さよなランチャ。 「ナランチャ」とは?意味や解釈

さよナランチャ

さよなランチャ

氏による用「」のである。 の1つ1つが非常に濃厚な内容であり常にである。 、、音がっており、その全てが手にっている。 各回の最後には登場の紹介が入る。 3以降は、4以降は前回までのが挿入された。 なお&前回までのはどちらもっておらずまともな内容となっている。 &前回までの「おれ達は気だよ。 」 1は 19:に1,000,000再生を達成、さらに5も :04に1,000,000再生を達成している。 ジョルノ・ジョバァーナ(CV:朴璐美) 第5部の。 はバ質に生命を与えるを持つ「」。 勇敢で感が強く、咄嗟の機転と行動を持ち合わせている。 常に冷静沈着で、であっても丁寧に接し、物静かで感情的になることはほとんどない。 しかし一度怒りを見せると底して容赦せず、報復を貫する。 がでの中に隠れた際にはあまりにもバレバレだったため、思わず「 おるやん!」とツッコんだ。 頭頂部がているに自分のを犠牲にしてまでそっとを貸してあげる優しさや(はそのを気に入ったのか登場人物紹介の時もかぶっていた。 途中で吹っ飛んでしまったが。 、の『面まじ君』で人を選ぶのに一番大切なはだと知った際にはちゃんとを着て課題に取り組む面さも持っている。 故郷ポのなが大好きでよくを食べたがっている。 冒頭のでは「年のにいるの… このこそ ィオの『ジョババ・ジョババババ ババババ バババ』と紹介されている。 彼が港でをしていた際『裏の』と名乗る ャングがシ ケ代としておを巻き上げようとした事でと出会う事になる。 出会う事になる。 出会う事になる。 出会う事になる。 との初後を心配するような発言をした後彼に向かって「死んでいるって訳ですよね?」と言ったり(その後「ですか」と連呼して煽った 、命がけの行動をとったのは自分ではなくであると話した際にがすでに死んでいると言い出したりと相手が死んでいるとを決めつけて話したりする。 上からの示、からのであっても人の言う事を全否定する事もある。 彼の運転するはのようなしい挙動をし何度も運河に落ちるが最終的には毎回事にに不時着する。 サン・ジョルジョ・ョーレではの居場所を教えると言いながらあらゆる方向を示しまくりを惑わすも、凄まじくを心配しまくっていたりがをした際にだけがを認識し、を何とか隠そうとまたも自分のを犠牲にを貸したりからを奪ったりの頭の上に座ったりと奮闘しており二人のの強さが伺える。 が、最終でがを頭に乗せた時には遂に彼もを認識できなくなった。 がの弾からをも引き千切りで切り抜けようとした際にはのからという名の巨大なの頭部を生み出し逃走をした。 との最終にてにはよく見えなかったしわからなかったが矢を入手し腕をに変えて自らにめり込ませる自傷行為をしながらしがになる。 最後にはと共にを間抜けなSEのラッシュで何度か時を巻き戻しながらもに落とし、その上に大量のを不時着させまくり決着となった。 その後になったを「ですか」と連呼しながら煽った。 戦いが終わった後、だけでなく周りの人物が化していく中はそのままの姿を保っていた。 最終で入手した巨大な矢は新たなとなったの庭にジェとして飾られている。 ブローノ・ブチャラティ(CV:櫻井孝宏) 「組織」のの一人で、の部下。 は 殴った物体にを取り付け、物体を切断・接着したり、開いたの中に間を作ることができる「」。 人のの味を確認することで相手の本の事を言っているかを見と言う特技がある。 組織に忠実で内でも厳しくしているが根は優しく、時には自身より他人を優先して行動することがある。 想いでとのしてきた。 から頼られ過ぎてその場にいないのに唐突に話を振られたりする。 感が強いように見えて 「『任は遂行する』『部下もアハハハ』『両方』やらなくっちゃあならないってのが『帰部』の所だな…」と部下を守る事を笑って誤魔化したり自身を『帰部』と言い帰ろうとしていたりな面もあるが覚悟はできている。 フィツェ行きではが治っていたがの「ザ・・デット」のによってになったりがになったり氷を持つ事でがになったりしていた。 またのみに限った事ではないのだが頭がする事がある。 