自縛少年花子くんキスシーン。 【地縛少年花子くん】最新話62話ネタバレ!脅しにもいろいろある

【地縛少年花子くん】最新話62話ネタバレ!脅しにもいろいろある

自縛少年花子くんキスシーン

楽しい時間は束の間、六番に葵が誘拐されて…と寧々が回想するところから始まります。 そして寧々は今、「 花子くんの!ところに!行ーくーのー!」と必死に茜の手を引っ張りながら懇願していました。 いやだと断られ、手がすっぽ抜けてしまい、後ろにこけてしまう寧々。 葵の場所なら花子くんに訊くのが一番だと言い張る寧々ですが、茜は 「八尋さんが頼りたいなら止めないよ。 七番様のこと大好きだもんね」 と言うと、 「だっ」と驚く寧々。 ですが茜は、 「でも僕はあいつのこと信用してないから」 「八尋さんのためならともかくアオちゃんを助けるためだけに七番様が動くとは思えない」 といって、一人で葵を探しに行こうとします。 寧々は、また茜の腕をつかみ、「 だから一人は危ないからダメ!」とかたくなに茜を止めます。 茜がうっとおしがっていると、 着物の女の子が宙に浮きながら通りすぎていきました。 よくわからぬ言葉を言いながら、葵が落としたカゴを拾っていく少女。 二人が「誰だ?」と少女を見ていると、少女は「 あの子のところまで連れていってあげる」と言うとスウ…と奥のほうへ消えてしまいました。 二人は茫然として顔を見つめますが、寧々がすぐに少女の後を追い、寧々の後を茜が追います。 すると、 いつの間にかエレベーターの中にいて、カゴだけが落ちていました。 旧校舎にはこんなものなかったと言う茜はすぐに戻ろうとするも、エレベーターは勝手に下へ動き出してしまいます。 到着するとそこには大量のぬいぐるみと大きなぬいぐるみが。 大きなぬいぐるみはよく日本語ではない言葉を話し、おじぎをすると、エレベーターに乗って下へ行ってしまいました。 終始状況がつかめず固まる二人。 とりあえず下へ向かうことに。 次に止まった階層には、首のない少女やピエロなどがいて、急に襲ってきました。 二人は急いで扉を閉めて、さらに下へ向かいます。 「疲れた」「だまされた」などと話していると、「八尋さんのせいだから」と茜にじろりと睨まれる寧々。 寧々は誤った後、 前にもこんなことがあったことを思い出します。 その時は 花子くんから連絡があった時でした。 茜がこんなことしてる場合じゃないと焦っていると、エレベーターについたマイクのようなものから 花子くんの声が。 「 今度はそんなところで何やってるの?ヤシロ」と訊かれ、嬉しそうな表情になる寧々。 「状況は把握している」「そのことで会議していた」ことを話し、茜が質問を投げかけると、「 ナイショ」とごまかされてしまいます。 そして 「そこは世界の狭間。 どこにでも行けるけどどこでもない場所」 「ヤシロも行ったことがあるからわかるでしょ?」 「うかつに行動するとどこでもない場所をさまよう羽目になっちゃうよ」 と言います。 寧々は「そっか…」と落ち込むような表情をすると、花子くんに 「このエレベーターで葵のところにも行けるってこと?」 と訊きます。 花子くんは「多分できなくもないけど」と言うと、茜は「エレベーター操作できるんですか?」と訊き「 俺がそっちに行けばできるかも」と言います。 ですが、寧々はここに来てくれれば…と言うも、断れてしまいます。 花子くんは、「 ヤシロは今人助けなんてしてる場合じゃ…」と言いかけると、 「一番が俺の言うことなんでも一つ聞いてくれるならそっちに行って手伝ってあげる」 と笑顔で言います。 