突っ張り棒 落ちないように。 住まい・暮らし情報のLIMIA(リミア)|100均DIY事例や節約収納術が満載

落ちまくる「突っ張り棒」への対策 【へりおと「突っ張り棒」の永い闘い】

突っ張り棒 落ちないように

洗濯物を干す突っ張り棒の設置位置を考える そもそも突っ張り棒は部屋のどこに設置していますか?部屋の真ん中に設置すると邪魔なので、多くの人が隅に設置していると思います。 よくあるのは窓際に突っ張り棒を設置することです。 けれど、窓際に洗濯物を干していて、乾くのが遅いように感じたことはありませんか?晴れている日に窓を開けていれば、風が当たるので乾きが早いかもしれません。 しかし、雨の日や夜間には窓際は避けたほうが無難です。 その理由は、雨の日や夜間の窓には水滴が付着することがあるからです。 その湿気を洗濯物が吸い取ってしまい、なかなか乾かない状態になってしまうのです。 そこで窓のない壁際など、できるだけ窓から離して突っ張り棒を設置し、洗濯物を干しましょう。 突っ張り棒で洗濯物を干す3つのメリット 突っ張り棒で洗濯物を干すときのメリットは3つあります。 まず1つめは、突っ張り棒は部屋のどこにでも設置できることです。 洗濯ロープなどの紐は掛ける場所を探すのが大変です。 でも突っ張り棒なら長さを選べば、部屋のどこにでも設置することができます。 そして2つめのメリットは、突っ張り棒を設置するための道具が何もいらないということです。 壁や天井を傷つけずに設置できるので、賃貸物件でも安心して使用できます。 それから3つめは、洗濯物を干していなければ突っ張り棒は目立たないので、そのまま放置しておけることです。 洗濯ロープの場合、ぶら下がったままだと、それだけで部屋が雑然とした感じになってしまいます。 突っ張り棒であれば、ロープのようにたわんでしまう事がないので目立ちません。 また、壁紙の色と似た色の突っ張り棒にすると、より目立たないのでおすすめです。 洗濯物を干す時に突っ張り棒を使う時の注意点 突っ張り棒を使う時に注意しておきたいのは、洗濯物を干している突っ張り棒が、落ちてくる可能性があるということです。 突っ張り棒には耐荷重といって、商品によって何キロまで耐えられるかが決まっています。 でも洗濯物を干していたら、普通は耐荷重なんて気にしないですよね? 洗濯物は水分が多いので、意外とすぐに耐荷重を超えてしまうことがあります。 干したばかりの頃はなんとか洗濯物の重さに耐えていた突っ張り棒も、時間がたつと耐えきれなくなって落ちてしまうのです。 さらに何年も経過すると、突っ張り棒の中で突っ張っているバネが劣化してしまいます。 劣化すると耐荷重より軽いのに、洗濯物が落ちてしまうこともあるので、数年ごとに突っ張り棒の買い替えをおすすめします。 部屋干し用の突っ張り棒を便利に使える部屋は? では突っ張り棒はどの部屋で使うと効果的でしょうか? まずおすすめは、脱衣所です。 洗濯機は脱衣所にあることが多いので、洗濯機から洗濯物をとってすぐに干せるのが最大のメリットです。 ただし脱衣所はそんなに広いスペースではないので、人の出入りが多いと干してある洗濯物が邪魔になってしまうことがあります。 お出かけ前や寝る前に干すスペースとして使うのがおすすめです。 次におすすめなのが、寝室です。 特に冬は乾燥するので、寝る前に干せば加湿器代わりにもなります。 リビングに干すと生活感が丸出しになってしまいますが、寝室ならあまり気になりません。 ただし、あまり布団やベッドの近くに干すと、洗濯物から出た湿気を布団が吸ってしまうので、布団から離して設置するのがポイントです。 突っ張り棒が落ちてこないようにする3つの方法 突っ張り棒を設置する場所を決めたら、今度は突っ張り棒がなるべく落ちないように設置しましょう。 突っ張り棒の長さと耐荷重をチェックする まず設置する場所に必要な長さの突っ張り棒を選んで購入します。 ギリギリの長さですと、落ちる原因になるので、長さは余裕がある方がいいでしょう。 洗濯物をたくさん干す予定でもそうでなくても、耐荷重はなるべく大きめのものにしておくと安心です。 突っ張り棒を使って部屋干ししてみたら、意外と便利で洗濯物をもっとたくさん干したくなった、家族が増えたなどの状況の変化に対応できます。 100円ショップの突っ張り棒よりも、ホームセンターで購入できる太めのものが落ちにくいです。 平行に突っ張り棒を設置する そして突っ張り棒を設置するときに平行に設置するのもポイントです。 斜めになってしまうと片方に余計な力がかかってしまい、落ちる原因になります。 突っ張り棒を平行にし、両方に力が平等にかかるように設置しましょう。 最後に、洗濯物を干すときは、干しすぎに注意しましょう。 ついつい干しすぎてしまうかもしれませんが、心の隅に置いておいて下さいね。 摩擦の力を利用する さらに壁と突っ張り棒の間に平らな物を挟むと、摩擦で落ちにくくなります。 段ボールの切れ端などでもいいのですが、見た目があまりよくありません。 印鑑マットを適当な大きさに切って挟むと効果的です。 突っ張り棒が落ちてくる時の対策 いろいろ試してみたけれど、それでも突っ張り棒が落ちてくる時のおすすめ商品を2つご紹介します。 まず1つめは「強力支え棒」です。 「強力支え棒」が何なのかというと、縦方向に設置する棒で、突っ張り棒の真ん中あたりに設置することで、両端にかかる負担を減らしてくれます。 真ん中に棒を立てるので少し目障りかもしれませんが、洗濯物を干した突っ張り棒がどうしても落ちてきてほしくない人におすすめです。 そして2つめは「突っ張り棒が落ちない君」です。 壁に取り付けなくてはいけないのですが、ホッチキスで設置できるので、壁をほとんど傷つけずに設置できます。 大きさは大と小の2種類があります。 小でも30kg、大なら150kgまで耐えることができます。 150kgもあれば、さすがに突っ張り棒は落ちてこなさそうですね。 使用する突っ張り棒の先端の形が限られているので、ご家庭の突っ張り棒に合うか確認してから購入してくださいね。