に殴られた際にはをえると間の抜けたでのを破壊させた。 からのを上げる際はが「」になっていた。 その勢いのままととに「フー」「ジョル」「ッキ」というあだ名を付けルに上げた。 サン・ジョルジョ・ョーレでは最初にいのをかぶっていたが地面に埋まった時にいつの間にか消えていた。 とのには巨大なの頭に大きない靴がついている可くないのような姿になり、終了時にはいのかぶっていた。 が、そのもに吹っ飛ばされてしまった。 その際にのがくき、き過ぎてとがくなっていた。 組織を裏切ったことをに告げる際には鼻にいでのような恰好をしていたが強でやはりは飛んで行ってしまう。 を見た達はがいとである事を判別できないらしくしく罵倒してくるもが頭を隠す為奮闘し何とか場を繋いでくれた。 サン・ジョルジョ・ョーレを上手く言う事が出来ず噛みまくった上に最終的にの名前を言う事で誤魔化した。 ディでは倒れているを見てをかけようと提案したりに15年かかると言ったに対し2分でやるよう命じをするなど非情な面を見せた。 では覚悟ができている事をしつこくしていた。 と対峙しと連呼された際には流石に頭にきたらしく、、と共にを殴りにした。 ので体が入れ替わってもその魂はやはり頭頂部がている。 の最終にてに後を託しながらへと登っていくと見せかけて矢を使用ししたのとなる。 はじめは姿を決しても残り続けるいのようなを付けておりのへの対抗手段を持たず視界まで奪われてしまいと共に窮地に陥るも、覚悟のを開放をする事で暗闇にを切り開きと二人でを決めディアもロを再起にした。 レオーネ・アバッキオ(CV:稲田徹) の部下。 はのやの行動をのように再生できるがヤ「 ・チョ」。 元は感溢れる官だったが腐敗したに失望し、「巨大で絶対的なものの命」に従うだけのグとなった。 人をあまり信用しない性格。 しかし一度認めたにとん信頼を尽くす想いな面もありを見捨てるのかとに聞かれた時はをしてした。 全てが手にっているの中「はもうやばいと思う」と冷静な判断を持ち「すぐここを 出るべきだぜ」と提案する。 しかし何度もしつこくやばいから出るべきしてくる為(しつこすぎた時は何故かが怒られた)なように見えなくもない。 またのやつはやばいと思うからすぐここを出るべきだとに提案し反対された際「大切なのはだ」と脈絡のいで説得しようとして「そうは思いません!」と否定され「うぅ…」と落ち込んだり、その後「の意思はあいつらが感じ取ってくれるだろう…」と再び説得を試みたが「拒否します!」とやはり否定され「ヴオォーッ」と叫んだりとらしき一面もある。 実は理解が低く度々に説明をめる。 説明されたばかりの事を理解できずに他の人物が喋っているのも構わずにに説明をめる事もあるが大体視される。 「誇り()」と「(今週号)」にかけて鍵を護る為と戦った後に死んだという事にされがその全てのを快く取りに行こうとした際には「ひとりでおいて行くのかよオオォォォー」「おれはヤダよオオオォォォォー」とので泣き叫んだ。 ディ行きの内では襲撃を受けているというのにをしながらしくの後ろに座っていた。 その後立ち上がりやはりをしながら顔交換をしていた。 ディではムーディ・のでの正体を探る事となり、にそれを5分でやれと命じられてしまい「15年遡るのに15年かかる」と伝えたがそれを聞いたは何を思ったかさらに時間を縮め2分でやれとをしてきた。 中にはムーディ・、と共に頭の後ろで手を組みをしく左右に動かして「」と叫びながらがその動作がに必要なのかは不明である。 に時間制限をかけられなかったら15年間踊り続けるつもりだったのだろうか。 その際にの姿で近づいて来たに襲撃され致命傷を負ってしまうが、嘆くに蹴られたりのを受け悲鳴を上げていた為少なくとも倒れているところをに発見された際には死んでいなかった。 その後から見守っているようなが出てくるがくはどうやらで食事をしているらしい。 それがのなのか通りなのかは不明だが一先ずに同行し続けている。 ではがに最長のをしている際中にを発動しラッシュをさらに延長させた。 グイード・ミスタ(CV:伊藤健太郎) の部下。 は丸ついて発射後の軌を操る「・」。 