血液 クレンジング 芸能人。 血液クレンジングって? 「がんや老化を防ぐ」は本当か:朝日新聞デジタル

【トンデモ医療】血液クレンジングを宣伝していた芸能人、著名人、元締めの医師のリスト。

血液 クレンジング 芸能人

『血液クレンジング』という耳慣れない療法が突如ネットでトレンドワード入り。 名称そのままに、血液を1度採取し、きれいにクレンジングしてから体内へ戻すと疲労回復や免疫機能を改善する効果がある、と推奨するクリニックは主張。 《大阪も楽しかったし血液クレンジングで元気でござる》(市川海老蔵のブログより) 《血液クレンジングもあるというので、疲れていたのでやってみた この容器に血が吸い上げられ、オゾンを混ぜて身体に戻す、のです。 僕にはとても効いたようで。。。 》(高橋克典のブログより) 《血液クレンジングとニンニク注射したからバッチリね! 》(ISSAのツイッターより) 『血液クレンジング』という健康法が、突如としてネットをにぎわせている。 前出に加え、仲里依紗や高橋みなみ、田中律子などもSNSでこの療法を拡散している。 過去には'12年に亡くなった森光子さんも愛好者だったという。 血液クレンジングとはいったい何なのか。 こちらを商標登録しているという、東京都中央区にある『医療法人財団健康院』のホームページを見ると、 《医療用オゾンを血液に混ぜて反応させる点滴です。 抗酸化力の向上・血液の流れの改善・免疫力のアップなどの効果が期待でき、身体がもつ本来の力を高めます》 具体的には、 《100〜150ccの血液を採血》 《医療用オゾンを混ぜて酸素を含んだ血液を、点滴で体内に戻します》 という施術。 料金は初回特別価格で1万1000円。 次回からは1回につき2万5000円ほど。 月に1〜2回の施術をすすめている。 その他のクリニックも同程度の料金で、このくらいが相場のようだ。 「血液クレンジングを拡散していたタレントも多かったため、否定意見も多く飛び交い、炎上状態になりました。 ISSAさんや田中律子さんは、施術を受けたことをアップしていた投稿内容を削除していましたね」(スポーツ紙記者) 医学的な見地から、血液クレンジングはどのようなものなのか。 「欧米では150年以上前から知られている方法ですね」 そう話すのは、新潟大学名誉教授で、医療統計の第一人者と呼ばれる医学博士の岡田正彦先生。 欧米ではかなり昔から、例えば関節の中に菌が入った人に直接オゾンを注射して入れたり、虫歯の治療に使うといった施術がありました。 患部に直接入れる方法と点滴で入れる方法、そしてもうひとつが血液を取り出してオゾンを濃縮したものを入れて、また戻す方法。 この3種類が昔からありますね」 岡田先生によると、血液クレンジング(オゾンセラピー)に関する研究論文は数多くあるという。 たくさん研究されているということは、安全? 「論文というのは、しっかりと比較研究がなされたものでなければ信用されません。 対象者を均等に2つに分け、一方には何もしない。 一方には、血液クレンジングをする。 それで短期的に効果があったか、長期的に見て副作用はなかったかを調べるといった、公平に分析したうえで論文を発表するのがまっとうなやり方です。 ところが、オゾンセラピーに関して、そういったしっかりとした調査をもとに書かれた論文は1つもない」(岡田先生、以下同) 「細胞を殺す」恐れが 研究とともに、欧米でも日本同様、血液クレンジングの施術は現在でもあるが、 「医療行為において、権威ある組織のトップは、FDAというアメリカ食品医薬品局です。 日本でいうと厚生労働省で、ここが認めた治療法は、だいたい世界中が安心して使えます。 FDAはオゾンセラピーを認可していません。 しっかりした形での比較研究をやらないとデータの信憑性はありませんから、役所は認可しません。 「よいものでも悪いものでも、比較試験がないので、科学的には判断できない、とは言えます。 しかし、血液を取り出して、オゾンを加えて元に戻す方法は、極めて危険だと思います。 酸素原子が3つついた『O3』がオゾンになります。 私自身も過酸化物質を研究してきましたが、やはりリスクがある。 酸素というのは空気中に20%程度ありますが、ちょうどそれくらいが限度であって、それ以上増えると人間の細胞は傷んでしまいます。 酸素は多すぎると人体には有害であり、それを逆手にとって菌を殺すために使われています。 さらにオゾンは、そのものが人体にとっては有害なんですね。 その理由は細胞を殺してしまうからです」 人間の血液には、白血球という外部や体内の菌や炎症から身体を守る細胞がある。 「白血球は、活性酸素を作って菌などを攻撃します。 オゾンも同じで活性化された酸素で菌を殺しているんですね。 その意味でオゾンは絶対悪ではない。 だから効果が表れる場合もあるようですが、それをどの程度使えばいいのかという量は、ものすごく微妙なもの。 薬も過ぎれば毒になりますが、その調整はほぼ不可能で、白血球にしかできない。 毒としてしか働いていないのではないかと思います」 現段階では危険 今後の可能性は? 今後、有用な療法になる可能性はあるのだろうか。 「先のことは誰にも言えませんが、理論的にはありえない。 殺菌作用があるので、ある一面を見れば効果があるかもしれない。 しかし、オゾンが有害である以上、ほかの面への悪影響から逃れられない。 現在では、さまざまな治療に抗生物質が使われています。 健康な細胞は傷めずに、悪い菌のみ殺すことができるようになっているわけです。 長い年月をかけて研究されてきた抗生物質ですら副作用があります。 それでも、効果のほうが大きいから使われているのです。 リスクが大きいにもかかわらず、過去の方法を無理して使おうとすることは、理解できませんね」 血液クレンジングを商標登録している前出の健康院に取材を依頼すると、 「当院は、貴社の取材をお受けする公的な立場にはないので、申し訳ありませんが血液クレンジング(オゾン療法)のご質問につきましては、所属学会である日本酸化療法医学会にお問い合わせいただけますでしょうか」 と返答があった。 そこで日本酸化療法医学会、および同医学会会長が所属する『東海渡井クリニック』に取材を申し込んだが、コメントを提出する旨は伝えられたが、期日までに送られてこなかった。 かの徳川家康は水銀を薬として飲んでいたという。 外部サイト.

