好感度を上げる方法。 好感度を上げる5つの法則【心理学】

【好感度を上げる方法】好感度が上がる5つの関わり方【心理学】

好感度を上げる方法

第一印象というのはとても重要です。 出会う人ひとりにつき、たった一回きりのチャンス 印象が良ければ、「また会いたい」「良い人」「好きな人」になりますし、悪ければ「もう会いたくない」「いやな人」「嫌いな人」「どうでもいい人」になってしまいますよね。 そしてそれだけではなく 印象が良ければ、相手はその良い印象を持ってあなたと接します 印象が悪ければ、相手はその悪い印象を持ってあなたと接します 例えば、はじめの印象が「とても仕事ができそうで誠実なひとが」仕事でミスをしたら、きっとあなたは「〇〇さんでも、ミスすることあるんだ」と思うでしょう。 しかし、はじめの印象が「なんか軽くて適当そうなひと」が仕事でミスをしたら「ほら、やっぱり。 ぜったいそうなると思ってた。 」って思ってしまいますよね。 つまり、第一印象次第でその後の扱われかたが全然変わるということです さらには、はじめについた印象を後から覆すのは、とっっっっても 大変。 ですから、初めて会う人には、出来る限り「良い印象」を与えられるよう意識しましょう。 特に「面接」や「試験」、仕事などでひとを紹介してもらうときなどは、今後のあなたの人生を左右しかねない大切な場面ですから少しでも良い印象を与えたいですよね。 でもいつもの自分には自信がない、、、、。 そんな時は、まずこの方法を試してみてください さあ、始めましょう。 おまじないのアイテムを身につける まずは、ひとに会う前の身だしなみ。 普段身に着けていないもの「これを身に着けると自分に自信がつく、輝く」というおまじないをかけたアイテムを一つ見に付けること。 実にシンプルな方法ですが凄く効果的、、、と言うか、世の中全部そういう仕組みになっています。 例えばビジネスマンが着る「スーツ」 スーツを着ているときは仕事モード、スーツというのは。 そのためのもの、、、普段の自分からビジネスマンへ変身するためのアイテムです。 学校の制服もそうですし、役者やアーチストの着る衣装、色々なお店の征服も、皆そうです。 要は、そのことを理解して意識を向けているかどうかの違いです もし、面接など知性をアピールしたい時には(ダテでも構いませんから)メガネをかけると、知的な印象を与えることができますよ。 ホントかよ? と思うかもしれませんが、実際にそういった統計結果、もあります。 Lancaster大学の心理学教授であるCary Cooper氏は企業は多くの場合知的な社員を雇用したいと考えるので、知的な人はメガネをかけているという古いイメージが、いまだ根強く残っているのは驚くべきことではない。 と語っています。 さあ、論より証拠、まずは実践してみましょう! 長所を述べる、謙遜はしない 次は、自己アピールについてです。 初めてのひとに会って、自分のことを説明する時、自己紹介、自己アピール、とっても大事な場面です 最初のアプローチは、こういうふうにしてください。 ・長所をたくさん先に述べる(長所だけでも良い) ・謙遜はしない たった、これだけ。 でも、これが意外と出来てないひと多いです。 ひとは「ダメなひと」や「できないひと」とは繋がろうとはしません、自分の評価を下げてしまう、「私なんか」や「ぜんぜん凄く無いですよ」なんて言葉はなるべく始めは口にしない方が良いです。 ただ、ひとつ。 自分の自慢をしろ、自分のことだけをべらべらと喋って傲慢になれというのではありませんので注意してくださいね。 阿吽の呼吸でリンクする さあ、次は会話のなかでの話に移りましょう。 ピッタリと息が合った二人のことを「あうんの呼吸」なんて言って、ちょっと羨ましかったりしますよね。 この「あうんの呼吸」実は、人と話すときに意識するととっても役に立ちます。 日常の中でどうしても ・会話がかみ合わない人 ・息の合わない人 っていますよね、お互い同時に喋りだしてしまったり、今度は逆にお互い遠慮して無言になってしまったり。 そして、とても気まずい空気が流れる、、。 そういう時というのは、本当に息が、、、呼吸があっていないから喋りずらいんです。 ですから、ちょっと意識して相手に呼吸を合わせてあげる。 すると凄く喋りやすくなります。 人が喋るときには まず、息を吸います そして、ためる(考える) その次に、喋る これは誰しもに共通します、ですから相手が息を吸った後の、ためているときにあなたが喋りかけてください。 すると、相手が喋りやすいです。 そして、相手が喋っている間に逆に息を吸う。 テニスや卓球のリレーのようなイメージです。 