自動車保険 等級 上がる。 自動車保険の「等級」とは?等級が上がる・下がる条件と引継ぎについて(CarMe)

自動車保険の等級はどのように決まる?押さえておきたいことと注意点とは

自動車保険 等級 上がる

自動車保険会社はたくさんあるんだ。 同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。 私はこういった人をたちを救いたいんだ! ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それはの 無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ! 運営チームも数名試した結果、 同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。 中には5,0000円以上も安くなった人まで。 同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません! なら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。 電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。 あくまで保険を使った場合のみで、使わなければ毎年1等級上がります。 使った場合、どのタイミングで上がるのでしょうか。 1年無事故なら1等級上がる 自動車保険の等級は、1年無事故なら1等級上がると言われます。 ではどれくらいの事故まで無事故になるのかと思うでしょう。 これについては明確に言えば事故の有無ではなく、保険を使ったか使わずに済ませたかによります。 仮に事故を起こしてしまい、修理費用その他すべて保険を使わずに支払いを済ませたという場合には保険上は1年間無事故という扱いで1等級上がります。 逆に擦り傷程度でも保険で支払えば事故扱いで等級は上がりません。 以下が主なケースです。 車と車の事故で修理費を保険で支払った 3等級ダウン 人身事故で相手の治療費を保険で支払った 3等級ダウン どんな事故でも保険を使わず自費で支払った 1等級アップ 飛び石などでフロントガラスの交換を保険で直した 1等級ダウン 自損事故で車の修理費用を保険で支払った 3等級ダウン などです。 ただし 保険を使ってもカウントされないノーカウント事故などもあるので、知っておくといいでしょう。 スーパーワンポイントちなみに6等級以下だと事故の有無は保険料に関係ありません。 保険会社の等級の割引目安 一覧表 等級 無事故の場合 事故有の場合 1等級 約60%割増 2等級 約30%割増 3等級 約10%割増 4等級 数%割引 5等級 約10%割引 6等級 約20%割引 7等級 約30%割引 約20%割引 8等級 約40%割引 約20%割引 9等級 約40%割引 約20%割引 10等級 約45%割引 約20%割引 11等級 約50%割引 約25%割引 12等級 約50%割引 約30%割引 13等級 約50%割引 約30%割引 14等級 約50%割引 約30%割引 15等級 約50%割引 約30%割引 16等級 約50%割引 約40%割引 17等級 約50%割引 約40%割引 18等級 約50%割引 約40%割引 19等級 約60%割引 約40%割引 20等級 約60%割引 約40%割引 自動車保険 任意保険 の等級が下がる場合 自動車保険の等級は上がるだけでなく下がるケースもあります。 下がる等級は事故の状況によって異なり、 最大で1回の事故で3等級下がってしまいます。 ただ1等級ダウンの事故や事故にカウントされないノーカウント事故もあります。 3等級ダウン事故一覧• 車と車の事故で相手の車の修理費や治療費を保険で支払った• 自損事故で自分の車の修理費を保険で支払った• 自損事故で壁やガードレールなどの物の修繕費用を保険で支払った• 人を轢いてしまい、その治療費を保険で支払った などです。 主に対人賠償保険、対物賠償保険、車両保険を使用した場合に当てはまります。 ただ事故によっては比較的お金がかからずに済むケースもあります。 3等級ダウン事故でも自費で支払えば、等級は下がることはありません。 たいていは3等級ダウン事故は数十万円、数百万円かかることもあるので、保険を使ったほうが安心でしょう。 【2】1等級ダウン事故 事故で保険を使ったとしても1等級ダウンで済む事故もあります。 以下が主な1等級ダウン事故になります。 ノーカウント事故一覧• 人身傷害保険• 搭乗者傷害特約• ファミリーバイク特約• 弁護士特約• ロードサービス特約• 自転車賠償特約• 車内外身の回り品特約 などです。 自動車保険に加入するとさまざまな便利な特約が付いている場合が多いです。 これらはノーカウント事故に相当するものが多く、 上手く使えばとても便利ですのでよく確認しておくといいでしょう。 まとめ 自動車保険の等級は保険料の割引率に大きく関わってきます。 たかが等級がダウンするだけと思って気軽に使ってしまうと、保険料が思った以上に高くなってしまうことも考えられます。 3等級ダウンすればトータルで10万円近く差が出ることもあります。 また事故ありだと同じ等級でも割引率に差が出るので、その点もよく検討したほうがいいでしょう。 また保険を使うにしても1等級ダウン事故やノーカウント事故などもあるので、その点もよく知っておかないといけません。 万が一の時に備える自動車保険ですが、やはり大きな出費であることは間違いありません。 少しでも安く済ませるためには等級が下がらないように安全運転を心がけましょう。 また等級は保険会社を変えても継続するので保険会社選びで安くする方法も考えるといいでしょう。

