山本 か よこ。 江東区議会議員 山本かよこ プロフィール

山本かよこ

山本 か よこ

1.社会と人間を結ぶ情報システムの可能性 現代社会では,様々な情報システムが続々と開発され,私たちの日常生活は情報システムの進展により大きな変化が生じている。 特に情報システムのうちでも,GIS(Geographic Information Systems; 地理情報システム)は研究面だけではなく,行政,企業が提供するサービス,市民による社会活動など,様々な場面で利用されるようになった。 そしてGISでは,一方的に情報提供を行うだけではなく,デジタル地図を利用した双方向性の情報交流や多様な主体間の情報共有を行うことができる。 これらの背景には,他の情報システムとは大きく異なり,デジタル地図上に多様な情報を掲示し,情報提供・共有化を行うことができるというGISの大きな特徴がある。 またインターネットなどのITと結びつくことにより,広く社会に情報提供を行い,意思決定支援を行うことができるようになった。 さらにGIS以外にも多様な情報システムが社会で積極的に利用されることにより,より良い地域づくり,環境づくりを行うために市民参加を促進することができる可能性がある。 2. 社会情報システムとしてのGIS GISは,以下のような特徴を持つ社会情報システムであり,人間と社会をつなぐためにこれから大きな役割を果たすことが期待される。 位置や空間に関する情報をもったデータ(空間データ)を総合的に管理・加工し,デジタル地図上に視覚的に表示できるため,迅速な分析や判断を可能にする• 多様な情報源から大量の空間データを取り込み,デジタル地図を利用したデータベースを作成する• データベースを効率的に蓄積・検索・変換・解析して地図を作成し,情報提供・共有化や意思決定支援を行う またGISには,以下の図に示すように,データベース作成ツール,情報解析ツール,情報提供・共有化ツール,意志決定支援ツールとしての機能があり,社会と密接な関わり合いをもつ情報システムである。 したがって,私たちが公共選択を行うにあたって,果たす役割はたいへん重要であるといえよう。

次の

山本 佳世子 准教授

山本 か よこ

マナラに救われました! 私がマナラ化粧品に出合ったのは、約 12年前のこと。 友人宅に泊まった際に、「肌に悪い成分が一切入っていないから使ってみて」とすすめられたのが、〈ホットクレンジングゲル〉と〈ディープナノローション〉〈プレミアムクリーム〉でした。 実はちょうどその頃、ストレスで肌質が急に変わってしまい、それまで愛用していた化粧品をつけると顔が痒くなってしまうというトラブルに見舞われ、とても困っていたところでした。 「無添加といっても、本当に大丈夫かしら」と恐るおそるマナラ製品を使ってみたらびっくり。 優しい使い心地で、まったく刺激を感じなかったんです。 お手入れ後のお肌がしっとりしていて、何よりも痒みを感じないことに感激しました。 さっそく基礎化粧品をマナラに変えたところ、鼻の黒いポツポツがなくなり、目の下のちりめんじわも、気づいたら姿を消していたんです。 「これはスゴイ!」とすっかりファンになりました。 手書きのお返事にびっくり! 冬はスキーに行くことが多く、以前はホテルに泊まると乾燥で肌がカサカサに…。 でもマナラを使い始めてからは、しっとりつやつやのまま。 私は、アイクリームなどを買っても、つい使い忘れてしまうタイプ。 だから、マナラ製品のシンプルさがとても気に入っています。 簡単で続けやすくて、でもお肌をちゃんとケアできるから最高ですね。 〈モイストウォッシュゲル〉が発売されたときに、「クリームで本当に汚れや角質がとれるの?」とファックスで質問したことがあったのですが、ていねいな手書きのお返事が届いてびっくり! 「マナラってすごい会社だな」と思い、信頼感が増しました。 「肌の負担になる成分は使わない」「容器にお金をかけない」といった企業理念にもとても共感しています。 ひとり 娘が社会人になり、自分の時間が増えたので、今は「何か新しいことに挑戦したい!」と考えているところ。 効果・実感には個人差があります。 また、効果を保存するものではございません。 こちらのお客様のご愛用中の製品.

