ハング アウト meet 使い方。 2020.5.15 更新 「Google ハングアウト」の進化版!「Google Meet(旧名:Hangouts Meet)」の使い方と注意点

【ハングアウト Meet】PCでの使い方

ハング アウト meet 使い方

Google Meet(グーグルミート)とは Googleが提供するテレビ会議ツールが「Google Meet(グーグルミート)」です。 本記事ではGoogle Meetの特徴や使い方などの基本を解説していきます。 Google Meet無料提供へ Google MeetはもともとG Suiteユーザー対象の有料サービスでしたが、 Googleは2020年5月から一般向けに無料提供を順次開始すると発表をしました( )。 新型コロナウィルスの影響によるものです。 今までGsuiteユーザー以外には利用されづらかったGoogle Meetを使う機会が増えることが想定されます。 無料解放で使える主な機能 今回の無料提供で解放される主な機能は以下です。 無料で使える機能としては非常に魅力的であるといえます。 大規模会議を実施可能(最大参加者数は250名)• 録画機能が利用可能に• ライブストリーミング機能が利用可能に Google Meet(グーグルミート)の使い方 早速Google Meetの使い方を説明します。 といってもほぼ直感で使えるユーザーインターフェースですので難しい説明は不要です。 Google Meetの使い方は大きく2つの方法があります。 Googleカレンダーから使う• Google Meetのサイトから使う Googleカレンダーから使う カレンダーツールとしてGoogleカレンダーを使っている方は多いかと思います。 Google MeetはGoogleカレンダーからほぼワンクリックで立ち上げが可能です。 以下に使い方を説明します。 Googleカレンダーで予定を設定する。 「Google Meet のビデオ会議を追加」をクリック クリックすると、瞬時に「Google Meetに参加する」というリンクが生成されました。 ミーティングの参加者はこのリンクをクリックすると瞬時にGoogle Meetが立ち上がります。 あとは、カメラや音声の設定をするだけでテレビ会議を開始することができます。 Gmailなど、G suite 利用でないGoogleアカウントの場合は「Googleハングアウト」での利用となるため表示が少し異なります。 Google Meetサイトから使う 次にGoogle Meetのサイトからテレビ会議を開催する場合を解説します。 以下のGoogle Meetサービスページにアクセスします。 ミーティングを開始する場合は、画面中央右の「ミーティングに参加または開始」をクリックします。 すると以下のような表示がされます。 ミーティングコードまたはミーティングのニックネームを入力します。 「続行」を押すとそのままミーティングが始まります。 Google Meetは大人数の会議でも使えるの? Google Meetでは 最大250人まで のテレビ会議参加が可能です。 会社の総会やセミナーなどの大規模な会議にも利用ができます。 Google Meetは画面共有はできるの? Google Meetでは もちろん画面共有が可能です。 画面右下の「今すぐ表示」をクリックするとあなたの画面を共有することができます。 全画面共有かウィンドウ共有を選択することができます。 Google Meetで動画中にチャットはできるの? Google Meetでは チャット機能も付いています。 画面右上のチャットアイコンをクリックすると、参加メンバーでチャットを行うことができます。 資料リンクを送ったり、メモを共有したりということが可能です。 Google Meetで録画はできる? Google Meetで画面録画は可能ですが、従来は「G Suite Enterprise」 と 「G Suite Enterprise for Education」プランを契約しているチームのみ使える機能となっていました。 しかし、 2020年9月30日までG Suiteユーザーであれば録画機能も利用可能 になっています。 5月以降順次ロールアウトしていくとのことです。 Google Meetでバーチャル背景は設定できるの? 例えば、ZOOMなどではバーチャル背景の設定機能が人気です。 Google Meetにはそのような機能はあるのでしょうか。 Google Meet単体機能としては 残念ながら設定ができませんが、 次で説明するサービスを使うとバーチャル背景への変更も可能になります。 Snap Camera(スナップカメラ)を利用すればGoogle Meetでも背景変更が可能 前述の通りGoogle Meet単体ではバーチャル背景の設定はできませんが、 Snap Camera(スナップカメラ)というツールを利用するとGoogle Meetでも背景変更が可能になります。 続いて、具体的に Google MeetとSnap Cameraを連携させる方法を説明します。 Snap Camera(スナップカメラ)をダウンロード Snap Camera(スナップカメラ)は デスクトップアプリとなりますのでダウンロードの必要があります。 以下のサービスサイトから「Download」をクリックして、 規約チェック と メールアドレス入力 を行い、ダウンロードを進めます。 インストールが完了するとアプリが立ち上がります。 「ビデオ接続」「マイク接続」を許可して進めます。 バーチャル背景を選択する 様々なバーチャル背景がありますので選択します。 バーチャル背景以外にも様々なエフェクトを利用することができます。 以上でSnap Camera側の設定は終わりです。 Google Meetで設定をする 続いてGoogle Meet側の設定に移ります。 にアクセスします。 画面右上の「歯車」ボタンをクリックします。 動画の設定画面に移りますので、「Snap Camera」を選択します。 これでGoogle Meet側の設定も完了となります。 そのまま会議に参加するとSnap Cameraで設定したバーチャル背景でテレビ会議を行うことができます。