次の

自動車保険の等級とは?上がると保険料がどれくらい安くなる?

自動車保険 等級 上がる

自動車保険は、一般的に、リスク(事故を起こす確率)の低いドライバーほど保険料が安く、逆にリスクの高いドライバーほど保険料が高くなるように設定されています。 リスクに応じた保険料にするための仕組みのひとつとして、自動車保険加入後の事故歴などによるランク(ノンフリート等級。 以下「等級」)を設け、等級に応じた割増引率を保険料に適用しています。 これを「ノンフリート等級別料率制度」といいます。 ここでは、保険を使った場合、等級にどのような影響が生じるかについて、解説します。 保険会社に事故の報告をした時点で、次年度の契約の等級が下がってしまうの ? 保険会社に事故の連絡をしただけでは等級への影響はありません。 保険会社の担当者に事故解決についてご相談いただき、最終的に保険を使うことが決まった場合に、次年度契約の等級に影響が生じることになります。 ただし、以下で解説する「ノーカウント事故」の場合は次年度契約の等級への影響はありません。 【1 等級ダウン事故の例】 「車両保険事故」と「車内身の回り品特約に関する事故」のいずれか一方のみもしくは双方の事故のみで、かつ、ご契約のお車が以下の原因により損害を被った場合。 すべての1等級ダウン事故については、以下画像でご確認ください。 (画像をクリックすると拡大します。 ) 【ノーカウント事故の例】 次のいずれかのみに該当する事故、あるいは、以下の組合せのみの事故の場合。 すべてのノーカウント事故については、以下画像でご確認ください。 (画像をクリックすると拡大します。 ご加入の保険会社によって異なる可能性があります。 詳しくはご加入の保険会社にお問合せください。 事故にあったときは・・・ 事故にあったときは、まずはご加入の保険会社へご連絡ください。 事故報告後、事故解決が進み損害額が確定した段階などに、保険を使った場合の次年度以降の等級や保険料への影響を確認し、保険を使うか使わないか、どちらがお客様にとってメリットがあるかをよく検討ください。 その上で最終的に保険を使うかどうかを決めると良いでしょう。