何を企んでいるのかを茜が訊くも、花子くんはごまかし、「俺は花子さんだからね。 対価と引き換えなら願い事は叶えてあげるよ。 どうする一番。 俺にお願いする?」とにやにやしながら訊きます。 すると急に笑い出し、「状況ちゃんと理解してしゃべってます?」と言う茜。 「 こっちには人質がいるって意味ですよ」と言うと、寧々を掴みます。 寧々は驚いたように茜の名前を呼ぶと「合わせて」と寧々にささやきます。 花子くんは少し驚くも、すぐに冷静に戻って「俺を脅す気?無駄だよ」と言います。 ですが、スピーカーの向こうからは「 え…やだ茜くん、そんなこと」と寧々のよからぬ声が。 その声を聞いてポーカーフェイスがなくなり驚く花子くん。 茜は「 脅しにもいろいろあるんですよ。 七番様」と言うと、 寧々にキスをしようとします。 花子くんがぞっとした表情になっていると、寧々が「 いやー!花子くん!」と悲鳴を上げます。 すると、 二人の間に花子くんが。 二人の口を手で押さえ、寧々を茜から引きはがす花子くん。 花子くんは赤面しながら「 …ひきょーだ」と茜に言うと、「 なんとでも」と舌をだして言い返す茜。 そして茜が花子くんの襟をつかみ、「 さぁ合流も済んだ。 あの怪異のところまで案内してもらいますよ。 七番様」というところで終わります。 Sponsored Link 最新話・最新刊を無料で読む方法!• 文章ではなく、『絵』で続きが読みたい!• 無料で漫画が読みたい! そんなあなたには、無料期間に600円分のポイントがもらえる『 』がおすすめです!• 31日間の無料キャンペーン!• 無料期間に600円分のポイント付与• アニメや映画の見放題が充実! 31日間の無料お試し期間があり、その際にもらえる600円分のポイントで電子書籍を楽しむことができます。 これにより、 普通に漫画を書店で買うよりも圧倒的にお得に漫画を購入することができるんです! また 動画の見放題もかなり充実しており「 ないエンタメがない」というキャッチフレーズも過言ではありません。 そのため電子書籍やアニメなどの動画を楽しむのに、U-NEXTは本当にオススメのサービスです。 登録も解約も簡単ですし、 無料期間に解約しても違約金は一切かかりません。 U-NEXTでは、毎月1200ポイントもらえ、登録後すぐにポイントを利用できます。 とにかく漫画を安く、たくさん読みたいならかなりお得ですよ! ただし、ポイントを利用した分は適用されません。 あくまでも、『 課金した料金分』に対するポイント還元システムです。 また、 見放題の動画が多いので、アニメやドラマ、映画も楽しめるのも嬉しいポイント。 そのため、 毎月最大1300ポイント分のサービスを楽しむことが可能です。 (無料期間も同様) すぐにはポイントを利用できませんが、月額料金以上のポイントがもらえるのは大きなポイントです。 セールやまとめ買いキャンペーンなどもあり、安く購入できるのも嬉しいポイントです。 jpの無料期間中は• 全てのサービスに利用できる「 600ポイント」• 動画に使える「1000ポイント」 が付与されます。 音楽が購入できるのが最大のポイントです。 また、音楽や漫画などの作品のレビューをすると、1件につき30ポイント。 毎月50回までできるので、 最大1500ポイントをもらうことができます。 公式サイトからの登録だと無料のお試し期間が利用できない場合があります。 無料期間を利用する際は、こちらの 『特設ページ』から必ず登録したください。

