さすがにそろそろあなたに恋する。 復縁するなら今?元サヤに戻るきっかけは?元カレからの連絡は真意を見極めて

【女性が歌う】Mrs. GREEN APPLE

さすがにそろそろあなたに恋する

たぶん、おれはもう一度あなたに恋をする 15 イルカは、再びおれと再会した時、おれだとわからないようだった。 そうだろう。 最初の出会い、彼が14歳だったあの日、おれは暗部服に身を包んでいた。 正体は晒したとはいえ、あの時は額当てはなかったし、さらにマスクまでずらしていた。 今は総指揮官ということで、支給の忍服に身を包んでいる。 おれは、足のつま先から頭のてっぺんまで彼を見回した。 黙ったまま、おれが顔に覆われたすべてを準々に剥ぎ取っていくと。 その口が、音をなさずにおれの名を呼んだ。 カ カ シ、と。 彼が、おれを覚えていてくれた事が嬉しかったが、それと裏切った事実は別だ。 その彼が、今、存外に強い視線でこちらを睨み付けている。 ここは、彼が男と口づけを交わしていた、アカデミーの裏手にある森の中だ。 昼休みに入った彼を誘い、ここまで連れてきた。 「…久しぶり。 ちゃんと、課題はこなしてた?」 「・・・」 彼は答えない。 あの後、朝に解放して部隊に返す時、おれは彼に袋に入れて一連の器具を渡していた。 おれがいない間の、代わりの開発道具だ。 「だんまり、か。 …いいよ、身体に聞くから」 彼は、露骨に嫌な顔をした。 が、抵抗は見られず、されるがままだ。 手ごろな大木を見つけ、そこに両腕を高く上に縛り、クナイで縫い付けた。 若干、足がつくかつかないかの高さに設定にしたから、苦しそうだった。 そうしておいてから、また下の衣だけ一気に剥ぎ取る。 刻印を見たくないのもあるが、余計に屈辱感を与えるためでもある。 ごわごわするので、ベストのジッパーだけは開けておく。 彼は最大限に首を捩じり、こちらを見ようとしない。 少し会わない内に、精神的にも回復しているらしい。 上等だ。 そちらがそうなら、おれはまた元の状態に戻すまで、だ。 「今回は、結界を張らないよ。 ・・・声、殺してね?」 おれはそう言うと。 軟膏を塗りたくったそこに、おれ自身を突き立てた。 昼休みという限られた時間だから、身じまいも考えると、二発が限界だった。 「ちゃんと、課題こなしてたんだ。 さすが、先生」 あれから、一週間近く経過していた。 始めの内こそすんなりいかなかったが、慣れてくると、イルカが自分の言いつけを守って、ちゃんと 自分で躰を開発していた跡が感じられた。 感度も良かった。 「ご褒美に、これあげるね。 そろそろ切れそうになってたでしょ?」 外されたロープの痕をさ擦っていたイルカは、おれの持っている抑制剤の袋を見ると、飛びついてき た。 授業にも身が入らなくなるし、切実なのだろう。 「だーめ」 おれは、そんな彼の目の前でいったんポケットにその薬をなおした。 「おれに、約束してくれたら、あげるよ」 その言葉に、相手の顔が曇った。 「約束、とは?」 その顔には、薬が欲しくて堪らないと書いてある。 よし、いいぞ。 激しい葛藤がその表情に見てとれる。 さんざん悩んだあげく。 なんと、彼は断ち切るように背をむけた。 「そういったお約束なら、要りません」 ひどいやせ我慢だ。 なんて、強情な。 拒んだのは彼の方。 毅然とした態度で去っていく背中を、苦虫を噛み潰したような顔で見送った。 結局、同じことを繰り返している。 昔のおれそのままじゃないか。 彼は折れることはない。 