窪谷 ウィメンズ ホスピタル。 東京都東久留米市にある「女性と子供のための病院」、アルテミス ウイメンズ ホスピタル。産科、婦人科腹腔鏡手術、女性内科、女性専門外来。清瀬市、西東京市。

東京都東久留米市にある「女性と子供のための病院」、アルテミス ウイメンズ ホスピタル。産科、婦人科腹腔鏡手術、女性内科、女性専門外来。清瀬市、西東京市。

窪谷 ウィメンズ ホスピタル

自然分娩から無痛分娩まで幅広いご要望に対応し、緊急を要する吸引分娩・鉗子分娩や帝王切開が常時行える体制を整えています。 また、出産後はお母さんたちが安心して育児のスタートが出来るよう、小児科医、助産師、母乳相談員が赤ちゃんの診察と育児のアドバイスを行っています。 <診療内容>• 妊婦健診• 正常分娩・異常分娩・帝王切開• 無痛分娩• 遺伝カウンセリング• 羊水検査• 出生前診断• 切迫、流産、早産、妊娠高血圧症の入院• 不育症• 超音波外来• 栄養相談• 助産師外来• 新生児健診(産後2週間、一ヶ月)• 産褥・母乳外来(専門の助産師外来対応します) 婦人科 女性の健康はホルモンの影響を強く受けるためそれぞれの世代特有の疾患があります。 当院では専門医による不妊症治療から子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫などの内視鏡手術を行なっています。 6月からはマンモグラフィを導入いたします。 子宮がん検診と乳がん検診が一緒に受けられるプランもご用意いたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。 <診療内容>• 婦人科手術対応疾患;子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫不妊症、子宮内膜ポリープ、異所性妊娠など• 腹腔鏡下手術、子宮鏡下手術、開腹手術• 子宮がん検診、乳がん検診(6月〜)• 月経異常(月経困難症、不正出血)、更年期障害、性器脱• おりものの異常、性交トラブル、性行為感染症、思春期の相談• 避妊相談(緊急避妊、低用量ピル、子宮内システム)• 不妊治療専門施設;くぼのやIVFクリニック(柏駅南口池松ビル) 黒瀬圭輔 経歴 日本医科大学付属病院 産婦人科 准教授 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医 日本産科婦人科内視鏡学会 技術認定医 日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医 日本抗加齢医学会 専門医 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本臨床細胞学会 細胞診専門医 紹介 これまでの経験を生かし、婦人科疾患について最適な治療を提供できるよう努めます。 子宮の腫瘍(子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜増殖症、子宮頸部異形成)、卵巣の腫瘍(卵巣嚢腫)、子宮内膜症、遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)、NIPT・羊水検査の遺伝カウンセリング、月経困難症、過多月経、月経不順、貧血、更年期障害、骨粗鬆症などお気軽にご相談下さい。 駒崎 裕美 経歴 東京慈恵会医科大学 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医 倉品 隆平 経歴 日本医科大学付属病院女性診療科・産科 病院講師、医局長 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医 日本周産期新生児医学会周産期専門医 日本母体救命普及協議会 J-CIMELSインストラクター 中西 一歩 経歴 日本医科大学千葉北総病院 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医 遠藤 周一郎 経歴 遠藤レディースクリニック 院長 順天堂大学医学部卒 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医 松田 繁 経歴 日本医科大学付属病院 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医 吉原 ちさと 経歴 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医 産業医 日本乳がん検診精度管理中央機構 検診マンモグラフィ読影認定医師 日本乳癌学会 乳腺認定医 日本女性医学学会 認定医 内藤 幸恵 経歴 船橋中央病院 新生児科 医長 日本小児学会 小児科専門医 日本周産期新生児医学会 新生児専門医 日本小児循環器学会 専門医 笠野 小百合 経歴 日本医科大学付属病院女性診療科・産科 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医 山中 善太 経歴 東京医科大学病院 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医 朝倉 啓文 経歴 日本医科大学 名誉教授 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医 明樂 重夫 経歴 日本医科大学 教授 日本生殖医学会 生殖医療専門医 日本産科婦人科内視鏡学会 技術認定医 日本内視鏡外科学会 技術認定医 森本 栄理 経歴 日本麻酔科学会 麻酔科認定医 柏木 邦友 経歴 日本麻酔科学会 麻酔科専門医 アネストメディカル株式会社 代表.