相手の呼吸を意識してちょっとタイミングをコントロールするだけで、すごくコミュニケーションが円滑になりますからぜひ行ってみてください 女性には「共感」し、男性には「解決策」を 次は会話の中のお話、具体的に意識して欲しいことがあります。 それは、男と女の違い。 なんだよ、そんなのあたりまえじゃん!! と思わずに聞いてください、男性と女性では会話の中で求めるものが異なります。 特に真剣に聞いて欲しい時、相談に乗って欲しい時にその差は顕著に現れます。 女性が求めるのは「理解と共感」 男性が求めるのは「理解と解決策」 (自分の話を聞いて欲しいというのはあたりまえなので置いておいて) 相手の事を理解しているというのを前提にして 女性は、気持ちをわかってほしい、理解して欲しい共感してほしい傾向が強いですから。 殆どの場合、聞いているだけでいいんです。 だったら、これをああすれば?などという解決策は余計なお世話になることが多いので、こちからか、あれこれ提案せずに、黙って聞いてあげましょう。 逆に男性の場合は具体的な解決策が欲しい場合が多いので、だったらこれをああすれば?が喜ばれます。 背中を押して欲しいんです、進む先を明確にて安心したいんです。 だから適切なアドバイスをあげましょう これは男女の脳の使い方による違いによるものです。 ちょっと意識するだけでコミュニケーションがぐんと楽になりますよ。 相手の感情を引き出してあげる 最後は相手にとって、あなたが魅力てなひとになる方法です。 魅力的な人のまわりには、たくさんのひとが集まりますよね。 いつも輝いていて素敵だなぁ、話題の中心はあのひとだよね、などと魅力的なひとは、自分がいないところでもよく話題にのぼります。 では、ひとつ質問です。 魅力的なひととはどんなひとでしょう? 芸人さんのように笑わせてくれるひと? それとも、とてもお金持ちで高い服を着ているひと? それは無い、、、とは言いませんが、もっと大事なポイントがあります。 それは あなたの感情を理解して引き出してくれるひとであること。 いくら見た目が良くても、面白くても、あなたにはまったく興味が無い、目もくれない、そんなひとをあなたは「魅力的」だなぁ、とは感じませんよね。 相手の感情を理解して引き出す ・自分の気持ちを理解してくれている ・自分が思っていたことを、相手も感じてくれている ・頭の中で思っていたことを、相手がポンと引き出してくれた 私たちはそんなひとのことを「魅力的」だなぁ、と感じます。 するとそのひとに対して ・私のことをわかってくれている ・私に共感してくれる ・一緒に居てここちよい という感情が芽生えて、一緒にいたい、また会いたい、となる訳です。 そう、誰しもが ・私に行為や行動に感謝してほしい ・私と一緒に感動してほしい ・私に興味をもってほしい ・私のことをほめてほしい といった感情をもっているので、今、相手が何を求めているか?それを感じ取って先に引き出してあげる。 たったそれだけで、笑いをとったり、面白おかしいひとになることもなく、相手にとってあなたは、とても魅力的なひとになることができますから、ぜひ明日から実践してみましょう。 このように目のつけどころひとつ、意識の持ち方一つで、より良い第一印象を得ることは意外と簡単に出来るんです、そして今日お伝えした内容の多くは、初対面ではない普段の人間関係でも多いに役立ちますので、ぜひ活用してください。 そして今日お伝えした内容をスムーズに行うためのワークシート、「ファーストインプレッションチェックシート」をつくりましたので、もし良ければ これを使ってあなたの第一印象を最高のものに変えていきましょう! 最後に 人間関係の入り口は第一印象から。 これがいいひとは本当に人生得していると思います。 だってそうでしょう、「もう一度会いたい」が無ければ、同性でも、異性でも、友人関係でも、仕事がらみでも、そもそも人間関係が生まれません。 始めの印象が悪ければ、いくら自分が相手に会いたいと言っても、きっと見向きもされないでしょう。 ですから、今一度、人間関係の入り口、その後の相手との関係を作る、初めて会う時の接しかたに意識を向けてみましょう。 これが良くなると、自然とあなたのまわりにひとが増えていきます。 繋がりが増えるから、できることも増えていく、そんなふうに、いろいろな物事が好転して、人生がどんどん楽しくなっていきます。 それって素晴らしいことですよね。 今日の記事があなたが進む道の小さな明かりになれば幸いです。 では今日のまとめです あなたの第一印象を劇的に上げるために ・おまじないのアイテムを身につける ・長所を述べる、謙遜はしない ・阿吽の呼吸でリンクする ・女性には「共感」し、男性には「解決策」を ・相手の感情を引き出してあげる 以上をスムーズに行うためのワークシート 「ファーストインプレッションチェックシート」はこちらからダウンロード出来ます。