試す気はないが、殺されても彼は首を縦に振らないのではないだろうか。 どうしたら。 次の日、深夜任務から帰還したおれは、興奮した状態のまま、夜間受付で彼を抱いた。 誰が来るかわからない中、おれはもどかしく空き教室に引き摺りこみ、教壇で後ろから犯した。 イルカは、抑制剤が切れたせいか、酷く飢えていた。 「せんせ、いい加減、おれの名を呼んだら?じゃないと、コレ、生徒の前で公開授業にしよっか」 熱い楔を打ち込まれながら、朦朧とした意識の中、それでも相手は拒絶の意思をわずかに振る頭で 示した。 どこまで、おれを否定したいんだ。 「呼べよ」 今度は沈黙で返された。 いや、快楽で正体がなくなっているのか。 「呼べ!」 開き切る限界まで押し開くと、極限まで自分の雄をその中に叩きいれ、突き入れた。 余りの激しさに、入り口が切れ、血が滴る。 おれは好きなだけ欲望を注ぎ切ると、始末もせずそのまま教室を後にした。 彼はその後もおれの名を呼ぶことはなかった。 色々な責め苦に気を失おうとも、屈しなかった。 あなた以外に手出しで きる人はいない。 冷静になる期間があったために、気づかれてしまった感もある。 あの時は、混乱の極みにあったから 従ったまでで。 それでも、おれの指図を聞くのは、おれが万一ナルトに手出ししないための囮なのだろう。 おれの名を呼ばないことは、こんな屈辱的な関係になってしまった彼の、唯一の矜持なのかも知れない。 それがおれにとっては苦痛だった。 肉体ではつながっていると錯覚するのに、心はお前にはやらないと云われているようで胸が軋んだ。 おれは、その差を埋めるように、狂ったように彼を求めた。 彼を求めなかった日は、任務で数日里に帰れなかった時のみだ。 そんな時は、会えなかった日の分を激しく求めるので、差し引いてみれば毎日セックス三昧だ。 それでも、なにも満たされる事はないというのだから、もう笑うしかないだろう。 そんな生活が三か月も続いた。 さすがに、その間、授業にも支障が出そうだし、気づかれそうなので、抑制剤を仕方なく与えた。 こんな爛れた日々を続けると、身体にも変化が出てくる。 まず、食欲が減退し、3キロも痩せた。 睡眠もぐっすり眠れる日は少なく、身体がふらつく。 任務に支障が出ては、と点滴や兵糧丸で誤魔化すが、それもお茶を濁す程度の威力でしかなくなって きていた。 それは、イルカも同じだ。 おれは覆っている部分が多いので、わりと誤魔化すのには苦労はないが、彼は違う。 三か月前の彼と比べれば、完全にやつれている。 痩せた。 しかも、表情に輝きがない。 おれは、笑っている彼が大好きだったのに、泣き顔か怒っている顔しか見ていない。 どうしてこんな事になったんだ? 答えはわかってる。 おれのせいだ。 おれがすべて悪い。 だからといって、イルカとの関係は止められない。 彼との関係を絶つことは、おれには死を宣告されることと同義だ。 しかし、このままいくと命まで危うい線にまで、おれたちは足を踏み込みかけている。 いや、もう踏み込んでしまったのだろう。 どうしたら、いいんだ。 どうしたらいい。 「先輩」 自宅のマンションの前で、見慣れた人物の姿が佇んでいた。 秋になろうという夕暮れは、早い。 薄闇をまとった彼は、おれの知らないどこか大人の表情 をしていた。 「…何か用?」 用がなければ、こんな所で待ってはいないだろう。 我ながら、間抜けな質問だ。 「先輩に、大事な話があります」 その射貫くような黒い瞳を見た瞬間。 おれは直感していた。 断罪の使者だ、と。

