あんた 方言。 「あんた」という呼び方について

名古屋弁キットカット早口言葉って何?

あんた 方言

あんたとは、ではがに使う「あなた」の砕けた言い方である。 概要 の二人称の一つ。 冒頭でにが使うと書いたが、が使うことも多い。 砕けた言い方で、自分に親しい人に使うことが多いが、とが使うならが異なり、さらにそれがに向けるかによっての差異もある。 が使うならば、上の人でも自分にあまり近しくないどちらかというとよそ者の人に使う表現、もしくは親交を深めた上の人に使う表現として使用される。 特にはながよく使うことが多いそうだ。 が使うならば 、自分に親しい同世代の人、もしくは反発してる相手に使う二人称として使われることが多い。 特には所謂が使用することが多い。 と、ここまで書いたが一般的なから見ればあまり歓迎される二人称ではなく、周りからの顰蹙も買うこともあるので、使用する時は十分注意すること。 関連商品 関連項目• 二人称•

次の

あんたの意味や使い方 Weblio辞書

あんた 方言

アクセント・文法 [ ] 中輪。 文法はの要素を持つが、形容詞連用形の語幹形がある。 あ行 [ ]• あおなじみ - 青あざ。 あて - 私・俺など自称。 「あてら」=私たち• あかんぺろん - 擦り剥いて、皮が剥がれた様子。 あに - 何。 何ですか。 あじ - 如何。 但し、単体では使わない。 下記、「あじ」の派生。 あてこともねー - どうしようもない。 救いようがない。 (例)また寝ションベン漏らしたんか?あてこともねぇ。 あんが、 - いやいや、 (例)はー飯よそっけ?あんが、まだいらねぇ。 あんご - ヒキガエル、蛙の事 (例)あそーの、田さあんごん子がいたぁお。 あんでんねー(または あんとんねー) - 何でもない。 なんてことない。 いいあんばい - 良い天気。 通りがかりの挨拶に用いられる。 いそっぴ - 、、ヒライソガニなど、海岸でみられる小型のカニの総称。 いっぺえ - たくさん。 いっぱい。 うっちゃる(または ふっちゃる) - 捨てる。 人間を 放っておく。 (例)こん魚腐ってっかい うっちゃんべ。 うならかす - 相手を圧倒させる。 急いでやる。 (例)うならかして行かないと間にあわない• うなう - 耕す。 うら - 後ろ。 うんてえ・おんて - 重い。 おせる - 捕まえる。 教える。 人間が 交尾する。 おいさ・おっさ -そうだよ。 (例)~なの? おいさ• おいねぇ・おんね - 駄目。 (例)そら おいねぇよ。 (例) おいないですねぇ。 おいもんかい - 駄目、コラ! 例 それおいもんかい!• おぅよ - いいよ。 (例)おぅよ。 明日いくべよ。 おごいぼぅ - おこりん坊。 おっぺす(または おっぴす) - 押す。 (例)そっちまで おっぺしてってくろ。 おみおつけ - 味噌汁。 おめぇらが - お宅。 あなたらが。 (例)おめえらがじゃ、はあ田植え終わったんか?• おれ - 私。 ~が、がつくと略されて「おが」という場合もある。 イントネーションは「お」にある。 おんだら - 私達。 (例)おんだらはけぇんべ。 おっける -ころぶ。 (例)田ん黒でねえごんでおっけっちまったぁよ。 おんごしょる - 折れる。 か行 [ ]• かぁかぁ - 馬鹿。 (例)成績悪いかん かぁかぁって言われんだべ。 かぁねぇ - 食べない。 かっくらす - 殴る。 かってぼ - あほか! (例)つまらない駄洒落にツッコミを入れる時、「かってぼさぁ!」• ~がん~ - ~の~。 ~かし - ~かしら。 かせる - かぶれる かます - はさむ。 動かないように言葉や動作・くさびをたてること。 かわばち - 川魚 目科、標準和名• かんます - かき回す。 きばる - 痛くなる。 (例)腹が きばっちってどうしようもねぇ。 きもいる - むかつく。 腹がたつ• くっかぐ(または ふっかぐ) - 噛む。 〜くったい - 〜ください。 (例)持ってってくったい。 くむ - 崩れる。 