ブリアード。 ブリヤート人

ブリアードの特徴と性格・価格相場

ブリアード

ブリアードの性格 純粋犬種の犬籍登録や優良犬の普及などに取り組む国際的愛犬団体一般社団法人によると、かつてフレンチ・ローランド・シープドッグという名で知られていたブリアードは、目が隠れてしまうほど長い被毛を持っています。 頭の上にリボンを付けて毛を結っているブリアードを、みたことのある人も多いのではないでしょうか。 同じく長い被毛が顔を覆う特徴を持つオールド・イングリッシュ・シープドッグと良く似ているために、しばしば比較されます。 ブリアードはフランス原産の牧羊犬で、羊を守るために野山を駆け回っていた犬種です。 世界大戦当時は軍用犬としても活躍しました。 一時期は絶滅も危惧されましたが、ヨーロッパやアメリカでの人気が高く、現代ではドッグショーの常連になっています。 「ナポレオンに飼われていた」「主人を殺害した犯人をしつこく追い回した」など、ブリアードにまつわる逸話は豊富です。 世界中から愛されている証といえるでしょう。 大変愛情深く、飼い主に忠実な性格で、小さな子どもや子犬にも優しく接します。 一方、見知らぬ相手に対しては警戒心が強く、格下の相手を見下してしまう自我の強さもみられます。 辛抱強くしつけができるかどうかがブリアードを飼う際のポイントになってくるでしょう。 ブリアードの平均寿命 一般的な大型犬と同様に、ブリアードの平均寿命は10~12年ほどです。 小型犬や中型犬に比べると短命といえるかもしれません。 ブリアードの平均体重 ブリアードの平均体重は、オスで36~41kg、メスで27~32kg程度です。 見かけによらず、がっちりとした骨格と筋肉質のボディを持っています。 体の大きさにもよりますが、体重が平均値を大きく超えないように管理するのが理想的です。 ブリアードの平均体高 ブリアードの平均的な体高はオスで62~68cm、メスで56~64cmとされ、大型犬に分類されます。 ブリアードの毛色(カラー) ブリアードの毛色には主にブラックやフォーン、ブラック・オーバーレイのフォーンなどがあり、多くは単色です。 ブルーやブラックのマスクを持つケースも少なくありません。 例)フォーン• フォーン• ブラック• ブラックオーバーレイ ブリアードが成犬になるまでの期間 個体差はあるものの、ブリアードは一般的に2年ほどで成犬になると考えられています。 小型犬では1歳半ほどで成犬になるので、大型犬のほうが成犬になるスピードは遅いといえるでしょう。 ブリアードの鳴き声 ブリアードは牧羊犬の特徴を今もしっかり受け継いでいます。 群れを守ろうとする気質を持つため警戒心が強く、よく知らない相手に吠えかかる頻度も高めです。 その声は低めで太く、威圧感もあります。 ブリアードがかかりやすい病気 ここでは、ブリアードがかかりやすい病気についてご紹介します。 かかりやすい病気 病名 時期と症状 治療費 股関節形成不全 股関節の形態的(解剖学的)な異常。 成長期にかかりやすい。 手術片側15万円程度 胃捻転 胃が拡張し、ねじれを起こす。 食後に発症しやすい。 10~30万円 皮膚疾患 皮膚にさまざまな炎症が起きる。 夏季を中心に随時。 1万円前後 夜盲症 夕方や夜の時間帯に目が見えにくくなる。 進行の速さはそれぞれ。 老化も一因。 症状による 進行性網膜萎縮 眼の奥にある網膜が変性・萎縮する。 ブリアードの特徴に、視力が弱く目の病気になりやすいことがあります。 遺伝的要素や長い被毛が目にかかりやすいことなどが関係していると考えられています。 またブリアードは長く硬いオーバーコートと短いアンダーコートを持ち、暑さが大の苦手です。 気温が下がる時間帯に散歩をするように心がけましょう。 気温22度以上の季節は熱中症になりやすいために、 冷房をつけないまま車や自宅に閉じ込めておくのは危険です。 ブリアードの体臭 ブリアードの体臭はきつめです。 長い被毛は、散歩のたびに路上に触れて汚れてしまいがちです。 とはいえ、大型犬を入浴させるのには通常時間がかかります。 長い被毛で蒸れた体臭が漂いやすいことや、よだれが多いことも匂いの原因になっています。 口元の長いひげに付いた食事の汚れはこまめにふき取ってあげましょう。 ブリアードの飼い方 ブリアードはしつける難易度が高い犬種の1つで、決して飼いやすいとはいえません。 ブリーダーにしつけを依頼するのも1つの方法でしょう。 高温多湿になりやすい日本でブリアードを飼うなら、気温調整がしやすい室内飼いが適しています。 子犬を入手するのは簡単ではありませんが、もし飼うことになった場合はゲージで慣らしましょう。 愛情深い犬なので、大好きな家族に囲まれて過ごすことを好みます。 ブリアードにはたくさん運動させる必要があり、長毛なのでお手入れにも時間がかかります。 広い浴室や敷地、庭などがある環境でのびのびと育てるのが理想でしょう。 ドッグフードの量・回数 ドッグフードはライフステージごとに適切なものが変わってきます。 