お歳暮 挨拶 文。 お歳暮の送り状(添え状)

お中元・お歳暮の挨拶状(送り状)は必要?理由と文例と書き方マナー

お歳暮 挨拶 文

お歳暮は、その年一年の感謝の気持ちと敬意を込めて贈る季節の贈り物です。 季節の贈り物であることから、それに添える手紙にはたとえ親しい間柄でも時候の挨拶は欠かせません。 一年間お世話になった御礼と、来年のお付き合いを願い、相手の健康や繁栄を祈る言葉を記すとともに、品物の内容・送った理由・発送した日・到着予定日などを書き加え、押し付けがましい表現にならないよう配慮することも大切です。 お歳暮を贈る時期 お歳暮を贈る時期は、12月初旬~20日頃までが一般的とされています。 発送が遅れた場合や事情により時期をずらす場合は、慌しい年末を避け、年明けに「御年賀」として送りましょう。 松の内を過ぎて送る場合は「寒中御見舞い」として贈ります。 添える手紙はその時期に応じた話題を盛り込み、明るい表現を心がけましょう。 スポンサーリンク 謹啓 師走の候、貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 平素は、格段のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 この一年、無事に事業を展開させることができましたのも、ひとえに、貴社をはじめ、皆様方のご支援ご助力の賜物と存じ、深く感謝いたしております。 つきましては、本年、多大なるご厚誼ご鞭撻を賜りました御礼と、歳末のご挨拶を兼ねまして、ささやかな品をお送りいたしました。 本来ならば、直接お伺いしてご挨拶申し上げるべきところ、誠に失礼とは存じますが、ご受納下さいますれば幸いに存じます。 年末ご多忙の折、皆様には何卒ご自愛の上、幸多き新年を迎えられますよう祈念いたしております。 来年も、ご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

次の

お中元・お歳暮をお断りする時に使える断り状の文例集

お歳暮 挨拶 文

送り状は本当に必要? 送り状とは、「お歳暮の品が相手に届く前に、お礼とご挨拶の言葉に添えて、心ばかりの品をお届けする手配をしました」とお知らせするものです。 突然品物だけが届いたら、(特に目上の方やビジネス上の関係の方にとっては)失礼だと感じる方もいるかもしれません。 礼儀を尽くす上でも、また事前にお知らせするという意味においても、送り状を出し、相手とより良い関係を深めていけるように準備していきましょう。 知っておきたいマナーとは? 送り状が必要であるということは分かっていても、実際にどのような送り状を用意すればいいか、分からない方も多いですよね。 そこで、送り状を用意するにあたってのマナーと書き方のポイントをまとめてみました。 】 送り状は、手紙で贈るのが正式とされています。 用紙は、無地に近い、落ち着いたデザインのレターセットや、和紙の風合いを生かしたもの、または季節感を感じさせるものなど、相手の方に合わせて選びましょう。 手紙は仰々しいという場合は、はがきでも大丈夫。 短い文面でも、要点を押さえて一言を添えれば立派な送り状になります。 はがきは文面が見えてしまうからイヤだという方には、レターはがき(はがきレター)がオススメです。 手紙のように書いた後、内側に二つ折にし、はがきとして発送します。 種類も豊富ですので、親しい間柄の方、友人などにも良いでしょう。 書き方 【手書きで書きましょう。 】 万が一、書き損じでも大丈夫なように、うっすらと鉛筆で下書きをしておく、別の用紙に書いた下書きを見ながら書くなどの工夫をしましょう。 最近では、鉛筆のようにインクを消せるフリクションペン等がありますが、消した部分が黒くなることもあるため、事前に確認しておく方が安全です。 時期 【お歳暮の品が届く2~3日前に届くように手配して!】 お歳暮の品をお送りする手配が済んだら、それぞれのお届け時期を書き留めたリストを準備しておきます。 ストを元に、それぞれの相手先にお歳暮の商品が届く2~3日前に送り状が届くよう、発送の段取りをします。 送り状の書き方のポイントとは? 事前の準備や基本的なマナーについて、確認できたでしょうか? ここからは、送り状の書き方のポイントをご紹介していきます。 まず、基本的な文面の流れを押さえましょう。 頭語(拝啓・謹啓など) 2. 時候のあいさつの言葉 3. 本題 ・日頃の感謝の気持ちを伝える。 ・お贈りした品物について書き添える。 今後の変わりない交際とご家族の健康や幸せを願う言葉 5. 結語(敬具・謹白など) この流れを基本に、相手先に合わせてアレンジすれば、完璧な送り状の完成です。 役職名や肩書などは事前に再確認しておきましょう。 日頃の感謝を自分の言葉で表現すれば、気持ちが伝わります。 簡単に近況をお知らせするのもよいでしょう。 相手先に合わせた文例集 続いて、贈る相手別の送り状文例を紹介していきます。 名前など変更すればそのまま使えますので、ご自分の状況に合うものを探してくださいね。 絶対に外せないけど、もし外してしまったらどうしよう? といった不安も出てきます。 オフィスギフト OfficeGift は6,000社以上の企業様でご活用の贈り物であるWebカタログギフトです。 人気のブランド品や人気家電・美味しい飲食品等を取り揃えており、開店・開業祝いや移転祝い、昇進・就任祝いからアワードやゴルフコンペの景品まで幅広いシーンでご活用いただけるプレゼントで、年代や男女問わない人気のブランド品や人気家電・美味しい飲食品等を取り扱っています。 お取引先様とのさらなる良好な関係の醸成に、大切なお得意先様へ気持ちを伝えるプレゼントに、お世話になっている方へのお礼の品に、おしゃれでスマートな贈り物Webカタログギフトのオフィスギフト OfficeGift をぜひご利用ください。

