知ら なく て いい こと 最終 回 予想。 知らなくていいコトの最終回冤罪を乃十阿徹(のとあとおる)の名前から予想!結末も考察

日テレ「知らなくてもいいコト」最終回ドラマ感想まとめ

知ら なく て いい こと 最終 回 予想

彼氏役にジャニーズWESTの重岡大毅さんと、元カレ役に柄本佑さん。 週刊イーストの編集長に佐々木蔵之介さん。 脚本はヒットメーカーの大石静さん 最終回の結末はどんな展開になるのかとても気になるところです。 知らなくていいコト【最終回】ネタバレ予想!知らなくていいコトの意味! ドラマが放送前に解禁されていた情報は• 主役・吉高由紀子さんが演じる職業は週刊誌の記者• 題名『知らなくていいコト』• 脚本は大石静さん• 大石静さんオリジナル脚本 最近はリアリティ系医療ドラマが流行っているから、リアリティ系週刊誌の記者? 共演する俳優陣が演技派なメンバーばかりだったのもプラスされ、主役のケイト(吉高由里子)がスクープ連発。 知らなくていいコトを吉高由里子さんが暴いていくストーリーと予想していたのですが…。 仕事に恋に充実していた日々を過ごしてきたケイトに思いがけないことが降りかかりました。 未婚のままケイトを育てていた母親が、父親はキアヌ・リーブスだと言い残してこの世を去ってしまいます。 息を引き取る直前にそんな冗談を? ケイト自身も母親の言葉が冗談なのか本当なのか判断できずにいました。 母親の遺品の整理をしていると、キアヌ・リーブスとの2ショット写真を発見し戸惑うケイトでしたが決定的な証拠を発見します。 『知らなくていいコト』第1話をようやく観始めました。 お母さんから亡くなる直前に「あなたの父親はキアヌ・リーヴス…」と言われて戸惑う吉高由里子さんの話でした。 ケイトと乃十阿徹を接触させないように大嘘をついたことが逆に興味を持たせるきっかけになってしまったんです。 父親が犯罪者だと言うことだけを隠したかっただけなのでは? 最初は推測しましたが、ストーリーが進むにつれだんだん気付いてきました。 知らなくていコトは、知らないほうがいいコトなんだって。 星の里ふるさとキャンプ場に設置させていたウォーターサーバーの中に、毒があるハリヒメソウが混入。 それを知らずに飲んだ人々の内2名が命を落とし、5名が意識不明の重体、3名が重い後遺症を負います。 事件の犯人として逮捕された乃十阿徹は事件の詳細を一切話さないまま25年間服役していました。 つまり?どーゆーこと? ターゲットが絞られていないことから、自身の楽しみのために行った犯行とも考えられます。 もしそうだとしたら、もっと効果の強い薬品などを使うはずなので、星の丘ふるさとキャンプ場犯行は偶然起こった。 予期せぬ形で! 毒草のハリヒメソウは子供のイタズラだったのかもしれません。 本人にはイタズラの意識はなく、おままごとの感覚だった可能性も。 乃十阿徹は自分の娘を守るために犯人になった。 母親はその事実にたどり着くのを阻止するために父親がキアヌ・リーブスだと嘘を付いた。 父親が事件の犯人だということは『知らなくていいコト』 父親が誰かをかばっていることは『知らなくていいコト』 無邪気な子供のイタズラで命を失った人がいることは『知らなくていいコト』 星の丘ふるさとキャンプ場で毒草ハリヒメソウをウォーターサーバーに入れたのは、当時2歳だった真壁ケイト。 真壁ケイトの性格上この真実の記事隠すことはできず、記事を書き上げてから週刊イーストを去るというのが最終回予想です。