壊れる。 (例)あっちの土手が、つっくんでたぁよ。 ~け - ~か。 (例)そうけ。 けぇ - 食え。 (例)まっとけぇよ。 けえる - 帰る。 (例)おせぇかい けえんべよ。 はぁけぇっかい。 (帰るから。 ケバ - 陰毛。 げっぽ - 嘔吐物。 こええ - 疲れる。 こちょぐってぇ - くすぐったい。 こっぺ - 屁理屈。 こばっこ - 端・隅っこ。 ぐしゃる -情交する。 「遇し合う」又は「具を合わせる」から来ていると思われる。 さ行 [ ]• さーしぶりだね - 久しぶり。 ~じっか - 君津・木更津周辺のみ。 の「~じゃんかぁ」に相当。 ~じゃないか。 じょうぼ - 門前・家の前の通路• じょんごろ - おたまじゃくし。 すてれっぱつ(または はれっぱつ) - 「大きい」の最上級的な意味。 てっぱつよりも大きい。 凄く大きい。 ずんねぇ - 大きい。 せど - 裏。 (例)せど山。 そうだいねぇ - そうだよね。 そば - 近く。 た行 [ ]• ~だで - の「~じゃんかぁ」に相当。 ~じゃないか。 だけんが(または だっけんが、 けんが、 でんが) - だけれども。 たんご - 、肥やし。 一部地域で「ふませ」とも言う。 だんみゃく - 散らかっている様をいう。 (例)うちん中が だんみゃくっしょ。 ちいちゃっけぇ・ちっけぇ - 小さい。 ちょんぴこ - に属する魚の総称。 ちょんぽ・ちょんぽこ - ぺにす。 ちょんぽこ=子どものぺにす。 ちっこ - 乳房。 おっぱい。 ~っしょ - ~でしょ。 (例)おめぇ昨日に来なかった っしょ。 てっぱつ(または でっぱつ) - 「大きい」の比較級的な意味。 結構大きい。 ~でん。 - ~じゃん。 ~でしょ。 (例)こらぁ、ひでーでん。 ~でんいぇー。 - ~じゃんかよー。 より荒っぽい。 (例)そらぁ、ひでーでんいぇー。 ないびーびー - 泣き虫。 意気地なし。 にぎぃめし - おにぎり。 にし - 二人称を意味する。 あなた。 にしら(または にっしゃら) - にしの複数形。 あなた達。 ねんぽ - 穴 (例)鼻ねんぽ。 は行 [ ]• はー - もう。 はがち -。 はしけぇ - チクチクすること、様子(例)はしけーよ。 はなっと - 岬の先端部。 はめる-性交する• びたびた、びたんびたん - びしょびしょ(雨などにぬれた時に使う)。 ひとみず - 人見知り。 ひして - 一日。 ひしてふつかかかる。 =二日かかる。 ひゃっけぇ、ひゃっこい - 冷たい。 ぷっくす、ぼっこす - 壊す。 破壊する。 ぷっくらす - かっくらす(殴る)よりも強い意味合いを持つ。 ほいで - それで。 ほてる - 熱くなる。 顔などが熱くなる。 ほと-女陰• ほんこん - 本気で。 マジで。 力いっぱい。 ま行 [ ]• まっこ - かやの葉、(まこも)の葉 盆供に用いる。 まっと - もっと。 (例)まっとけぇよ。 もぢける - 壊れて外れる。 や行 [ ]• やあんでく - 歩く。 (例)今日天気がいいからよぉ、まで やんでくべや。 やあしんぼぅ - 食いしん坊。 やってらぁ - 始まっている。 (例)宴会ははぁ やってらぁ。 やまべ - 川魚、コイ科のこと。 やんべぇ - ~をやろう。 ~をしよう。 (例)はや、釣り やんべぇおー(訳:はやく釣りをやろうよ)• よいなもんじゃねぇ(または よいじゃねぇ) - 容易なものではない。 やぶ - 歩いてゆく。 やべさ - 行こうよ。 やあばっしぇ - おいで。 わ行 [ ]• わら - お前たち。 あなた方。 「わんら」ともいう。 わん - お前。 あなた。 「われ」は「わん」の丁寧語。 わんだら - おまえたち。 あなたたち。 方言を使う著名人 [ ]• - 館山市出身の、、 脚注 [ ]• 関連項目 [ ]• - 千葉県のマスコットキャラクター。 キャラクター名は方言が由来。 外部リンク [ ]• - 房州弁を網羅した辞書サイト。 - 旧安房郡三芳村増間の民話を紹介したサイト。

