コーヒーが冷めないうちに 評価。 コーヒーが冷めないうちにのレビュー・感想・評価

「コーヒーが冷めないうちに」の映画の感想・評価・レビュー

コーヒーが冷めないうちに 評価

映画『コーヒーが冷めないうちに』口コミ感想ネタバレ 映画『コーヒーが冷めないうちに』あらすじ 公開上映中おすすめ映画 「松重豊と薬師丸ひろ子がやはり圧倒的に泣かせてくる…素晴らしかった!」「なんと言っても有村架純が可愛い!」「何回も泣きます!目が腫れます!」 上映中【2018年9月21日 金 公開】 本屋大賞の候補になるなどベストセラーとなった川口俊和の同名小説と、その続編を基にしたファンタジーテイストの人間ドラマ。 店内のとある席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるという喫茶店を訪れる客たちと、謎多き店員たちが繰り広げる物語がつづられる。 有村架純が従兄の店主と店を切り盛りするヒロインを演じる。 -Movie Walker- あらすじ<STORY> 時田数(有村架純)が働く喫茶店・フニクリフニクラには奇妙な都市伝説があった。 それは、店内のある席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるというものだが、それにはとても面倒くさいルールがった。 それは、過去に戻ってどんなことをしても現実は変わらない、過去に戻れる席には先客がいて、その先客が席を立ったときだけその席に座れる、過去に戻れるのはコーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが覚めてしまう間だけで、コーヒーが冷めないうちに飲み干さなければならない、過去に戻っても喫茶店を出ることはできない、過去に戻ってもこの喫茶店を訪れたことのない人には会うことはできない、というもの。 すべてのルールを守ったとき、優しい奇跡が起こる。 不思議な噂を聞いた客や常連客が、連日喫茶店を訪れる。 噂を怪しみながらもやってきた三十路前のキャリアウーマン・清川二美子(波瑠)、なにか訳ありそうな常連客の高竹佳代(薬師丸ひろ子)と房木康徳(松重豊)、なぜか妹の久美(松本若菜)から逃げ回る平井八絵子(吉田羊)、過去に戻れる席にいつも座っている先客の謎の女(石田ゆり子)。 そして、数に想いを寄せ始める新谷亮介(健太郎)。 過去に戻れるコーヒーを唯一淹れることができる数も亮介に導かれ、心に秘めた過去に向かい合う。 いっぱい泣いた!!!!!! 時の描写で素敵なストーリーでした! 原作も読むぞ〜!!!!!!!!!! 過去は変えられないが、過去を見つめ直し、未来をどうするかは考えられる。 喫茶でコーヒー片手に哲学を考える様な作品でした。 個人的には美味しそうなコーヒーなのに、もっと味わって貰いたかったな…と。 映画化するんだぁと思って見てきた。 良かった。 大傑作などと言うつもりは無いけど派手さもなく淡々と進むがじんわりと心に残る作品。 過去には戻れるけれども過去は変えられない、変わるのは過去に戻った人の心。 4回ではないけども泣かされた。 そして吉田羊さん素敵だ。 めちゃくちゃ泣けた。 そしてホッコリ優しい映画でした。 ほろりと涙が落ちる。 エンドロール最後までゆっくり見てほしい。 コーヒーが冷めないうちに 有村架純可愛い。 キャスティングも良かった。 こんなに、かっこよさと切なさを丁寧にかつ重厚さがあって、涙が出ました。 星野源のオールナイトニッポンにゲストで来たとき、屈託がなく、優しい方で素敵でしたね。 余談ですが、吉田羊がスナックしているとこで、伊藤健太郎さん達が、星野源の「恋」を歌っているとは。 映画の内容もいいのですが、色んなところに嬉しい要素がありました。 最後に、ポスターの仕上がりが好きです。 コーヒーとミルクみたいで。 気持ちと言葉の大切さを再認識させてくれました。 率直に良かったです。 伊藤健太郎君がとっても素敵で、一緒に行った娘はファンになったみたいだし。 確かに彼は良かったよ。 原作は予習済みなので、映画をより堪能出来ました。 感動するシーンは読んでいた時に連想したイメージ通りで素晴らしかったです。 個人的には松重豊さんの演技で泣いてしまいました。 有村架純ちゃんかわいかったなぁ。 そしてなるほど深い・・見終わってから何度も振り返ってしまった。 もちろん泣いたし。 あの本が素敵な映画になりました。 最初の波瑠と林遣都のエピソードのせいで作品から心が離れてなきゃボロボロ泣いたと思う。 感情移入では絶対的にミニシアターですが、役者の表情なんかはアマプラの方がじっくり見れて... 今年というか自分の中の恋愛映画で一位です。 今までみたことない山﨑賢人くんは圧倒... 映画館とAmazonプライム... 明け方の桜並木を自転車を2人乗りして通るシーン、たくさんの思いが詰まりすぎて、涙が流れ続... 最後のシーンが映画ならではという... 沙希ちゃんに感情移入しすぎて 辛い辛いと胸を痛めてました。 永田への想いが1番よく... 宝物にします。 こんなにいい映画、ひとりでも多くの方が見てもらいたい!... 台詞量。 圧巻だった!」「理路整然とした感情のうねりに飲み込まれる!」「今の時代にこんなに刺さるとは。