次の

自動車保険の等級とは?等級が上がる・下がる条件と保険料の違い|中古車なら【グーネット】

自動車保険 等級 上がる

自動車保険料について気になっている人は多いと思いますが、支払保険料を安くすることのみを考えることは、自動車保険を検討する上で決して正しい考え方とはいえません。 もちろん支払保険料を安くしたいと考えることも大切なのですが、逆の発想で自動車保険料が高くなる理由を知ることも極めて大切なことだと考えます。 どのような場合に保険料が高くなるのか、そして保険料が高くならないようにするためにはどのようなことに注意しなければならないのか。 保険料を安くする方法を知るためには、保険料が高くなる方法も知っておかなければなりません。 今回は、この自動車保険料が高くなる理由についてわかりやすく解説していきたいと思います。 まずは本当に今の条件で保険料が今以上に安くならないのか 保険料を複数社分出してから、この記事を読み進めてくださいませ。 ただいまキャンペーン中• 自動車保険料はこんな理由で高くなる ここからは自動車保険料が高くなる理由を解説していきます。 ここでは保険料の上昇の多少に関わらず紹介していきたいと思います。 自動車保険を使う 前項でも解説しましたように、自動車保険を使う(自動車保険金を保険会社に請求する)ことは「保険事故」の扱いとなるため、翌年度からの自動車保険料は高くなる原因になります。 自動車保険の保険料はさまざまな要素によって決定されますが、その中の1つに「等級」があります。 この等級は1等級から20等級に分けられており、20等級が最高等級になります。 そして、該当する等級によって自動車保険料が異なるといった仕組みになっています。 等級については同サイト内で詳しく解説している記事がありますので、そちらを参考にしてもらえればと考えますが、本記事において必要な等級の解説を以下に記述します。 保険金請求を1年間しなかった場合、翌年度からは「1等級」アップする• 保険金請求をした場合、翌年度からは「3等級」ダウンする• 最高等級は20等級でそれ以上の等級アップはなし=20等級のままとなる 参考 について 自動車保険を使うことは3等級(事故の状況によっては1等級)ダウンすることに繋がりますので、結果として等級が下がった分、自動車保険料が増加することになります。 ゴールド免許ではなくなる 事故や違反などの履歴が付された場合にはゴールド免許ではなくなってしまいます。 自動車保険料においてゴールド免許割引はほとんどの保険会社で採用していることを踏まえますと、ブルー免許への格下げは自動車保険料が高くなる原因になります。 補償される範囲が拡大する 40代・50代のドライバーのみなさんが特に多いのですが、子どもが新たに自動車免許を取得したことによって、既加入の自動車保険で補償されるように契約を変更する場合は保険料が高くなります。 初心者ドライバーで事故を起こしやすいといった予測は誰でも想像がつくと考えますが、従来よりも自動車保険料が大幅にアップするのが一般的です。 子どもの免許取得があらかじめ予測される場合には、以後の自動車の使用を共有にするのか、自動車保険は新規で加入するのか、等級を引き継がせるのかなど考えておくことが大切です。 自動車事故の多い車種に乗る 代表的な自動車としては「スポーツカー」といったスピードが出る自動車は自動車保険料が他の車種に比べて高い傾向にあります。 また、昨今(平成28年3月)では保険新聞などでは事故を起こしていない優良ドライバーであったとしても事故率の高い自動車を保有しているといった理由で自動車保険料が上がる可能性が浮上しています。 個別の車種名を出すのは控えたいと考えますが、人気の車種や売れている車種に乗っているだけで自動車保険料が高くなることは十分あり得ます。 (参考:) 3. 等級据置事故=1等級ダウンってどういうこと? 自動車運転歴が長いドライバーのみなさんは「等級据置事故」といった意味をよく理解されていると思います。 等級据置事故とは、偶然起こってしまった事故のことをいい、代表的な事故内容と現行の等級扱いは以下の通りです。 事故内容 等級扱い 火災 左記が原因の事故で保険金請求をした場合は翌年度から1等級ダウンする 爆発 飛び石 落書き 台風 高潮 洪水 盗難 私自身も自動車運転歴が長いドライバーのみなさんと同じ感覚なのですが、上記のような偶然に発生した事故において保険を利用した場合、以前は等級が下がることはありませんでした。 しかしながら、現行では自分にいっさい非がないとしても保険事故として扱われ1等級下がる取り扱いになっています。 