ポツン と 一軒家 福岡。 ポツンと一軒家 高知県鏡吉原&福岡150年前に開墾した土地の母の遺産

「ポツンと一軒家」で紹介される宮崎の一軒家はどこ?その場所が判明!(2020年2月16日放送)|Zakiine!!

ポツン と 一軒家 福岡

衛星写真を拡大すると見えてくる、 山奥にポツンと建つ一軒家に スポットを当てる番組。 広範囲に切り拓かれている 近くには川が 衛星写真で見つけた福岡県の ポツンと一軒家を目指し 最寄りの集落から捜索を開始。 集落に到着。 軽トラックの奥で何か 作業されているお 母さん発見。 畑の草取り中だったお 母さんに 衛星写真を見て貰うと、 ポツンと一軒家を知っていた。 ところが、住んでいる人の名前や 詳しいことなどはわからなかったが、 山道を車で3,40分位走った所にある 情報を得た。 捜索再開 教えて貰った仁王門を通った後に 3つに分かれた道の中の山に 入っていく道を進む。 すると 捜索隊は道がメチャメチャ キレイな事に気付く。 電柱に熊手が置いてあり、 道を奇麗に!と書いてある。 キレイに掃除された道をさらに 山の奥に走っていくと、 掃除されている方発見。 この人こそ ポツンと一軒家の 主 ヨシダタダヒラさん72歳 捜索隊がのぼってきたキレイな山道は、 ヨシダさんが役場から生コンを 支給してもらい、 息子さんに手伝って もらいながら、10年前に自分たちで 舗装しているという。 ほとんど自分たちしか通らない道だが、 ヨシダさんは仕事の前など、毎朝 掃除をしている。 道にあった熊手は、掃除して擦れた あまり使えなくなった熊手を何ヶ所 かに置いて、 誰か通れない時に パッパッと払えるようにしてある。 主に家を見せてもらえる事になり、 ポツンと一軒家へ! Sponsored Links 今から18年前、 ヨシダさんが 55歳の時に山の谷間3,000坪を購入。 買った時は全て木で覆われ、 完全に山の中だったが、 ヨシダさん夫婦と 長男夫婦 4人で協力し、1から切り拓いた。 ここに家を建てるには、まず 最初に山の斜面を平らにする 必要があった。 そこで山を削り、地中から出てきた岩を 積み上げて川沿いに石垣を築き、 土を盛って平らな土地を造成。 重機を使ったその作業を 仲間にも手伝ってもらい、 1か月半で終わらせたという。 元々、福岡市内で制御店と割烹料理店を 営む家に4人兄妹の三男として生まれ育った ヨシダさん。 博多駅前のホテルの1階で 居酒屋を経営していた ヨシダさんは、 早朝から深夜まで23年間無休で働いた。 55歳で閉店し、大好きな自然の中で のんびりと生活をする事を決意し、 夢を実現するために自力で山を 開拓して自宅も建築した。 Sponsored Links 築15年の一軒家、棟上げ以外は 親子4人で建築したが、全員 建築経験のない素人で、 工期4ヵ月で完成させた。 現在は、 奥さんと二人暮らし。 家の中を見せて頂く。 リビングから出られるウッドデッキから 眺める景色は ヨシダさんのお気に入り。 奥さんによると、ここに来た時は 電気も水道もない山の中だったが、 みんなで開拓して大変だったけど、 毎日ピクニック行ってるみたいな 感じだったそうだ。 ヨシダさん夫婦が結婚したのは、 タダヒラさんが20歳、 奥さんが21歳。 それから30年以上、 奥さんは休みなく 働く 夫の姿をずっと側で見ていた。 だからこそ突然、田舎暮らしを 告げられても何も言わずに 夫を 信じてついてきた。 この人と一緒に居たら幸せ という 奥さん。 元々、料理人だった ヨシダさんは、 自ら調理や片づけをする。 居酒屋を辞めてからは、 造園の仕事を習い、麓の町で 植木の選定の仕事を行う。 だが、山の暮らしを楽しむのが 最優先の ヨシダさん。 バーベキューコンロやピザ窯、 燻製窯に陶芸窯など、用途別に 4つの窯を手造りされている。 窯小屋の一段上には八朔の木、 その脇には養蜂。 ネットの中にはカブトムシを 育てている。 命に関わる重大な危機も 体験したという ヨシダさん。 山に来て3年~4年位に、 心筋梗塞をしていた。 心肺停止し、1回死んでいる。 以来、生き方や考え方が 変わったと話す。 勝手に良い方に結び付ける。 どっちを取るかで人間、 幸せになるか・不幸になるか。 ハッピーにしていかな、 せっかく生きてるんだから! 無駄に生きちゃいかん。 Sponsored Links.

