マイル旅行券 荷物。 マイルで得得 (マイレージプログラム比較サイト+入門ガイド)

デルタ航空特典旅行:マイルで予約:デルタ航空

マイル旅行券 荷物

先日、デルタ航空のマイルで特典航空券を予約したところ、二重予約となり深夜に泣きそうになりました。 同様の被害者を減らすためにも、こちらに記録を残しておくことにします。 デルタ航空のマイルの使い道 既にご存知の方も多いかと思いますが、デルタ航空とアメックスの提携クレジットカードに関して、最近重大な発表がありました。 今後デルタ航空のマイレージプログラム「スカイマイル」におけるメダリオン会員資格(上級会員資格)が自動付帯ではなくなるということで、かなりと改悪となります。 何分年会費の高いカードですから、私はこれを機に自身が所有する「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の解約を決断しました。 ただ、それなりにマイルが貯まっていますから、せっかくなら上級会員のうちにマイルを消費してしまおうと考えたのです。 デルタ航空のマイルの使い道としては、基本的には以下の3つです。 通常の特典航空券• スカイマーク国内線特典航空券• JTB国内旅行券 1つ目はごく一般的な特典航空券のことで、デルタ航空及びスカイチーム加盟航空会社の便が利用可能です。 搭乗者は誰でもOKな点が全日本空輸(ANA)や日本航空(JAL)とは大きく異なります。 2つ目なのですが、スカイマークの国内線特典航空券に交換することも可能です。 搭乗者は誰でもOKですし、羽田-千歳や羽田-那覇の往復で20,000マイルと、比較的必要マイル数が低く設定されている点が嬉しいです。 ただ、 予約後の変更やキャンセルは不可となっている点に要注意です。 その他に第3の選択肢として、JTBの国内旅行券に「1マイル=1円、10,000マイル単位」で交換することもできます。 ただ、私が調べた情報によると、 有効期限は申し込み日から6か月間で、申し込みから届くまでに4〜6週間かかるそうですから要注意です。 お得な使い道 私もデルタ航空のマイルをどう消費すべきか迷ったのですが、やはり普通の特典航空券に交換するのが一番だと思います。 他の2つの選択肢は制約が強過ぎますし、国際線の特典航空券として消費すれば、1マイルの価値を1円よりも高くすることが容易です。 国際線の特典航空券に交換する場合、ANAやJAL同様、1年先までの期間の中から日程を選ぶことができます。 搭乗者は本当に誰でもOKで、家族に限らず恋人や友人の分の発券も可能ですから、このメリットをうまく活用するのも賢い使い方と言えるのではないでしょうか。 なお、税金やサーチャージに関しては現金での支払いが必要になります。 予約の変更は150米ドル支払うことによって可能であり、150米ドル支払うことによって予約自体をキャンセルし、全マイルをアカウントに戻してもらうことも可能です。 この「変更するのに150米ドル必要」という点がはっきり言って痛いですね。 ANAなんかだと日程の変更は無料ですからね。 キャンセルに関しても、ANAなら3,000マイルで済むのにデルタ航空だと現金で150米ドルですから、変更及びキャンセルに関しては厳しめのルールになっています。 予約時の注意事項 ここからが今回の本題なのですが、デルタ航空の予約の際には気をつけるべきことがあります。 結論から言ってしまうと、特典航空券はデルタ航空の公式ホームページ上や各種アプリで予約することができるのですが、特に公式サイトのシステムにちょっと問題があるというか、明らかに改善の余地があるのです。 私はスマホのアプリの方では試していないので、以下あくまで公式ホームページ上での予約についてです。 まず、タイムアウトの基準が厳しめなのか、通信回線が遅く読み込みに時間がかかっていると結構簡単にタイムアウトになります。 なので、仏の心で辛抱強く何度もトライしましょう(笑) 次に、予約の過程で「当該予約をキープ」するようなシステムになってはいないようなので、予約手続き中に他の人にその航空券を取られてしまうと、手続きの最終段階、決済のところでエラーが出ることがあります。 あとは、これは笑えない話なのですが、決済が済んで予約完了!と思いきや、エラーっぽい画面が出ることがあります。 正確に言うと、私の場合はエラー表示と共に画面が固まって操作ができない状態になりました。 私はてっきり予約はできていないものと思い、再度予約をし、今度は成功したためマイルの残高をチェックしてみたところ、、、明らかにおかしい。 もしや、、、と思い予約済みの旅程をチェックしてみると、なんと全く同じ予約が2つ! 