百歩譲って台風や洪水などの自然災害については、あらかじめ自動車を被害に遭わないと考えられる場所へ移動するといった対策を取ることもできるかもしれませんが、飛び石をはじめ、落書きや盗難など第三者による被害は避けようがありません。 万が一、このような事故に運悪く遭遇してしまった場合には、被害の程度を確認しながら保険の使用についてよく考える必要があると思われます。 自動車保険料が高くなるその他の理由 上でご紹介した5つのほかにも、自動車保険が高くなる理由はいくつかあります。 いずれも、契約内容になんらかの変更があった場合です。 ここでは、契約途中で保険料が上がってしまう時に考えられる理由を挙げてみます。 走行距離が前年より増えた 最近人気のダイレクト型自動車保険は、走行距離区分が導入されているものがほとんどです。 「保険料は走った分だけ」の宣伝文句でおなじみのように、年間に走る距離が少ないほど保険料が安く抑えられるようになっています。 それは逆にいうと、走行距離が多い場合は保険料が高くなるということです。 走行距離区分のある自動車保険には、過去1年間に走った距離で保険料を算出する「実績型」のところと、これから1年間に走る距離を予想する「予測型」を採用するところの2種類ありますが、前者の場合は次回の更新時、後者の場合は予想した走行距離を上回りそうになった時に保険会社に申告する必要があります。 もし虚偽の申告をすると、万が一事故を起こした場合に補償を受けられなくなることもありますので、走行距離は正直に申告しましょう。 車の使用目的が変わった 自動車保険料は、車の使用目的によっても変わります。 高い順にならべると、「業務>通勤・通学>日常・レジャー」です。 保険にもよりますが、日常・レジャーと業務使用では、年間2万円ちかく保険料が違うこともあります。 もし契約途中で使用目的が変わった場合は、すみやかに連絡を入れることが大切です。 もし変更によって保険料が上がることになったら、差額の支払いが必要になります。 ちなみに、ほとんどの自動車保険では、業務と通勤・通学は「年間を通して平均月15日以上」の利用が条件となっています。 ですから、もし車を仕事や通勤・通学に使うことがあっても、月15日未満であれば日常・レジャーに設定してOKです。 また、家族による送迎が通勤・通学にあたる保険会社もあれば、あたらない保険会社もありますので、念のため確認してみてください。 車を使用する都道府県が変わった(引っ越し・転勤など) 意外と知られていないのですが、自動車保険料は車をおもに使用する地域(都道府県)によっても違います。 一般的には、事故率の多い都道府県ほど保険料は高めです。 このように地域によって適用される保険料率のことを、「地域別料率」といいます。 そのため、もし契約途中に引っ越しや転勤をして車の使用エリアが変わった場合は、保険会社に申告しなければいけません。 いずれにしても住所変更の手続きは必要ですから、ほとんどの場合は自動的に保険料の調整が行なわれます。 もし地域別料率の高い都道府県に移った場合は、保険料を追加徴収されることになるはずです。 付帯する特約や保険金額を増やした場合 当たり前のことではありますが、契約途中で特約(オプション)を追加したり、車両保険の保険金額を上げたりした場合は保険料が高くなります。 車の使用状況はその時その時によって変わりますので、もし必要と思われる特約があれば、そのつど追加することは大切です。 逆に、必要のない特約はつけないことが節約につながりますので、契約内容は定期的に見直すことをおすすめします。 まとめ 今回は、自動車保険料が高くなる5つの理由を解説しました。 以下へ5つの理由を再度まとめて紹介します。 高くなる内容 高くなる理由 自動車保険を使う 自動車等級が3等級ダウンするため ゴールド免許ではなくなる ゴールド免許割引が不適用になるため 補償される範囲が拡大する 初心者ドライバーなど補償される年齢に幅が生じてしまうため 自動車事故の多い車種に乗る スポーツカーなど事故率の高い自動車は保険会社で保険料を割高に設定している傾向があるため 等級据置事故で保険を使う 等級据置事故で保険を使用した場合は1等級ダウンするため 上記まとめの中でも「自動車保険を使う」こと「補償される範囲が拡大する」ことは自動車保険料が特に高くなる要因です。 自動車保険料を考えるときは、自動車保険料を安くする方法と自動車保険料が高くなる理由を一緒に考えるようにしたいものです。 また、走行距離の増加や車の使用目的の変更など、途中で契約内容が何かしら変わった場合にも保険料が上がることがあります。 保険料を安くする簡単な方法!.

次の