バインド 耐性 武器。 ゼノブレイドDE ジェム効果一覧

バインド耐性武器で悩んでます

バインド 耐性 武器

内容は同一のものです こんにちは。 ねててです。 今回はそんなに書かないつもりです。 そこで新登場したケンシロウ武器とラオウ武器が、 今までの耐性武器とはちょっと違う系統のものでした。 毒4であったり、毒2お邪魔2など しかし、今回は毒2お邪魔1暗闇1という、耐性が3種類に発展しました。 今回はこの耐性が3種類かつ4個ついている武器 以降211耐性武器と呼びます について考えていきたいと思います。 また、この記事では、毒お邪魔暗闇という統一の順番の元、以下のように表記します。 それでは、それぞれについて説明していきます。 三種の神器と組み合わせることで、444耐性にすることが可能なためです。 ちなみに、当然ではありますが、211耐性武器を3種揃えても444耐性となります。 エアリス武器 :操作時間延長、回復強化 ミラボレアス武器:L字、攻撃強化 衛宮士郎武器 :操作時間延長、攻撃強化 強いですね。 1秒の操作時間延長、L字という素晴らしいバランスです。 211耐性武器の3種組み合わせはどうでしょうか。 ケンシロウ武器:操作時間延長、HP強化 ラオウ武器 :火属性強化2個、攻撃強化 121耐性武器 :不明 現時点ではひとつわかりませんが、火属性強化は汎用性が低いので微妙なのかなと思います。 ケンシロウ武器:操作時間延長、HP強化 ケンシロウ武器:操作時間延長、HP強化 衛宮士郎武器 :操作時間延長、攻撃強化 なんと操作時間延長が1. 5秒になりました。 操作時間が欲しい人からすると、これは嬉しい0. 5秒かも知れません。 L字は失われていますが、パーティにL字を持っているキャラがいる場合は操作時間が延びる方が嬉しいですね。 ラオウ武器の場合は火属性強化 列 が4個増えます。 パーティによっては強力な火力底上げになり得るパワーがあります。 今後も登場するであろう121耐性武器のオマケ覚醒によっては三種の神器セットよりも優れている組み合わせが生まれる可能性があります。 三種の神器の中でも特に優秀なエアリス武器と組み合わさるので期待できます。 しかしながら、211耐性武器をセットで見た場合は、汎用性という面で見て三種の神器には劣るのかなと考えます。 ジュリ武器、 ナヴィ武器、 オリア武器です。 これらは、 2種耐性に加え、バインド耐性プラスを持っているアシスト武器です。 この3種類の武器はそれぞれ、毒お邪魔、毒暗闇、お邪魔暗闇耐性を持っているので、 うまく対応することですべての211耐性武器と噛み合わせ、222耐性とすることができます。 パーティにバインド耐性はないけれどとても強いキャラがいる場合などは非常に嬉しいですね。 しかしながら、アシスト枠が1枠分増えてしまうという欠点があります。 これはバインド耐性のないキャラがいる場合、仕方のない事かもしれません。 また、似たような2種耐性に加えて強力な追加効果のある武器が2種あります。 それが アギダインカードと 白竜のカードです。 それぞれお邪魔落下スキル、バランスキラーを持っています。 未だに唯一性の高い2種ですので、お世話になっている方も多いかと思います。 しかし、バインド耐性の3種に対しては反論が想定されますので、それぞれ回答したいと思います。 逆に、スキルを使わなくていい場合はその組み合わせでいいと思います。 どちらでもいいと思います。 アスナ武器が毒2のバインド耐性武器になりそうな気もしています。 相互互換に近いものだと考えています。 特にセシル武器がない場合はいい組み合わせになると思います。 残りの333耐性をどの様に埋めていけばいいでしょうか。 この中から3個選ぶことができるメリットは非常に大きいと思います。 ちょっとだけ実例 先程提示したアギダインとの組み合わせを考えてみます。 アギダイン武器は101耐性武器です。 三種の神器では、どうしても無駄ができてしまいます。 強そうです。 ちなみに111耐性5個はアシスト枠が6枠になってしまうのであまり適していません この様に、他キャラとの組み合わせによっては211耐性が非常に有効な場合があり、その場合は三種の神器を大きく上回るシナジーが出せています。 これらを踏まえると、まさに相互互換という表現が合っているのかな、と思います。 さて、ここまでがパーティ構築にも関わってくる部分だと思っています。 ここからは好みの問題であったり、今後のキャラ次第である部分が大きいので軽く読み流しても問題ありません。 例えば今回のケンシロウ武器があった場合、 お邪魔暗闇耐性を1個ずつ持っているぎん千代や闇マイネなどと組み合わせることで、222耐性とすることができます。 特に闇マイネはクロユリループでも使われていますね。 そしてこれはケンシロウ武器でなくとも同様で、 ラオウ武器であれば毒お邪魔耐性を1個ずつ持っているキャラと組み合わせることで、、、と言いつつ、実はあまり強いキャラは現状いません。 まだ見ぬ121武器の場合、濃姫や水着アルテミスなどと合致します。 今後はこのように3耐性の数を揃えられる組み合わせがでるかも知れません。 正直今は要素としては弱いですね。 例えば、毒耐性3個持ちのキャラは持ってないよ!2個持ちなら持ってる!という場合は今回のケンシロウ武器の登場は嬉しいかも知れません。 お邪魔や暗闇も同様に考えることができます。 特に、ミラボレアス武器は勝手にスキルが溜まり、そして対処に困ることは、ねてての中ではあまりにも有名な逸話です。 執筆時点での情報にはなりますが、ケンシロウ武器2個衛宮士郎武器の組み合わせは全て火属性なので、火パーティには適しているかも知れません。 おわりに 色々と書いてきたように、211耐性武器は三種の神器の相互互換だと僕は考えています。 しかし、211耐性が2種揃った時点ではありますが、セットでの完成度では三種の神器の方が高いと思います。 ラオウの火属性強化は汎用性が低いのでやはり評価できないです。 とは言え、組み合わせによってはより強いシナジーを発揮するので、どれもいい武器だなぁ、という感じです。 三種の神器を取り損ねたことをとても後悔している人はぜひとも確保しておきたいのかなと思います。 またね。 ねてて.