次の

日テレ「知らなくてもいいコト」最終回ドラマ感想まとめ

知ら なく て いい こと 最終 回 予想

ドラマ「知らなくていいコト」のネタバレとして最終回と、柄本佑さん演じる尾高と吉高由里子さん演じるケイト、そして小林薫さん演じる乃十阿徹との結末を予想していきたいと思います! ドラマ「知らなくていいコト」は今のところ1話から5話まで放送されているのですが、5話はある種のキーポイントだったように感じます。 5話で描かれたのは、孫を殺してしまった元警察署長の沖田秀則の事件です。 スパルタ教育が行き過ぎて殺してしまった・・・というのが殺害動機だったのですが、これは本人の沖田が言った言葉というよりは、警察なりマスコミが事実誘導をしたような解釈でした。 何か事件を起こせば、必ず必要になってくるのはその動機です。 明確な動機がないと、犯行の真意が怪しくなる・・・だからこそ、警察が納得しやすい動機が必要になります。 今回、もう一つ、留守宅に侵入し、掃除をして帰ったという女が捕まっており、その裁判を傍聴していました。 この女は、家電好きで、家電を使ってみたくて留守宅に侵入し、家電を使っていたそうです。 電気屋ではなく、家庭に実際にある家電を使うからこそ意味がある・・・というような感じですね。 動機はそれだったのですが、警察が納得しなかったので、子供が欲しくても出来なかったから、子供が居るお宅を狙った・・・と適当に言ったら警察はすんなりと納得したそうです。 この事からも解るように、事件には必ず動機が求められます。 それでは・・・乃十阿徹が起こしてしまった事件の動機とはなんだったのでしょうか・・・。 【知らなくていいコトまとめ記事】 もくじ• 乃十阿徹が起こしてしまった事件の動機とは 乃十阿徹が起こした殺人事件の動機は、いまだに不明のままなのだそうです。 つまり、動機に関して乃十阿徹は黙秘している・・・。 5話で描かれた事件の、孫を殺してしまった沖田の動機の真実は、孫が爆弾を作るのが趣味で、爆破予告を爆弾作りのサイトでしていた・・・。 何らかの事でそれを知り、実際に爆弾もあったため、沖田は孫を殺した・・・。 これが本当に真実かは解りませんが、ケイトが導き出した推論はこの通りです。 実際に爆弾も見つかったのですが、沖田は控訴しませんでした。 裁判で、この事実の事を訴えれば執行猶予もつくかもしれない・・・というのに、沖田は控訴しませんでした。 沖田は何故沈黙し続けたのか、何故控訴しないのか・・・。 沖田は孫の名誉を守るために控訴しないのか、真実は何なのか・・・この沖田の気持ちこそ、乃十阿徹の事件に引っ掛けた何らかのフラグ、ケイトを突き動かすフラグになったのではないかと思います。 「知らなくていいコト」はこれまでの全話ネタバレをしても意味がない? 「知らなくていいコト」も1話完結のドラマなので、これまでの物語をネタバレする事によって、最終回に繋がる何かがあるか・・・というと何もないです。 もちろん100%何もないわけではありません。 1話では、ケイトの本当の父親はキアヌ・リーヴスと言われていました。 しかし、そこから、本当の父親は殺人犯の乃十阿徹ではないか・・・と疑惑が生まれ、本当に父親は乃十阿徹でした。 この物語でポイントとなるのは、ケイトと乃十阿徹の親子関係と、乃十阿徹が起こしたとされる事件の真相。 そして、ケイトと尾高の関係ですね。 尾高は結婚しているのですが、6話の予告でケイトとラブホに居た事が話題になりました。 しかも6話は不倫ネタを扱う時なのに、記者の私が不倫?的な感じでした。 そんな中、次週の記事のネタを探すケイトは実力派人気棋士・桜庭洋介(田村健太郎)の妻・和美(三倉茉奈)から、女優の吉澤文香(佐津川愛美)と夫が不倫していると直々のタレコミを受ける。 二人のラブラブな不倫メールを証拠として差し出し、桜庭が社会的制裁を受けて自分のもとに戻ってくるようにしてほしいと話す和美。 しかし密会場所の連絡には将棋の棋譜を使った奇妙な暗号が使われていて・・・。 早速二人を尾行するケイトたちだが不倫現場を押さえるのに難航。 そんな中、和美が入手した新たな暗号メールを見たケイトは、高校時代に将棋部主将だった春樹(重岡大毅)に棋譜の解読を頼むが・・・。 その夜、和美から続々送られてくる不倫の証拠メールを自宅で一人見ていたケイトは、『会いたい』という言葉の応酬に、自分の中の尾高に会いたい気持ちを強く自覚する・・・。 翌日、岩谷(佐々木蔵之介)によって桜庭の不倫が次週のネタに本採用され、不倫現場を狙った特集班のチームワークが本格始動するが・・・!? ドラマ「知らなくていいコト」6話のゲスト 三倉茉奈 役:桜庭和美 桜庭洋介の妻 田村健太郎 役:桜庭洋介 棋士 佐津川愛美 役:吉澤文香 女優 ドラマ「知らなくていいコト」最終回・結論のネタバレ予想! 恐らく、知らなくていいコトの最終回で描かれるのは、乃十阿徹の事件の事じゃないかと思います。 