次の

好感度を上げる方法7つ|好感度が低めのあなたへ…

好感度を上げる方法

SAOアリシゼーション・リコリス の2章に入ると、「親密会話」や「添い寝イベント」が解放される。 右スティックではなれる事ができる。 仲良くなってきたら、近づこう。 添い寝イベントも、はなれた方が成功しやすい。 【動画あり】SAOリコリス 添い寝イベント、好感度を上げる方法 キリトの天幕(テント) 2章に入ると、学校のセーブポイント横に、キリトの天幕(テント)が解放される。 キリトのテントでは、以下の行動ができる。 ・キリトのベッド:女性キャラの「友好度5(親密)」「雰囲気レベル5」で、「お姫様抱っこ」してテントに入って、ベッドで休むと「添い寝イベント」発生。 ・キャラクタークリエイト:キリトの見た目を変えられる(女性キャラにもできる) ・辞典を開く:SAOアリシゼーション編のストーリーやキャラ解説モード ・回想モード:イベント回想 ・チュートリアルを見る ・難易度変更:初期状態では難易度ノーマル。 さらに難易度ハード、デスマーチに変更できる。 難易度を下げる事はできない(頭アクリア)。 街の一部の場所に、ピンク色のアイコンが表示される(上の画像)。 親密会話 親密会話の目的は、女性キャラの「雰囲気レベル」を上げること。 選択肢を選ぶと、下の緑色のゲージがへっていき、0になると会話終了。 選択肢はあまり重要ではなく、雰囲気レベルを上げたいだけなら、ゲージのへりにくい選択肢を、 何回も連打して選ぶだけでOK! お姫様抱っこ 女性キャラの友好度が61%以上になったら、女性キャラに話しかけて、「お姫様抱っこ」をすると、「雰囲気レベル4(親しい気分)」になる。 さらに「親密会話」をすると「雰囲気レベル5」になり、その状態で「お姫様抱っこ」して、 「キリトの天幕」に連れて行き、キリトのベッドを調べると、「添い寝イベント」が発生する。 友好度レベル5「親密」になる前に、雰囲気レベル5「幸せな気分」にした場合、 もう一度友好度レベル5「親密」にしてから、雰囲気レベル5「幸せな気分」にすると、「添い寝イベント」が発生する。 友好度の確認方法 友好度は、パーティのフレンドリストで確認できる。 添い寝イベント 添い寝イベント時の会話は、2種類ある。 注意点(ほそく) 基本的には、一度上がった「雰囲気レベル」は下がらないが、 「手をつなぐ」「お姫様抱っこ」を、雰囲気レベルが低い状態でやると、 雰囲気レベル1にもどってしまう。 なので、「手をつなぐ」時は、雰囲気レベル3(ドキドキ気分)以上の時、 「お姫様抱っこ」は、雰囲気レベル4(親しい気分)以上の時にしよう。 【雰囲気レベル】 Lv1:穏やかな気分 Lv2:楽しい気分 Lv3:ドキドキ気分 Lv4:親しい気分 Lv5:幸せな気分 友好度と雰囲気レベルの違い このゲーム「雰囲気レベル」と「友好度」の、2つの好感度パラメータがある。 ・雰囲気レベル:5まで上げてキリトの天幕に行くと「添い寝イベント」が見れる ・友好度レベル:各キャラクターのエピソードイベントや戦闘中の行動AIに関係する 雰囲気レベルは、上で紹介した「親密会話」で上げる事ができる。 友好度レベルは、「親密会話」や「パーティに入れて戦闘する」事で上昇する。 「親密会話」をくり返すのが、最も効率がいい。