冗談抜きに眩暈がしました。 2席確保する場合でもさすがにこんな予約の仕方はしないでしょうし、同じ人間が全く同じ旅程で2つの予約をすることなんて本来あり得ないわけです。 体は1つしかないわけですから。 でも、どうやらデルタ航空のシステムにはそういった部分をチェックする機能がないようです。 ということで、予約の最終段階でエラーが出た場合は、すぐに再度の予約に取り掛からず、まずは「本当に予約は完了しなかったのか?」をチェックすることを強くお勧めします。 私のケースのように「絶対にできていないと思ったら実は予約が完了していた」なんてことがあるかもしれません。 トラプル遭遇時の対処法 さて、それでは私のようにトラブった場合にどうすれば良いのか?という話ですが、もちろん直接電話で問い合わせるのが一番です。 予約後すぐならオンラインで予約のキャンセルができるかも、、、と思ってすぐさま試してみたのですが、やはり150米ドルの支払いが必要なようだったので諦めて電話で問い合わせることにしました。 しかしながら、私が今回のトラブルに遭遇したのは22時頃。 デルタ航空のデスクが20時までしか問い合わせを受け付けていないことを知り再度の絶望。 と思いきや、最終的に何とか問い合わせることができたので以下その方法をご紹介します。 まず、デルタ航空の公式ホームページにアクセスします。 右上にある「お問い合せ」を選択。 中央にある「お電話はこちら」を選択。 するとこんな画面が出てきます。 もちろん営業時間内ならこちらの番号にかければ良いわけですが、そうでない場合は「全ての電話番号を表示」を選択してみましょう。 こんな画面が表示されるので、一番下の「各国語によるサポート」を選択。 このような表示に辿り着くはずなので、「日本語」と書いてある下の番号にかければOKです。 韓国語や中国語といった表示もあるので躊躇ってしまうかもしれませんが、かけると真っ先に日本語のアナウンスがあり、オペレーターとはもちろん日本語でコミュニケーションが取れますから全く問題ないはずです。 ANAのデスクなんかと同じで、日本時間の深夜帯はアメリカ側で対応してもらえるわけです。 直接国際電話をかけると通話料が高いので、Skypeなんかを利用することをお勧めします。 国や地域を選ぶところで「アメリカ」を選択し、あとは上の画像に表示されている番号を打ち込むだけです。 実際に電話をかけるとすぐにつながり、二重予約になってしまった旨伝えると、その場ですぐにそのうちの1つをキャンセルしてくれました。 マイルを戻すには少しだけ時間がかかるとのことでしたが、20分か30分後くらいにはしっかり戻っていました。 後日クレジットカードの請求を確認してみたところ、税金及びサーチャージ分がしっかりとマイナス表記で戻されていることが確認でき一安心。 一時はどうなることかと思いましたが、満足いく対応をしてもらえたので良かったです。 まとめ ということで、デルタ航空のマイルを利用した特典航空券予約には若干クセがあるというか、公式ホームページ及びそのシステムに若干不安定な部分がある気がします。 ですから、予約状況なんかをよく確認しつつ、慎重に予約をする必要があるのかなと。 ただ、デルタ航空のカスタマーサービス自体はしっかりしていると思いますので、困った際には躊躇わずに電話をかければよいと思います。 日本の会社ではありませんが、日本語でしっかりとコミュニケーションがとれる体制が整っているようです。 ちなみに、今回私が予約したのは一時帰国用の中国東方航空の北京-東京便。 必要マイル数はエコノミークラスの場合で35,000マイル。 税金及びサーチャージ分で別途15,000円程度かかりました。 ANAのエコノミークラス特典航空券であれば、レギュラーシーズンで20,000マイル。 税金及びサーチャージで大体10,000円くらいですから、やはりデルタ航空のマイル単価はANAのそれに比べるとだいぶ安いですね。 ただ、北京便はビジネス需要が旺盛なせいかシンガポール等のより遠方へのフライトよりもチケットは高いことが多いです。 往復で6万円台後半くらいであることが多いので、1マイルの価値としては「1マイル=1. 5円」くらいでしょうか。 1円よりは高いわけですが、可能であれば、やはり中長距離のビジネスクラス特典航空券として消費するのが一番でしょうね。 スカイチーム所属の中国の民間航空会社である中国東方航空を利用するのは今回が初めてなので、搭乗後には当ブログ上で搭乗レポートをアップしたいなと思っています。 とまあそんなこんなで、兎にも角にも当記事が今後デルタ航空のマイルで特典航空券の予約をされる方の参考になれば幸いです。 superflyer2015.