ケイトが乃十阿徹に接触しましたし、これから尾高との関係も深まるも、不倫関係にはならず、もっと深い繋がりで、乃十阿徹に迫るんじゃないかと思います。 乃十阿徹は何故事件を起こしたのか、本当の真実はもしかしたら他にあるのか・・・。 ここの真相をスクープするのか・・・しかし、この真相をスクープしても・・・乃十阿徹に対する世間の目は変わるかもしれないけど、このドラマはそれを描きたいわけではないと思います。 「知らなくていいコト」が描きたいのは、本当に「知らなくていいコト」なんだと思います。 なので、公に世間に公表される事実やスクープ、報道はあくまで作り上げられたものだったり、想像の域を脱しないものが多く、本当の真相こそが 「知らなくていいコト」 なんじゃないかと思います。 これが5話で描かれていましたし、その通りなんじゃないかと思います。 5話で描かれていたのは、スパルタ教育がいき過ぎて孫を殺してしまった・・・というオブラートに包まれた、爆弾を幼稚園に仕掛けようとした孫を止めようとした・・・という真実でした。 まぁ、これが真実だというのも沖田は明言しておませんし、控訴もしていない。 つまり、自分だけは真実を知っているけど、物語の中の世間の人間も、ドラマを観ている我々も、本当の真実は 「知らなくていいコト」 なんだと思います。 真実が公表されず闇に葬られるような事なんて沢山あるので、それを描きたいのかもしれません。 ドラマ「知らなくていいコト」最終回・結末のネタバレ予想結論 ケイトと尾高は、乃十阿徹の事件の何らかの真相を掴むも、記事にしない・・・世に出さない。 でも、知的で誠実な人柄は感じられました。 」 「最初の接見の時、奥さんとは離婚したいので、そのことも頼むと言われ、わたしはすぐ、奥さんに会いに行きました。 奥さんは憔悴しておられましたが、離婚はすぐ承諾されました。 その時、3歳になる坊ちゃんがお宅にいらして、奥さんが私のために、ハーブティーを煎れるのを、手伝っていました」 ケイト・尾高「・・・!」 高村「犯行現場ではハリヒメソウと言う毒草を乃十阿さんが、共同の飲料タンクの中に入れて、無差別殺人を行ったということになっています。 もし、お母さんの手伝いをいつもしていて、水に草を入れることはよいことだと思っていた3歳の子供が、キャンプ場の飲料タンクにハリヒメソウを入れたとしたら・・・。 」 ケイト「・・・その子を庇ったということですか?」 高村「そうです。 乃十阿さんが自白したのは、警察が事情を聴きに、乃十阿さんのお宅に行った時のことでした。 刑事が、犯行に使われた毒物はハリヒメソウであると言った途端、乃十阿さんが『わたしがやりました』と自白したそうです。 いきなり自白したので驚いた、と刑事は言っていました。 」 ケイト「先生は、息子を庇ったのではないかと、乃十阿にお聞きになりましたか?」 高村「もちろん聞きました。 最初に聞いた時、乃十阿さんは一度だけ、動揺したように、わたしには見えましたが、それ以降は二度とそのようなことはなく、自分の犯行であると言う態度は崩しませんでした。 」 尾高「子供を庇ったんですか・・・。 ケイトの暴走を知った尾高(柄本佑)は、当時3歳だった息子に事件の真相を聞いても無駄だと止めようとするが・・・。 ケイトは、乃十阿が息子をかばった気持ちを理解しているような尾高に複雑な思いを抱く・・・。 そんな中、帰国したケイトを待っていた岩谷(佐々木蔵之介)は、再び事件の真相についての手記を書くようケイトに迫る。 乃十阿が人生をかけて守ろうとした秘密を暴き、その息子の人生を狂わせる記事を発表することに抵抗するケイトだが、岩谷は「ケイトがイヤなら俺が書く」と編集部の選抜メンバーで30年前の事件の裏取りに動き出す! 自分抜きで進む事件の真相解明を複雑な思いで見るケイトだが・・・。 数日後、会議室に呼ばれたケイトは、新しい証拠と共に、母・杏南(秋吉久美子)と自分の存在も事件に無関係ではなかったと思わせる証言について聞く・・・! その頃、会社を休み続けている野中のなか(重岡大毅)は、孤独の中で、ある決断をしようとしていた。 記者として人として記事を書くことに揺れるケイトはその夜、尾高から「話したいことがある」とスタジオに呼ばれる・・・。 先の見えない二人の関係に意外な結末が待っていた。 そして、乃十阿の事件の先にケイトが見つけたある答えとは・・・。 「知らなくていいコト」10話最終回の結末で尾高とケイトは? 乃十阿徹の件も問題ですが、これは恐らく手記は世の中に出ないのではないかと思います。 乃十阿徹の汚名が晴らされて、ケイトの殺人犯の子供という汚名は無くなったとしても、やはり乃十阿徹の本妻との息子が世間から冷たい目で見られてしまいます。 それでも良いから出す・・・という決断をケイトは出来ないと思います。 ケイトが書かないなら自分が書くという岩谷ですが、もしかしたらケイトが何かベツの大きなスクープを持ってきて、それを出す事によって帳消しにする・・・という展開になりそうな気がします。 