ウェディングドレス 30代。 大人花嫁さま必見!30代のウェディングドレスの似合う選び方

40代、大人女性におすすめのウエディングドレスの選び方・着こなし [ウエディングドレス] All About

ウェディングドレス 30代

最近では婚姻年齢の上昇とともに、30代・40代の花嫁も増えてきました。 そんな彼女たちに、いわゆる"アラフォー""大人婚"の結婚式準備について話を聞いてみると、一番の悩みどころがウエディングドレス選び。 「ドレスは憧れているけど、ちょっぴり恥ずかしい」「身体のラインが崩れてきて、ドレスを着こなす自信がない」なんて声も。 そこで今回も、ドレス選びのエキスパート・兼島裕美さんに、30代・40代の大人花嫁だからこそ似合うウエディングドレス選びのポイントについてレクチャーしていただきました。 憧れをそのまま形にしたウエディングドレスを目の前にすると、気持ちが一気に高まりますよね。 ただ、そのテンションのままで決めてしまうのは要注意! なぜなら、その憧れのドレスが"アラフォー"となったご自身に一番似合っているとは限らないからです。 では、大人婚をする今の自分の魅力を引き出し、自分をよく知る人から見てもしっくりくるウエディングドレスはどのように探したらよいのでしょうか。 まず、アラフォーの花嫁さんがドレス選びを始める前にして欲しいことがあります。 それは自分のチャームポイントを把握することです。 これ、苦手な方多いですよね。 「自分の好きなところなんてひとつもない! ウイークポイントならいくらでも出せるのに...... 」と仰るあなた。 そんなことを言ってしまったら、あなたを好きだと言ってくれる彼が可愛そうですよ。 「肌のキメが細かいと友達に褒められる」「鎖骨がきれいだねと彼が言ってくれた」「実はスイミングで鍛えた背中が自慢」など、友達や彼が褒めてくれることや密かな自分自慢を挙げてみてください。 そして、例えば肌の美しさが自慢であればベアトップなど露出度の高いドレス。 鎖骨が自慢であればデコルテラインが美しいドレス。 背中が自慢ならバックスタイルにこだわったドレス。 このようにして、大人婚ならではの自分の魅力が引き立つデザインからお気に入りの一着を見つけていくのもドレス選びのポイントです。 これは決してウイークポイントではないと、私は思っています。 不自然に隠すよりも堂々と露出したほうがカッコいいものです。 よく海外の高級リゾートで白髪のご年配の方が派手な色のビキニを着てビーチやプールサイドを颯爽と歩いている姿を見かけます。 それを見て違和感を覚えたことは不思議とありません。 むしろ、「オシャレでカッコイイな」と見とれてしまうほど。 でも、そう思わせるには理由があります。 この3点がどなたにも共通しているのです。 そんな「上質」をアラフォーの花嫁さんの大人婚にも上手に取り入れていただきたいと思っています。 例えばドレスのデザイン。 背中や胸もとが開いた露出度の高いインポートのドレスは、実は20代前半の女性よりも断然30代・40代の女性の方が似合います。 20代のハリのある若々しすぎる肌を露出すると、ある意味艶めかしさが強調されてしまいます。 けれど、30代・40代のいい意味で質感が増した肌は、それが"味"となってドレスの緻密なディテールとの一体感が増してくるのです。 それも大人婚ならではの魅力といえるでしょう。 また、"本物"を身につけるという点。 特にパールやダイヤなど、アクセサリーに使われるものは小さくても本物を選びましょう。 本物を見抜き、上質なものに価値があることを知ることこそ、大人になるというもの。 ウエディングドレスに使われるシルクもピンからキリまであります。 