次の

医療法人明日葉会 札幌マタニティ・ウイメンズホスピタル

窪谷 ウィメンズ ホスピタル

お知らせ News お知らせ• 2020-06-08• 2020-06-04• 2020-05-27• 2020-05-25• 2020-05-13• 2020-05-08• 2020-05-23• 2020-04-27• 2020-04-09• 2020-03-16• 2020-03-16• 2020-06-16• 2020-06-03• 2020-04-14 2020年4月27日から「後期エコー健診」を行うことになりました。 2020-03-24• 2020-02-26• 2019-07-27 診察中の動画撮影 携帯電話、スマートフォン等)はお断りしております。 ご理解、ご協力お願い申し上げます。 2019-06-10• 2019-05-13• 2019-03-30• 2018-06-26 他院に通院中で当院での出産を希望される方へ• 2018-06-12 分娩予約についてのお知せ イベント• 2020-05-27• 2020-04-15 第4回「マタニティっ子フォトコンテスト」の受賞作品が 決定いたしました! 女性の一生をケア・サポート 当院は、「出産」「新しい生命の誕生という人生最大のドラマ」にふさわしい医療環境をつくりたいという願いから、1975年に札幌マタニティ・クリニック(19床)として開院いたしました。 以来、産科、婦人科、小児科の病院として少なからず地域医療に貢献させていただき、現在の札幌マタニティ・ウイメンズホスピタル(52床)へと成長してまいりました。 性差医学の概念のもと、「女性専門病院」として心と身体の両面からサポートし、女性生涯の美しく健やかな生活を支えていくお手伝いをいたします。 札幌マタニティ・ウイメンズホスピタルは、産科、婦人科、小児科の専門病院として、女性の一生をケアできる病院を目指します。