「単純に」を信条にしており、性格は常に快活で直情的。 かなりの験かつぎで、数字の「4」を不吉と信じて極度に嫌っており「4」が絡むと途端に弱気になる。 因みにこのの登場人物紹介4番にが来たのはではなく偶然。 ホントウ。 「1」は好きなのかを撃つ際「!」と叫ぶ。 敵であるにも唐突に「ヘロー」とをする気さくさを持っている。 少々オネエっ気がある。 の遺跡のの床絵が彼ので「!!」「!ツー!」と鳴いていたががを当てていたのかは不明。 に襲撃され何度も撃たれた際には画面にのを出しながら顔で長々と悲鳴を上げ体を伸ばを高速移動させたりしつつもいつまでたっても死なずのような状態になっていた。 と共に・前に向かう途中の襲撃に遭いになる。 につきまとわれていたががを撃つで「ゥ~」というの掛け(?)が入る事もあったのでもしかするともの一員になっていたのかもしれない。 後に傷を治してもらう際通り痛みに耐えきれず(うわ。 な感じのを上げるがも加わりとがいる箇所を二人のが隠していたので更に(うほ。 な場面になっていた。 更にはもしてきたかと思うととは画面に向かってのような姿で接近してきた。 の乗るに向かってと共にを撃つでもを閉じくなりながら(うほ。 的なを上げながらしていた為ソッチの気があるのかもしれない。 した際の弾はにも飛び火した。 が組織を裏切る事を達に告げる際には動き出す際に起動音のような音が聞こえたり足音にやたら重量感があったりと化が進んでいる。 ボートの音がの遺跡のの床絵同様に彼ので「!!」だったがこれまたがを担当しているのかは不明。 くはと共になんか『』である。 最終の事はよく見えなかったしわからなかったが遂らなかったらしい。 戦いが終わった後はのような姿をしていた。 ナランチャ・ギルガ(CV:瀧本富士子) の部下。 は殺傷が高い機やの他ペラでも攻撃が可な「ヘア」。 くにを亡くしにはされなかった上、信頼していた友人にさえもの罪を擦り付けられてへ収監される。 に拾われてのを受け、自分もグにして欲しいと申し出るが安易にグのに入ろうとしたことをに厳しく怒られてへ帰される。 しかし「何の関係もいはずの自分を親よりもな態度で怒ってくれた」と感じた彼はに憧れ、その恩に報いるため秘密で「試験」を受け組織に入団する。 っぽい部分が立つ性格をしており、やを好している。 その一方で、をに受けていない事を気にしており、その事をにされたり他人のにのぼるとキレてしまう。 やや自意識過剰なのか話を振られてないのにその場にいなくてもどこからか「?」と言いだしたりする。 への憧れが強すぎる為かの・がの姿になっている。 ラッシュ時のは「……」 がの傷を治す際が痛みでと共にのを上げているのを撃し(うほ。 な場面だと勘違いしてした。 サン・ジョルジョ・ョーレではに何度も買い物に行くよう要され彼が組織を裏切る事を告げた際にはこれまたしつこく来るなと言われるも結局達の乗るボートを弾き飛ばす勢いで泳いでついてきた。 付きで「」と言われた時は自分自身が・になってをした。 のでと体が入れ替わった際には凄まじく動揺し出番がされてしまったのトー・つかれたような状態になった。 一行がを離した隙にに迫られっになりってしまった。 その後さらにに襲われまたも行ってしったが体が元に戻った後には元気に飛び立ち、を読まずに煽ってきたを しようと試みるが躱されてしまう。 だがその勢いのまましから矢を奪い取り飛んで行った。 パンナコッタ・フーゴ(CV:三浦祥朗) の部下。 は拳に搭載された数個のからをばら撒く「」。 普段は的だが短気でに対する暴行事件をきっかけにを外れ、グとなる。 が浮浪児となっていた時の元に連れていき彼がに入るきっかけを作った。 勘が鋭くとよりもく遺跡にがある事を「何か奇妙だゾォ?」と不審に思い、に映った敵を相手が名乗っていないのにも関わらず「後ろに!」と的確に摘した。 「何か奇妙だゾォ?」の時点で刺客がである事はバレていた可性が高い。 落ち着いているように見えて一度自分のの名前を言い始めると物凄くが高くなり名で歌いだす。 によってである事を暴かれてしまったが彼のは吹っ飛ばされても「ヘェー」と高いで叫ぶ事でする。 