生理 中 甘い もの。 生理前や生理中も大丈夫!甘いものが食べたくなった時のおすすめ5選

生理中の食欲が異常に増す原因は?抑える方法と体重増加を防ぐ食べ方

生理 中 甘い もの

ダイエットを決意したからには、 やはり間食を控えることが第一です。 そもそも、毎日三食食べていれば、栄養的には十分です。 デスクワークが多い人だと、毎日の摂取カロリーを消費できていない恐れもあります。 従って、間食は足りない栄養素を取り入れるための手段ぐらいに捉えられれば良いのですが、なかなかそうはいきません。 甘いものが大好きな人にとって、これまで食べていたものをいきなり我慢しろというのは難しい話です。 街を歩けばケーキやチョコレートなど美味しいものにあふれています。 それに、 甘いものを食べた方が良いときも実はあるのです。 それゆえ、 食べてはいけないのではなく、食べる量を調整して、うまく自分をコントロールすることが重要になってきます。 生理中は甘いものOK まず、甘いものを食べても 良い時期、それは女性にとっての 生理日中です。 女性の身体はデリケートに出来ていて、生理前などにいらいらしたりするもの。 それを抑えてくれるのが糖分だったりします。 特にいつもと変わりはないのに、無性にイライラしたりする時、甘いものをちょっとつまむだけで幸福感に包まれますよね。 それによって周りの人を傷つけなくてすむ場合もあります。 それに生理期間は、どうしても痩せにくい期間でもあります。 これは自分の身体を守っている生得的な働きでもあるので、この期間に 無理に体重を落とそうとするのはやめましょう。 普段頑張っている自分にご褒美をあげる期間としておけば、甘いものを食べた 罪悪感も減ります。 生理中のホルモンバランス 生理前から、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌が増えることから、体調がすぐれなかったり、肌荒れを起こしやすくします。 また、このプロゲステロンは、脂肪や水分を溜めやすくする作用があるため、ダイエットには悪影響。 そのことからも、生理中では現状維持を務め、卵胞ホルモンであるエストロゲンが分泌される生理後に、 ダイエットを開始することが最適ですね。 生理中の食生活は・・ 生理中では血液が失われてしまうので、十分な栄養補給が重要となりますが、 食べ過ぎ、飲み過ぎには注意が必要です。 また、単品や置き換えダイエットなどは、生理中には身体に負担がかかり過ぎるので避けるようにしましょう。 もちろん、生理中を「ダイエット中断時期」ではなく「現状維持の時期」と考えて、食事制限を軽減する程度、 腹八分目を意識することがオススメです。 そして、生理中、ダイエット中に不足しやすい栄養素である 鉄分の摂取も心がけるようにしましょう。 鉄分を豊富に含む食品では、レバーやしじみ、納豆、卵黄などが挙げられます。 さらに、 鉄分の吸収を高めるビタミンCや、赤血球生成に重要な葉酸の摂取も必要です。 ビタミンCでは、レモンやキウイ、ゴーヤ、ピーマンなど、葉酸では納豆や枝豆、アスパラ、レバーが挙げられます。 上記でも記した様に イライラを抑えてくれる若干の糖質もOKです。 生理中の運動 生理痛も加わって、運動がしづらい時期ではありますが、運動をしてはいけないということはありません。 ハードな運動は避けた方がいいものの、 適度に身体を動かして血液循環を促進し、水分を溜める生理中に起こりやすいむくみなどを効果的に解消していきましょう。 無理に運動をする必要はありませんが、生理痛が緩い時には、柔軟やストレッチ、軽いウォーキングなどを行いたいですね。 そうして、生理が終わってから、また集中ダイエットをスタート! 生理後はホルモンバランスによって体調も良く、身体が痩せやすい状態なので、生理中にあまりできなかった運動量をアップさせたいものですね。 また疲れている時は甘いものOK また、単純にデスクワークなどでは頭を使う仕事が多いので脳が疲れてしまいます。 脳の疲れをとってくれるのもまた糖分です。 疲れたなぁと感じたら、少し甘いものを食べることを自分に許す勇気も大事です。 そして、一番大切なことは、甘いものが食べられないことに対して ストレスを感じない生活をおくることです。 ストレスを感じることで実は太りやすくなってしまったり、甘いものを余計に欲してしまい悪循環にはまってしまいます。 あくまでも自分が楽しいと感じられるようにダイエットすることが成功にもつながります。

次の

生理前に甘いものが食べたい!食べたくなる理由は?