次の

お問い合わせ窓口

マイル旅行券 荷物

先日、デルタ航空のマイルで特典航空券を予約したところ、二重予約となり深夜に泣きそうになりました。 同様の被害者を減らすためにも、こちらに記録を残しておくことにします。 デルタ航空のマイルの使い道 既にご存知の方も多いかと思いますが、デルタ航空とアメックスの提携クレジットカードに関して、最近重大な発表がありました。 今後デルタ航空のマイレージプログラム「スカイマイル」におけるメダリオン会員資格(上級会員資格)が自動付帯ではなくなるということで、かなりと改悪となります。 何分年会費の高いカードですから、私はこれを機に自身が所有する「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の解約を決断しました。 ただ、それなりにマイルが貯まっていますから、せっかくなら上級会員のうちにマイルを消費してしまおうと考えたのです。 デルタ航空のマイルの使い道としては、基本的には以下の3つです。 通常の特典航空券• スカイマーク国内線特典航空券• JTB国内旅行券 1つ目はごく一般的な特典航空券のことで、デルタ航空及びスカイチーム加盟航空会社の便が利用可能です。 搭乗者は誰でもOKな点が全日本空輸(ANA)や日本航空(JAL)とは大きく異なります。 2つ目なのですが、スカイマークの国内線特典航空券に交換することも可能です。 搭乗者は誰でもOKですし、羽田-千歳や羽田-那覇の往復で20,000マイルと、比較的必要マイル数が低く設定されている点が嬉しいです。 ただ、 予約後の変更やキャンセルは不可となっている点に要注意です。 その他に第3の選択肢として、JTBの国内旅行券に「1マイル=1円、10,000マイル単位」で交換することもできます。 ただ、私が調べた情報によると、 有効期限は申し込み日から6か月間で、申し込みから届くまでに4〜6週間かかるそうですから要注意です。 お得な使い道 私もデルタ航空のマイルをどう消費すべきか迷ったのですが、やはり普通の特典航空券に交換するのが一番だと思います。 他の2つの選択肢は制約が強過ぎますし、国際線の特典航空券として消費すれば、1マイルの価値を1円よりも高くすることが容易です。 国際線の特典航空券に交換する場合、ANAやJAL同様、1年先までの期間の中から日程を選ぶことができます。 搭乗者は本当に誰でもOKで、家族に限らず恋人や友人の分の発券も可能ですから、このメリットをうまく活用するのも賢い使い方と言えるのではないでしょうか。 なお、税金やサーチャージに関しては現金での支払いが必要になります。 予約の変更は150米ドル支払うことによって可能であり、150米ドル支払うことによって予約自体をキャンセルし、全マイルをアカウントに戻してもらうことも可能です。 この「変更するのに150米ドル必要」という点がはっきり言って痛いですね。 ANAなんかだと日程の変更は無料ですからね。 キャンセルに関しても、ANAなら3,000マイルで済むのにデルタ航空だと現金で150米ドルですから、変更及びキャンセルに関しては厳しめのルールになっています。 予約時の注意事項 ここからが今回の本題なのですが、デルタ航空の予約の際には気をつけるべきことがあります。 結論から言ってしまうと、特典航空券はデルタ航空の公式ホームページ上や各種アプリで予約することができるのですが、特に公式サイトのシステムにちょっと問題があるというか、明らかに改善の余地があるのです。 私はスマホのアプリの方では試していないので、以下あくまで公式ホームページ上での予約についてです。 まず、タイムアウトの基準が厳しめなのか、通信回線が遅く読み込みに時間がかかっていると結構簡単にタイムアウトになります。 なので、仏の心で辛抱強く何度もトライしましょう(笑) 次に、予約の過程で「当該予約をキープ」するようなシステムになってはいないようなので、予約手続き中に他の人にその航空券を取られてしまうと、手続きの最終段階、決済のところでエラーが出ることがあります。 あとは、これは笑えない話なのですが、決済が済んで予約完了!と思いきや、エラーっぽい画面が出ることがあります。 正確に言うと、私の場合はエラー表示と共に画面が固まって操作ができない状態になりました。 私はてっきり予約はできていないものと思い、再度予約をし、今度は成功したためマイルの残高をチェックしてみたところ、、、明らかにおかしい。 もしや、、、と思い予約済みの旅程をチェックしてみると、なんと全く同じ予約が2つ! 冗談抜きに眩暈がしました。 