次の

お歳暮に添える挨拶文

お歳暮 挨拶 文

お中元・お歳暮ともに 一度贈るとやめにくいものですので、贈る相手の範囲は狭く、金額もあまり見栄をはらない額にするのが鉄則です。 ですが、 年とともに自分や周りの環境や状況が変化したりすることはあり得ることです。 お付き合いが疎遠になってしまったり、もうすでにお礼の気持ちは十分に伝えたと思えるのならば、思い切ってお中元・お歳暮をやめてしまうほうが失礼がありません。 お中元・お歳暮で 一番失礼なのが「虚礼」になってしまうことです。 お付き合いが疎遠になっている場合に贈り続けることは、お互い気兼ねが生じるものです。 何のための贈り物なのか見失ってしまうと、虚礼だけの意味のない受け渡しになってしまいます。 お中元・お歳暮は日頃の感謝を伝えるものですので、虚礼になってしまっているのであれば、 きっぱりと贈ることをやめるのもひとつの方法かもしれません。 お中元・お歳暮のやめ方は? 基本的なお中元・お歳暮のやめ方があるわけではありませんが、常識的な大人のマナーとして対応することが一番です。 一番の方法は、贈ることをやめる。 お中元・お歳暮を贈ることをやめる通知や挨拶状を送ったほうがいいのかな?とも考えてしまうかもしれませんが、そういった文章を送ることで、相手に不快な思いをさせてしまったり、逆に相手が気遣いを生じてしまうこともありますので、挨拶状などの文章は送らずに、まずは贈ることをやめましょう。 最初は、勇気がいるとは思いますが、虚礼を重ねるよりもよっぽど失礼がありません。 先方も、贈ってこないことを気にすることも少ないものですよ。 突然贈ることをやめることには抵抗がある場合は? お世話になった方や上司の方の場合は、突然贈ることをやめることは勇気が必要です。 また、お付き合いが頻繁ではないが、年に1~2度ほどはある場合などや今後も付き合いが多少なりともある場合などには、 気を配る姿勢が必要です。 スポンサーリンク お中元・お歳暮を断る方法は? 贈る場合は、自分が贈ることをやめることが一番有効ですが、お中元・お歳暮をもらう場合は、また困るものです。 もらったからには、お返しを考えてしまいますし、それを繰り返すとまた、ズルズルと同じことが繰り返されることにもなります。 そういった場合の、お中元・お歳暮を断る方法としては、お中元・お歳暮への「礼状」を書き、その 礼状に今後の贈答を断る旨を伝えることです。 大人のマナーとして、先方の厚意に対する深い感謝をまず述べるとともに、今後の贈答への断り(辞退)を申し出るのですが、 先方の気持ちや厚意を壊すことのないようにする姿勢と配慮が大切です。 下記に文例をご紹介します。 お中元・お歳暮を次回から辞退する文例.

次の