上質なシルクの輝きや肌触りはどういうものなのか。 高価なレースは何が違うのか。 いいものをキチンと見極める審美眼を30代・40代の大人婚の花嫁さんにはぜひ磨いてほしいと思います。 たとえシワやシミのある肌でも、ツヤと透明感があれば顔色が明るく華やかになります。 普段からスキンケアは怠らず、かさつきが目立つひじなどは特にボディクリームをまめに塗りましょう。 手入れの行き届いた手もとやきちんと整えられたヘアスタイルは、清潔感のある上品さの証しでもあります。 アラフォーの花嫁なら、メイクやヘアスタイルで若作りを狙うよりも、透明感や清潔感を重視した方がゲストからの好感度が上がることは間違いありません。 「どうせウエディングドレスに隠れてしまう」といってレンタルで済ませてしまう方も多いのですが、ヨーロッパにはこんな言い伝えがあるんですよ。 「良い靴を履きなさい。 なぜなら、良い靴は履き主を良い場所へ連れていってくれるから」。 素敵な言葉だと思いませんか? 結婚式という一日のために用意した、上質な靴を履き、新たな人生を歩み出す。 その後の幸せな人生が約束されるような気分になります。 この、「良い靴を」という話も含め、皆さんにお伝えしたことは、ぜひご新郎にもそのまま伝えて頂きたいです。 安さや手軽さを求めるのではなく、大人の花婿としてふさわしいのは自分だけの本物を見つけること。 衣装も自分の体型にピタリとあったスーツを結婚式のためにオーダーしてみてはいかがでしょうか。 それは自分のスリーサイズ。 ブラのカップやS・M・Lといった大まかなサイズではなく、ランジェリーショップで専門スタッフにメジャーできちんとサイズを測ってもらってください。 ドレスショップでそのサイズを伝えることで、身体にフィットし、その体型に合ったドレスを出してくれるからです。 どんなにデザインが気に入っても、サイズが合っていなければ颯爽と歩くこともままなりません。 きちんと着こなし、立ち姿も歩く姿も美しいものにするには、自分のサイズに合ったウエディングドレスを選ぶ。 大人婚だけでなく、ドレス選びにおいてこれは鉄則です。 これはぜひ、ご自身が一緒に行ってテンションが上がる人を選んでください。 これまでに大勢の花嫁さんのサポートをしてきましたが、30代・40代の大人花嫁さんほど周囲に気を遣い、自分の本心を言えずじまいという方が多いのが私の印象です。 自分の母親、彼のお母さま、お手伝いを買って出てくれた先輩、あるいは彼本人......。 さまざまな人がドレスショップの同行に名乗りを挙げることがあります。 大人婚だからといって、必要以上に気を遣わず、せめて、最初の下見は自分が一緒にいてリラックスでき、楽しめる人と足を運んでください。 結婚式の準備は、ご自身が楽しむことが大切です。 最初に自分の意見を自由に言え、じっくりと選ぶことができたら、2回目以降は「一緒に行きたい」という人の気持ちも快く汲めるものです。 まずは、自分の心を満たすこと。 それをぜひ、心がけてドレス選びをスタートさせてください。 にもかかわらず、"大人婚"の結婚式だからといって何か特別なことをする必要はまったくありません。 「普段とは違う自分たちを見てもらおう」という発想よりもむしろ、「普段の自分たちの延長線上にある装いや演出とは何か」を考えるほうが、ゲストにとっても納得感の高い結婚式として実を結ぶはずです。 大人の花嫁は、これまで自分の足でしっかりと自分の人生を歩んできた方たちです。 結婚という人生の大きな選択をした今、ウエディングドレスもしっかりとした審美眼で本当に自分に似合う一着を選び、大切な方々にその姿をぜひ披露してください。

