タマホーム 外壁。 失敗したくない!タマホームの外壁選びのコツを教えて下さい。

タマホーム「大安心の家」の評判は?間取の自由度、断熱性・気密性の評価、基礎強度や耐震性能について徹底評論!

タマホーム 外壁

タマホームの標準装備(標準仕様)の内容は? 長期優良住宅 タマホームの躯体は木造軸組構造で、日本の住宅市場では最も多いものです。 同社の商品の多くは長期優良住宅対応となっており、その場合は住宅性能表示制度の耐震性能の最高等級3を基本としています。 また、 省エネ性能でも最高等級4を基本としています。 人命や財産を保護する耐震性能、そして快適性や日々の冷暖房機器のランニングコストを下げる省エネ性能は、住宅基本性能の最も重要なものですから、基本を十二分に押さえたものと言えるでしょう。 オール電化システム タマホームでは、IHヒーターとエコキュートを標準仕様としています。 オール電化に対しては、IHヒーターの扱いやエコキュートの給湯量や深夜料金に対する是非はありますが、ガス仕様も選択できるようになっていますから、特に問題はないでしょう。 システムキッチン 価格の割に安いと評価される部分で最も分かりやすいのは、暮らしに欠かせないシステムキッチンだろうと思います。 各商品ごとにグレード差はありますが、いずれも 最新の機能を持ったものを採用しており、ミドルクラス以上の商品では追加オプションが必要ないほどです。 ベストセラー商品である「大安心の家」では ・クリナップ ・タカラスタンダード ・LIXIL ・EIDAI が標準で用意されていて、便利で機能的なシステムキッチンを選ぶことが出来ます。 他にも、 ビルトイン浄水器や ハンドシャワー水栓、 リビング収納棚や 床下収納などといったキッチン周りの設備も充実しています。 サニタリー機器 家族みんなが気持ちよく生活できるようサニタリーも忘れてはいけません。 毎日使うものだからこそ、清潔でありたいし機能性も充実させたいですね。 広さにこだわった換気暖房乾燥機付きのシステムバス、 女性に配慮した洗面台、 ふたの開け閉めや洗浄がフルオート(自動)のトイレなど水周りの設備も十分すぎるくらいの内容です。 屋根と外壁 屋根は防水・耐水・耐久・断熱性に優れた陶器瓦や色褪せしにくい コロニアルグラッサが家を長持ちさせます。 外壁は レンガ風・石造り風・塗り壁風・木目調などバリエーションが豊富。 特殊なコーティング技術で壁の汚れを雨で洗い流す セルフクリーニング効果を標準で装備しており、スタイリッシュな外壁をいつまでも美しいまま持続させることができます。 同じ間取りや建て方でも、屋根と外壁の組み合わせによって印象がガラリと変わるので、いろいろイメージしてみるのがいいですね。 家を建てる前に知ってきたいこと 注目 タマホームのオプション内容や費用は? 地盤調査と地耐力 地盤調査は新築では必ず必要なもので、タマホームでは付帯工事費に含まれています。 ですから、地盤調査費用はオプション扱いにはなりませんが、 調査の結果で地耐力が不足している場合は、地盤改良などの基礎補強が必要になります。 建築基準法では、地耐力が20kN〜30kN/m2でベタ基礎、30kN〜/m2で布基礎としています。 ですから、本来なら布基礎でも良い地耐力にタマホームの標準仕様であるベタ基礎を採用するのは、より安心なものと言えますが、 調査の結果で20kN/m2未満となった場合には、上に挙げたような 基礎補強に対するオプションが必要となります。 敷地形状や地耐力の程度にもよりますが、一般的な地盤改良あるいは柱状改良などの場合には100万円前後の費用が必要になります。 ですから、地耐力に不安がある場合は住宅の請負契約前に地盤調査を実施し、必要な費用を含めた予算計画としておくことが必要でしょう。 住設備機器 タマホームのミドルクラス以上では、上で紹介しましたように、ほとんど追加オプションが必要でないほどのものです。 あえて、オプションとして挙げるならば、ビルトインタイプの食洗機でしょうか。 オプションは標準仕様の価格に比べて割高なものですが、口コミなどを参考にすると、単体で価格比較できるようなものは、一般的な市場価格と同程度になっているようです。 太陽光発電システム タマホームはオール電化システムを基本としていますので、太陽光発電システムとのマッチングでオプションで採用される方が多いのではないかと思います。 ある口コミでは、 1kW当たり28. 8万円とありましたが、これは安すぎるのではないでしょうか。 一般的には1kW当たり35万円前後が相場ですから、あまりにも安いのは少し不安があります。 安かろう悪かろうでは、後悔の元にもなりますので、 仕様や保証などを十分に確認した上で選ぶことをお勧めします。