トリッシュ・ウナ(CV:夏樹リオ) 組織のの。 が組織に君臨する以前に出来たで最近まで自身も存在を知らなかった。 病死したの遺言で「を探してくれ」と偶然にも組織に依頼した事でを知る為の鍵と思われ、組織内の抗争に巻き込まれたがの示でに保護されに護衛される事となる。 おは どんなお物質も柔らかいオのにできる「おお」。 潔癖症でな性格で出会ったばかりのに「た 買い物してきてくれない?ッのかえとの2番のホ」とやたらの名前が頭にこびり付いた注文をする。 その後「! 発売予定もお願い」としっかりの宣伝もするの。 であると会う時には緊からかのようなというかの顔になっていた。 その時も一部化している。 それに驚いたはがいなくなった際に「よし」と喜んだがはいなくなったわけではなくの背後に回り込んだだけであった。 くとは『』である。 ディ行きの内ではに覚めるかが状態になっていた。 化は解けていたものの全に直ったわけではなく時々の顔やになる事がある。 決めは「やるしかGO!」。 最終にて何度もラッシュを受けに落とされた後に上から数のを落とされ続けるが死んだ事を確認しないと安心できないと慎重さを見せる。 戦いが終わった後と共にのような恰好をしていた。 ルカ の組員。 喧でを深く刺された後遺症で常に灼にが滲むようになった為「灼のムカ」の異名を持つ。 がに再起にされた事がとの出会いのきっかけとなったはずなのだが2人が出会った際元気一杯に「おっおっおっおっおっおっおっおしまいだー」「おーしまいおーしまい」と叫んでいたので命に別状はなかったかもしれない。 その後も「おしまいだー」と叫ぶ彼のが聞こえる事がある。 その叫びがしつこすぎてに「駄ァ!」としばかれたりする。 また他の人物が「おしまいだ」と言った際にもすかさず便乗して「おしまいだー」と叫ぶ。 ポルポ(CV:岸祐二) 組織のポ地区幹部。 はの中を自在に移動し、捕えたの魂またはを引きずり出して、内蔵されたの才を引き出す「矢」で突き刺す自を持った「」。 とてつもない体の巨。 身動きできない自分の身を護るため、ワザとポに入っており、そこから外部に示を出している。 非情にに執着しておりの『面まじ君』で人がを選ぶにあたって一番『大切な』はだと思う?と質問した。 それに対しは「何ができるか」「」「思いもよらぬ何か」と色を変えつつ答えを出したが、どれも不正解。 不正解であると摘する際も「ちょっと違う……」とをし続けた。 だが最後にが出した答え「だ!」を聞いたは「合格だ」と告げた。 言っていたのはであったのか、の答えを聞き以上にが大切であると考えが変わったのかは不明。 彼の(見たは灼のムカ)が現れた際は「がッ 」と驚いていた。 に試練を与えたがその途中が関係の老人の命を奪った ? 事での怒りを買い、彼のでポにポえられた拳ポを食べようとして自ら頭を撃ち抜いて「」と言い残し大した。 が、その後何故かの遺跡におりをで吹っ飛ばした。 フィツェ行き内では分身してのによって作られたを占領していた。 戦でもに紛れていたががとの攻撃を振り切る際には本来非常に小さいであるはずのがいと化していた…かのように思われたが・ズとは別に正常なも出現した為と共にいた彼らが何者だったのかはである。 にをかけてしまい、謝りつつライターが再点火できる事を確認すると「何も問題は ないようのォ~のっ!」と明るく言った。 その後のによって殺された、ように思えたが死んでおらず然と起き上がった。 「何も問題はないようのォ~」 さらにようとするのの行く手を遮りながら「何も問題はないようのォ~」と、後の会話でも20回前後「何も問題はないようのォ~」と連呼し続けるのだった。 からの試練が終わった後もどこからか何も問題がない事を摘する彼のが聞こえる事がある。 やなど他の人物に憑りつく事ができる。 フィツェ行きの内装は彼の顔になっていた。 ホルマジオ(CV:岸祐二) の最初の刺客。 は人差しので切りつけた相手の身体と身に付けている物をどんどん縮小させていく「・フィート」。 買い出しに出たを襲撃しして隠れの場所を吐かせようとする。 の「ャン」ので画面を埋め尽くすほどのを放っていたが「ホ04店」というなる店をやっているらしい。 