次の

映画『コーヒーが冷めないうちに』ネタバレ感想・レビュー!突如はじまるラブラブシーンに唖然。2回しか泣けなかった。

コーヒーが冷めないうちに 評価

もくじ• コーヒーが冷めないうちに(映画)の感想(評価)やネットの反応まとめ! 映画『コーヒーが冷めないうちに』が公開されましたね! 原作小説は2017年に本屋大賞にノミネートされるほどの人気作で、映画に関しても公開前から注目が集まっていました。 個人的にも気になる映画だったので、公開日に早速見てきました! 今回は映画の感想(評価)についてです。 映画『コーヒーが冷めないうちに』は『4回泣ける』ではない説 まずは映画『コーヒーが冷めないうちに』のキャッチコピーである、 『4回泣ける』ということについてです。 この『4回泣ける』というのは映画のエピソードが大きく4つに分けられるため、それぞれで感動できるということを示していると思います。 それについての感想を下にまとめました。 映画「コーヒーが冷めないうちに」観てきた 5回泣いた ウルウルを入れたらもっと泣いたかも 見る前は4回も泣けるの?って正直思ってた 観てみたら4回以上泣いた もし自分が過去に戻ったら、現代に戻りたくないって思っちゃうかもしれない — こう坊w 白井家 kousuke9013 映画『コーヒーが冷めないうちに』観てきた。 泣いたのは2回かなぁ😢薬師丸ひろ子さんに一番泣かされた。 ひたすら悲しくて切ない内容なのかと思ってたけど、最後は心がほっこりします。 感動できるところ3回ぐらいある。 みてほしい。 そのため、『4回泣ける』のうち1回がこのエピソードを含んでいるのかが少しだけ引っかかりましたね 笑 ただ、一つのエピソードで複数回泣く人もいるため、必ずしも泣くのが4回以下ということに限ったことではないようです。 個人的には、2つ目の松重豊さんが登場するエピソードが一番感動しました。 心温まるストーリーが良かった 続いても感動系の感想になってしまいますが、 心温まるストーリーで良かったという意見が多かったです。 映画「コーヒーが冷めないうちに」観てきました! 原作も読んでたし、宣伝番組でほとんどネタバレされてると感じてたけど、そんなこと全然なかった!(当たり前) 優しい雰囲気で今ほんわかしてます。 本当に観て良かったです。 とても心が温まる映画でした!健太郎くんの役がとっても良かったし、健太郎くんに合ってるなって思った。 そのため、 見終わった後の異物感やモヤモヤ感はなく、スッキリとした気持ちになれるところが良かったですね。 それと映画を 見終わった後には温かいコーヒーが飲みたくなるので、気を付けて下さい 笑 個人的には映画館でホットコーヒーを購入して、鑑賞するのもおすすめです! 松重豊(房木康徳 役)の演技が素晴らしい 続いては映画でも感動した人が多いと評判だった松重豊さんと、薬師丸ひろ子さんが登場するエピソードです。 ストーリーも良かったし、オチが上手かった。 あと、松重豊があまりに卑怯すぎた。 あんなん泣くやん — 乙三 ossannnnnnnnn17 『コーヒーが冷めないうちに』試写会行って来ました。 主演の有村架純は、可愛らしさの中にミステリアスな面もあって、いい感じです。 「4回泣けます」ってキャッチコピーは大袈裟だが、薬師丸ひろ子と松重豊の件は泣けたなァ。 — 映画のまど eigadaisuki1970 この二人のエピソードは作中の二つ目に登場しますが、ここが一番感想したという人も多いです。 病気で記憶を失う妻と、それを支える夫である松重豊さんの演技が本当に素晴らしかったです。 松重豊さんが涙を流す場面ではこちらまで、もらい泣きしそうになりました。 この二人のエピソードに関しては、番宣や予告動画を見ただけで感動した人もいるようです。 もし映画を見ていないで気になった方がいれば、是非見て下さい! もちろん上でも書いたようにこのエピソード以外も心温まるものばかりです。 過去に戻っても未来に変えられないところがいい 続いては、『コーヒーが冷めないうちに』の設定に関することです。 「コーヒーが冷めないうちに」の映画を観てきた。 過去は変えられないけれど、今の一瞬一瞬が大切ということが身に染みたな。 登場人物がタイムリープをする多くの作品では、 過去を改変して未来も変えるという場合が多いですが『コーヒーが冷めないうちに』ではそれができない設定です。 ですが、逆にその設定により、登場人物達が過去に戻ったことをきっかけにして、現在やこれからの未来を大切にしていくことが良いところでもありますね。 また今日も姉の元へ 向かおうとしていたが… 1度起きたことは変わらない。 また、コーヒーが温かい間のみタイムリープができるというのも、物語を面白くする設定だと思いましたね。 喫茶『フニクラフニクラ』や水中シーンが美しい ここからは『コーヒーが冷めないうちに』を見ていて個人的に思ったことなのです。 物語の中心となる 喫茶店の『フニクラフニクラ』やタイムリープ時の水中のシーンがとても綺麗でした。 また、 有村架純さんが演じた時田数のモデル(元ネタ)となった人物も判明?しました。 詳細についてはで書いていますので、そちらも是非見て下さい! スポンサーリンク まとめ 映画『コーヒーが冷めないうちに』が公開されたが、鑑賞した人の感想で多かったのが『感動した』『心が温かくなった』というものだった。 ただキャッチコピーの『4回泣ける』というものに関しては、当然だが人それぞれで4回は泣けなかったという人も多くいた。 映画全体を通しても面白かったという意見が多く、ハンカチは必須や温かいコーヒーがに飲みたくなるなどの声もあった。 それとエンドロールでもストーリーが続いているので、映画を見ていない方は最後まで見ることをおすすめします! ちなみに、 『コーヒーが冷めないうちに』の主題歌の動画やタイトルの意味、曲名(発売日)などの情報はで書いていますので、そちらも是非見て下さい!.