次の

Google Meetでテレビ会議をする方法・使い方

ハング アウト meet 使い方

移動に使われていた時間を有効活用! 会議にかかる経費も削減! 拠点が複数ある会社では、各拠点のマネジャーが本社に集まって、定例会議を開催している、ということも多いのでは? 実際に会って会話をすることで、雑談をしたり、その雑談から思いがけないアイデアが生まれたりといった良い面もありますが、「会議に出席するために多くの移動時間がかかる」ということがネックとなっているケースもよくあります。 しかし、ビデオ会議(テレビ会議)ツールの「Hangouts Meet」を使用すれば、どこからでも会議に参加できるため、移動時間を考慮する必要もなく、また、離れた場所の相手と、あたかもその場に一緒にいるかのように会話をすることができます。 不要になった移動時間を、取引先へのご訪問や、書類作成等、やるべき業務に充てることができますね。 移動を伴う会議に参加の場合、必然的に交通費や宿泊費がかかることもあります。 加えて、会議室を借りれば会議室の利用料、資料を配布する場合には印刷費、ちょっとした飲み物を準備する場合にはその費用もかかります。 そんな経費も、Hangouts を使用すれば、削減することができそうです。 G Suiteの導入支援/運用支援事業を展開。 2019年4月より提供を開始した は、G Suiteの使い方や活用方法をレクチャーする動画型eラーニングサービス。 操作方法にとどまらず、G Suiteを活用した企業のコラボレーションや生産性向上のためのレクチャーも用意しており、1アカウントあたり初期費用360円(税別)+年間360円(税別)で導入可能。 G Suiteの機能追加などに伴う新規レクチャーも逐次追加しており、G Suite導入企業における社員教育や利用マニュアル整備などの手間が削減されるのがメリット。