次の

テレ朝POST » 「ポツンと一軒家」に“異様なほど”キレイな山道が!捜索隊も驚くばかり

ポツン と 一軒家 福岡

衛星写真を拡大すると見えてくる、 山奥にポツンと建つ一軒家に スポットを当てる番組。 広範囲に切り拓かれている 近くには川が 衛星写真で見つけた福岡県の ポツンと一軒家を目指し 最寄りの集落から捜索を開始。 集落に到着。 軽トラックの奥で何か 作業されているお 母さん発見。 畑の草取り中だったお 母さんに 衛星写真を見て貰うと、 ポツンと一軒家を知っていた。 ところが、住んでいる人の名前や 詳しいことなどはわからなかったが、 山道を車で3,40分位走った所にある 情報を得た。 捜索再開 教えて貰った仁王門を通った後に 3つに分かれた道の中の山に 入っていく道を進む。 すると 捜索隊は道がメチャメチャ キレイな事に気付く。 電柱に熊手が置いてあり、 道を奇麗に!と書いてある。 キレイに掃除された道をさらに 山の奥に走っていくと、 掃除されている方発見。 この人こそ ポツンと一軒家の 主 ヨシダタダヒラさん72歳 捜索隊がのぼってきたキレイな山道は、 ヨシダさんが役場から生コンを 支給してもらい、 息子さんに手伝って もらいながら、10年前に自分たちで 舗装しているという。 ほとんど自分たちしか通らない道だが、 ヨシダさんは仕事の前など、毎朝 掃除をしている。 道にあった熊手は、掃除して擦れた あまり使えなくなった熊手を何ヶ所 かに置いて、 誰か通れない時に パッパッと払えるようにしてある。 主に家を見せてもらえる事になり、 ポツンと一軒家へ! Sponsored Links 今から18年前、 ヨシダさんが 55歳の時に山の谷間3,000坪を購入。 買った時は全て木で覆われ、 完全に山の中だったが、 ヨシダさん夫婦と 長男夫婦 4人で協力し、1から切り拓いた。 ここに家を建てるには、まず 最初に山の斜面を平らにする 必要があった。 そこで山を削り、地中から出てきた岩を 積み上げて川沿いに石垣を築き、 土を盛って平らな土地を造成。 重機を使ったその作業を 仲間にも手伝ってもらい、 1か月半で終わらせたという。 元々、福岡市内で制御店と割烹料理店を 営む家に4人兄妹の三男として生まれ育った ヨシダさん。 博多駅前のホテルの1階で 居酒屋を経営していた ヨシダさんは、 早朝から深夜まで23年間無休で働いた。 55歳で閉店し、大好きな自然の中で のんびりと生活をする事を決意し、 夢を実現するために自力で山を 開拓して自宅も建築した。 Sponsored Links 築15年の一軒家、棟上げ以外は 親子4人で建築したが、全員 建築経験のない素人で、 工期4ヵ月で完成させた。 現在は、 奥さんと二人暮らし。 家の中を見せて頂く。 リビングから出られるウッドデッキから 眺める景色は ヨシダさんのお気に入り。 奥さんによると、ここに来た時は 電気も水道もない山の中だったが、 みんなで開拓して大変だったけど、 毎日ピクニック行ってるみたいな 感じだったそうだ。 ヨシダさん夫婦が結婚したのは、 タダヒラさんが20歳、 奥さんが21歳。 それから30年以上、 奥さんは休みなく 働く 夫の姿をずっと側で見ていた。 だからこそ突然、田舎暮らしを 告げられても何も言わずに 夫を 信じてついてきた。 この人と一緒に居たら幸せ という 奥さん。 元々、料理人だった ヨシダさんは、 自ら調理や片づけをする。 居酒屋を辞めてからは、 造園の仕事を習い、麓の町で 植木の選定の仕事を行う。 だが、山の暮らしを楽しむのが 最優先の ヨシダさん。 バーベキューコンロやピザ窯、 燻製窯に陶芸窯など、用途別に 4つの窯を手造りされている。 窯小屋の一段上には八朔の木、 その脇には養蜂。 ネットの中にはカブトムシを 育てている。 命に関わる重大な危機も 体験したという ヨシダさん。 山に来て3年~4年位に、 心筋梗塞をしていた。 心肺停止し、1回死んでいる。 以来、生き方や考え方が 変わったと話す。 勝手に良い方に結び付ける。 どっちを取るかで人間、 幸せになるか・不幸になるか。 ハッピーにしていかな、 せっかく生きてるんだから! 無駄に生きちゃいかん。 Sponsored Links.

次の

ポツンと一軒家三重県度会郡南伊勢町と福岡県”人生をかけた開拓物語”

ポツン と 一軒家 福岡

日本各地の人里離れた一軒家で暮らす人を追うバラエティー番組「ポツンと一軒家」(ABC・テレビ朝日系、日曜午後7時58分)。 3月15日の放送は、三重県と福岡県にある一軒家を捜索する。 三重県では、巨大ソーラーパネル施設のある集落から捜索を開始。 地元に詳しい人に話を聞くと、大きな庭を造る年配の男性が住んでいて、男性が亡くなった後は家族が家の管理をしているという。 地元の人の案内で一軒家に到着すると、そこにはきれいに整備された遊歩道があり東屋も建っている。 まるで庭園のような敷地に建っていた一軒家とは……。 福岡県では、佐賀県境近くで一軒家を発見。 最寄りの集落で話を聞くと、その場所から30~40分ほどの場所に、一軒家はあるという。 一見すると道だと分からないような暗くて細い脇道を進むと、路面に葉っぱ一枚落ちていない、異様なほどにキレイな山道にたどり着く。 その道の先で見つけた一軒家には……。 番組は、所ジョージさんがMCを、林修さんが「パネラー」を務める。 今回のゲストは秋野暢子さんと成田凌さん。

次の