次の

突っ張り棒が落ちない君・賃貸押入れ用の大小や浴室用の使い方、口コミは

突っ張り棒 落ちないように

【悩み】「突っ張り棒」が落ちまくるので洗濯物が干せない 私は、洗濯物の乾燥において、室内干しを愛しています。 別に、室外干しをしないわけではありませんが、室内干しには、下記のメリットがあるのです。 洗濯物に、汚れや虫が付かない• 干したまま放置していても、最悪取り込まなくてよい 室内干しをすると匂うという人もいるかと思いますが、 最近のドラム式洗濯機には「 室内干しモード」なるものがあり、少しだけ洗濯物に乾燥をかけてくれるモードがあります。 このモードでしたら、洗濯機内の雑菌が熱で死滅しているため、 室内干しをしても匂わないのです。 さらに言えば洗濯後、放置しても匂いません。 へりおの、洗濯乾燥機の運用方法です。 しかし、室内干しをするにあたり、部屋が狭いので突っ張り棒に洗濯物を掛けるのですが、 突っ張り棒が落ちるのですね。 特になぜか、夜中の3時とかに急に「ガタン」と落ちるので、安眠妨害です。 これは、私と「突っ張り棒」の闘いの記録です。 【対策1】「突っ張り棒」が落ちないようにする 普通に、突っ張り棒が落ちないようにするアプローチです。 効果があるものもありますが、それでも状況によっては落ちます。 環境もあるとは思います。 【アプローチ1】突っ張る面を強力にします。 とにかく、突っ張り棒と壁の接着力を強力にしてやります。 ただ、やりすぎると、壁紙が死ぬかもしれません。 下になるほど強力です。 突っ張る面に「輪ゴム」を挟んで突っ張る• 突っ張る面にゴム板を挟んで突っ張る• 突っ張る面に「両面テープ」を貼る なお「突っ張り棒」の構造上、輪ゴム等を挟むときは、突っ張る面の下部に大目に仕込むと、効果が期待できます。