そのケイトが持ってくるスクープというのが、尾高の提案で、尾高とケイトの不倫だったら・・・世間的にそこまでのスクープではないですが、殺人犯の娘が不倫・・・となれば世間も賑わうかもしれません。 なので、尾高の提案でこれが行われる可能性もあるんじゃないか・・・尾高の今の妻と子供は悲しみますが、世間からバッシングされる事はない。 自分が悪者になって、ケイトと結果的に結ばれるような・・・そんな予測もできてしまいます。 最終回の10で気になるのは、尾高との事と乃十阿徹の事です。 この結末がどうなるのか!!楽しみにしましょう!! 【追記】「知らなくていいコト」10話最終回のネタバレ・感想 遂に最終回が放送されました。 ケイトはドイツに行き、乃十阿の正妻の息子と会いました。 息子は、クラシック音楽で成功していて、小さい子供がいる自立した大人になっていました。 それを見たケイトは、この告発でこの家族を壊す事になる・・・。 それは本当にやるべき事なのか・・・と悩みます。 そして日本に戻り、尾高のスタジオで尾高と話すのですが、尾高は離婚していました。 そして、尾高はケイトに「書け」と言います。 尾高は離婚したことをケイトに告げると「そんなの私が好きな尾高さんじゃない」と言って、再び振ってしまいます。 尾高の事は大好きだけど・・・小さい子供もいるから、子供を大切にして欲しい・・・そういう事でした。 そして尾高は自宅に帰ると、赤ちゃんが泣いている・・・。 奥さんは・・・居ない。 離婚届を見ると、奥さんの名前のところ、横線を引いたあともありましたが、判子も押されている。 これを提出したのかどうかは解りませんが・・・。 赤ちゃんを置き去りにした事は間違いなさそうです。 尾高は後に、「自分があのまま帰らなかったら、この子も死んでいたんじゃないかと思うと、自分が守ってやらなきゃって思う」と語っています。 シングルファーザーとして子育てをしていく決意をした感じですね。 そしてケイトは乃十阿の無実の記事を書き、それを入稿します。 そんな時に闇落ち亀の野中が久しぶりに出社してきました。 泥酔状態のような感じで出社し、辞める事を伝えて、自分がケイトの素性を他社にリークしたという事を告げて謝ります。 しかし、ケイトの父親である乃十阿は殺人犯じゃなかった・・・と告げられ 「え?」 という感じになるも、退職届は受け取ったから有休消化だけしておけぇ~と言われ、追い出されてしまいました。 「僕は小説家になります!あなた達が頭を下げるような小説家になって見返してやります!!」 的な事を捨て台詞に吐きながら追い出されました。 そしてケイトが入稿した記事が印刷される段階で、イーストの社長が接待で会っていたい印刷会社の社長からゲラを見せられたようです。 その結果、乃十阿とケイトの記事をボツにしろ・・・と鶴の一声がかかり、ボツになってしまいました・・・。 乃十阿の真実などは世の中に出る事はなくなりました。 これこそまさに、「知らなくていいコト」ですね。 そしてその事を伝えにケイトは乃十阿のところを訪れます。 乃十阿は最後の最後まで、ケイトを自分の娘だとは認めなかった。 乃十阿は自分の正妻の息子をかばい、自分の娘でもあるケイトを殺人犯の娘にしてはダメだ・・・と思い、認めなかった。 この世の中には「知らなくていいコト」がある。 乃十阿はそう言いたかったのかもしれない・・・。 そして3年後、闇落ち亀の野中は見事に小説家になり、30万部を売り上げるベストセラー作家になっていた! 尾高はシングルファーザーとして息子を育て、ケイトはまた取材の日々を過ごしている。 ケイトは岩谷に言いました。 自分は全て満たされるんじゃなくて、どっか欠けてる方が良い・・・。 だから尾高とくっつかなかった。 しかし、ケイトは乃十阿の記事が出なかった時に、尾高に「一緒に子供を育てよう」と言うも、今度は逆に「そんなケイトは好きじゃないな」と尾高に断られていました。 人生すれ違い! そして今日もちょっとした傷を抱えながら取材をして生きていく。 人生、そんなもんだ! ドラマ「知らなくていいコト」の見逃し配信と動画配信 ドラマ「知らなくていいコト」の見逃し配信はTVerで、全話配信はHuluで行われます! 日テレなのでHuluで配信される事は間違いないですね。 このドラマ、放送される前は人気が出るかどうかは解らないと思っていましたが・・・まさかのストーリー展開と、キアヌ・リーブスの名前が連呼されていたぶっ飛んだところもあるドラマなので、Huluでのチェインストーリーも、そのうち配信されるかもしれません! 今のところ現実的に考えたら、最終回の放送が終わったあとに、その後のストーリーが15分から30分くらいの長さで配信される・・・という感じかもしれません。 いや、解りませんが・・・。 このドラマ、「知らなくていいコト」も遂に放送が終わりました! 続編を期待する声も多いようですし、もしかすると!? 【関連記事】.

