鶏肉 ワイン。 鶏肉に合うワイン5選

鶏肉とじゃがいもの白ワイン蒸し

鶏肉 ワイン

鶏肉の皮目を、しっかり焼くのがポイント。 皮目の方を全体の7分目まで中火でじっくり火を入れてください。 皮に焼き色がつき、ぱりっと仕上がります。 酸味が好きであれば、白ワインビネガーの酸を残すよう短時間で仕上げ、酸味が苦手な方はビネガーを煮詰めて甘味を引き出してもいいです。 gnavi. 温まったら弱火にして、にんにくと下味をつけた鶏もも肉を皮目を下にして入れる。 STEP2:中火でこんがり皮目が焼けたら返し、油を切りワインビネガーを入れ、フタをして6~7分弱火で煮る。 STEP3:フタを取りフライパンに水を入れる。 ひと煮立ちしたら生クリーム・バターを入れ、鶏肉とからませる。 STEP5:野菜をザルにあけよくお湯を切り、塩、コショウ、オリーブオイルで和える。 皿に盛り、その上に鶏もも肉とソースをかけて完成。 皮目の方を全体の7分目まで中火でじっくり火を入れてください。 皮に焼き色がつき、ぱりっと仕上がります。 酸味が好きであれば、白ワインビネガーの酸を残すよう短時間で仕上げ、酸味が苦手な方はビネガーを煮詰めて甘味を引き出してもいいです。 gnavi. gnavi.

次の

鶏肉とじゃがいもの白ワイン蒸し

鶏肉 ワイン

ワイン2は、ワインの酸味や香りがやや強めだけれど、ネガティブな印象はなくおいしく楽しめる。 ワイン3は、ワインも鶏肉もお互いの特長が引き出される感じ。 どちらも旨味や風味をしっかりと感じるように。 ワイン4は、ワインの味わいが圧倒的に強くて、鶏肉の味わいがまったく感じられない。 少し味わいが単調にも。 ワイン2は、ワインの酸味や香りがやや強めで、鶏肉の旨味や風味を少し消してしまう感じ。 ワイン3は、ワインも鶏肉もお互いの特長が引き出されて、どちらの味わいもよりしっかりと感じられるように。 ワイン4は、ワインの味わいの方が強すぎて、鶏肉の味わいを消してしまう感じ。 ワインの甘味や苦味がかなり強調されてしまう。 ワイン3は、ワインと豚肉の特長をお互いに引き出す感じ。 ただ、これもソースとはあまり相性がよくない。 ワイン4は、ソースとも相性よく、ワインの味わいも豚肉の味わいもしっかり感じられる。 これはミスマッチに感じる。 ワイン4は、ワインと牛肉が自然と調和して感じる。 ワインの果実味や肉の旨味がともにしっかりと感じられる。

次の

鶏肉の煮込み料理レシピまとめ!和風や洋風で柔らかくジューシーに!

鶏肉 ワイン

「 鶏肉に合うワインは何ですか?肉だから赤ワインですか?」などと聞かれることがあります。 その問いに対しては「 調理法次第」が答えとなります。 鶏肉に限りませんが、どんな食材も、その 調理法によって合うワインはガラリと変わってくるもの。 特に鶏肉はクセのない白身の肉なので、調理法も幅広いさまざまなバリエーションがあり、「鶏肉に合うワイン」を一言で説明することは不可能です。 また一昔前は「肉には赤ワイン、魚には白ワイン」と言われていた時代もありますが、最近では「 ワインは料理の色に合わせる」という考え方が主流になっています。 ざっくり言えば、「料理の色が白っぽければ白ワイン、赤茶~黒のような色だったら赤ワイン」という考え方です。 そこでここでは、日本人にも 馴染み深い鶏肉料理をいくつか考え、それらに 合うワインをざっくり 5つのタイプに分けてご紹介したいと思います。 おすすめリースリング: トリンバック・アルザス・リースリング (辛口リースリングのお手本。 口の中を引き締めるような酸味が心地良い) | シャルドネ(樽熟成) 料理の色合いが 白っぽく、こってりとした感覚の鶏肉料理には「 樽熟成したシャルドネ」が合います。 樽熟成したシャルドネの 酸味はまろやかで、 ヨーグルトや バターのような乳製品の香りがあり、また樽から来る ナッツや バニラのような香ばしさやコクもあります。 「鶏肉のクリーム煮(フリカッセ)」「鶏肉のグラタン」「チーズチキンカツ」「棒棒鶏(バンバンジー)」など クリーム、チーズ、ゴマを使った鶏肉料理と合わせると、食材とワインの コクが相乗効果を生み出すでしょう。 おすすめのボルドー赤: ル・オーメドック・ド・ジスクール(ボルドー・メドック3級ジスクールのセカンド。 素晴らしいコスパ) | ロゼワイン/ロゼスパークリング ここまでご紹介してきた通り、料理の色が「白っぽければ白ワイン」「茶色に近ければ赤ワイン」というのが料理とワインのマリアージュのシンプルな原則です。 しかし、実際の料理では、 白赤どちらとも決めかねる場合もあるでしょう。 例えば「鶏肉のバター醤油焼き」では「バターなので樽熟成のシャルドネ?でも醤油なのでピノノワール?」と迷ってしまいます。 他にも「チキン南蛮」「ねぎと鶏肉のチーズ味噌焼き」「鶏肉の醤油バターソテー」「タンドリーチキン」「鶏のちゃんちゃん焼き風」「鶏もも焼きおろしポン酢」なども白赤どちらかにしようか迷うところです。 迷ったときに白赤どちらを選ぶかは、個人の好みやそのときの気分もあるので、どちらを選んでも構いません。 それでも、もしどうしても迷ったら、白と赤の 中間のロゼを選びましょう。 ロゼワインは料理の さまざまな要素と接点を持ち、どんな料理とも 手堅く寄り添ってくれます。 特に スパークリングのロゼ(中でもシャンパーニュ製法のもの)は懐が深く、最強の オールマイティーワインです。

次の