次の

【放置少女】好感度を上げるメリットと好感度の上げ方|ゲームエイト

好感度を上げる方法

好感度が高い人の特徴について 清潔感がある やはり、清潔感があるというのは大切です。 好感度が高い人というのは、例外なく清潔感のある見た目をしています。 しっかりと髪の毛をセットして、シワの無いシャツを着ていたりするわけです。 見た目の印象がキレイであれば、好感を持たれやすくなります。 特に、相手が女性だと清潔感を重要視しますから、自分の外見には気を付けたほうが良いでしょう。 服装がだらしなかったり、髪がボサボサだったりすると、それだけで不潔だと思われて敬遠されてしまいます。 爽やかな笑顔 ニコリと爽やかに笑える人は、好感度が高いでしょう。 よく笑うことで明るい印象を与えることができますし、敵意を持たれることは少ないはずです。 初対面でも距離感を近づけることができるので、笑顔を絶やさないことは大切だと言えます。 一方、ムスッとして表情が無い人は、近づきにくい印象を与えてしまうわけですね。 自分では普通にしているつもりでも、しかめっ面になっている人は意外と多いです。 だから、無表情な人は、気を付けるようにしましょう。 大きな声でゆっくりと話す 元気良く話すことができる人は、それだけで自信があるように見えます。 声にはパワーがありますから、声が大きいだけで自分の存在をアピールすることができるわけです。 頼りがいがある印象を与えることができるので、ビジネスシーンでは非常に大切なことだと言えるでしょう。 そして、ゆっくりと分かりやすく話すことも大切です。 早口で話してしまうと、何を言っているのかが分かりません。 ですから、相手に伝わるように、話すスピードを調節することが大切ですね。 姿勢が良い 背筋が伸びて姿勢が良い人は、好感度が高い傾向にあります。 男性であれば堂々とした印象になりますし、女性であれば凛としたイメージになるでしょう。 人気の芸能人を見ても、みんなキレイな姿勢をしているはずです。 猫背で姿勢が悪い人だと、自信が無いように見えてしまいますね。 少しの違いですが、大きく結果が変わるわけです。 胸を張って背筋を伸ばすだけで見栄えが変わりますから、知っておくと良いでしょう。 スポンサーリンク 好感度アップのための7つの心理効果 1. ザイオンス効果(単純接触効果) 人は誰でも、接触回数が多いものに好感を持つ傾向にあります。 つまり、 接点を多くすることで、好感度が高まるということですね。 たとえば、初対面の人と何度も会っている人とでは、後者のほうが安心するはずです。 また、コンビニでジュースを買うときにも、無名メーカーよりも名の知れているメーカーのものを購入する人が多いと思います。 これもすべて、ザイオンス効果が関係しているわけですね。 なので、誰かに好印象を持ってもらいたいなら、何度も会ったり頻繁に連絡したりしてみましょう。 それだけで、好感度は大きく変わってくるでしょう。 相手の目を見る 会話をするときに、相手の目を見ない人は多いですよね。 特に、日本人はシャイな国民性なので、目を見ることが苦手な人は結構いると思います。 でも、ちゃんと目を見て話さなければ、好感度は下がる一方です。 相手からすると「嫌われているのかな?」と感じてしまいますし、話が盛り上がることもありません。 思い当たる節があるのなら、早急に改善できるようにしてください。 相手の目を見てニッコリと笑うだけで、「あなたのことを尊重していますよ」というメッセージを伝えることができます。 重要なことですから、覚えておくようにしましょう。 距離を近づける 人はそれぞれ、自分なりの距離感を持っています。 「パーソナルスペース」と呼ばれるもので、人間関係によって話すときの距離感が異なるわけです。 たとえば、あまり親しくない人同士で話す場合には、1メートルほどの間隔を空けて話すでしょう。 一方、家族や親しい友人ならば、肌が触れ合うくらいの距離で話したりしますよね。 このように、親しくなるほど会話するときの距離感は近くなります。 逆に言うと、 距離感を詰めることができれば、親しくなりやすいということです。 そのため、会話するときには、相手に近づくことを意識してみてください。 ただ、急に近づきすぎると、不快感を持たれてしまいます。 なので、相手の反応を見ながら、少しずつ距離を縮めていく努力をする必要がありますね。 