次の

【パズドラ攻略】“バインド耐性+”を付与できる貴重なアシスト進化!“アイアンメイデン・ジャンヌ”の評価&使い道を考察 [ファミ通App]

バインド 耐性 武器

アシスト進化とは アシストに特化した進化! アシスト進化とは、今までの進化とは異なる新しい究極進化です。 その名前の通り アシストに特化した進化で、アシスト進化したキャラそのものの戦力は低めです。 アシストで覚醒スキルを引き継げる 【覚醒アシスト】 他のモンスターにアシストすると自分の覚醒スキルが付与される アシスト進化を果たしたキャラは専用の覚醒スキルを持っています。 「覚醒アシスト」の効果で、 アシストキャラの覚醒スキルが引き継がれます。 当然ながらスキルもアシストされるので、覚醒スキルを取るかスキルを取るか、今後アシストを行う際の重要なポイントになるといえるでしょう。 アシスト進化後も退化は可能 Ver17. 2以前はアシスト進化後の退化ができませんでしたが、 Ver17. 2以降はアシスト進化後でも退化ができるようになりました。 戻せないことを理由にアシストをためらう必要はありません。 進化に必要な「創装の宝玉」 アシスト進化のためには、「」と呼ばれる、新しい進化素材が必要となります。 創装の宝玉は聖獣達の楽園などに乱入してくるファガンを撃破することで入手可能することができます。 キャラ 入手方法 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 純粋に強力な覚醒スキルを持つアシスト ひとまとめにするのは難しいですが、単純に強力な覚醒スキルを持ったアシスト装備は純粋におすすめです。 ただし、スキルブーストやバインド耐性+、マルチブーストなど有用な覚醒スキルは進化前であるキャラの 入手難易度が高いことが多いため、あまり無理をしてはいけません。 中にはスキルに価値があるアシスト装備もあります。 周回向けのアシスト装備が多いものの、無課金で入手できる場合も多いため優先的に進化させたいところです。

次の

【パズドラ】バインド回復(スキル)を持つキャラの一覧|ゲームエイト

バインド 耐性 武器

約700回の連載の歴史を辿る『熱血パズドラ部!』のムック本• のモンスターメモリー付!• (パズドラ本編でも使用可)• 閃光のアスナ リーダー評価 ・手軽に225倍の高火力が出せる 光属性限定の常時倍率に加え、ドロップを5個以上つなげるとLF最大225倍。 つなげるドロップの指定はないため、初心者でも簡単に高火力を出せる。 操作延長効果で安心してパズルが組めるのもポイント。 5倍の補正がかかり、大ダメージを受けきれる高HPパを編成可能。 自身のスキルで回復力エンハンスをかけられ、HPと回復力ともに高水準のチームを作れる。 光の1列を組んだ際にチーム全体の火力を底上げできるため、火力補填枠で多くの光属性パで活躍。 コンボ吸収対策や回復力減少対策、回復力が低いチームの復帰サポートなどで活躍できる。 総合的な評価 スキルを活かしての選出率が低いため、サブではリーダー運用がおすすめ。 HP倍率と回復力エンハンススキルで耐久に優れたチームが組める。 倍率発動に必要な指定色がなく初心者に最適のリーダーだ。 おすすめ潜在覚醒スキル 潜在画像 名称 ポイント スキル遅延耐性 【妨害ギミック:スキル遅延】があるダンジョンに挑む際の対策 悪魔キラー 悪魔タイプに対しての火力アップ。 高火力は出せるがバインド耐性がないため、バインドに弱いリーダーのバインド対策におすすめ。 コンボ吸収対策で採用するだけでなく、回復力エンハンスで回復補填や回復力減少対策としても選出できる。 スキルで回復力エンハンスが発動するため、復帰力サポート目的で選出するのもありだ。 約700回の連載の歴史を辿る『熱血パズドラ部!』のムック本• のモンスターメモリー付!• (パズドラ本編でも使用可)• 好評発売中!.

次の