2席確保する場合でもさすがにこんな予約の仕方はしないでしょうし、同じ人間が全く同じ旅程で2つの予約をすることなんて本来あり得ないわけです。 体は1つしかないわけですから。 でも、どうやらデルタ航空のシステムにはそういった部分をチェックする機能がないようです。 ということで、予約の最終段階でエラーが出た場合は、すぐに再度の予約に取り掛からず、まずは「本当に予約は完了しなかったのか?」をチェックすることを強くお勧めします。 私のケースのように「絶対にできていないと思ったら実は予約が完了していた」なんてことがあるかもしれません。 トラプル遭遇時の対処法 さて、それでは私のようにトラブった場合にどうすれば良いのか?という話ですが、もちろん直接電話で問い合わせるのが一番です。 予約後すぐならオンラインで予約のキャンセルができるかも、、、と思ってすぐさま試してみたのですが、やはり150米ドルの支払いが必要なようだったので諦めて電話で問い合わせることにしました。 しかしながら、私が今回のトラブルに遭遇したのは22時頃。 デルタ航空のデスクが20時までしか問い合わせを受け付けていないことを知り再度の絶望。 と思いきや、最終的に何とか問い合わせることができたので以下その方法をご紹介します。 まず、デルタ航空の公式ホームページにアクセスします。 右上にある「お問い合せ」を選択。 中央にある「お電話はこちら」を選択。 するとこんな画面が出てきます。 もちろん営業時間内ならこちらの番号にかければ良いわけですが、そうでない場合は「全ての電話番号を表示」を選択してみましょう。 こんな画面が表示されるので、一番下の「各国語によるサポート」を選択。 このような表示に辿り着くはずなので、「日本語」と書いてある下の番号にかければOKです。 韓国語や中国語といった表示もあるので躊躇ってしまうかもしれませんが、かけると真っ先に日本語のアナウンスがあり、オペレーターとはもちろん日本語でコミュニケーションが取れますから全く問題ないはずです。 ANAのデスクなんかと同じで、日本時間の深夜帯はアメリカ側で対応してもらえるわけです。 直接国際電話をかけると通話料が高いので、Skypeなんかを利用することをお勧めします。 国や地域を選ぶところで「アメリカ」を選択し、あとは上の画像に表示されている番号を打ち込むだけです。 実際に電話をかけるとすぐにつながり、二重予約になってしまった旨伝えると、その場ですぐにそのうちの1つをキャンセルしてくれました。 マイルを戻すには少しだけ時間がかかるとのことでしたが、20分か30分後くらいにはしっかり戻っていました。 後日クレジットカードの請求を確認してみたところ、税金及びサーチャージ分がしっかりとマイナス表記で戻されていることが確認でき一安心。 一時はどうなることかと思いましたが、満足いく対応をしてもらえたので良かったです。 まとめ ということで、デルタ航空のマイルを利用した特典航空券予約には若干クセがあるというか、公式ホームページ及びそのシステムに若干不安定な部分がある気がします。 ですから、予約状況なんかをよく確認しつつ、慎重に予約をする必要があるのかなと。 ただ、デルタ航空のカスタマーサービス自体はしっかりしていると思いますので、困った際には躊躇わずに電話をかければよいと思います。 日本の会社ではありませんが、日本語でしっかりとコミュニケーションがとれる体制が整っているようです。 ちなみに、今回私が予約したのは一時帰国用の中国東方航空の北京-東京便。 必要マイル数はエコノミークラスの場合で35,000マイル。 税金及びサーチャージ分で別途15,000円程度かかりました。 ANAのエコノミークラス特典航空券であれば、レギュラーシーズンで20,000マイル。 税金及びサーチャージで大体10,000円くらいですから、やはりデルタ航空のマイル単価はANAのそれに比べるとだいぶ安いですね。 ただ、北京便はビジネス需要が旺盛なせいかシンガポール等のより遠方へのフライトよりもチケットは高いことが多いです。 往復で6万円台後半くらいであることが多いので、1マイルの価値としては「1マイル=1. 5円」くらいでしょうか。 1円よりは高いわけですが、可能であれば、やはり中長距離のビジネスクラス特典航空券として消費するのが一番でしょうね。 スカイチーム所属の中国の民間航空会社である中国東方航空を利用するのは今回が初めてなので、搭乗後には当ブログ上で搭乗レポートをアップしたいなと思っています。 とまあそんなこんなで、兎にも角にも当記事が今後デルタ航空のマイルで特典航空券の予約をされる方の参考になれば幸いです。 superflyer2015.