生理 中 甘い もの

そして出血が多いのを減らすのが ビタミンKです。 ほうれん草、小松菜などの 緑黄色野菜、海藻類です。 納豆やチーズも良いです。 ホルモンバランスを整える 大豆製品の豆腐、豆乳、納豆なども 食べたほうがいいです。 生理痛を緩和してくれる ビタミンEを多く含む食品もいいです。 アボカド、オリーブオイル、海苔、卵 カボチャなどです。 マグネシウムも骨格筋や血管と消化器官の筋肉を 柔らかくしてくれますし精神を安定させてくれるので マグネシウムを多く含む、海藻類や ブロッコリーや豆腐、 ほうれん草なども食べるといいです。 外食時には野菜も入っている 定食タイプの和食を選ぶといいです。 そして 温かい食べ物の方が 生理痛が緩和されます。 こうやって書き出すと、 ふだんからも食べたほうが良いものばかりです。 なお、生理中に食べないほうがよい食品も 書き出しておきます。 甘すぎるチョコレートなどのお菓子は ビタミンBを消費しすぎるので ふだんから食べ過ぎないほうがいいです。 生理中は特に注意しましょう。 チョコレートを食べ過ぎるとイライラしやすくなります。 甘いものを食べたい時は、プルーンを少し食べるといいです。 鉄分補給になります。 冷たい食べ物も、体を冷やすので 生理中は避けたほうがいいです。 加工食品やアルコール、油脂が多い食べ物も 生理痛が悪化しやすいので食べないことです。 食べ物というより、 塩分が多い料理は 控えたほうがいいです。 むくみの原因になります。 食べないほうが良いものも、ふだんから注意したほうがいいものばかりです。 生理に関係なくビタミン、ミネラルが豊富な 野菜をメインにして良質なタンパク質や 脂質、炭水化物など バランスが良い食事がいいです。 基本の食事の注意はこちらをどうぞ。 生理不順や生理痛やPMSの痛みにぴったりなサプリメント 女性のためのサプリメントは、いろいろありますが・・ 月経前症候群(PMS)サポート専用サプリのルナベリーが口コミで人気です。 PMSケアや女性の悩みケアに良いハーブで人気の「 チェストベリー」を40mg配合しています。 他にもイライラや憂鬱を軽減し生理痛を和らげるサポートをすると人気の「 月見草オイル」も含みます。 他にも女性ホルモンのバランスを整えたり、イライラを抑える9種類のハーブなどが入った栄養機能食品のサプリメントがルナベリーです。 ルナベリーについてもっと詳しくは口コミ記事をどうぞ。

次の

生理中ダイエットを成功させる方法!痩せる食事&エクササイズ [女性の健康] All About

生理 中 甘い もの

ダイエットを決意したからには、 やはり間食を控えることが第一です。 そもそも、毎日三食食べていれば、栄養的には十分です。 デスクワークが多い人だと、毎日の摂取カロリーを消費できていない恐れもあります。 従って、間食は足りない栄養素を取り入れるための手段ぐらいに捉えられれば良いのですが、なかなかそうはいきません。 甘いものが大好きな人にとって、これまで食べていたものをいきなり我慢しろというのは難しい話です。 街を歩けばケーキやチョコレートなど美味しいものにあふれています。 それに、 甘いものを食べた方が良いときも実はあるのです。 それゆえ、 食べてはいけないのではなく、食べる量を調整して、うまく自分をコントロールすることが重要になってきます。 生理中は甘いものOK まず、甘いものを食べても 良い時期、それは女性にとっての 生理日中です。 女性の身体はデリケートに出来ていて、生理前などにいらいらしたりするもの。 それを抑えてくれるのが糖分だったりします。 特にいつもと変わりはないのに、無性にイライラしたりする時、甘いものをちょっとつまむだけで幸福感に包まれますよね。 それによって周りの人を傷つけなくてすむ場合もあります。 それに生理期間は、どうしても痩せにくい期間でもあります。 これは自分の身体を守っている生得的な働きでもあるので、この期間に 無理に体重を落とそうとするのはやめましょう。 普段頑張っている自分にご褒美をあげる期間としておけば、甘いものを食べた 罪悪感も減ります。 生理中のホルモンバランス 生理前から、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌が増えることから、体調がすぐれなかったり、肌荒れを起こしやすくします。 また、このプロゲステロンは、脂肪や水分を溜めやすくする作用があるため、ダイエットには悪影響。 そのことからも、生理中では現状維持を務め、卵胞ホルモンであるエストロゲンが分泌される生理後に、 ダイエットを開始することが最適ですね。 生理中の食生活は・・ 生理中では血液が失われてしまうので、十分な栄養補給が重要となりますが、 食べ過ぎ、飲み過ぎには注意が必要です。 また、単品や置き換えダイエットなどは、生理中には身体に負担がかかり過ぎるので避けるようにしましょう。 もちろん、生理中を「ダイエット中断時期」ではなく「現状維持の時期」と考えて、食事制限を軽減する程度、 腹八分目を意識することがオススメです。 そして、生理中、ダイエット中に不足しやすい栄養素である 鉄分の摂取も心がけるようにしましょう。 鉄分を豊富に含む食品では、レバーやしじみ、納豆、卵黄などが挙げられます。 さらに、 鉄分の吸収を高めるビタミンCや、赤血球生成に重要な葉酸の摂取も必要です。 ビタミンCでは、レモンやキウイ、ゴーヤ、ピーマンなど、葉酸では納豆や枝豆、アスパラ、レバーが挙げられます。 上記でも記した様に イライラを抑えてくれる若干の糖質もOKです。 生理中の運動 生理痛も加わって、運動がしづらい時期ではありますが、運動をしてはいけないということはありません。 ハードな運動は避けた方がいいものの、 適度に身体を動かして血液循環を促進し、水分を溜める生理中に起こりやすいむくみなどを効果的に解消していきましょう。 無理に運動をする必要はありませんが、生理痛が緩い時には、柔軟やストレッチ、軽いウォーキングなどを行いたいですね。 そうして、生理が終わってから、また集中ダイエットをスタート! 生理後はホルモンバランスによって体調も良く、身体が痩せやすい状態なので、生理中にあまりできなかった運動量をアップさせたいものですね。 また疲れている時は甘いものOK また、単純にデスクワークなどでは頭を使う仕事が多いので脳が疲れてしまいます。 脳の疲れをとってくれるのもまた糖分です。 疲れたなぁと感じたら、少し甘いものを食べることを自分に許す勇気も大事です。 そして、一番大切なことは、甘いものが食べられないことに対して ストレスを感じない生活をおくることです。 ストレスを感じることで実は太りやすくなってしまったり、甘いものを余計に欲してしまい悪循環にはまってしまいます。 あくまでも自分が楽しいと感じられるようにダイエットすることが成功にもつながります。

次の