものなら、また誰かがこの男の毒牙にかかり犠牲者がまた増えることになる、そうならないことをただただ祈るだけですね、ほんとに但々。 ちなみに、尼崎大量変死事件の主犯とされている女が留置所で自殺しましたが、この女が主犯人であることは99. それでも現時点では殺人で法的に立証するには、このままではまだまだ証拠的に厳しいものがあり、法律的且つ裁判的には困難とされていたのですから。 このたびの事案は、そういう観点から取らまえれば、この判決というか裁判官が、いかに危険かが思量できるかと思います。

次の

【京アニ】「勾留の必要性ない」京アニ放火容疑者の弁護人が準抗告 [蚤の市★]

京都舞鶴女子高校生殺人事件弁護士

舞鶴女子高生殺害事件の殺人と強制わいせつ致死の罪に問われた刑事裁判で、大阪高裁は被告に無罪判決を言い渡しました。 舞鶴女子高生殺害事件とは、京都府舞鶴市で2008年5月、高校1年の女子生徒が殺害された事件。 京都地裁は被告に無期懲役を言い渡していたが、検察はこれを不服として控訴、死刑を求めていました。 舞鶴女子高生殺害事件当時の遺体発見現場・目撃証言・防犯カメラの画像 舞鶴女子高生殺害事件当時の遺体発見現場 防犯カメラの映像やアリバイや目撃情報などの状況証拠で、物証や証言が無いまま起訴されました。 状況証拠 間接証拠 のみでの立証に、捜査員も「ガラス細工の積み重ね」と例えていました。 裁判長は判決理由で、一審判決が有罪の根拠とした間接証拠を厳格に判断。 また事件直前に被告とされる男性が被害者と一緒にいたと証言した目撃者2人のうち1人は、事件直後には目つきや年齢や髪形などが被告の特徴と大きく異なる証言をしていたとし、「警察の聴取の際に被告の写真を見て影響を受け、聴取を繰り返し受けるうちに記憶が変遷した可能性が否定できない」とし、犯人にしか知り得ない「秘密の暴露」だったとする検察側の主張を退けました。 はっきりしているのは、京都府舞鶴市で女子高生が「何者かに」頭や顔を鈍器で殴られ殺害されたということです。 状況証拠の積み上げによる立証で裁判所が有罪認定した事例には、最高裁が1、2審の死刑判決を支持して上告を棄却した和歌山毒物カレー事件があります。 ただし、最高裁は一昨年4月、大阪の母子殺害事件の判決の中で、状況証拠だけで有罪認定するには「犯人でなければ説明のつかない証拠が必要」との判断基準を示しています。 朝の情報バラエティ「スッキリ! で本村健太郎弁護士が、疑わしきは罰せずだという主張で、「最初から無罪であるべきだった」と主張し、加藤浩次氏が真犯人の捜査について語ると「警察は今後捜査をしない」と話していました。 本村健太郎弁護士の今回の発言は弁護士として正しいと思ったとしても、被害者や被害者家族に対しての思いやりのない発言でした。 弁護士が発言したのは録画もされておらず顔も朧気にしか思い出せないが、今朝見た証言をここに記しておきます。 【】 【】 【】.