次の

山本佳世子 (情報学者)

山本 か よこ

山本 佳世子(やまもと かよこ、女性)は、日本の社会情報学者、教授。 専門はウェブ情報学・サービス情報学、環境学、地理情報システム。 1999年に論文「地域防災性指標としての公共的緑地の充足度評価方法に関する研究」によりから工学博士を取得する。 上にツイッターやSNSなどのソーシャルメディアのビッグデータを重ね合わせる研究 やと大気拡散モデルを統合したダイオキシンの大気中や土壌中などへの拡散状況に関するシミュレーション研究などを行っている。 特に防災分野では、地域住民によってツイートされた災害情報をリアルタイムに上へ集約するシステムを東京都三鷹市と共同で運用している。 また、この仕組みを観光スポットの推薦システムにも展開する横浜みなとみらい地区の観光スポット推薦システムも開発している。 略歴 [ ]• - 滋賀県琵琶湖研究所 研究員• - 環境情報ビジネス学部 助教授• - 連携会員• - 総合科学技術・イノベーション会議事務局 政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付 上席科学技術政策フェロー• - 空間情報科学センター 客員研究員• - 客員教授 受賞 [ ]• 2001年 日本計画行政学会学会賞奨励賞• 2005年 日本環境共生学会学会賞奨励賞("An Examination of Land Use Controls in the Lake Biwa Watershed from the Perspective of Environmental Conservation and Management" )• 2006年 日本環境共生学会学会賞著述賞(「GISによる環境保全のための土地利用解析-環境情報の共有化-」 )• 2010年 日本社会情報学会優秀論文賞(今井康平と共著、「道路交通の人工排熱に着目した都市ヒートアイランド関連施策の評価」 )• 2018年 環境科学会学術賞(「GIS を利用した情報提供・共有化手法に関する研究」 ) 著書 [ ]• 地理情報システム学会教育委員会編『地理空間情報を活かす 授業のためのGIS教材』 2017• 梶秀樹・和泉潤・山本佳世子編『自然災害-減災・防災と復旧・復興への提言-』 2017• Kayoko YAMAMOTO and Shota SASHIYAMA『Series: Advances in Medicine and Biology Volume 112』 2017• 梶秀樹・和泉潤・山本佳世子編『情報共有・地域活動支援のためのソーシャルメディアGIS』 2015• 山本佳世子『復興は人づくりから-全国大学ボランティア教員15名による特別講義-』いわて高等教育コンソーシアム 2013• 梶秀樹・和泉潤・山本佳世子編『東日本大震災の復旧・復興への提言』』 2015• 山本佳世子『身近な地域の環境学』 2010• 山本佳世子『シリーズGIS第5巻 社会基盤・環境のためのGIS』pp79-98 2010• 熊田禎宣・山本佳世子編『環境市民による地域環境資源の保全-理論と実践-』 2008• 山本佳世子『GISによる環境保全のための土地利用解析-環境情報の共有化-』 2006• 山本佳世子『わたしたちの環境学習』 2006• 山本佳世子『環境問題の現場から-地理学的アプローチ-』 2003 脚注 [ ] []• 電気通信大学. 2020年2月1日閲覧。 東京工業大学. 2020年2月1日閲覧。 梶秀樹・和泉潤・山本佳世子編『情報共有・地域活動支援のためのソーシャルメディアGIS』古今書院、2015年。 梶秀樹・和泉潤・山本佳世子編『身近な地域の環境学』古今書院、2010年。 梶秀樹・和泉潤・山本佳世子編『自然災害-減災・防災と復旧・復興への提言』技報堂出版、2017年。 電気通信大学. 2020年2月1日閲覧。 docs. google. com. 2020年2月2日閲覧。 2020年2月2日閲覧。 www. ssi. 2020年2月2日閲覧。 docs. google. com. 2020年2月2日閲覧。 2020年2月1日閲覧。 外部リンク [ ]• - KAKEN データベース• 研究者リゾルバーID:、• 日本の研究. com:•

次の