顔がした際い大きな丸いを付けた非常に危険な姿をしていた。 それを見たは「どもか」とこれまた危険なを入れる。 の「ザ・・デッド」のによって老化すると何故かがになり体が減少するらしい。 ディではムーディ・のでの正体を探っていた達を背後から見ており、その後のや、とをした。 その際にも大きない付けと付け鼻をしていた為例の危険な姿を余程気に入っていると思われる。 顔を塗りにしておりにの精度が上がっていた。 イルーゾォ(CV:根岸朗) の第二の刺客ザ。 は「の中の」を作り出し、も覚悟はいるがを出入り口としてその中に出入りする「」。 「ザ」がに付く。 の遺跡を訪れたらを待ち受け、1人ずつ順番に襲撃しの中へ引きずり込んでいンザ。 彼の姿が見えた者はお終ザらしい。 が試験に感染してのに入ってきた際は最初非常に動揺したものの「だがなんとしても『』だけは守らなくては…」「としてのを過ごすのは…死よりも恐ろしザ」とりだしが「マン・・ザ・・」へと ? したザ(名前が変わっただけかもしれない)。 「マン・・ザ・・」はだけがの外に出る事をしの孫にはしなかったンザ。 フィツェ行きではちゃっかりザ・に同行しているーゾォ。 がからのが入ったを手にした際には鼻のを膨らませ喜びのを披露しのをおしまザさせた。 サン・ジョルジョ・ョーレでがに「の護衛の任務はこれにて終了だ」と言った際には灼のムカと共に「おしまザ」で便乗。 その後はと共にのにまとわりついていた。 ディではに連れられてと対峙したンザ。 相変わらずのザ・喋り方に加えのように自意識過剰になって「ぇ?」と出しゃばったりとをさらに高めてザ。 に乗ったが不時着してきて共に押しつぶされるもピンピンしており、他のや、とを楽しんだ後またもちゃっかりとに同行した。 プロシュート兄貴(CV:うすいたかやす) の一人であり 三大 の一人。 は全身の から周囲の を に老化させる を放つ「ザ・ ・ トコトコ デッド」。 的のためなら一 も惑わない覚悟と自分の首が吹き飛んでも「これぐらいの事で騒 ゃねえ」と言う 度胸を持ち、 関係のをも なく 攻撃に巻き込む。 その一方で、ザ・ 分の の事は叱り付けつつも精 的な成長の大切さを説くなどザ・ 肌の面倒見の良い性格。 思い込みが しく の動向を「 は で食事をしている の隠しを取りに行く為 グの入団試験を受ける に襲いかかって を させ の孫 、 の女 と共に に放逐された」と支離滅裂な推理というか をして「それだ 」と一人で納得していた。 それを聞いた は「ど、どこだァ ?」と を入れて「あんな重症じゃ はもう助からない」と判断し 2となった。 なおがに放逐されるという推理はのちに的中する事となる。 「」が口癖でよく修飾として名詞等につける。 の「ザ」のザ・後釜を狙っていた可性がある。 何も問題はないようのォ~に憑りつかれている。 フィツェ行きでをの乗客ごと始末しようとするが、と内と外を行ったり来たりしながら交戦の末に内に転落。 その際にの重傷を負いながらものをとして戦い続けた。 同様頭頂部がている。 内心の事を気にしているようでの頭に氷やザ・・トコトコのでが生えたのを見て「フサいな…」としていた。 がザ・・を追跡している際には何故かとが乗ったにしがみついていた。 の運転は荒々しかったが振り落とされなかったィはやっぱりスゲェーや サン・ジョルジョ・ョーレではのジッパーから登場しと共にのにつきまとっていたがその時もやっぱり頭頂部はていた。 ディではのや、とをしていた。 「動きが見えるぞ!!」とながら思りを手で持っていたがが中断される事はなく進行した為はだったのかもしれない。 だが彼に対るさいと怒りだしたりキやwと呼んだり具扱いしたりとあまり慕っていないようにも見受けられる。 は釣状で針は物体をのように透過し、標的を上げるように攻撃できる「 ビーチ・」。 であるにもかかわらず今まで一度も人を殺したことがなかったらしい。 はじめは臆病で自信のいチンピラだったが からその精的な弱さを叱され、彼の「覚悟」を見て未熟から脱し冷酷な暗殺者に成長。 をとして使用しをあらぬ所へ吹き飛ばしたりして4度進行にする死闘を繰り広げたがする。 