次の

[犯罪・刑事事件]和歌山カレーヒ素、舞鶴高校生殺人

京都舞鶴女子高校生殺人事件弁護士

概要 [ ] 事件概要 [ ] 2008年、高校1年の女子高生が夜午後10時以降に自宅を出た後、翌午前0時50分頃友人に「国道沿いのドラッグストア付近にいる」とで話し、その直後に東京に住む兄に携帯メールを送信したのを最後に行方が途絶えた。 同日午前9時頃に女子高生が家に帰らないため、女子高生の家族が捜索願を出す。 翌午前8時45分頃に雑木林で女子高生は遺体として発見された。 死因は窒息死では5月7日未明とされる。 バールのようなもので女子高生の顔や頭など数回殴って殺害した上、遺体に土や枯れ葉をかけて隠していた。 発生当初の5月、捜査機関は交友関係を調べれば犯人に結びつくとして、犯人特定に楽観的な見方もあったが、捜査は難航する。 女子高生に周辺とのトラブルは無く、事件の直前に掛けていた携帯電話の通話やメールからも犯人には結びつかなかった。 一方で、5月7日未明に女子高生と黒い服を着て自転車を押す男性が一緒に現場に向かう府道を歩いているのが複数の防犯カメラの記録に残っていた。 聞き込みを続けた結果、8月に現場近くに住む男性が容疑者として浮上。 この男は5月6日夜から7日未明に市内の二店を自転車で訪れ、帰途のコースと時間帯が女子高生が通過したものと重なり、男性は防犯カメラに映った「自転車の男」と体格で同一人物とみて矛盾しないとの鑑定結果も出て、さらに男性は当日は黒い服を着ていたことも判明した。 容疑者の人物と逮捕 [ ] 、無職の男性Nは7~8月に女性下着1枚と賽銭約2000円を盗んだでされる。 、窃盗罪で家宅捜索が行われた後。 、5月に発生したと容疑で捜索令状を元に2回目の家宅捜索を行おうとした。 しかし、男性のが捜索令状の取り消しを求めるを申し立てたため、延期。 その後、準抗告がされて2回目の家宅捜索が入ったが、1日遅れで家宅捜索が始まり、弁護人が記録用のビデオカメラで撮影しながら捜索に立ち会うという状態になった(弁護人のビデオ撮影は府警からの申し入れで途中で中止になったが、立会いは最終日まで続けられた)。 家宅捜索はまで6日間続き、約2000点がされた。 、Nは窃盗罪で懲役1年が確定しにて服役。 2009年、Nは殺人事件による殺人罪と死体遺棄罪で逮捕。 身柄をに移されて取り調べを受け、、殺人罪とで起訴。 同日京都に移送された。 5月21日から始まるを目前にしての起訴であった。 Nは殺人事件直後に事件の日に着ていた黒い服を捨てていたり、所有する複数の自転車の色が事件直後に塗り替えられて、また凶器と見られるバールを数年前から持っていたが事件直後に無くなるなど数々の不可解な点があり、捜査機関はこれらのことを証拠隠滅のためだったという見方をしている。 また36年前の1973年9月に男性(この時25歳)は内縁の妻との別れ話から内縁妻とその兄を殺害した後に住人の女性2人をに立て篭もった事件で16年のを受け、1991年9月に路上で女性を強制わいせつしようとした強制わいせつ罪やで懲役5年の有罪判決を受けた経歴が明らかになった。 裁判 [ ] 、23回のを経た上で、初が(裁判長)で開かれた。 の積み重ねだけで、直接のがない事件としても注目が集まった。 10回にわたる公判で以下のことが主な争点となった。 事件直前、Nとが一緒にいたとする目撃者2人のは信用できるか否か• 事件直前、防犯カメラに映っていた、自転車を押しながら被害者と一緒に歩く男はNか否か• 被疑者が聴取において他人真犯人説主張の際に行ったとされる被害者遺留品の特徴の供述は、事件当時に現場にいたことを示す「」かの誘導か 3月18日に側はを、弁護側はを主張した。 5月18日、京都地裁は防犯カメラの画像の検察側の画像鑑定は「単なる印象に基づくものが多い」として証拠能力を否定したが、目撃証言や防犯カメラから死亡直前の被害者と一緒にいたことを認定し、未公表の被害者遺留品の供述に捜査上の問題はないとして証拠能力を認めて有罪としたが、偶発的なであることから死刑を回避してをした。 弁護側は判決を不服としてに即日した。 12月12日、大阪高裁(裁判長)は京都地裁の無期懲役判決を破棄し、逆転無罪の判決を言い渡した。 2014年7月10日、最高裁判所は検察側の上告を棄却し、これにより二審の無罪判決が確定した。 元被告人のその後 [ ] Nは舞鶴の事件で無罪が確定した僅か約4ヶ月後の2014年11月5日に大阪市北区で知人女性を刺したとして殺人未遂で現行犯逮捕された。 Nは2013年8月に窃盗事件で有罪判決を受け2014年9月末に出所していた。 2016年2月24日、(裁判長)で行われた裁判員裁判で検察側は「Nが女性に好意を抱き、キスを迫ったら抵抗されたため刺した」「全身の傷があることから殺意があった」と主張、Nと弁護側は「自分を守るためにナイフを取り上げたら刺さってしまった。 わいせつ目的もない」「元雇用主だった女性と賃金の未払いで口論になり、女性から襲ってきたので正当防衛」などとして無罪を主張した。 同年2月29日、検察側は懲役25年を求刑した。 同年3月14日、大阪地裁はNに対して殺人未遂や強制わいせつ致傷などで懲役16年の判決を下した。 検察側弁護側共に同月18日までに控訴せず地裁判決が確定 、に服役していたが、で病死した。 67歳没。 同年4月から体調を崩し治療を受けていた。 関連事件 [ ]• 2007年6月から2008年6月にかけて、京都府の元の男が、この事件を引き合いに出して脅す形で6人の女子高生に性的暴行を加える事件が発生した。 、京都地方裁判所舞鶴支部は、被告に懲役12年の判決を言い渡した。 この事件が発生する7年前のに18歳の女子生徒が行方不明となり、に近くの川原で首を刃物で傷つけられた遺体で見つかったが起こり、となっている。 類似裁判 [ ]• - 2002年に発生した、同じく状況証拠のみで争われた裁判。 - 2009年に発生した、同じく状況証拠のみで争われた裁判。 出典 [ ] []• 47NEWS. 共同通信 全国新聞ネット. 2009年9月8日. の2014年11月6日時点におけるアーカイブ。 Yahoo! ニュース. 共同通信 Yahoo Japan. 2016年10月30日閲覧。 47NEWS. 共同通信 全国新聞ネット. 2012年12月12日. の2012年12月17日時点におけるアーカイブ。 47NEWS. 共同通信 全国新聞ネット. 2014年7月10日. の2014年11月6日時点におけるアーカイブ。 47NEWS. 共同通信 全国新聞ネット. 2014年11月5日. の2014年11月6日時点におけるアーカイブ。 産経新聞. 産経新聞社 産経WEST. 2017年11月30日閲覧。 産経新聞. 産経新聞社 産経WEST. 2017年11月30日閲覧。 産経新聞. 産経新聞社 産経WEST. 2017年11月30日閲覧。 NHK NEWS WEB 日本放送協会. 2016年7月11日. の2016年7月11日時点におけるアーカイブ。 2016年7月11日閲覧。 外部リンク [ ]• Yahoo! ニュース Yahoo Japan. 2016年10月30日閲覧。

次の