次の

『あつまれ どうぶつの森』マイル旅行券を使えば「夢のような島」に行ける!? マイルをつぎこんでレア島に挑戦してみた

マイル旅行券 荷物

個人旅行で事前にしておかなくてはならないこと 個人で海外旅行(ハワイ)を計画する時にすべきことをまずリストアップしたいと思います。 航空券の用意• ホテルの予約• ESTA申請• 移動手段の用意• 通信手段の選択 荷物以外でワタシが考えなくてはならないことはざっとこんな感じです。 一つずつ検討してみます。 1.航空券の用意 まず 航空券の用意が第一です。 ホテルはそこまで急ぎません。 ココではどの航空会社がおトクとか、特典航空券の使い方とか、そういう話ではありません。 ワタシは ステータスを活かすためにJALまたはANAを基本的に選択します。 今年はANAです。 なぜならANAの上級会員ステータス「プラチナ」の本サービス年だからです。 本来はその後もANAを継続利用するつもりではあったのですが、ハワイアン航空との提携やハワイ島直行便の存在などで、 今後はJALを主に使うことになりそうです(でもホノルル空港にできる新しいANAラウンジは超魅力的なんだよなぁ)。 予約は特典航空券発売が始まる1年近く前に 有償で抑えました。 特典航空券に関してはANAは予約開始直後から絶望的で、時間差で始まるJAL特典航空券予約開始まで待ちましたが、希望の時間には取れるわけもなく、早々に敗北宣言です ToT。 しかし特典航空券は取れませんが、 同時期に有償予約をすると座席指定はしたい放題です。 JALやANAの特典航空券発券のルールなどはコチラをご参照ください。 ANAの国際線特典航空券予約の開始は355日前から、 JALは330日前からとなっています。 航空券確保が最も最初にすべきことになります。 2.ホテルの予約 航空券の予約が終われば、 次に考えるのはホテルの予約です。 ただホテルの予約はそこまで急ぐものではありません。 数ヶ月前でも大体予約できます。 直前だってお金に糸目をつけなければ予約できます。 ワタシの場合は ハワイはヒルトン・グランド・バケーションズ(HGVC)での予約なので、一般的なホテル予約のルールとは全く異なり、参考になることはお伝えできそうもありません。 一応、昨年泊まったハワイ島キングスランドの紹介はコチラです。 今回はHGVCのグランドアイランダー(オアフ島)に宿泊予定となっています。 しかし グランドアイランダーのホーム予約(自己所有物件の予約)は金曜日チェックイン、金曜日チェックアウトのルールなんです。 しかし自身の予定としては土曜日チェックイン、土曜日チェックアウトが便利なのです。 なので、最後の金曜日ー土曜日1泊分は別に予約する必要が有りました。 その際に利用したのがアメックスプラチナカード所有者が利用できる「 ファインホテルアンドリゾート」です。 ファインホテルアンドリゾートを利用したヒルトンホテル予約については下記記事をご参照ください。 ホテルの予約は航空券を押さえてから行っています。 3.ESTA(電子渡航認証)申請 ESTA(エスタ)とはアメリカ合衆国にビザ無しで渡航できる旅行者が、その資格を満たしているのか(逆に満たしていないのか)を事前に確認する審査、と言ったらいいのでしょうか? ESTAについては意外に手間がかかったので、別記事にまとめました。 ハワイは日本人の渡航先としては人気でも、マイラーや修行僧達のメジャーな渡航先ではないので意外に忘れがちな項目かもしれません。 思い出した時にやっておきましょう。 4.