次の

【地縛少年花子くん】最新話62話ネタバレ!脅しにもいろいろある

自縛少年花子くんキスシーン

楽しい時間は束の間、六番に葵が誘拐されて…と寧々が回想するところから始まります。 そして寧々は今、「 花子くんの!ところに!行ーくーのー!」と必死に茜の手を引っ張りながら懇願していました。 いやだと断られ、手がすっぽ抜けてしまい、後ろにこけてしまう寧々。 葵の場所なら花子くんに訊くのが一番だと言い張る寧々ですが、茜は 「八尋さんが頼りたいなら止めないよ。 七番様のこと大好きだもんね」 と言うと、 「だっ」と驚く寧々。 ですが茜は、 「でも僕はあいつのこと信用してないから」 「八尋さんのためならともかくアオちゃんを助けるためだけに七番様が動くとは思えない」 といって、一人で葵を探しに行こうとします。 寧々は、また茜の腕をつかみ、「 だから一人は危ないからダメ!」とかたくなに茜を止めます。 茜がうっとおしがっていると、 着物の女の子が宙に浮きながら通りすぎていきました。 よくわからぬ言葉を言いながら、葵が落としたカゴを拾っていく少女。 二人が「誰だ?」と少女を見ていると、少女は「 あの子のところまで連れていってあげる」と言うとスウ…と奥のほうへ消えてしまいました。 二人は茫然として顔を見つめますが、寧々がすぐに少女の後を追い、寧々の後を茜が追います。 すると、 いつの間にかエレベーターの中にいて、カゴだけが落ちていました。 旧校舎にはこんなものなかったと言う茜はすぐに戻ろうとするも、エレベーターは勝手に下へ動き出してしまいます。 到着するとそこには大量のぬいぐるみと大きなぬいぐるみが。 大きなぬいぐるみはよく日本語ではない言葉を話し、おじぎをすると、エレベーターに乗って下へ行ってしまいました。 終始状況がつかめず固まる二人。 とりあえず下へ向かうことに。 次に止まった階層には、首のない少女やピエロなどがいて、急に襲ってきました。 二人は急いで扉を閉めて、さらに下へ向かいます。 「疲れた」「だまされた」などと話していると、「八尋さんのせいだから」と茜にじろりと睨まれる寧々。 寧々は誤った後、 前にもこんなことがあったことを思い出します。 その時は 花子くんから連絡があった時でした。 茜がこんなことしてる場合じゃないと焦っていると、エレベーターについたマイクのようなものから 花子くんの声が。 「 今度はそんなところで何やってるの?ヤシロ」と訊かれ、嬉しそうな表情になる寧々。 「状況は把握している」「そのことで会議していた」ことを話し、茜が質問を投げかけると、「 ナイショ」とごまかされてしまいます。 そして 「そこは世界の狭間。 どこにでも行けるけどどこでもない場所」 「ヤシロも行ったことがあるからわかるでしょ?」 「うかつに行動するとどこでもない場所をさまよう羽目になっちゃうよ」 と言います。 寧々は「そっか…」と落ち込むような表情をすると、花子くんに 「このエレベーターで葵のところにも行けるってこと?」 と訊きます。 花子くんは「多分できなくもないけど」と言うと、茜は「エレベーター操作できるんですか?」と訊き「 俺がそっちに行けばできるかも」と言います。 ですが、寧々はここに来てくれれば…と言うも、断れてしまいます。 花子くんは、「 ヤシロは今人助けなんてしてる場合じゃ…」と言いかけると、 「一番が俺の言うことなんでも一つ聞いてくれるならそっちに行って手伝ってあげる」 と笑顔で言います。 