育ち盛りの子犬にはたっぷりのタンパク質やカルシウムなどが必要なので、必要な栄養が摂取できる高カロリーのフードをこまめに与えます。 一方、成犬では子犬ほど多くのカロリーを必要としません。 ドッグフードの種類によっても異なるので、パッケージに記載されている量を1日2~3回に分けて与えることを目安にしましょう。 多くの量を一度に飲みと胃捻転を起こす可能性も高まります。 ゆっくり時間をかけて食べさせる工夫をしてみましょう。 また、食後すぐには散歩に連れ出さないことも大切です。 食べさせてはいけないもの 犬が食べてはいけない食べ物 ネギ類全般(にんにく、ニラ、玉ねぎなど)・ぶどう類全般・チョコレート・キシリトール・生の魚介類(魚、イカ、タコ、エビ、カニ)・鶏の骨・アボガド・ナッツ類全般 犬は避けたほうがいい食べ物 ほうれん草・生肉・香辛料・にぼし・のり・生卵・生野菜・牛乳・ココナッツオイル・干しあんず 上記は代表的な食べ物を記載していますが、もっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。 柑橘類• スパイス類• クセのある葉物野菜 上記の食べ物も控えたほうが無難でしょう。 抜け毛の量 ブリアードの換毛期は春と秋の2回です。 長いオーバーコートがたくさん抜けるので、大量の抜け毛に悩まされる飼い主も少なくありません。 長い被毛が絡まると固まりになりやすく、散歩のときにはゴミなども付着しがちです。 ブリアードを飼うなら換毛期かどうかに関係なく、 1日に2回ほどのブラッシングやこまめなコーミングが欠かせません。 シャンプーやトリミングも定期的に行う必要があります。 お風呂の入れ方 ブリアードは、「一度覚えたことは忘れない」としばしばいわれます。 賢い犬種なので、しっかりしつければ、逆らうことなくスムーズに入浴できるでしょう。 自ら浴室に向かってくれるブリアードもいるのです。 しかし、一度格下だと認識されてしまうとコントロールが難しくなり、入浴にも苦労するかもしれません。 ここからは、成犬と子犬の入浴方法についてそれぞれご紹介します。 子犬をお風呂に入れるときは、お風呂に慣れさせる事としつけの両方を意識しましょう。 シャンプーは必ず犬用を使用しましょう。 犬の肌や被毛に合うよう作られており、人間のシャンプーとは全く異なるためです。 ブリアードの子犬のお風呂の入れ方• シャワーなどで体をぬらします。 シャンプーやリンス、コンディショナーなどを使って全身を洗い、しっかり洗い流しましょう。 タオルドライとブラッシングをして終了です。 最適な散歩時間 広い場所を縦横無尽に走り回っていたブリアードには、たっぷりの運動が必要です。 1回1時間ほどの散歩を、1日2回させることを目安にしましょう。 ブリアードは散歩も大好きですが、どうしても散歩は歩行がメインになりやすいと思います。 ストレスを貯めないためには、思い切り走り回れる広いドッグランなどへ連れて行ってあげることも大切です。 散歩や運動が足りないとブリアードは欲求不満になって攻撃性が高まりやすく、問題行動や健康被害にもつながりかねません。 周囲の人がケガをする原因になる可能性もあります。 ブリアードのしつけ方法 ブリアードは大型犬で力も強く自尊心や独立心も高いので、飼い主が制御できるかどうかが重要なポイントになってきます。 しつけができないまま成犬になると、手に負えなくなるおそれも出てきます。 飼い主やその家族には、常に主従関係を意識させて格下だと思わせない、毅然とした態度が求められるでしょう。 家族のだれかを自分より格下だと認識すると、その人の指示には従わなくなるので注意が必要です。 大型犬を得意とするしつけ教室へ預けたり、プロの手を借りたほうがいい犬種でしょう。 トイレのしつけ方 トイレは毎日のことなので、しつけはブリアードを飼い始めた時点から始めることが大切です。 1度は叱られなかったところに排泄して叱られると、混乱してしまいます。 com 「待て」はしつけの基本といえるほど大切なポイントです。 「待て」ができれば安心して「散歩」に連れ出せるようになり、日常のコントロールが格段に楽になるでしょう。 「待て」をしつけるには、先に「おすわり」を覚えさせる必要があります。 「おすわり」ができたら犬の正面に立ち、「待て」を指示してから「よし」と言います。 最初は、1秒後に「よし」を言うくらいでもかまいません。 待てたときはオーバーリアクションだと感じるくらいに、わかりやすくほめてあげましょう。 おやつをあげるのも良い方法です。 少しずつ「よし」までの時間を長くしていきます。 「待て」ができるようになるまで、根気よく続けましょう。 留守番のしつけ方法 飼い主が犬を置いて外出するためには、留守番のしつけが欠かせません。 ブリアードの中には、飼い主がいないすきに暴れたりいたずらをしたりする子もいます。 大型犬なので被害も大きくなりやすく、誤飲の可能性もあるためきちんとしつけておきましょう。

