エクスペリア xz3。 Android 10アプデ後のXperia XZ2/XZ3で不具合多発、アプリが落ちる、開かない、音飛びなど

アプリと通知の設定をする

エクスペリア xz3

9㎜ 質量 約193g 連続待受時間(静止時) LTE 約440時間 3G 約510時間 GSM 約380時間 連続通話時間 LTE 約1310分 3G 約940分 GSM 約630分 電池持ち時間 *1 約100時間 ディスプレイ 種類 有機EL トリルミナスディスプレイ for mobile サイズ 約6. 8GHz(クアッドコア)+1. 8GHz(クアッドコア)オクタコア 電池容量 3200mAh(内蔵電池)• *3 ポートレートセルフィーモード時のみ。 *4 通信速度は、技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。 ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。 *5 高音質通話、ビデオコール、海外ローミング等に対応。 *6 一部のエリアに限ります。 詳しくは「」でご確認ください。 PREMIUM 4Gエリア内でも、電波状況によりLTE通信またはFOMA通信となる場合があります。 *7 ワンセグ・フルセグ放送は、同梱のアンテナケーブルが必要となり利用環境によってノイズが入ったり、受信できない場合があります。 また、場所を移動することで受信状態が良くなることがあります。 ワンセグ・フルセグサービスについて、詳しくは「一般社団法人 放送サービス高度化推進協会のホームページ」()などでご確認ください。 NHKの受信料については、NHKにお問い合わせください。 *9 Bluetooth機器の特性や仕様によっては、操作方法が異なったり、データのやりとりができない場合があります。 対応プロファイルについて、詳しくは「」でご確認ください。 *10 WORLD WINGの通話・通信料は国内での通信を対象とした各種割引サービスの適用対象外です。 海外でのご利用について、詳しくは「」でご確認ください。 *11 IPX5とは、内径6. 3㎜の注水ノズルを使用し、約3mの距離から12. IPX8とは、常温で水道水の水深1. 5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有することを意味します。 *12 必要最低限の機能のみ動作させることで、待受状態を長持ちさせることができます。 各部名称.

次の

「Xperia 1」と「Xperia XZ3」の違い

エクスペリア xz3

ソニーがで発表した最新スマホ「Xperia XZ3」。 短い試用ではありますがデザインや画面・ソフトウェア、どれをとっても完成度の高いスマホです。 あえて欠点を挙げるとすれば、どのあたりになるのでしょうか。 まずXperia XZ3の概要から。 同機はGoogleの最新OS「Android 9 Pie」を搭載したスマートフォンです。 画面サイズは先代から約0. 3インチ大型化した6. 0インチとなっています。 曲面ディスプレイといえばサムスン Galaxyシリーズのお家芸ですが、同機のカーブは「Galaxy S9」ほどは目立たず、「Galaxy Note 9」と同程度という感じ。 これまでのXperiaとは全く違う雰囲気を醸し出しています。 Xperia XZ3です。 まず解像度が2160 x 1080から2880 x 1440へと高精細化。 さらに、画素の消灯で「漆黒」を表現できる有機ELディスプレイ()の搭載で、明るい部分は明るく、暗い部分はしっかり暗いメリハリのある画質になっています。 というのも、先代の「Xperia XZ2」が採用していた液晶ディスプレイは、「黒」をグレーがかった黒としか表示できない欠点がありました。 これは、バックライトの光を液晶フィルターで遮って「黒」を表現するという液晶の特性上、どうしても光漏れが発生するためです。 薄さ自体は9. 9mmと、Xperia XZ2から1. 2mm薄くなった程度なのですが、側面をぐるりと囲むサイドフレームの厚さはわずか3mmという薄さ。 手で持った感覚はスペック値以上に薄く感じます。 薄すぎて強度を保てないため、USB-C端子まわりをフレームを補強しており、これがいい意味でのデザインアクセントにもなっています。 というのもAI、なかでも機械学習を全面導入しています。 まず驚いたのが、ポケットから端末を取り出して横に構えると、カメラが自動で起動する機能。 これは、取り出す動作で端末に発生する加速度をディープラーニングで繰り返し学習させることで実現しています。 また『ユーザーが次に使いたいアプリ』をサジェストする「サイドセンス」機能も魅力的です。 これは、端末のサイドをダブルタップして呼び出せます。 アプリの推定には、過去7日間のアプリ使用履歴から『Facebookの次はInstagramをよく見るよね』といったアプリ同士の関連性を見い出すほか、ユーザーの位置情報(会社・通勤中・自宅)などを使用しています。 というのが率直な印象ですが、あえて欠点を挙げるとすれば「背面カメラ」でしょうか。 もちろん画質的には十分なのですが、超暗所撮影に特化した「」や3倍望遠の「」のように、複数カメラのほうがユニークな特徴を打ち出しやすいように思います。 その面白さが欠けているのは残念なポイントです。 とはいえ、インカメラは1320万の高画素で、F1. 9の明るいレンズを採用。 3Dクリエーターで作成したアバターに表情つけられるなど進化しています。 さらに、美顔補正にも対応し、輪郭や肌の明るさ、目の大きさも自由に変えられるようになりました。 とはいえ全体的に完成度は高く、2018年秋スマホの最注目モデルなのは確かです。 日本発売も既に決定しており、各キャリアの取り扱いにも注目したいところです。

次の

アプリと通知の設定をする

エクスペリア xz3

通知内容の表示 ロック画面に通知内容を表示するかどうかを設定します。 通知着信時のLED点滅 新着メールなどの通知があったときに通知LEDの点滅でお知らせするかどうかを設定します。 通知音 通知音を設定します。 通知の鳴動制限 着信音とバイブレーション 通知の鳴動制限がオンのとき、音や振動を許可する機能を設定します。 通知 通知の鳴動制限がオンのときの通知動作を設定します。 通話 通知の鳴動制限がオンのとき、電話の着信動作を許可する条件を設定します。 メッセージ、予定、リマインダー 通知の鳴動制限がオンのとき、メッセージの通知音や振動を許可する条件を設定します。 また、予定、リマインダーの通知があったときに通知音を許可するかどうかを設定します。 期間 通知の鳴動制限を手動でオンにしたとき、機能を自動的にオフにするかどうかを設定します。 自動的にON 通知の鳴動制限を自動的にオンにするルールを設定します。 今すぐONにする/今すぐOFFにする 通知の鳴動制限を手動でオン/オフにします。 通知表示の維持 表示する通知があるとき、ロック画面に通知内容を表示し続けるかどうかを設定します。 通知を最近送信したアプリ 最近通知が表示されたアプリがある場合にアプリの一覧が表示され、通知のオン/オフを設定できます。 過去7日間をすべて表示 過去7日間に通知が表示されたアプリの一覧を表示し、通知のオン/オフを設定できます。

次の