死ぬ間際にののを連れにしようとしたがこの行為がの怒りを買い、最後はのラッシュでされた。 何故かをの敵にしておりと戦っているにも拘らず「えぐれろッ 」とその場にいないに向けて暴言を吐いた。 「え?」 ディではのや、とをしていた。 がを手で持っているのを見て大喜びしと共にに援を送っていた。 メローネ(CV:木内秀信) 関係なく「」で出番をされてしまった。 は から手足が生えたような「親」と、標的の血液を採取して遺伝子を分析した後にを媒体にして生まれる「」の二体で構成される「ベイ・」。 数々の個性的なが登場するの中でも抜きん出たである。 「(非常に)!」が口癖。 いきなりに近づいて状態や性的嗜好を偏執的に調べようとしたり、手打ちを受けると「スゴくいい!いいビンタだ!手首のスナップといいの入れ方といい、こういう元気なビンタを繰り出せるなら、君の状態は間違いなく『良好』だ!」と絶賛しながら喜色満面で手のをめたりする。 本来ならとに続く第五の刺客として登場するはずだが登場させてもらえなかった。 パッショーネ24時では時に本人は騒いでいなくても「 うっせーぞ !」と唐突に怒られてしまう可哀そうな…であったがディにて、、でのに参加する事で僅かにだが出番を得た。 試合中にもを顔面にぶつけられながら 「 うっせーぞ ! 」と怒られてしまった。 ギアッチョ(CV:西村朋紘) の一人。 は 極低温を操り、分を凝固させた 用のような装甲で本体を覆うというしいを持つ ホ ホ ワ ワ イ イ ト ト ・ ア ア ル ル バ バ ム ム 「」。 言葉の言い回しや使い方に関して気に食わない部分があるとすぐに キレるという偏屈な性格の持ち。 渦巻いたが特徴で ので数少ないでもある。 を身にっていない状態だと物凄く痩せているというかペラペラ。 彼ののはが所々しておりが多用され のような状態になっている。 ・ 前に隠された-の回収に向かうとのを襲撃し、と戦う。 その際何度もの再起にした強敵である。 も自分を追い込んだに 敬 敬 敬 敬 敬 意 意 意 意 意 敬 敬 敬 敬 敬 意 意 意 意 意 を表していた。 たも先にを奪うことに成功するが、にった柱に首を撃ち込まれ再起となった。 …はずなのだががディで行動している際にはができる程度には回復しのや、とを楽しんでいた。 がを左方向に送った際体を大の字に広げながらその気になれば止められると叫んでいたことから恐らくはだと思われる。 で実に楽しそうであった。 リゾット(CV:根岸朗) の。 は群体でを磁により操作する「 」。 非常に小さく本体の体内に潜んでいるというしい。 とが逆転したようなをしている。 の頃にでいとこを殺したを殺し、それが切っ掛けで裏のに身を投じた経緯がある。 ディにてを引き連れによりした立ちを披露しながらと対峙しているところをに撃される。 巨大な的なものに乗ったが不時着してきて重傷を負うも倒れたまま「アァメェリィカァア! 恐らく名 」と叫び「!!」とフでを連呼し勝ちまで宣言するという余裕を見せつけた。 その後はをできる程度には回復しの、、と共にを満喫していた。 からパスを受け立ちをしながらを左方向に送った。 ノトーリアス・B・I・G の親衛隊「」の。 本体は内でされるくらい あっけなく殺されるも、死に際の恨みのによっての霊と化した。 近くにあるもののうち「最も速く」動いているものをそれを上回るで優先的に追尾し攻撃する自動追尾。 や、の燃料など様々なを吸収し肥大化する。 また、既に本体が存在しないために航行中のにさえ追いつくほどの限大のと射程を持つ。 により本来の出番より前から登場していたが正式な出番であるディ行きの内でを襲撃しをにした。 に覚めたの機転で消滅したかに思われたがの燃料を吸収することで却って肥大化してしまう。 その後の・によってになった。 見たはだったりだったりする。 チョコラータ(CV:石野竜三) の切り札の一人。 自身より低い位置に存在する「生きているもの」をで侵食するをする悪なを持つ「」。 やを思わせる形状をしたとなを施した回る顔が特徴。 しがちなと本人の性格とが危険視されて行動を制限されていた。 