次の

犬図鑑◇ワールドドッグ図鑑◇ブリアード

ブリアード

ブリアードの魅力 ブリアードは、フランス原産の牧羊犬の中で最も古い犬種の一つと言われています。 古い書物や絵画などから、8世紀にはすでに存在していたのではないかと考えられています。 牧羊犬としては体の大きいブリアードは、 持ち前の勇敢さを生かして、羊の群れを狼から守る護畜犬としても活躍しました。 勇敢で独立心がやや強い性質です。 ウエーブがかった長毛に全身を覆われたエレガントな外見も相まって、原産国のフランスではもちろん、世界中で知られています。 信頼できる家族といっしょにいることが大好きで、 家族の前では大らかで明るい振る舞いを見せてくれます。 古い犬種で牧羊犬や護畜犬として活躍してきた犬種のため、 瞬時に判断する賢さと勇敢さも持っています。 ただ、 独立心や警戒心も強いので、子犬のころから飼い主さんとの信頼関係を築けるようにしっかりとしつけることが大切です。 大きさ 体高はオスで62~68cm、メスで56~64cmの大型犬です。 体高と体長の長さがほぼ同じスクエア型をしています。 全身を毛で覆われているため体格が分かりにくいのですが、スタミナのある牧羊犬らしく、 無駄のない筋肉質な体つきをしています。 耳は立ち耳と垂れ耳の2タイプです。 以前は垂れ耳の場合、断耳をして立たせていましたが、現在は行われないことが多いようです。 毛色の種類 ブリアードの毛色は、 ブラック、グレー、フォーン、ブラック・オーバーレイのフォーン、アイボリーで、胸の部分のホワイトや直径2. 5cm以下の斑は認められています。 迎え入れ方、価格相場 愛犬の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護犬などさまざまな方法があります。 ブリアードは、国内では入手が難しく、輸入するのがおもな入手方法です。 心配な病気 ・体重が増える成長期に起こりやすい 「股関節形成不全」 ・胃がねじれて起こる 「胃捻転」 ・皮膚が細菌感染して炎症を起こす 「膿皮症」 ・目が徐々に見えなくなる遺伝性の病気 「進行性網膜萎縮」 ブリアードの飼い方 ポイント(1)1日2回1時間以上の散歩を もともと羊を追って1日中走り回っていたスタミナ抜群の犬のため、 1日に1時間程度の散歩は必須です。 さらに若いころは、 ランニングやゲームなども取り入れて十分に運動させる必要があります。 十分な運動は、吠えるなどの問題行動を減らすためにも有効です。 また、賢い犬なので、 アジリティなどのドッグスポーツを楽しむのもいいでしょう。 ポイント(2)しつけは専門家のアドバイスを受けて ブリアードは、賢く学習能力の高い犬種ですが、独立心が強いため、しつけがしやすいとは言えません。 大型犬で力も強いので、 しつけは専門家のアドバイスを受けて行うのが望ましいでしょう。 信頼した飼い主さんといっしょにいることを幸せに感じる犬なので、 子犬のころからしつけをしっかり行って信頼関係を築けば、愛犬との生活がより楽しいものになります。 ポイント(3)毎日のブラッシングで抜け毛を除去 ブリアードはダブル・コートの長毛で、オーバーコートはしなやかで長く伸び、アンダーコートは少ないです。 オーバーコートの絡まりを毛先からブラシで軽く解きほぐしてあげましょう。 毛玉は、皮膚が蒸れて皮膚トラブルを起こす原因にもなるので気をつけましょう。 冬場のブラッシングは静電気を起こさないようにブラッシングスプレーなどを併用しましょう。 ポイント(4)年齢と目的に応じたフードを 主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、 総合栄養食を与えましょう。 一般食は、栄養バランスよりも嗜好性を重視する傾向にあるため、主食には不向きです。 フードのパッケージに「総合栄養食」と記載されているものの中から、ご自身の犬に合ったフードを選択します。 犬はライフステージごとに必要とされる栄養の質と量が微妙に異なります。 「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、 年齢と目的に応じたフードを与えましょう。 手作りフードは与えているものを飼い主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。 しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。 ブリアードに似た犬の種類 まとめ ブリアードは、ピレニアン・シープドッグ、ピカルディ・シープドッグ、ボースロンと並ぶフランス原産の牧羊犬の一つです。 この4種の犬種の中で、もっとも古い歴史を持つと言われています。 狼から羊の群れを守る勇敢さと賢さを買われ、軍用犬として活躍した時代もありました。 現在では、長毛で覆われたエレガントな外見からドッグショーでも活躍しています。 監修 認定動物看護師、ペットグルーミングスペシャリスト サンフランシスコ動物愛護協会ヒアリングドッグトレーナープログラム修了 犬種本の執筆・監修、多くのセミナー&TV番組でも人気の講師です。 参考 『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版).