何を企んでいるのかを茜が訊くも、花子くんはごまかし、「俺は花子さんだからね。 対価と引き換えなら願い事は叶えてあげるよ。 どうする一番。 俺にお願いする?」とにやにやしながら訊きます。 すると急に笑い出し、「状況ちゃんと理解してしゃべってます?」と言う茜。 「 こっちには人質がいるって意味ですよ」と言うと、寧々を掴みます。 寧々は驚いたように茜の名前を呼ぶと「合わせて」と寧々にささやきます。 花子くんは少し驚くも、すぐに冷静に戻って「俺を脅す気?無駄だよ」と言います。 ですが、スピーカーの向こうからは「 え…やだ茜くん、そんなこと」と寧々のよからぬ声が。 その声を聞いてポーカーフェイスがなくなり驚く花子くん。 茜は「 脅しにもいろいろあるんですよ。 七番様」と言うと、 寧々にキスをしようとします。 花子くんがぞっとした表情になっていると、寧々が「 いやー!花子くん!」と悲鳴を上げます。 すると、 二人の間に花子くんが。 二人の口を手で押さえ、寧々を茜から引きはがす花子くん。 花子くんは赤面しながら「 …ひきょーだ」と茜に言うと、「 なんとでも」と舌をだして言い返す茜。 そして茜が花子くんの襟をつかみ、「 さぁ合流も済んだ。 あの怪異のところまで案内してもらいますよ。 七番様」というところで終わります。 Sponsored Link 最新話・最新刊を無料で読む方法!• 文章ではなく、『絵』で続きが読みたい!• 無料で漫画が読みたい! そんなあなたには、無料期間に600円分のポイントがもらえる『 』がおすすめです!• 31日間の無料キャンペーン!• 無料期間に600円分のポイント付与• アニメや映画の見放題が充実! 31日間の無料お試し期間があり、その際にもらえる600円分のポイントで電子書籍を楽しむことができます。 これにより、 普通に漫画を書店で買うよりも圧倒的にお得に漫画を購入することができるんです! また 動画の見放題もかなり充実しており「 ないエンタメがない」というキャッチフレーズも過言ではありません。 そのため電子書籍やアニメなどの動画を楽しむのに、U-NEXTは本当にオススメのサービスです。 登録も解約も簡単ですし、 無料期間に解約しても違約金は一切かかりません。 U-NEXTでは、毎月1200ポイントもらえ、登録後すぐにポイントを利用できます。 とにかく漫画を安く、たくさん読みたいならかなりお得ですよ! ただし、ポイントを利用した分は適用されません。 あくまでも、『 課金した料金分』に対するポイント還元システムです。 また、 見放題の動画が多いので、アニメやドラマ、映画も楽しめるのも嬉しいポイント。 そのため、 毎月最大1300ポイント分のサービスを楽しむことが可能です。 (無料期間も同様) すぐにはポイントを利用できませんが、月額料金以上のポイントがもらえるのは大きなポイントです。 セールやまとめ買いキャンペーンなどもあり、安く購入できるのも嬉しいポイントです。 jpの無料期間中は• 全てのサービスに利用できる「 600ポイント」• 動画に使える「1000ポイント」 が付与されます。 音楽が購入できるのが最大のポイントです。 また、音楽や漫画などの作品のレビューをすると、1件につき30ポイント。 毎月50回までできるので、 最大1500ポイントをもらうことができます。 公式サイトからの登録だと無料のお試し期間が利用できない場合があります。 無料期間を利用する際は、こちらの 『特設ページ』から必ず登録したください。