次の

Mrs. GREEN APPLE『ロマンチシズム』歌詞の意味を考察・解釈

さすがにそろそろあなたに恋する

【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情512】 外出自粛要請が出ている今、仕事や食品の買い出しなど以外では、そう外に出る機会がないですよね。 リモートワークで家に引きこもったり、出勤してもあまり人と話さず、仕事の後は即帰宅……という生活をしていると、徐々に人恋しくなってくるもの。 この時期、寂しさから元カレ・元カノに連絡をする人も多いみたいです。 ってことは復縁のチャンスかも? 相手が恋人なし&未練があれば復縁しやすい 「コロナ離婚」「コロナ破局」という言葉をよく耳にしますが、「コロナ復縁」があってもおかしくないと思うんです。 未曾有の事態とか、体験したことのないような出来事が起きたときって、多くの人は心が弱(りやす)くなるもの。 不安になるとメンタルも正常ではなくなるし、判断能力も鈍るでしょう。 そう、通常のメンタル・判断力ではないので、タイプじゃない人に恋をしたり、元カレを思い出して恋しくなったり、気持ちが揺らぎやすい状態に……。 もし本気で元カレと復縁したいなら「ひさしぶり。 元気してる?」とジャブを打ってみるのもいいかと。 ブロックされていないのであれば、返信くらいは来るでしょう。 そして、彼が現状恋人なし&あなたに少しでも未練があったら、距離の縮め方次第で復縁できる可能性も。 しつこく連絡するとアレなので、たまに近況報告の連絡をし、タイミングを見計らって「状況が落ち着いたらご飯でも行かない?」と明るく誘えば、高確率でOKをもらえるでしょう。 単に寂しくて連絡してくる男もいる この時期、自分から連絡せずとも、元カレから連絡が来ることもあるかと。 これは復縁希望か、単にちょっかいかのどちらかです。 経験者ならわかると思うのですが、何か嫌なこと、不安なことが起こったときに元カレを思い出して、なんとなく連絡したことってありません?別に復縁とか、そこまで深くは考えていなかったけど、寂しいし、誰かとつながっていたくて、つい連絡をした……みたいな感じ。 要するに、昔の恋人から連絡が来たとしても復縁希望とは限らないんです。 筆者も以前、元カレから数ヶ月に一回連絡が来て、最初は「復縁したいのかな?」と思っていたのですが、こちらから食事に誘うと「予定を見てみる」と言って、一切予定をよこさなくて。 それが3回続いたとき、さすがに「おかしい」と気づきました。 おそらく、付き合っている子とうまくいっていないか、仕事でつまずいたかして落ち込んだから連絡をしてきただけなんです。 彼、もともとそこまでメンタルが強いタイプではなかったので。 一時的に気晴らしできる相手が欲しかったのでしょう。 つまり、もしこの時期に元カレから連絡が来て、やり取りがしばらく続いても、最近の恋愛の話にもならず、「そのうちご飯でも」と次に続くような話題も出ないなら、単に彼、寂しいだけで復縁までは考えていないってこと。 まぁでも、あなたが心に寄り添うように優しく返信していれば、「やっぱり俺の理解者はこの子かも!? 」と彼の気持ちが揺らいで、復縁の可能性は上がりますが。 元カレに連絡してみてもいいかも お互いに気持ちがあるなら、このタイミングで復縁したっていいんじゃないでしょうか。 忘れられないのであれば、元カレに連絡してみては。 もしかしたら、終息後にデートできるかもしれません。

次の

Mrs. GREEN APPLE『ロマンチシズム』歌詞の意味を考察・解釈

さすがにそろそろあなたに恋する

でも追えば逃げるのです…。 人の恋と同じようです…。 パラオimage by:鍵井靖章 初めてブルーコーナーでツノダシノの群れを見た。 この時期産卵のために集まるらしい。 いつも以上にお魚たちで賑わっていたブルーコーナー。 入れ替わり立ち代わりで主役級のお魚が目の前に登場する。 さすがでした!でもダイバーの数もいつも以上に多かったけどね!笑 パラオimage by:鍵井靖章 ギンガメアジの前で少し待っていると、メジロザメが突っ込んできて何匹かのギンガメアジがサメに体を擦り、群れの外に追い出そうとする。 生きものたちは強くて格好良い。 葉山image by:鍵井靖章 写真はダンゴウオ。 めちゃ可愛いでしょ?もうそろそろ葉山の海でも出没し始めてます。 後ろから水中ライトを当てて少しにぎやかに演出してみました!.

次の