次の

あんたの意味や使い方 Weblio辞書

あんた 方言

「わたし」ですね。 標準語は「あなた」ですが、方言で「あんた」という地域もありますよ。 まあそういう地域でも今はほとんど使わないですよね。 「わたし」と言ってます。 普段は「あんた」とは言わないです。 「あんたねえ〜・・・!」というように、誰かを叱る時や、ごく親しい友人に対して冗談でツッコミを入れる時に使ったりすることはありますね。 普段の会話で使ったら、気を悪くすることばだと感じています。 東京です。 「あんた」といわれたこともあります。 親しくない方からがほとんどです。 近しい相手に「あんた」呼ばわりされたらけんかになるかもしれません。 親しい人には「あたし」と言います。 親しい目上の方からは「あんた」とは言われることもあります。 関西人なので、子どもの頃は友人同士で「あんた」と呼び合っていました。 今は自分の子どもと、弟くらいにしか言いません。 私の場合、友人なら「あんた」でもあまり気になりませんが、あまり親しくない関係だとやっぱり嫌ですね。 でも、「あなた」も嫌です。 こういう掲示板で投稿主に対して「あなた」を連発する人もいますが、すごく冷たく感じます。 「あんた」はあまり言われた事ないです。 言われたら嫌な気分かもしれません。 「おまえ」も同じく嫌かな。 「君」とかもちょっと違和感があるかもしれません。 気持ちのいいものではないですね。 自分のことは「わたし」と呼んでます。 たとえ悪気がなくても「あんた」と言われると馬鹿にされてるみたいで良い気持ちはしないので家族でも「あんた」とは言わずに名前や愛称で呼びます。 一人称は、家族や親しい人相手の時は「あたし」、外では「わたし」です。 二人称の「あんた」はまず大人に向かっては使わないです。 明らかに相手を格下に扱っている感じがして、抵抗があります。 自分が人からそんな風に呼ばれたら、怒りはしないけど相当に嫌だろうと思います。 自分は「私」と呼びます。 相手に「あんた」を使うことはよくありますがそれは親しい関係のみ。 そうでないときは名前で呼ぶようにします。 親しくても「自分」って呼ばれるとちょっとカチンときます。 相手に対して「あんた」はNGだと思います 母が私の事を「あんた」と呼ぶのが いやで名前を言ってほしいと再三言うのですがなかなか直りません 親子関係でも見下されているようで不快に感じます。 家族や親しい友人になら「あんた」は使いますが、出身地や地域によっては「あんた」と言われると馬鹿にされたと思われるので使いませんね。 多分地域性なんでしょうね。 夫は母親を呼ぶ時もアンタですから。 友達も。 でも夫の両親は私には気を使っていいません。 常に名前で呼ばれます。 孫の事はアンアと呼ぶ時もありますけど。 多分東京人の私には使っちゃいけないと思っているんでしょうね。 そして孫は東京に住んでいても、標準語しかしゃべれなくても地元の子ども認定されているんでしょうね。 大人の人や友人に向かっては「アンタ」とはまず言いませんが自分の子供には言いますね。 周りではごく子供に向かっては普通に使われてます。 仕事中は「わたし」、プライベートは「あーし」、ツッコミを入れる時に「あんた」のほうがしっくりくるなら使う時もありますが、ほとんど名前で呼びます。 目上の人や、姉御肌な人にはよく「あんた」って言われます。 ムカつくかどうかはシチュエーションや相手によりますね。 他人様に「アンタ」は言ったことありませんが、子供には「アンタなぁ!」って言うことあります・・。 