次の

【あらすじ】『地縛少年花子くん』29話(6巻)【感想】

自縛少年花子くんキスシーン

楽しい時間は束の間、六番に葵が誘拐されて…と寧々が回想するところから始まります。 そして寧々は今、「 花子くんの!ところに!行ーくーのー!」と必死に茜の手を引っ張りながら懇願していました。 いやだと断られ、手がすっぽ抜けてしまい、後ろにこけてしまう寧々。 葵の場所なら花子くんに訊くのが一番だと言い張る寧々ですが、茜は 「八尋さんが頼りたいなら止めないよ。 七番様のこと大好きだもんね」 と言うと、 「だっ」と驚く寧々。 ですが茜は、 「でも僕はあいつのこと信用してないから」 「八尋さんのためならともかくアオちゃんを助けるためだけに七番様が動くとは思えない」 といって、一人で葵を探しに行こうとします。 寧々は、また茜の腕をつかみ、「 だから一人は危ないからダメ!」とかたくなに茜を止めます。 茜がうっとおしがっていると、 着物の女の子が宙に浮きながら通りすぎていきました。 よくわからぬ言葉を言いながら、葵が落としたカゴを拾っていく少女。 二人が「誰だ?」と少女を見ていると、少女は「 あの子のところまで連れていってあげる」と言うとスウ…と奥のほうへ消えてしまいました。 二人は茫然として顔を見つめますが、寧々がすぐに少女の後を追い、寧々の後を茜が追います。 すると、 いつの間にかエレベーターの中にいて、カゴだけが落ちていました。 旧校舎にはこんなものなかったと言う茜はすぐに戻ろうとするも、エレベーターは勝手に下へ動き出してしまいます。 到着するとそこには大量のぬいぐるみと大きなぬいぐるみが。 大きなぬいぐるみはよく日本語ではない言葉を話し、おじぎをすると、エレベーターに乗って下へ行ってしまいました。 終始状況がつかめず固まる二人。 とりあえず下へ向かうことに。 次に止まった階層には、首のない少女やピエロなどがいて、急に襲ってきました。 二人は急いで扉を閉めて、さらに下へ向かいます。 「疲れた」「だまされた」などと話していると、「八尋さんのせいだから」と茜にじろりと睨まれる寧々。 寧々は誤った後、 前にもこんなことがあったことを思い出します。 その時は 花子くんから連絡があった時でした。 茜がこんなことしてる場合じゃないと焦っていると、エレベーターについたマイクのようなものから 花子くんの声が。 「 今度はそんなところで何やってるの?ヤシロ」と訊かれ、嬉しそうな表情になる寧々。 「状況は把握している」「そのことで会議していた」ことを話し、茜が質問を投げかけると、「 ナイショ」とごまかされてしまいます。 そして 「そこは世界の狭間。 どこにでも行けるけどどこでもない場所」 「ヤシロも行ったことがあるからわかるでしょ?」 「うかつに行動するとどこでもない場所をさまよう羽目になっちゃうよ」 と言います。 寧々は「そっか…」と落ち込むような表情をすると、花子くんに 「このエレベーターで葵のところにも行けるってこと?」 と訊きます。 花子くんは「多分できなくもないけど」と言うと、茜は「エレベーター操作できるんですか?」と訊き「 俺がそっちに行けばできるかも」と言います。 ですが、寧々はここに来てくれれば…と言うも、断れてしまいます。 花子くんは、「 ヤシロは今人助けなんてしてる場合じゃ…」と言いかけると、 「一番が俺の言うことなんでも一つ聞いてくれるならそっちに行って手伝ってあげる」 と笑顔で言います。 何を企んでいるのかを茜が訊くも、花子くんはごまかし、「俺は花子さんだからね。 対価と引き換えなら願い事は叶えてあげるよ。 どうする一番。 俺にお願いする?」とにやにやしながら訊きます。 すると急に笑い出し、「状況ちゃんと理解してしゃべってます?」と言う茜。 「 こっちには人質がいるって意味ですよ」と言うと、寧々を掴みます。 寧々は驚いたように茜の名前を呼ぶと「合わせて」と寧々にささやきます。 花子くんは少し驚くも、すぐに冷静に戻って「俺を脅す気?無駄だよ」と言います。 ですが、スピーカーの向こうからは「 え…やだ茜くん、そんなこと」と寧々のよからぬ声が。 その声を聞いてポーカーフェイスがなくなり驚く花子くん。 茜は「 脅しにもいろいろあるんですよ。 七番様」と言うと、 寧々にキスをしようとします。 花子くんがぞっとした表情になっていると、寧々が「 いやー!花子くん!」と悲鳴を上げます。 すると、 二人の間に花子くんが。 二人の口を手で押さえ、寧々を茜から引きはがす花子くん。 花子くんは赤面しながら「 …ひきょーだ」と茜に言うと、「 なんとでも」と舌をだして言い返す茜。 そして茜が花子くんの襟をつかみ、「 さぁ合流も済んだ。 あの怪異のところまで案内してもらいますよ。 七番様」というところで終わります。 Sponsored Link 最新話・最新刊を無料で読む方法!• 文章ではなく、『絵』で続きが読みたい!• 無料で漫画が読みたい! そんなあなたには、無料期間に600円分のポイントがもらえる『 』がおすすめです!• 31日間の無料キャンペーン!• 無料期間に600円分のポイント付与• アニメや映画の見放題が充実! 31日間の無料お試し期間があり、その際にもらえる600円分のポイントで電子書籍を楽しむことができます。 これにより、 普通に漫画を書店で買うよりも圧倒的にお得に漫画を購入することができるんです! また 動画の見放題もかなり充実しており「 ないエンタメがない」というキャッチフレーズも過言ではありません。 そのため電子書籍やアニメなどの動画を楽しむのに、U-NEXTは本当にオススメのサービスです。 登録も解約も簡単ですし、 無料期間に解約しても違約金は一切かかりません。 U-NEXTでは、毎月1200ポイントもらえ、登録後すぐにポイントを利用できます。 とにかく漫画を安く、たくさん読みたいならかなりお得ですよ! ただし、ポイントを利用した分は適用されません。 あくまでも、『 課金した料金分』に対するポイント還元システムです。 また、 見放題の動画が多いので、アニメやドラマ、映画も楽しめるのも嬉しいポイント。 そのため、 毎月最大1300ポイント分のサービスを楽しむことが可能です。 (無料期間も同様) すぐにはポイントを利用できませんが、月額料金以上のポイントがもらえるのは大きなポイントです。 セールやまとめ買いキャンペーンなどもあり、安く購入できるのも嬉しいポイントです。 jpの無料期間中は• 全てのサービスに利用できる「 600ポイント」• 動画に使える「1000ポイント」 が付与されます。 音楽が購入できるのが最大のポイントです。 また、音楽や漫画などの作品のレビューをすると、1件につき30ポイント。 毎月50回までできるので、 最大1500ポイントをもらうことができます。 公式サイトからの登録だと無料のお試し期間が利用できない場合があります。 無料期間を利用する際は、こちらの 『特設ページ』から必ず登録したください。

次の