相手の名前を呼ぶ 名前とは、その人にとって特別な意味を持ちます。 何かに熱中していても、自分の名前を呼ばれたら気が付きますよね。 自分の名前を呼ばれるということは、それだけ印象に残る行為なわけです。 その人の名前を呼ぶのは、相手に対する敬意を示すことです。 「一人の人間として尊重しています」という気持ちが伝わるので、常に名前を使って呼ぶようにしてください。 返報性の原理 仕事で同僚に手伝ってもらったときに、お礼としてご飯を奢ったりしたことはありませんか?または、普段からお世話になっている人へ、プレゼントを贈ったことがある人は多いでしょう。 このように、 人は他人から施しを受けた場合、お返しをしないといけないという感情を持ちます。 だから、自分から積極的に他人へ好意を向けてください。 心を開いて笑顔で接することで、相手も自分に対して好意を持ってくれるはずです。 誰からも好かれない人は、誰に対しても心を開いていない人です。 自分から自己開示をしなければ、好感度は上がらないことを覚えておきましょう。 類似性の法則 「類は友を呼ぶ」という諺があるように、似た者同士は仲良くなりやすいです。 これは、趣味や趣向が合うから、話が弾みやすいためですね。 また、自分と同じくらいの年代や似た服装をしている人に対しても、好感を持つ傾向にあります。 これは、【類似性の法則】と呼ばれるものですね。 人は自分と似ている人に対して、好感を持つという心理効果です。 好感度をアップさせたいのなら、相手と似ていることをアピールできるようにしましょう。 事前に相手の趣味を調べておいて、それについての話題を集めることなどが効果的ですね。 もしくは、相手の話に共感して「私も同じです!」といった会話をすることも良いです。 自己重要感 人は誰でも、「自分のことを認めてもらいたい」という欲求があります。 高級車に乗ったり、ブランドバッグなどを買う人は、それによって周りからチヤホヤして欲しいと思っているわけです。 これは、【自己重要感】という欲求です。 これが満たされることで、人は満足感を感じる傾向にあります。 そして、自己重要感を満たしてくれる人に対して、好感を持ちやすいといえます。 好感度を高めたいと思うなら、相手の自己重要感を満たすことを意識しましょう。 相手の良い所を積極的に褒めるようにすれば、相手の心は満たされるはずです。 ホストなどのモテ男は、女性を褒めるのが上手いですよね。 なぜなら、女性の自己重要感を満たすことを意識しているからです。 ですから、相手のことを観察して、いつでも褒められるようにしておいてください。 スポンサーリンク 好感度をアップさせる話し方の秘訣 素敵な笑顔を見せる 先述した通り、笑顔を見せることは、好感度アップのための最大の武器となります。 なので、歯を見せてニッコリと笑うようにしてください。 印象に残る笑顔を見せることができたなら、かなり好感を持たれやすくなるはずです。 また、異性とのコミュニケーションにおいても、笑顔が大切です。 合コンなどへ行った時に、明るく笑顔で話すようにしましょう。 それだけで、周りに対して、良い印象を与えることができるでしょう。 気配り 周りの人に対して、細かな気配りができるのは大切です。 たとえば、会議中にみんなが寒そうにしていたらエアコンの温度を上げるとか、さりげなく物を取ってあげるといったことですね。 こういった優しさを見せることで、好感度が高くなっていきます。 コツとしては、さりげなく行うことですね。 周りに見せつけるように優しさを出すと、逆にうっとうしく思われてしまいます。 気付かれないうちに、サッとやるのがスマートだといえるでしょう。 そういった行動は誰かが見ているものですから、自分の評価は高まっていきます。 【返報性の法則】でも紹介したように、自分から好意を向ければ相手も返してくれるはずです。 なので、どんな時にも気配りを忘れないようにしてください。 挨拶 出社した時に「おはようございます」とか、帰社するときに「お疲れ様でした」といったように、大きな声で元気よく挨拶をしましょう。 それだけで、確実に印象はアップします。 最近では、ロクに挨拶ができな人が増えているようです。 挨拶は常識的なことですから、それができないと評価は大きく下がってしまいます。 だから、挨拶はしっかりとやった方が良いです。 特に、年配の上司などは、こういった所を細かく見ている場合があります。 