次の

《受付予約可》 白子ウィメンズホスピタル(鈴鹿市

窪谷 ウィメンズ ホスピタル

広々とした院内の「くぼのやウィメンズホスピタル」は、隅々まで患者への配慮が行き届いたクリニックだ。 産婦人科としての精密な診療を行うのはもちろんのこと、母親や家族のコミュニティーセンター的役割を果たしている。 院内では、子育て応援サロンや母親学級など、さまざまな集まりが催され、2015年2月からは産前産後デイケアサービスを新たにスタート。 妊娠中から育児中まで「お母さん」のケアに力を入れ、管理栄養士や臨床心理士、産前産後ケアの専門家も在駐。 食事も提供している。 たくさんの活動を精力的に行いながらも、「患者さんのためになるクリニックをめざして、やるべきことはまだまだあります」と話す窪谷潔理事長の情熱にふれた。 (取材日2015年12月8日) はい。 当院は、母体も子どもも健康に出産を終え、健やかな育児ができることをめざしているのですが、その中でも特に産後のケアを強化したいと思っています。 お産を扱う医療現場は一分一秒を争う緊張感で、慌ただしい雰囲気に包まれやすいもの。 育児が始まってから相談したいことがあるお母さん方にとって、なかなかゆっくりお話ができないケースもあるでしょう。 そこで当院の4階に専用の施設を設け、家族同伴の育児演習や育児相談、妊娠中や産後のお母さんのための整体、赤ちゃんを預けて一日ゆっくり体を休めてもらうための産後デイケアなどを提供しています。 お母さんたちが豊かな愛情で赤ちゃんと向き合っていくため、助産師や赤ちゃんの育児演習などを担当する産前産後ケアの専門員など専門的な知識や経験を持つスタッフがサポートしていますので、安心してご利用いただきたいですね。 産前産後ケアで特に重要なのはどのような面でしょうか。 お母さんの心のケアです。 出産や育児は、経験前に想像しているよりはるかに大変なことです。 ホルモンの影響で気持ちの揺れが激しくなるこの時期に、周囲の人のサポートなしに、お母さんが一人で出産・育児に向き合っていくのは難しいことでしょう。 近年子育てが不安で、お子さんを愛したいのに愛せない、そんな悲しい思いを抱えているお母さんたちが増えた背景には、核家族化が進む世の中で相談する相手がいない、相談の仕方がわからない、という問題もあります。 妊娠、出産、育児に至るまで、お母さんのメンタルケアを産婦人科が担うことで、本来あるべき家族の笑顔が守れたらうれしいです。 当院は、1960年に父が開院した有床診療所です。 幼い頃から父の後を継ごうと思っていたわけではないですが、医師家系で育った私にとって、医師になることこそがごく自然な道でした。 父の後ろ姿を見ながら、産婦人科がいかに重要かつ、やりがいのある仕事か肌で感じてきたため、産婦人科の医師になるのは特別なことではなかったのです。 私が医師になった頃は、産婦人科医師も産婦人科そのものも少なくなり、医師不足が深刻になっていた時代。 帝王切開、大量出血、新生児蘇生、救急搬送など何らかの緊急事態が毎週のように起こる現場です。 真夜中であろうがお産があれば飛んでいく父母や兄を見ながら、過酷な職業であることは十分承知していました。 それでもこの道を選んだのは、誰かがやらなければいけない大切な仕事だと、心のどこかで感じていたからだと思います。 患者さんの話をよく聞くことです。 お産を扱う当院は内科などと違い、多くの場合が病気の方ではなく、健康なお母さんが来院されます。 ここで大事なのは、どのような病気にかかっているかの「検診」ではなく、体に何も異常がなく健康であることを確認する「健診」。 そう聞くと非常に穏やかな医療現場を思い浮かべるかもしれませんが、何が起こるかわからないのが妊娠でもあります。 突然母体や子どもの命に関わる事態に直面する可能性がある産婦人科に大切なのは、いついかなる時も迅速に対応できる体制。 普段から患者さんのお話をよく聞き、身体的、精神的、社会的にその方と向き合い、適切な対応を常に考えておくことが重要なのです。 妊娠は女性だけでなく、旦那さんを含む家族みんなに関わってくること。 妊婦健診も何回かは旦那さんと一緒に来ていただくのが理想ですし、バースプランを作成し、立ち会い出産のご希望も伺うようにしています。 月経周期を意識した「コンディショニング」の大切さ 妊娠・出産に限らず、女性が健康を維持するために大切なこと、意識してほしいことはありますか? 月経周期を意識した「コンディショニング=体調管理」です。 女性の体調は、月経によって1ヵ月の中だけでも大きく変化します。 日本はまだまだ月経調節などへの意識が低いといわれていますが、昨今、ようやく女性アスリートのコンディショニングが注目されるようになってきました。 女性アスリートの活躍には、「女性の体に対する適切な体調管理」も必要不可欠。 なおかつ、こうした心がけは、内膜症などの婦人病予防にもつながっていきます。 また、体重減少からくる無月経が長期に及ぶと、疲労性骨折を起しやすくなると知られています。 閉経後の骨粗しょう症も女性ホルモンの減少により起こりやすくなります。 これらを防ぐためにも、適切な栄養摂取と適度な運動が大切です。 ぜひ皆さんに普段から心がけていただきたいですね。 近年、「妊活」という言葉が盛んに言われるようになりましたが、出産の高齢化で妊娠がしづらくなっていること、妊娠前からの健康的な生活が妊娠には大切なことをもっと皆さんにお伝えしていきたいです。 また、10代など若い頃から、ストレスなどにより生理不順や月経痛などで悩む方も増えていますが、これから結婚、妊娠、出産を経験していくその世代の女性たちに健診を受けてもらい、女性に起こり得る症状の正しい情報を知ってほしいと考えています。 当院は2015年7月に予約受付システムを導入。 インターネットで外来の進み具合をご確認いただけるなど、待ち時間の短縮に努めています。 産婦人科は敷居が高いと思われがちですが、悩みや不安なことがあればご相談いただき、ぜひ妊娠をする前からご自分の健康への意識を強く持ってください。 当院はどんな時も女性の味方として、皆さんのニーズに応えられるクリニックでいられるよう努めていきます。

次の