次の

ブリアードの性格・特徴・飼い方|ペットショップやブリーダーでの値段相場や里親募集も紹介

ブリアード

歴史 頃には既に存在していたといわれているが、生い立ちの詳しいこととは分かっていない。 とは兄弟関係、とは親戚関係をそれぞれ持つとされている。 詳しいことは不明であるが、かつては にも愛され、飼育されていたことがあったとも言われている。 この「ブリアード」という名前がはじめて使われたのはのことで、一説によると このころ起こったある出来事がその由来になっているといわれている。 14世紀に オーブリという名の男が何者かに殺害されたが、これを目撃した彼の飼い犬が主人を殺した犯人を何日も執拗に付け回し、犯人がこの者であることを村の人々に無言で訴えかけた。 この話を耳にした当時のフランスはその犬に主人のを行うように命じ、犬は亡き主人の敵を討つことができた。 このことが感銘を呼び、当時決まった犬種名のなかった本種に正式な名前がつけられたという説である。 始めは牧羊犬としてを誘導するのに用いられていたが、の後には放牧地が減少したため、その必要性が薄れた。 そのため、その代わりにを泥棒などから守る護畜犬として主に用いられるようになった。 尚、どちらの使役でも羊はおよそ700頭ほど管理することが出来る。 にフランスでにデビューし、に正式なが設立された。 しかし、が勃発するとクラブは解散され、一時その存在は非常に危ういものとなった。 だが熱心な愛好家の手によりなんとかの危機は回避し、戦後犬種クラブは再結成された。 まだ毛の短い仔犬 が起こった際にはとして使われ、を推薦されたため絶滅の危機に瀕することはなかった。 軍用犬としては補給やメッセージを運び戦火をくぐって伝令をしたり、負傷者を探して仲間に知らせたり、を渡したりすることなどに使われていた。 第二次世界大戦の後はその人目を引く容姿と温和な性質から世界的に人気の犬種となり、現在は実用犬としてよりもやショードッグとして飼育されることのほうが多くなってきている。 ちなみに、後述するが耳の形には2つのタイプがあり、地域によって好まれるタイプが異なっている。 では垂れ耳、南北米やなどでは立ち耳のタイプが好まれる傾向にある。 日本ではまだ知名度はあまり高くないが、数年に一度されて国内登録が行われている。 度も登録が行われた。 ブリアード 目まで覆っている、長く豊かで少しウエーブがかったシャギーコート(むく毛)が印象的な犬種である。 このシャギーコートは雨風をしのぎ、防寒をするために発達したものである。 毛色はフォーンやブラック、グレー、アイボリーなどの単色だが、マズルと耳が黒くなることが多い。 筋肉質の引き締まった体つきをしていて、脚は長く、後ろ足には2本の 狼爪(ろうそう、デュークロー)がある。 ショードッグでも狼爪は切除しない。 マズルは太く短めで、目の大きさは普通である。 耳には 垂れ耳と 立ち耳の2タイプがあり、耳の形が違うだけでずいぶんと違った印象になる。 いずれのタイプも耳には飾り毛がある。 かつて垂れ耳のものは断耳を施して立たせることもあったが、現在は垂れているものは垂れたままでもよいということになっている。 なぜ地域によって好まれる耳のタイプが異なっているのかはよく分かっていない。 垂れ耳のものと立ち耳のものの間での交配はあまり好ましくないとされ、控えられている。 尾は長くふさふさとした垂れ尾。 体高57〜69cm、体重34kg前後の大型犬で、性格は従順で愛情深く、優しい。 家族だけでなく家族以外の人や犬とも仲良くすることが出来、子供や仔犬の面倒を見ることも大好きである。 しつけの飲み込みや状況判断力は普通だが、ペットとして飼育するのによく適した気質を持っている。 ただし、やはりもとが一日に合計80kmもの距離を走り回る犬種であるため、運動量の多さには覚悟が必要である。 かかりやすい病気は大型犬でありがちな、地肌が湿気で蒸れて起こる、コートが目に入って起こる眼疾患などがある。

次の