なので、確実に挨拶を行うようにしましょう。 仲の良い友達関係でも、例外ではありません。 「親しき中にも礼儀あり」と言いますが、基本的な挨拶を心がけることで好感度を保つことができます。 聞き上手になる 自分の話をするよりも、相手の話を聞くことを意識しましょう。 人は誰でも、自分の話を聞いてもらいたいと思っています。 なので、相手の話を興味津々に聞いてあげることで、好感度をアップさせることができるわけです。 先述の【自己重要感】でも紹介しましたが、人は誰でも「自分のことを認めてもらいたい」という欲求があります。 だから、相手の話をちゃんと聞かなければ、無視されていると思われてしまうでしょう。 そうなると、好感度は下がる一方ですよね。 そうならないためにも、ちゃんと相手を尊重して話を聞いてあげるようにしてください。 うなずきや相槌を多用して、興味があるように聞くのがコツです。 相手への理解を示す 聞き上手になることと共通する概念ですが、相手のことをしっかりと理解しなくてはいけません。 他人の話を否定ばかりする人がいますが、それは止めるようにしましょう。 「でも」や「だって」が口癖になっていると、相手は話す気をなくしてしまいます。 ただ、相手の性別によって、理解の方向性が異なるので注意してください。 一般的に、女性は共感を求め、男性は解決を求める傾向にあります。 たとえば、女性と話す場合だと、「そうなんだ」「私もそう思う」など共感を示すだけで良いわけです。 女性は感情的に考えますから、気持ちに共感するだけで満足してくれます。 男性は論理的に考えるので、明確な答えがある方が喜ばれます。 このように、相手の性別によって対応方法が異なるので知っておいてください。 好感度を落とさないためにクッション言葉を使う せっかく好感度をアップさせても、不用意な発言で相手を傷つけてしまう可能性があります。 悪気が無かったとしても、相手を嫌な気持ちにさせるかもしれません。 なので、言葉遣いには十分に気を付けるようにしましょう。 そんな時に役に立つのが、「クッション言葉」です。 これを上手く使うことで、誤解を生むことなく円滑にコミュニケーションができるようになります。 言いにくい事でも伝えられるようになりますから、覚えておいてください。 反論する時 相手の間違いを正すときや意見するときは、注意が必要ですよね。 相手を否定することになるわけですから、細心の注意を払って説明をしないといけません。 そういった時には、「失礼ですが」とか「差し出がましいようですが」といった言葉を冒頭に付けることで、柔らかい物腰の言い方となります。 人は、自分を否定されると反論したくなります。 「お前に言われる筋合いはない」と思ってしまうわけですね。 しかし、クッション言葉を上手く使えば、相手の気持ちを逆なですることもありません。 覚えておいて損は無いでしょう。 お願いする時 何かをお願いする時でも、言い方を間違えると偉そうな印象となってしまいます。 だから、なるべく丁寧な言い回しをする必要がありますね。 そういった場合は、お願い口調で質問をすることです。 そうすれば、偉そうな言い方にはなりません。 たとえば、「少々お待ちいただけますか?」とか「ご記入いただけますか?」といった感じですね。 相手に同意を求めるように質問をすることで、圧迫的な言い方にならないわけです。 その時にも、「恐れ入りますが」や「お手数ですが」の枕詞を入れると、さらに丁寧な言い回しとなります。 断るとき 相手の誘いを断るときには、気を遣いますよね。 特に、社会人だと飲み会の誘いが多いですから、断るのも大変です。 そういった場合は、感謝の気持ちを伝えつつ断るのが正解です。 たとえば、「ありがたいですが」とか「恐縮ですが」と付け加えてから断りましょう。 こうすることで、相手の気持ちを一度受け入れているので、頭ごなしに断るよりは印象が良くなります。 なので、相手の気持ちに立って考えることが大切だといえますね。 好感度のアップに役立つ本 好感度アップの66の法則 フリーアナウンサーである田中未花による本です。 好感度が得られるための方法が、色々な側面から解説されています。 「姿勢」「外見」「発声」「会話」「マナー」「持ち物」「内面」など、7つの項目に分かれて66の法則を紹介しています。 正しい立ち振る舞いのすべてが分かるようになっているので、社会人なら読んでおきたい本ですね。

次の