次の

Googleのビデオ通話『ハングアウトMeet』を使う方法と手順

ハング アウト meet 使い方

Contents• 私が実際に行っているハングアウトMeetでの複数会議室への接続方法とは!? 私がミーティングを行う際に使用するWeb会議システムは、以前Skype(スカイプ)を利用していましたがメールやスケジュール等、仕事をする上で便利なツールがひとまとめになったGoogle社のGmailを使うことがきっかけに色々なサービスを利用するようになりました。 ハングアウトMeetの使い方は他ウェブサイトでも沢山紹介されていますが、私が遭遇した困ったシーンを例に複数会議室への接続を説明いたします。 実際に私がWeb会議ミーティングを3つ会議室準備を行いGoogleカレンダーより各チームメンバーへ朝10:00よりログインしてもらうように配信しました。 この時に各チームメンバーにアジェンダと今後の方針等を話すつもりでいました。 その時に4つめの会議室を準備し各チームに9:30頃にログインしていただこうかなと考えたのですが、私が話すために会議室のログイン、ログアウトを各チームにさせるのも面倒だろうなと思いました。 極力接続の手間を相手にかけず会議室を移動できないものかと少し考えました。 ここまでの問題点として• 各チーム別に3つの会議室を作ったが各チームメンバー全員へ会議をはじめる前に私が全員へ話す必要があった。 (私が全員に話すことがあることを忘れていた・・・)• 現状のハングアウトMeetの設定で複数会議室への接続ができるのか戸惑った。 簡単にまとめると上記2つになります。 私はこのままだと一度、Web会議室のキャンセルと再度会議室の組み直しが必要だとひとりで思っていました。 なぜそう思ったのかと言いますと、Web会議の接続先は複数人で同時に開催できるが会議室Aと会議室Bに会議室Cに対しては同時にログインできないと考えていました。 実際、私が物理的に会議室を複数渡り歩くこともあり体はひとつですから参加する時間に合わせて入退室を行う必要があります。 ハングアウトMeetを使った会議室への接続も同じで入退室が必要なことだと感じていました。 ですので1会議室ごとで個別に私がログインして話そうかと思っていました。 下図は私が想定していた順番にアクセスして会議で話す想定で、最初に会議室Aにログインする。 ウェブカメラもマイクも1つの会議室しか認識しないと思っていましたが、しかしそこはさすがG SuiteのハングアウトMeetだなと感じる解決方法が1つありました。 G SuiteのハングアウトMeetは複数会議室への同時アクセスが可能です! 物理的な考え方で複数会議室への出入りを考えていたのですが、実は同時に複数会議室へのアクセスがハングアウトMeetでは可能だったのです。 同時に複数の会議室へアクセス可能でした。 2019. 10現在。 参加方法はいたって簡単で、3つの会議室へアクセスすることで可能でした。 すごく単純で難しく考える必要はありませんでした。 手順は以下の通りです。 まずはGoogleカレンダーより会議日程を入れます。 Googleカレンダーより会議室を複数準備する。 会議当日になる前に自分のウェブカメラとマイクの動作確認はしておきましょう。 また、参加するメンバーにもウェブカメラとマイクに問題がないかの確認はメールやメッセージで行いましょう。 当日はGoogleカレンダーより会議をクリックして会議室A,会議室B、会議室Cをクリックします。 会議室A、会議室B、会議室Cの「ミーティングに参加」をクリックすることで複数同時にハングアウトMeetの会議室に接続できます。 同時に会議室へアクセスしてみましょう。 この接続方法はウェブカメラとマイクの処理が少し重たい感じはしますが、少しスペックに余裕がある、もしくは他のソフトウェアを使用しないようにする等、少し工夫することで実現可能だと思います。 映像が必要なければ、音声のみで繋げるのもよいかもしれません。 今回行った接続方法の特徴として自分は3つの会議室の音声、映像が同時に見えますが、それぞれの会議室の音声、映像は別の会議室には見えないことです。 このようになることで以下のことが別途実現できました。 それぞれの会議に同時に出席できる。 会議を同時にある程度きくことができるため、会議進行時にアドヴァイスをすぐできる。 会議終了時にそのまま、それぞれの会議のまとめを議事録提出前に少しきくことができる。 同時に参加できることで会議内容や会議後の報告、質問等がスムーズにできるようになりました。 ただし、少しやりにくいシーンもありました。 それぞれの会議室で徐々に内容がヒートアップすると声も大きくなり、音声が重複し内容が少し聞きづらい。 この点はマイクのオン・オフで少し調整しながらの参加が必要かもしれません。 まとめ!こんなシーンで複数会議への同時アクセスが役に立った!! 今回は複数会議室設定で失敗したと思ったことが、反対に良い面がでてきてよかったと感じています。 良かったことは以下の通りです。 同時に複数会議への出席で同時に自分が発言する場合、別途ハングアウトMeetで会議室を準備する必要性がない。 同時複数接続はGoogleカレンダーからのハングアウトMeetへの参加が簡単。 会議の進行内容がわかるため報告や議事録など提出前に内容が少し把握できるため会議後も進行が行いやすい。 私の思い込みで失敗した会議設定は考え方ひとつで便利な接続方法として活用できました。 これはG SuiteのハングアウトMeetの機能に助けられたことですが、考え方を柔軟にすることでこんな接続方法できるのか?と実際に実験してみてよかったと思います。 1対1の接続や複数人接続の会議方法はなんとなくわかっても複数会議室への同時アクセスは今まで考えたことはありませんでした。 それぞれ別の会議室へ同時アクセスすることは便利な面も多いと思いますので、Web会議をする場合の参考になればと思います。 人気記事• Googleサイトを利用して無料のWebポートフォリオを作ろう! デザイン関連の就職には履歴書、職歴が... G SuiteのハングアウトMeetを使用して複数の会議室へアクセスしてみましょう。 デザイン制作をし... 職務経歴書は書いたことがない方には、どのようなことを書けばよいか分からないことだと思います。 職務経歴書は、... デザイン系の就職活動では、履歴書や職務経歴書と同じくらい重要になる書類が、ポートフォリオです。 未経験の... 紙面デザインは見た目のレイアウト基本をしっかり作ることがバランスの良い紙面作りになります。 ここではマー... 簡単作成!アニメキャラをタペストリーにする作り方をご紹介します! アニメキャラクターのグッズでタペス... PCで便利なGoogle手書き検索!あれ?メニューが消えて検索できない!実は「手書き入力」に変更されていた!... 挨拶状は、レイアウトルールや文章の書き方等があり難しそうと思われるかもしれません。 実は基本のポイントを... 封筒のかっこいいデザインは簡単だと思っていませんか?実は、デザインを封筒に印刷を行うにあたり印刷機械の都合... チラシデザインは新人の頃は難しいと思っていませんか? 実はチラシデザインは実物のものから、どのように情報... カテゴリー• 最近の投稿•

次の