次の

30代花嫁に最適なウェディングドレスの選び方って? | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン

ウェディングドレス 30代

自分の身体の良さを引き出すドレスを選ぶ 30代の花嫁がウェディングドレス探しを始める前に、まずしてほしいことが ・自分のチャームポイント ・自分の身体のサイズ をしっかり把握すること。 ドレスを選ぶ際はどうしてもデザインが好みかどうかで選びがち。 でも、ドレスの見た目が良くても花嫁が着こなせていなければ、ゲストは「似合っていない」という印象を受けてしまいます。 自分の魅力が引き立つかどうかもドレス選びでは大切なポイント。 そのために自分のチャームポイントはしっかり把握しておきましょう。 また、ウェディングドレスを美しく着こなすためには「自分の身体に合っている」ことがとても重要。 ウェディングドレスをきちんと着こなすことで、立ち姿も歩く姿も美しいものになり、洗練された身のこなしになりますよ。 デザインだけでなく質にもこだわる 30代の大人花嫁はドレスのデザインだけでなく、「質」にもこだわって品格をアピールしましょう。 パッと見はシンプルなデザインだけど、贅沢な素材が使われているドレスを着こなせば、大人のこなれ感を演出できます。 おすすめのドレス素材は、王道の「シルク」。 張り感があり、その美しい光沢が花嫁姿を優雅で上品に見せてくれること間違いなし。 シルクの中でも最高級と言われている「ミカドシルク」でできたドレスを身にまとえば、花嫁の格がぐっと上がるでしょう。 また、ウェディングドレスに合わせるアクセサリーも上質なものを選ぶとGOOD。 ゲストには見えにくい「ブライダルシューズ」にもこだわって。 新たな人生の門出に、こだわりの上質な靴を履けば・・・ この先の幸せな人生が約束されるような気分になりませんか? 30代花嫁の「ドレスデザイン」の選び方 では、具体的なドレスデザインの選び方について見ていきましょう。 ドレスのシルエットは印象を大きく左右します。 自分の魅力を引き出してくれるドレスのラインを選びましょう。 また、着こなしにメリハリをつけるとこなれ感をアピールできます。 華やかな装飾が施されたデザインなら、ノーネックレスで髪の毛もシンプルにまとめて。 逆にドレス自体の装飾は最低限にして、その分アクセサリーを豪華にするなども素敵です。 では30代花嫁におすすめのドレスシルエットを見ていきましょう。 大人っぽさが出るマーメイドライン 「マーメイドライン」は、ひざ下あたりまで身体にぴったりとフィットし、スカートの裾が人魚のように広がったデザイン。 大人花嫁にぴったりの優雅な女性らしさが最大の魅力です。 30代だからこそスタイリッシュに着こなせるでしょう。 ただ、ボディラインがはっきりと出るので、あまり身体のラインを出したくないという人は、Aラインのドレスがおすすめです。 スタイル重視ならAライン 「Aライン」は、上半身から裾に向かって斜めに広がっていくシルエットで、アルファベットの「A」のように見えることが名前の由来。 上半身はコンパクトで下半身にボリュームがあるので、どんな体型の花嫁でもすらりと美しく見せてくれます。 シンプルなAラインドレスは流行に左右されず、タイムレスな魅力を放ちます。 他にも、スカートにふくらみがなくシンプルなデザインの「スレンダーランイン」や、胸下切り替えの「エンパイアライン」もおすすめです。 ウェディングドレスのシルエットデザインについては、次の記事で詳しく取り上げているので参考にしてみてください。 デコルテは出してすっきり見えを狙う 30代に入ると、デコルテや肩を大胆に露出することに抵抗が出てくるかもしれませんね。 ただ、露出を控えているほうが、逆に年齢を感じさせてしまうことも。 さらにデコルテだけでなく、二の腕や背中も生地で覆ってしまうと、女性らしさを出しにくくなってしまいます。 デコルテ、二の腕、背中のいずれか一つは露出することをおすすめします。 デコルテは年齢を重ねても出しやすく、出すことによって女性らしさがグッと上がります。 おすすめなのは、「ビスチェタイプ」のものや「オフショルダー」。 ビスチェの胸元がハート型にカットされた「ハートカット」は、丸みのあるラインが首元をすっきりと見せてくれます。 「オフショルダー」は両肩が出るほど大きく開いたデザインで、ネックラインを綺麗に見せることができます。 ビスチェタイプよりは露出が抑えられるので、上品なイメージになります。 ウェディングドレスのデコルテデザインについて詳しくはこちらの記事で取り上げています。 あり?なし?スリーブデザインはどうする? 上半身に悩みがあまりない人は、スリーブがないものや露出の多いスリーブデザインがおすすめ。 特に「ボートネック」などのネックラインでデコルテを覆うなら、スリーブラインは露出タイプを選びましょう。 「ロングスリーブ」など袖のあるデザインは、腕の露出が少なくなる分、少し大人っぽく見えます。 また、二の腕をすべて覆うことで重たい雰囲気になりがちに・・・。 スリーブで二の腕をカバーするよりも、グローブを長めにして、スリーブは短めのものを選ぶのがおすすめです。 もしくはレース素材でできている長袖を選ぶと良いでしょう。 レースからチラッと見える肌が大人の色気を醸し出し、見た目も軽やかになりますよ。 背中は見せたほうが若々しい印象に 背中はふだん自分で確認することができないので、年齢にかかわらず露出するのに抵抗がありますよね・・・。 ただ、大人っぽいドレスデザインを選ぶなら、背中は見せて若々しさとのバランスをとるのがおすすめ。 後ろに大きなモチーフの付いたデザインを選べば、ワンポイントになり視線を逸らすことができます。 もしくは挙式では長め丈のベールで背中を隠し、披露宴では少し髪を下したタイプのヘアアレンジで隠すといいでしょう。 まとめ デザインを選ぶときは、自分の魅力を引き出してくれるものにすると良いでしょう。 洗練された身のこなしができるよう、ドレスサイズはボディラインに沿ったものを。 デザインだけでなく質にもこだわるのが30代花嫁のたしなみです。 ウェディングドレスの素材だけでなくアクセサリーやブライダルシューズなども上質なものを選ぶと、格がグッと上がります。 30代花嫁におすすめのドレスラインは、次の4つ。 ・マーメイドライン ・Aライン ・スレンダーライン ・エンパイアライン 露出を控えるより、デコルテ、二の腕、背中のどこか一つは出したほうが、女性らしさが上がりますよ。 大人花嫁の魅力を最大限に引き出せるぴったりなウェディングドレスを選んでくださいね。