次の

突っ張り棒が落ちない工夫5つ!意外な方法で2年以上もそのままに

突っ張り棒 落ちないように

突っ張り棒が落ちる… ・気がついたら落ちている ・重いものを乗せていないのに… ・急に突っ張り棒が落ちてきてびっくりする と、悩んでいませんか? 私の過去の経験ですが、冬物の厚手の衣類をクローゼットにしまう時に突っ張り棒を使用したのですが、重すぎたせいかしょっちゅう落ちてしまう羽目に…。 かと言って、住んでいたところは賃貸でしたので、壁に穴をあけて固定したり、接着剤を使ってくっつけたりというわけにもいかず、イライラしていた時期がありました。 寝ている時に突然突っ張り棒が外れて「ドサッ」と衣類が落ちてくるのって、とてもびっくりするんですよね。 とはいえ、ある工夫をした結果、 今では2年以上も突っ張り棒はそのままに! そこで本日は、突っ張り棒が落ちないようにする工夫を紹介していきます。 家具や家電製品の下に「転倒防止マット」を引くことで、地震がきた時に ・家具た転倒したり ・家具がずれたり するのを防ぐ効果があります。 ホームセンターやダイソーなどの100均などでも販売していますので、見かけたことがる人も多いのではないでしょうか? これを、突っ張り棒と壁の間に挟むことによって、突っ張り棒が壁からずり落ちたりすることなく、そのままの位置を保ってくれますので安心して荷物をかけることができます。 100均にいった時に「転倒防止マット」もついで買いしておいて、突っ張り棒にも使ってみてはいかがでしょうか? 「突っ張り棒が落ちない君」を使用して突っ張り棒を落ちないようにする方法 「突っ張り棒が落ちない君」ってご存知ですか? 知らなかったとしても、ネーミングからどんなものかは想像できると思いますが… 知らない人のためにわかりやすく紹介すると、突っ張り棒を落とさないために壁にホッチキスで取り付ける小型の支えのようなもの、です。 なお、賃貸の壁の穴ですが、画鋲の穴くらいの大きさでしたら基本的に補修費は請求されないようですが、不安であれば、大家さんや不動産屋さんに事前に相談してみましょう。 こんな時に利用したいのが、突っ張り棒の「ささえポール」です。 突っ張り棒の真ん中に、たるみ防止のための棒を縦に設置するだけですので、設置も簡単で、しかも突っ張り棒の強度も上がります。 今使っている突っ張り棒が、荷物をかけすぎて曲がっているのであれば、もしかしたら、それは落ちる前兆かもしれません。 落ちてしまう前に、突っ張り棒の真ん中に「ささえポール」を使ってみてはいかがでしょうか? 突っ張り棒には突っ張り棒で! 「ささえポール」を紹介しましたが、「突っ張り棒で代用できるよ!」という意見もネットで見つけることができました。 やり方は、• 突っ張り棒 横 を設置• 突っ張り棒 縦 を突っ張り棒 横 の両端に設置• 「横」に「縦」をあててずり落ちないようにする と、突っ張り棒が多く必要となってきますので、ちょっとおすすめできなかな。 ダイソーなどの100均でも突っ張り棒は購入できて安いのですが、どうせ100均で購入するなら先程紹介した「転倒防止マット」のほうが、オススメかな、と思います。 ファンデーションのスポンジを使って突っ張り棒を落ちないようにする方法 これも調べてみて初めて知った方法ですが、 ファンデーションのスポンジを突っ張り棒と壁の間におくことで、それが摩擦になり、結果として、突っ張り棒が落ちにくくなるそうです。 なるほど! ファンデーションのスポンジは使い切ったものでもいいですし、ダイソーなどの100均にも売っていますので、女性であれば、ついでに買い置きしておいてもいいですね。 と、最後にペットボトルのふたを使って突っ張り棒を落ちないようにする方法も、YouTubeで見つけてきましたので、コチラも参考になると思います。

次の