の2年前に医療で患者を死なせをになった所を組織に拾われたが、実態は人の死や痛みを観察するのを楽しみとする旺盛で的なであり患者も意図的に死に追いやっていた極悪非そのものの男。 を志したのも合法かつ効率的に死を観察できるからに過ぎない。 と共に行動しており、彼にをちゃんと回しているか確認する際には自身の顔を回していた。 その動作を見たはを回すという事を的な意味なのだと勘違いしてしまいのように構えていたを的に回しだした。 その後に甘いのを投げ渡そうとして3ツァーノにを投げてしまい倒してしまう。 と倒れたを眺めながらしばし呆然とした後、とち狂ったのか顔を回しつつを撫で回しながらを褒めだした。 しかも吹っ飛んだ後一度に引き戻され追加のラッシュを受けた。 最後に彼が込まれた収集には「燃えるは」と書かれていた。 セッコ(CV:うすいたかやす) の切り札の一人。 は身にうで、 岩やコン ートをどろどろに溶かしその中を泳ぐことができる「」。 の元患者で彼の言うことしか聞かない。 く「考えの読めない男」で共々にゲス呼ばわりされている。 ののように振舞っているが、本音の不満を駄々洩れさせる正直な性格。 に甘いの(通りなら)をねだり、1ツァーノと2ツァーノは回避するも3ィッツァーーノオとして飛んできたのを顔面に喰らい倒れてしまった。 後らしきものに付きまとわれた状態でと対峙し、その頭を見てからしきものがの言葉を遮りを連呼する。 彼がに摘され「味チ」を言うの単をした際の演出で出てくるはの頭部の形をしていた。 ディアボロ(CV:宮本充) の裏をるグ組織「」の「」として頂点に君臨する男。 その人物像は組織内ですら底的に秘匿されているの人物。 は時間を消し飛ばすを持つ「」。 本来まだ登場していないはずのでも時折どこからか彼のが聞こえる事がある。 「」と叫んでいる事から既に「」のによって『死』という『』に到達できなくなっておりと化していることが予想される。 に「にを使え」と示を出しておいて具体的にどうすればいいのか自分では理解していなかった。 部下の名前もちゃんとしていないようでの事を「ブロ・チャィ」と呼ぶ。 最初は正しい名前で呼んでいたはずのの事も呼び間違いまくったのでただ名前を覚えられないのではなくわざとやっているのかもしれないが意は不明。 正体は明かしていないものの初登場となるが迫りくるのようなとに「」と切実な叫びを上げた。 とにかく近付かれるのが嫌いらしく攻撃する際にも「近寄るなああー」と叫んでいる。 が組織を裏切る事を達に告げる際にはちゃっかり紛れ込んでおり言のままボートにまで乗り込んできて達と共に出発した。 のにはだと言われていたらしい。 ッセオでと対峙した際にはになっており、その姿が「かっこいい」「つよそう」と達から支持されるもまさかの創造により他の人物共々されてしまった。 最終にてした、そのとなったと戦う。 は最初・コング・のに対抗手段を持たずが優勢であったがが覚悟のを解放した事によって逆転され。 何度もラッシュを受けた後に落とされその上から数のが不時着しまくったがののによって分裂しながら正式に状態になった。 ドッピオ(CV:宮本充) 「」のもう1ツァーノの人格。 第一人格のとは従関係にある。 気弱で優しいであり自身が最大の心であると思いこんでいる。 の正体が暴かれそうになるとの人格が表に出てくるが、はその間の出来事を覚えていない。 のようにがして訛っている。 ディにてと対峙したのち、の正体を探る為を襲撃する。 その後、と共にを楽しんでいた。 ジャン=ピエール・ポルナレフ(CV:根岸朗) 第孫部「 ダーズ ~ ダ~」の登場人物。 は士の姿をした「」。 に敗れて死にかけ一命をとりとめるも後遺症は大きく、に乗っている。 第一線で戦えなくなった自分の代わりにに撃退を託すべく「矢」の秘密を教えるためにの=・ッセオで待ち続ける。 何故か自身の元へ来るための移動手段にはを使う事を強要してきた。 警心が強いがを見れば安心するらしい。 時折喋り方が化しに「ザ」を付けたりもするンザ! と対峙し焦った時の動きのしさからに沿っていても非常に俊敏である事がわかる、というか実はる。 