次の

血液クレンジング体験談@ダイアモンドクリニック|美容医療の体験と効果・口コミ

血液 クレンジング 芸能人

高須幹弥先生の血液クレンジングへの見解は• まず、全くのインチキではない。 血液とオゾンが接触して過酸化水素などの活性酸素が発生すると血小板に作用し酸素運搬量が増えたりで血行が良くなったりする。 血液へのオゾンを混ぜる作用は様々な実験で認められている。 健康ではない人への治療に使う分には効果があるヨーロッパでは流行していてB型肝炎やHIVのウイルス増殖を抑えるとされ、虚血性疾患の保険適用もある。 (国が認めてるということ) アトピー性皮膚炎、糖尿病治療にも使用されている。 癌治療の 保管療法に使用(免疫力をあげて再発を抑えるので) 直接癌を叩いて治療するものではない。 実際美容目的で「効果があった!」という声が実際多いのは「プラシーボ効果」もかなり多い。 血液クレンジングを高須クリニックで取り入れない理由 血液クレンジング(オゾン療法)が全くのインチキではなく少なからずの効果はあると認めているものの高須幹弥先生が「高須クリニックでは取り入れないし自分も受けない」という理由とはどんなものがあるのでしょうか。 健康な人がわざわざするほどのことではない。 血液クレンジングで得られる効果は医療行為を受けなくても出来る 運動や半身浴、適度な筋トレや森林浴、睡眠やテレビを見て笑うなど 針を刺すという 医療行為なので感染症や気分不快などのリスクはつきもの。 それをしてまでやるほどの効果ではないとしつつも、 提供する側のクリニックと受ける側の患者がお互いリスクや金額に納得していて、正しいやり方で正しい量でするなら悪いことではないという考えだそうです。 芸能人はお金を払っているどころか宣伝の為に無料かもしくは謝礼を受けている場合がありますが、実際に一般人が血液クレンジングを受けようと思うとかなり高額。 ふと検索して当たったクリニックだけでも初回12000円でその後1回20000円。 「月に1、2回は健康体だからこそ続けましょう」とうたっています。 ここまで高額なお金を出しても自宅なので無料で自分で出来る程度の効果しかないなら、かなりお金に余裕がある人の選択肢な気がしてきますね。 血液クレンジング(オゾン療法)で死亡事故 血液を採取して混ぜて戻すという医療行為にはリスクが少なからず伴います。 感染症や気分不快など… それ以上に死亡事故が起きている例があります。 血液クレンジングを推奨するクリニックのホームページなんかでは「ヨーロッパでは流行している。 アメリカやアジアにも広がってきている最先端の〜」などと書いていますが高須幹弥先生の説明によるとこれは嘘ということになります。 ヨーロッパで流行している血液クレンジングは治療行為においてのこと。 また、アメリカではほとんど行われてなくその理由は過去に 死亡事故が起きているからです。 「 血液クレンジングで死亡事故」と聞くと一気に怖くなりますが 日本で行われている血液クレンジングと当時の方法は違い、血管に直接オゾンを注入するものだったそう。 これにより死亡事故が起きているので「オゾン療法」自体が危険と見なされたりしたこともあるそうで、こういった経緯からアメリカではほとんど行われていません。 血液クレンジングがインチキという声 一般の方から自称医療従事者まで様々な人が「血液クレンジング(オゾン療法)はインチキだという主張をしている人も多くいます。 どんな意見が出ているのでしょうか• 深呼吸の方が効果がある• 静脈の血が濃くてオゾンを混ぜて赤くなるのは普通のこと! =健康になる訳ではない• 血液クレンジングは腎臓がやってくれる• 偽物医学 高須幹弥先生によると、美容医療の半分程はインチキか過大広告(根拠がないか微塵)ではあるものの、「血液クレンジング(オゾン療法)」に関してはSNSでボロカスに言われる程「インチキではない」そうです。 まとめ 血液クレンジング(オゾン療法)についての高須クリニック(高須幹弥先生)の見解をまとめてきました。 (参照:) 「インチキではない、エビデンスはある」としながらも自分で出来る程度の効果しか得られないことにリスクと高額なお金を払うものとは、まさにお金のある芸能人のすることなのかなあ…という印象を受けました。 もし受けたい、興味がある方は正しい医療機関でよく説明を受けてあまり思い込みすぎずに受けた方が良さそうです。