次の

コーヒーが冷めないうちに(最新刊) |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

コーヒーが冷めないうちに 評価

こんにちは。 フレデリカです。 上の画像なんですが、オープニングで出てきました。 「一」が太字になって、次に「二」が太字になりました。 そのままナビに沿って読んでいけばいいやと思ってました。 まさか、「三」が太字になった後に消えていくとは思わなかったよ。 四と五を読めなかったよ。 (すぐに劇中で説明してもらったけど。 ) コーヒーが冷めないうちに - 作品情報 作品情報• キャスト:有村架純さん、波瑠さん、 深水元基さん、吉田羊さん、松重豊さん 石田ゆり子さん• 監督:塚原あゆ子さん• 脚本:奥寺佐渡子さん• 公開日:2018. ジャンル:人生・日常• 上演時間:117分• 噂を怪しみながらもやって来た三十路前のキャリアウーマン・清川二美子(波瑠)、なにか訳ありそうな常連客の高竹佳代(薬師丸ひろ子)と房木康徳(松重豊)、なぜか妹から逃げ回る平井八絵子(吉田羊)、過去に戻れる席にいつも座っている先客・謎の女(石田ゆり子)。 時田数(有村架純)に想いを寄せはじめる新谷亮介(健太郎)。 家族と、愛と、後悔の物語。 監督は塚原あゆ子さん。 TBSのドラマの世界で生きてきて、映画を監督するのは初なんですね。 原作は舞台の世界で幾度も再演されて初めての映画化。 ストーリーはしっかりしてるってことかな?でも舞台のテンションと臨場感を映画に持ってくるって難しいよね。 最近、それに大成功した映画があったけど。 呼び込みが「4回泣けます。 あ、塚原あゆ子さん、私と同郷だ。 といっても市町村合併ででっかくなったから、同郷の中でどの地区かはようわからんけど。 告知PV ここから先は コーヒーが冷めないうちに の感想です。 ネタバレしてます!!• コーヒーが冷めないうちに - キャラクターと俳優 有村架純さんとその座った人たち 時田数 - 有村架純さん 超常現象の水先案内人としての超然とした人物像から、普通の女性になっていく流れは見事でした。 ところで妊婦さんがあんなに走っちゃだめだと思うし、旦那は川っぺりじゃなくて喫茶店にいてもいいと思うぞ。 映画には全く関係ありませんが、有村架純さんのお姉ちゃんの苦悩。 千鳥ノブさん有村藍里さんにもちゃんとした対応しようぜ… — どざいもんた dozaimonta 清川二美子 - 波瑠さん 4つのうち、最初の「恋人」 超常現象の説明フェーズ。 自分のことしか考えてない彼女のペースにムカつきました。 説明をタンタンタンと済ませてくれたので、ありがたかったけどね。 閉店間際に店を出た後、店前でうろうろしながらラインしてねーで早く帰れや。 房木康徳 - 松重豊さん 4つのうち、二つ目の「夫婦」 座ったのが旦那さんの方で少し驚いた。 「私は三年後には、すべてを忘れちゃうからこそ戻ってきたんでしょ?」と言わずに 「嘘が下手ね」「違う、そうじゃない」で会話しているのが切ない。 平井八絵子 - 吉田羊さん 4つのうち、三つ目の「姉妹」 身内といっていいほどの常連客の平井さん。 弱さを見せながらも胸を張ったカッコよさがよかった。 ま、なぜこの喫茶店に平井さんがよく出入りしているのを妹さんが知っているのかは置いといて。 (平井さんが妹に自分のテリトリーを紹介するとは思えない) ただ一つ違和感があるのは、妹さんからの手紙を持って帰らなかったこと。 