九州は人を「あんた」と呼ぶ、という思い込みをされていたことがありました。 現実にはそういうことはありません。 ごくごく近しい家族や、親友などでそう呼び合うことはありますが、勘違いで親しくもない人に「あんた」と呼ばれたら、それはもちろん腹が立ちます。 「わたし」です。 相手に対して名は前で、「あんた」は使いません。 「あなた」ということがありますが、苦情を言うときに多いです。 自分の事は「わたし」ですね。 名前で呼べない時は「アナタ」ですかね。 「アンタ」とは言わないです。 嫌がる人がたくさんいそうなので。 今は九州に住んでますが、やはりいません。 どちらの地域も年取ってる田舎の人などは多少いってるかなとは思います。 以前、東京に住んでいた時、関西出身のママ友が子供の同級生の母親から「あんたさ〜」などと言われたと憤慨してました。 言ってたお母さんはヤンキーみたいで、怖かったそうですが。 それを聞いたいつも明るい友人が「うわぁすごい、人にあんただなんて。 今日からあのママを<ミセスあんた>と呼ぼう!!」と言い出して大笑いし、怒ってた関西人ママも笑顔になったのを思い出しました。 ミセスあんた〜〜〜にはなりたくない。 あんたなんて失礼な言い方だと思います。 自分の事はわたしと言います。 「わたし」と使いますが、たまに家族に対して「あたし」と言う時はあります。 「あんた」はありえないですね。 私の母が誰に対しても「あんた」と言うので、ちゃんと名前で呼ぶように注意するのですが一向に直りません。 不快ですよ、「あんた」って言われるのは。 威張って聞こえるし、見下されてる感じ。 私の周りも「あんた」と言う人はいないし、言われたら不快に思う人が多いです。 二人称は家族に対しては「あんた」で呼んだり呼ばれたりします。 子供の頃は友達にも「あんた」は使いましたが、大人になると、「あんた」はまずい、さりとて「あなた」はお互い背中がこそばい。 で、「〜さん(ちゃん)」と名前で呼びます。 近畿はほとんどそういう呼び方だと思います。 あたしも言わないとも限りません。 あんたは全く使いませんが、目上の男性が使うのを聞いた覚えはあります。 態度に不快感がなければ気にしないようにしています。 関東です。 一人称はわたしです。 「あんた」とは使いませんが親しい相手には「自分なぁ」と「自分」と表現することがあります。 相手に対しての表現で自分自身の表現ではありません。 この「自分」の使い方は関西だけだと思います。 「わたし」と言います。 「あたし」と言う人は周りにいませんが、小説等での「あたし」の使い方ってちょっとはすっぱなイメージがあります。 夫は九州出身ですが、親・姉・弟・地元の友人間で「あんた」を使っているのに、私やこちらの友達には使わないので一種の方言かと思ってました。 わたしと言います。 うちという人も多いです。 また、以前はあんたとよく言ってましたが、主人に嫌がられてからはあまり使わなくなりましたよ。 自分の事は「わたし」です。 「あんた」は、小学2年生くらいまでは、友人同士で使っていたかも。 それ以降は、兄弟にしか使わないです。 でも、ご主人の事を「あんた」と呼んでいる人はいます。 「あんた」は一から言われると勿論不快ですが、「あなた」も嫌です。 とくっちでも、投稿者の方や他のレスをつけた人に対して「あなた」を使う方をよく見かけますが、なんだか説教されているような、見下されているような気持ちがします。 「わたし」と言います。 子供にも「あたしになってるよ、わたしでしょ?」と言い聞かせます。 「あんた」も失礼な言い方だと思います。 