次の

コスパの高さはピカイチ!実はスゴい、タマホームの家

タマホーム 外壁

タマホームのアフターサービスの評判 2000年に施工された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」、略して品確法。 この法律によると、10年以内に住宅に傾きや雨漏りがするなどの欠陥が見つかった場合、住宅メーカーに補修を求めることが可能。 多くの住宅の保証期間は、現在10年となっているのも、この品確法によるのです。 タマホームは、10年の保証期間中に3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、5年、10年と6回点検に来ます。 これがタマホームの主なアフターサービス。 10年間の保証箇所に問題がないか、メンテナンスは必要か否かをチェックするのです。 しかし、残念ながらWeb上にある タマホームのアフターサービスの口コミには、あまり芳しいものは、見られませんでした。 例えば売ったら売りっぱなし、、、メンテナンスが必要か否かのチェックが雑、、、。 他の大手住宅メーカーが、アフターサービスに非常に力を入れている一方で、タマホームは力を注げない様子。 コストパフォーマンスの高い住宅を実現するために、人件費を削っているという弊害は、ここにも表れているようです。 メンテナンスが必要になるサイディング さて、タマホームに限らず10年の保証期間中の点検で、外壁のメンテナンスが必要と指摘されるケースは多いはず。 「大安心の家」を始め、タマホームの住宅に標準で用いられているサイディングは、コーキングでボード同士が固定されています。 これにより、ボード自体や住宅の構造への水の侵入を防ぐのです。 しかし コーキングは劣化が早く、施行条件によっては5年程度で、打ち替えなどメンテナンスが必要となります。 他にメンテナンスが必要と指摘されるものは、サイディングの表面塗装の劣化。 こちらは保証期間が終わる10年を過ぎようとするころに、塗り替えなどのメンテナンスが必要と指摘されるはず。 これを放置しておくと、ボードへの浸水が防げなくなり、外壁自体が劣化してしまうのです。 水で汚れを洗い流す特殊な塗装が施された「大安心の家」でメンテナンスの目処は10年程度。 通常の塗装だけの「元気の家」ならば、もっと早い時期にメンテナンスが必要になるかもしれません。

次の

タマホームで家を建てます。 サッシ、外壁それぞれお勧めのメーカーを教えてください。 因みにサッシ玄関ドアはYKK 外壁はニチハのマイクロガード(クリーム色)で検討中です。 詳しい方宜しくお願いします。