次の

芸能人が拡散する「血液クレンジング」に批判殺到 「ニセ医学」「誇大宣伝」指摘も(BuzzFeed Japan)

血液 クレンジング 芸能人

10月からネットを通じた口コミマーケティングに関する話題が続いている。 10月28日、吉本興業所属の漫才コンビ「ミキ」がツイートした内容が、京都市からお金が支払われているにも関わらず、広告であることを明記していない、いわゆるステマ(ステルスマーケティング)ツイートではないかと京都新聞が告発し、大きな騒動に発展した。 「血液クレンジング」も大きな話題になった。 10月16日、「血液クレンジングなる謎美容をお勧めされた」という一連のツイートが話題になり、翌17日に高須クリニックの高須克弥院長が「意味ねえよ。 おまじないだよ」とばっさり。 さらにバイラルメディアのBuzzFeedが、血液クレンジングを行っているクリニックの一部が多数の著名人を使った広報活動を行っていることについて、ステルスマーケティングの疑いがあると報じ、事態は一気に加速した。 血液クレンジングを推奨するような情報発信をしていたとして名前が挙がったのは、市川海老蔵さん、高橋みなみさん、ISSAさん、仲里依紗さん、鈴木紗理奈さん、城咲仁さんなど。 とりわけブログで46回も繰り返し紹介していたエッセイストのはぁちゅうさんは、ステマ疑惑をかけられてブログを閉鎖し、その後も火消しに腐心している。 こうした著名人によるステマ問題は根深く、以前から繰り返し問題になっていた。 どれも情報の非対称性、つまり著名人の地位を利用した営業と見なされがちだが、実際にはそれだけではない。 こうした著名人による口コミの実態は多様だ。 トンデモ医療を無意識に推薦してしまう心理 血液クレンジングは、採取した血液に医療用オゾンを混ぜて攪拌(かくはん)し、血液をきれいにしてから点滴で戻すというもの。 静脈血は暗褐色をしているが、ヘモグロビンに酸素が結合すると鮮紅色になる。 この様子を被験者に見せ、「血液がきれいになった」と説明していた。 しかし、静脈血に酸素を混ぜれば赤くなることは、ごく当たり前の自然現象だ。 そこに何らかの治癒や健康増進効果をもたらす意味はない。 ところが、血液クレンジングを行っているクリニックの説明を見ると、あきらかにおかしいと思われる記述が並ぶ。 「オゾン化された血液は、酸素を多くふくみ、抗酸化力が高い血液となります。 その血液を再び体内に戻すことで、赤血球の酸素運動能力を向上させ、白血球の免疫力を高め、さらに血小板の凝固作用を抑制し、血液をサラサラの状態にします。 治療時間は20〜30分程度で、自然治癒力を強化、抗酸化力の向上、細胞が活性化することを目的としています」 他のクリニックの説明でも「オゾン化した血液」といったフレーズが散見される 「オゾン化した血液」や「白血球の免疫力を高める」など、怪しい言葉が散見される。 血液がオゾン化とは、どういう状態なのか想像もできない。 抗酸化作用から話を膨らませ、癌などにも効果があると書いている場合さえある。 免疫はシステムであって、癌は免疫システムから逃れてしまう異常な細胞が発現する免疫不全の病気。 抗酸化作用で免疫力を……の下りは表現として極めて怪しい。 凝固作用を抑制することがどのような結果をもたらすのか、落ち着いて考えれば理解できるはずだ。 いずれにせよ、こうしたキャッチコピーを掲載しているサイトが信用できないことは確かだ。 しかし、通常の医療機関では扱ってもらえないような症状に悩み、自由診療(自費治療)のクリニックへと足を向ける人もいる。 そして、思い込みや勘違いだったとしても「効果がある」と思えば、他人に勧めることもあるだろう。

次の