「あんた」と言いながら指さされたら、さらに怒ります。 「あんた」という呼び方はあまり良い印象はありません。 見下している上に、下品な感じもします。 親しくない人に「あなた」というのさえも 下目に扱っているような印象があります。 時々レスでも見かけますが、 面識の無い人を「あなた」とするのは 自分の立場の優位性を表していますし、「あんた」とするのは更に卑しめている印象があるので 九州の方のみならず 不愉快さを感じます。 おじいさんは江戸っ子で「あたし」って言うことがあったそうです。 おばあさんは群馬でも、山の方の生まれで「おれ」っていうこともあったそう。 あんたって子供に言っている親は見ますが、ご老人も他人様に使っていることもあります。 ただ、あまりなれないもの同士で使うと普段はいい気はしないと思います。 がっちょん。 一人称のときは、「わたし」です。 相手をさすときには、「あなた」です。 「あんた」は使いません。 まわりでも「あんた」という人はいません。 でも、ただ一人母が使います。 使わないで欲しいのですが、なおりません。 たまに、外で使っているとハラハラします。 ごめんなさい。 「あんた」と呼ばれて、怒ったのが九州出身の子です。 九州出身者が「あんた」という言葉を使ったのではないです。 子供のころは友達同士でも言ってました。 私の母親は父親に「あなた」ではなく「あんた」でした。 子供が出来て島根の姑が、自分の事を孫に「おばばだよー、おばば」と言うのでびっくりしました。 それってまるで「ばばあ」と言ってるようで、子供に祖母の事ばばあ呼ばわりさせたくない、と思っておばあちゃんと教えました。 テレビで島根の人が自分のおばあさんの事を「うちのおばばがね、」と言ってたのを聞いて、それって普通の呼び方なのかとびっくりしました。 『わたし』はといっています。 関西出身ですが、血のつながった家族や、独りごと以外、『あんた』という言葉はNGです。 ある程度の、年齢になるとマナーというものも学ぶので、そこで直せない人は、育った環境が知れますね。 ガラッパチというやつですね。 一部の高齢者は、それが失礼で直そうとしませんから。 自分のことは「わたし」です。 「あんた」は兄弟や親が私に対して言ったり、私も兄弟に言ったりします。 小学校低学年位の時は友達にも使い合ってましたが、今は親兄弟だけです。 でも夫が九州出身なのですが、夫が真似して私に言うのですがすごく嫌な気分になります。 何かが違うのです。 今関東に住んでいるから余計かもしれません。 親兄弟に使いあうときはきつく聞こえないのに、それ以外だとキツく聞こえるので基本的に使ってません。 自分のことは「わたし」です。 人に対しては「あなた」です。 私を含めて周囲を見る限り他人には「あんた」は使いません。 今まで言われたこともありません。 九州人が「あんた」を使うのではないと思いますよ。 確かに九州の言葉は比較的荒いですが、「あんた」は全国区だし使うのは人によりけりだと思います。 「あんた」は基本的には使わないですが、兄弟姉妹とか親友とかものすごく親しくしている人にはたまに使うことがあります。 たとえば「いまからあんたの所へ行ってもいい?」と言う風に使います。 関西人です。 「わたし」ですね。 義母は私の事も義妹(夫の弟の妻)の事も「あんた」と呼ぶのですが、私はあまり気にしないけど、関東出身の義妹は、かなり怒っていましたね。 子どもの頃は友達同士でも「あんた」とか言い合っていましたけど、大人になって、人に「あんた」という事は、ないですね。

次の