タマホーム 外壁

タマホームの10年保証 タマホームで家を建て、はや10年となりました。 タマホームに限ったわけではないですが、住宅保証は「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(品確法)で定められた新築住宅の保証「 瑕疵担保期間の10年義務化」が終了すればハウスメーカーとしては、法律的な保証義務はなくなります。 しかし、永く安心して住みたい方の為に有償で保証期間の延長ができる制度を設けているハウスメーカーも多く、タマホームでも保証期間の延長があり、条件を満たせば30年や60年まで延長することも可能です。 さて我が家は、この10年保証が終了するのですが、タマホームで保証の延長は行った方が良いのか?延長しない方が良いのか悩み中です。 ほぼほぼ継続しない方向ですが、一応検討中という事で・・ このページは過去の経験やタマホームの保証制度の内容から考察し、延長するかどうかを検討した内容になります。 また、あくまで個人的な考えになることと、タマホームというハウスメーカーの場合で考えた結果になります。 という事で、まずはタマホームでの新築時の保証制度を簡単にまとめると以下のようになります。 タマホームでの保証制度 タマホームでは新築時に3つの保証制度があり、いずれも10年間の保証があります。 条件を満たせば、この3つの保証制度が5年間延長されます。 こういった責任範囲の問題やトラブルを防いだり、万が一の地盤沈下により建物の損害が発生した場合、損害保険会社の保険による賠償資力の確保を行うために地盤保証が必要となります。 タマホームでは着工前に地盤保証会社が調査を行い、地盤の強度に問題がないという調査結果が得られていれば10年間は地盤に問題があった場合の保証をします。 という事です。 例えば、地盤の不同沈下が原因で発生した建物本体の不具合修補工事費用や仮住居費用など。 関連記事: これが地盤の10年保証ですね。 現在はではなく、タマホームグループ会社の「」が地盤調査を行っています。 また、保険への加入にあたっては住宅の工事中に検査が行われます。 参考サイト: 以下引用 保険金の請求について 住宅に瑕疵があり、事業者が倒産している場合は、引渡し時にもらった書類に記載されている保険法人に連絡してください。 瑕疵の状況を調査した上で、必要な費用が支払われます。 (保険法人によって異なります。 ) 住宅瑕疵担保責任保険法人 保険は国土交通大臣が指定した「住宅瑕疵担保責任保険法人」の保険に限られます。 よくご確認ください。 10年点検の通知がハウスプラスから届きました。 ちなみに以前は、株式会社住宅あんしん保証でした。 この住宅瑕疵担保責任保険も10年間は保証の対象となります。 簡単にまとめると、 タマホームではグループ会社のハウスプラス住宅保証株式会社が国土交通大臣が指定した「住宅瑕疵担保責任保険法人」となっていますので、住んでいる家に瑕疵(不具合)があった場合、10年間はハウスプラスに連絡すれば確認後、保証してもらえる。 という事です。 薬剤を使用しなくても10年保証できるんですね。 てっきり薬剤使用しているもんだと思ってました。 ここは施主によって考えが分かれるところですが、薬剤なしで防腐、防蟻措置できるのであれば、それにこしたことはありません。 ただ、建築基準法をみてみると外壁内部等の防腐措置等について以下のような法が制定されています。 建築基準法施行令 第49条(外壁内部等の防腐措置等) 構造耐力上主要な部分である柱、筋かい及び土台のうち、地面から1m以内の部分には、有効な防腐措置を講ずるとともに、必要に応じて、しろありその他の虫による害を防ぐための措置を講じなければならない。 建築基準法でいう「有効な防腐措置を講ずるとともに、必要に応じて、しろありその他の虫による害を防ぐための措置を講じなければならない。 」という部分にあたる内容がタマホームでは以下になります。 1.基礎パッキン工法により床下換気 2.土台にはヒノキ材を使用 3.防湿シート 4.ベタ基礎 5.外壁通気工法 6.120ミリ小径のD1材の柱(集成材) この内容で住宅性能表示の劣化対策等級3が確保できます。 ちなみに劣化対策等級とは 、 住宅性能表示制度により、建物の構造部分に用いられる木材の白蟻対策や腐朽、鉄筋の錆び対策など長持ちさせるための対策の程度を示す耐久性の等級。 劣化対策等級は、等級1~3で表示される。 2 約50~60年間は大規模な改修工事が不要。 3 約75~90年間は大規模な改修工事が不要。 