次の

知らなくていいコト【ドラマ】最終回ネタバレ予想!結末はケイトが秘密を暴く?

知ら なく て いい こと 最終 回 予想

『知らなくていいコト』もいよいよ大詰め。 最終回が待ち遠しいですが、早く結末を知りたいのに知りたくない気持ちもあって・・・なんだか複雑です 笑。 ある意味で究極の選択。。。 ノトア徹が守り抜いてきた秘密を真壁ケイトは白日の下に晒すのでしょうか? それとも・・・? 記者魂と人情の狭間で揺れる真壁ケイトの苦悩が目に浮かびます。 あなたはどんな最終回を期待していますか? 補足第9話、如何でしたか? 「大食い選手権」と聞くとテレビ東京を思い出しますが、新谷マリアの事務所の社長は誰がモデルでしょうか。 ラーメン嫌いの福西をケイトは飴とムチを使い分けて巧みに調教してますね 笑。 野中のバカっぷりが冴え渡りました。 キーワードは「ウザい」と「サイテー」です。 ケイトがなぜこんな男に惚れたのか?の疑問に彼女は答えてくれました。 「人生には間違いや失敗があるのよ」 なるほど、わかりやすい回答です 笑。 彼は近所の将棋好きや初心者を集めて将棋道場でも開いたほうがいい。 それともケイトの助言「そのいじましい心、小説にでもしたら?」を真に受けて執筆活動に入るか。 さあいよいよ来週は最終回! ケイトとノトアと尾高と野中のカルテットが織り成す集大成。 すべてが終わってケイトは東源出版社を辞める、あるいは今の仕事を辞める…ってことにだけはならないよう祈ります :-人-:。 >「知らなくていいコト」という題名が腑に落ちる終わり方にして欲しい。 同意!共感!その通り! これは私の持論ですが、タイトルは作品の顔であり最も短い要旨、なんです。 あれこれ考えて余計わからなくなったら最後に頼るのがタイトル。 どんな結末なら「看板に偽りなし」か…それに尽きます。 ここだけの話ですが、実は私、このカテの或る質問の回答で或るオリジナルドラマの最終回を予想してほぼ的中させたのですが、そのドラマが何を隠そう『知らなくていいコト』と同じ脚本家で、予想的中のきっかけがドラマのタイトルでした。 タイトルをじっと見つめて呟くうちに1つの考えが閃きました。 するとそこから最終回全体の流れが勝手に頭の中を駆け巡りました。 この脚本家はタイトルを大切にします。 私たちの期待に応えてくれると信じています。 このままの流れですと幼い自分の息子を庇ってサツ人犯となり服役したということですが、これはあまり共感出来ない残念なストーリーと感じてます。 3歳の子供がお茶にするために草を入れたという無茶な理由ではあるが、その行為にサツ意などあるわけもなく、つまり父親が子を守る意味で身代わりになることは全くない。 何故ならケイトが苦しんだと同様、庇った長男も殺人犯の子供として後ろ指を指されるから。 「子供の無邪気な行為故の悲惨な事故」の方がよっぽど良かったのです。 あるいはそれ自体(子供の行為だったこと)も立証不可能なのだから、迷宮入りした可能性のある事件だったかも知れません。 最終回の期待 ケイトと尾高を落ち着かせること。 野中はもう一切台詞不要であること。 (昨夜の尺の長さに辟易)汗 冤罪事件とか、子供が実は事件に関わっていたとか、不倫を肯定する側で視聴しなければならなかったりとか、面白さの反面実はしんどい内容が満載のドラマだったと思います。

次の