スナックを一人で経営している人は、 手紙なんて重いものの処分を頼まれた他人の重圧に思い当たらないわけがないんだけど。 持って帰って見ずに放置の方が飲み込みやすいんだけど。 夏服の女 - 石田ゆり子さん 4つのうち、4つ目の「親子」 数は見守ってくれていることを感謝していました。 ですが落ち着いた後、「私がお母さんを縛っている」ってことになっちゃいそうけどね。 、、、あ、だからこそラストでお母さんはいなくなっていたのか。 数がもう大丈夫なことが分かったから。 コーヒーが冷めないうちに - ネタバレ感想- 数が変わっていく速度と姿がよかったです。 昨日見た「」よりも面白かった。 一番の違いは、軸の人(有村架純さんと小泉今日子さん)のエピソードがあるかないか。 数が大学祭に訪れたのは驚きました。 数の世界はあの喫茶店で閉じていて喫茶店から出れないものだと思ってたよ。 そこから数が外にいる描写が多くなり、キスして、朝を迎えて、赤ちゃんができる。 それと同時進行に新谷くん(伊藤健太郎さん)も時田家の宿命を深く知っていくことになる。 両者によって、 近寄りがたい特殊な人間だった数が当たり前の感情を持つ普通の女性なんだと、観客の意識が変わっていく。 そのバランスがすごく良かったんですよね。 すんなり私の中に入ってきました。 欲を言えば、各エピソードが数の成長の糧になっててくれると嬉しかったんですけどね、数の成長と各エピソードは同時軸だったけど全くの別件だったね。 映画と舞台の違い 目の前で生の人間が演じる舞台と映画では臨場感が違います。 受け取る情報量も違う。 舞台では生の人間が訴えかけてくるので、主題以外は気にならなくなることも多いんですけどね、、、、、。 時田家の話をここまで深堀してくれるなら、数の母が席を離れる理由とどこへ行くのかは解決してほしかった。 数の様子や思いを感じて、席を外している様子はなかったんですよね。 どこで何をしているかもわからなかったし。 本筋とは少しずれているのはわかってる。 舞台なら目の前の状況に圧倒されて気にならなかったんだろうけど、映画だと気になってしまいました。 コーヒーが冷めないうちに のクライマックスで母に会う数 お母さんがコーヒーを飲み切ってもお母さんが元に戻れなかったのは、つらかったですね。 映画冒頭の数ならその場にとどまることを選んだでしょう。 数が戻る決意ができたのは、新谷くんという存在のおかげ。 だからこそお母さんは安心して喫茶店に現れなくなったのかもね。 コーヒーが冷めないうちにのベストシーン 映画のキモ 数が戻る決意をした瞬間。 4エピソードとも戻るためにコーヒーを飲み干した瞬間が肝ですね。 全員、ルールだから飲み干したのではなく、戻る理由があるからこそ飲み干しました。 冗談 猫に話しかけているのを数に見られちゃった新谷くん 私も猫を見かけると「にゃー」と声を掛けます(マジ)。 あの瞬間を人に見られてた新谷君の恥ずかしさったらないよね。 きれい・かわいい・色っぽい お母さんとあった後、川辺で新谷くんを見つけて数は抱きつきます。 その時に、 新谷くんの首筋にぴったりとくっつく有村架純さんのほっぺ その密着っぷりが色っぽかった。 他には 一緒のベットに寝ているときに、寝ている新谷くんのむねに載っている有村架純さんのグーにしている手。 コーヒーが冷めないうちに の評判 3. でも「4回泣けます」はハードル上げすぎ。 その他 タグ 監督: 脚本: 俳優: frederica2014.

次の