引用 土台にD1材、外壁通気工法、120ミリ小径以上のD1材の柱の条件をクリアしていれば、防腐・防蟻処理を行なわず耐久性能等級3が確保できる事になります。 つまり、タマホームでは劣化対策等級3の措置を行っている事により薬剤の使用なしで「シロアリ10年保証」とする。 という事ですね。 タマホームの延長保証内容 タマホームのホームページに記載されていますので、初期保証部分のみは5年間の延長保証(有償)が可能です。 延長保証の対象は「構造躯体」、「防水」、「白蟻」の初期保証部分となるので、初期保証部分以外は延長できません。 なお、最長で30年間の保証ができますが、長期優良住宅の認定を取得した住宅の場合には、最長60年間の保証となります。 延長保証の継続 家を建ててから10年間は保証が義務付けられてますが、11年目からは保証の継続は施主の選択になります。 タマホームの場合は以下のような形で延長保証が受けられます。 タマホームが実施する定期的な点検と有償のメンテナンス工事を継続することで、5年毎の延長保証を継続でき、最長30年間の保証ができます。 長期優良住宅の認定を取得した住宅の場合には、最長60年間の保証となる。 延長保証の有無は10年点検時にどうするか連絡することになると思われます。 まだ10年点検にハウスプラスが来ていないし、わざわざタマホームに確認の連絡をするのもおかしな話なので、延長保証の申し込み方法は未確認となっています。 (多分、10年点検に来ないと思われますw) 延長保証にかかる費用 費用は各家庭によってそれぞれ異なりますが、必要な点検や補修といった内容は同じと思われます。 この点検時に必要な補修工事項目が発生すると費用はさらに上がりますね。 例えば、以下のように・・ yahoo知恵袋から引用 築10年目の年に、外壁の目地コーキング工事+防蟻工事(足場代金含む、セットで80万円)を行えば5年延長保証。 そして5年後に、防蟻工事(25万円)+修繕必要箇所の工事を行えば、更に5年延長保証。 このように5年毎に防蟻工事25万+修繕工事、10年毎に目地コーキングと防蟻の80万セット+修繕工事を繰り返していけば、最長35年まで延長保証する。 引用ここまで 上記がすべての家庭に当てはまるとは限りませんが、他ハウスメーカーの延長保証でも5年延長のために200万の工事費用が発生する場合もあり、保証の延長にはそれなりの費用が必要になります。 おおよそ50万~150万くらいは必要かもしれませんね。 タマホームでの延長保証の必要性 保証はあるに越したことはありませんが、問題はその保証を取得するために必要となる費用ですよね。 5年保証延長するのに50万とか150万とか、はっきり言って厳しいですw それならタマホームで保証を取らずに、自分で業者を探してコーキングであったり、シロアリ対策した方が安くできそうです。 ネットで調べればいくらでも情報が出てきますが、調べてみるとハウスメーカーで対応してもらうよりよっぽど安くできます。 従って、自分で床下であったり、外壁であったりをチェックして、修繕が必要と判断でき、業者に依頼することができる方はあえてハウスメーカーで延長保証をするメリットがないように思います。 (個人的意見です。 ) 私は、そこまで住まいについて詳しくありませんが、タマホームの対応の悪さでイライラするよりは、自分で調べて業者に依頼した方が安心できます。 私の場合、タマホームでの延長保証のメリットが見いだせなかったので、延長保証の必要性はなし!です。 まとめ このページではタマホームでの10年保証終了後の延長について、考察しました。 どこのハウスメーカーでも似たような保証内容ですし、延長保証のしくみもほぼ似ています。 保証延長の必要性は各家庭の住環境にもよりますし、ハウスメーカーにも担当者にも依るところが大きいように個人的には感じています。 保証延長をした方が何かあった時に対応してもらえるので、安心感は高いと思いますが、それも担当者の対応に大きく左右されると思います。 ここがタマホームは弱いんですよねー。 契約当初からもいろいろありましたし、完成後のでの依頼項目に対する対応も未だに返答なしです。 まあ忙しいのでしょう。 結論:タマホームでの保証延長は費用がかさむだけでメリットなし。 まあ10年間タマホームの家に住んでみて大きなトラブルがなかった事がせめてもの救いです。 もしトラブルがあってタマホームに対応してもらおうとした時にどんな対応してくれたんだろう?って今更ながら考えてしまいます。 建物や設備などは悪くないのに残念です。 愚痴っぽくなってしまいましたが完全な個人的意見なので、参考程度でお願いします。

次の