移動手段の検討・準備 ハワイのオアフ島では(他の島でもそうですが)、 主たる交通手段は「車」になります。 オアフ島では「ホノルル・レール・トランジット」と言う鉄道を建設中ですが、ワイキキ近くまで利用できるようになるのはまだだいぶ先になると思います。 車の種類としては• レンタカー• タクシー、UBER、定額送迎サービス• トロリー• バス などが選択肢としてあげられます。 移動手段についても奥深い項目なので別記事にまとめております。 レンタカーについても直前だと希望の車種がない可能性もあるので、 直前予約は避けたほうが無難です。 ただ実際はオアフ島に関してはレンタカーがなくても何とかなることがほとんどでしょうけど。 上記記事には載せていませんが、JAL便を利用しているのならば「 JALOALOカード」を申し込んで、JALのレインボートロリーを選択していたでしょう。 実際にUberやチャーリーズタクシーを利用した時の様子はこちらです。 5.通信手段の選択 最後に考えるのは 現地での通信手段の確保です。 ハワイでの通信手段については、以前に検討したことがあります。 ワタシがドコモユーザーなので、前回はドコモの海外サービスである「海外1dayパケ」を選択しました。 しかし現在は海外1dayパケのサービスは中止になっていて、 バージョンアップした パケットパック海外オプションと言うサービスが始まっています。 このサービスは、JGC修行のために訪れたクアラルンプールでも自分のスマホを非常に快適に利用でき、ワタシみたいな情弱にはピッタリのサービスでした。 いいんです!ワタシは「 安心にコストを掛ける」派なんですから。 しかも「もにもにたさん」から朗報が! 今年の夏はキャンペーンで、さらに安く利用することができそうなんです! 今年 2018年の7月20日から9月30日の期間限定で、キャンペーン料金プランが選択することが出来ます。 特に申し込みは必要なく、接続時に「どのプランを選びますか?」となりますので、自分に良いプランを選びましょう。 我が家は通信手段として妻とワタシ、 ふたり分を契約します。 2016年|2,980円x2人x7日間= 42,000円|海外パケホーダイ• 2017年|980円x2人x7日間= 13,720円|海外1dayパケ• 2018年|5,280円(7日間プラン)x2人= 10,560円(?) 上記のように利用してきましたが、ココ数年で海外通信手段はどんどん安くなっています。 この値段ならばもうWiFiルーターはいらんでしょう?WiFiの接続って途切れ途切れになるので不便極まりないんですよねぇ。 ナビゲーションで利用しているときは特にそう思います。 現地SIMの方が安いし通話もできるので便利なのは間違いないでしょうが、現地についたその瞬間から使える「 パケットパック海外オプション」はワタシ的には最高の選択肢だと思っています。 「マイルで参る」さんのレポートのように、現地SIMも簡単そうなんですけどねぇ。 まとめ 今回は ハワイ個人旅行を計画する時にいつも考えて準備する5つのことをご紹介しました。 航空券の用意• ホテルの予約• ESTA申請• 移動手段の用意• 通信手段の選択 当たり前と思いきや、これらの事は我が家ですべてワタシが準備しているので妻は何も分かりませんし、たぶんいきなりは出来ません。 そこそこ頭を使っていつも用意しています。 いつも自分の分だけ用意しています・・・。 5つの中で一番悩むのはやはり航空券の用意になります。 ANAマイルは「ニモカルート」で貯めています。

次の