次の

30代花嫁がもっと輝く!スタイリスト 室井由美子さんPresents 【ノバレーゼ10のウエディングドレス VOL. 1】|@BAILA|おしゃれ感度の高い30代に向けてファッション、ビューティ、ライフスタイル、結婚、恋愛等のリアルを届けるサイト

ウェディングドレス 30代

20代はどんなドレスラインでもある程度、着こなすことが出来る 20代は年齢によるハンデが限りなく少なく、どんなドレスラインもある程度着こなせます。 しかし20代前半女性だったり新郎よりもかなり年下であるなど、相手方親族にどう見せるかを気にする必要がある女性が多いのでは? 例えば20代向けのデコレーションが派手目なドレスで、いかにもキュートなドレスは20代の新婦にしか映えないもの。 しかし新郎が40代など年上の場合、まるで親子のように見えてしまう場合があります。 また新郎家や新婦家が「若すぎる結婚」と認識している場合は、その気持ちに拍車をかけてしまったり・・・。 「プリンセスライン」や「ベルライン」、露出多めの派手なドレスは若さを前面に出せますが、あまりにアピールするドレスは親族ウケも良くないとの理解を! 40代女性のドレス選びで大切なのは「透明感」と「清潔感」 40代女性の場合は、肌の露出などで若さを見せびらかすのは逆に下品になります。 参加するゲストは新郎新婦の年齢を知っている人ばかりですから、下手に若作りをするのは意味がありません。 40代で大切なのは「透明感」と「清潔感」です。 例えば、オフホワイトの色合いはあまりベージュが濃いものを選ばないようにしましょう。 清潔感を演出するには、できればホワイトが強い色合いのドレスが良いでしょう。 また、透明感を出す為にも、シミやシワなどの体の欠点は、「隠す」ことが重要です。 加えて、ドレスで全て隠すことよりもベールやアイテムを上手に取り入れて、上級なドレスの着こなしが必要となります。 会場に合わせるのが30代女性のたしなみ! 30代女性は、ウエディングドレスをチャペル・披露宴会場の雰囲気に合わせて総合的にコーディネートを。 例えば、本格的なチャペルで天上高が高く、バージンロードの長いチャペルで挙式をする場合、ドレスの丈が短いと残念すぎます。 小さ目のモダンカジュアルな挙式会場で、デザインがエレガントスタイルだと、会場の雰囲気と合いません。 さらに披露宴会場が高級ホテルのメインホールで天上高が高く、巨大なシャンデリアもある場合は会場に負けないようにしなければなりません。 スレンダーラインやマーメイドラインなど自分を細く小さく見せるデザインのドレスでは自分が小さく見えてしまうので、スポットライトを浴びても会場に負けてしまいます。 このように、挙式・披露宴の会場にも合わせてドレスを選ばなければ、非常にアンバランスになり、30代女性の場合はそれが致命傷となります。

次の