かつて戦ったのようにではである名前を呼び間違える事に過敏でに呼び間違えられた際に直していた。 同じ事を何度も聞かれても根気よく答えてくれる優しさを持つ。 最終後に体は死んでしまったが精はのではなくのに憑りつく事で生き延びる。 から出てきたの精はや同様のような恰好をしていた。 が手にした矢をの中にしまうに示し、矢を手に入れ「それでいい。 行け、」を裏切って奇襲をかけるような事を言ってきたがそんな事はなくと共に新たなとなったの姿を見届けた。 しまったはずの巨大な矢は何故か庭にジェとして飾られた。 でもッセオに向かう手段はやっぱりを使う事を強要する。 ジョセフ・ジョースター 第二部「戦第2流 ~ y~」のであり第一部のの孫。 基本的にはにて登場した「」の悲痛な叫びの画像で登場する為いつも泣いている。 各部の達が 清掃員の老人に侵食されていた際には第三部の老の姿で登場し一人だけ事だった。 老もの一員の可性がある。 とがの乗るへとを撃った際にはで援護した。 で映った達の活躍が記されたの表もの部分は隠れているがの顔であった。 荒木飛呂彦先生(仮)(CV :置鮎龍太郎) の、の者。 組織を裏切ったがの正体を探る為のオギであると頼ろうとしていた存在。 、、、ポッが対峙した際へと繋がるの名を呼びながらと書かれたパでまさかの登場を果たす。 の創造により達はした。 には登場する事をされてなかったらしいが創造にふさわしい圧倒的なで10をさせた。 がと同じであった為今までの時折れれしくなるはもしかするとであったのではないかとも思われている。 最終にも登場。 『死』という『』に到達できなくなり死に続けるの前に現れた。 パープル語録ゥ!? うっせーぞ!• げんたごす?• 『すご味』ゴりらっ!• おるやん!• 何も問題はないようのォ~• えっオレ• はもうやばいと思う• フージョルッキ• は で食事をしている の隠しを取りに行くため グの入団試験を受ける に襲いかかって をさせ の孫・、の女・と共に に放逐された。 『フサい』な…• ーヴェ帰るチ!()• は事、に不時着した。 は敬意を表するッ この• ですか?ですか?ですかですかですかですか大 丈 夫 で す か ブ チ ャ ラ テ ィ• 柱の陰にいたのは… オレやん!• 怖いなぁ~• やるしか• ア メ リ カ• かったでしょ?• でッセオだ 関連動画はもうやばいと思う ザ・グレイトフル・トコトコ静画ッ! 関連項目インザミラーッ!!

次の

海外の反応 【ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 5部】 第35話 ここでフーゴを出すのはずるいよ… アニオリ補完が素晴らしすぎる

さよなランチャ

スポンサーリンク 【ジョジョ5部】前回のあらすじとネタバレ 『矢』の力により、暴走したスタンド【シルバー・チャリオッツ・レクイエム】 その能力とは、生物同士の魂を入れ替えるという奇妙な能力。 はと、はと入れ替わりが発生しました。 そして、にトドメをさされたはずのは、 亀と入れ替わり、何とか生き延びていました。 そして、の魂はディアボロと入れ替わっていたのです。 ブチャラティ(ディアボロの体)は、【シルバー・チャリオッツ・レクイエム】を追跡し、 【スティッキー・フィンガーズ】で攻撃を仕掛けました。 シルバーチャリオッツレクイエムの知られざる能力とは? 『矢』を持っていた【シルバー・チャリオッツ・レクイエム】の腕を切断し、 ブチャラティ(ディアボロの体)は『矢』を拾いあげようとしました。 すると、なぜか【スティッキー・フィンガーズ】が ブチャラティ(ディアボロの体)に掴みかかります。 ブチャラティの意思とは無関係に動く【スティッキー・フィンガーズ】 ミスタ(トリッシュの体)の【ピストルズ】が 【シルバー・チャリオッツ・レクイエム】を攻撃したことで、 【スティッキー・フィンガーズ】の動きは止まりました。 しかし、今度はミスタ(トリッシュの体)の【ピストルズ】が暴走、 ミスタの頭部を攻撃しようとする【ピストルズ】 間一髪でトリッシュ(ミスタの体)の【スパイス・ガール】によって 【ピストルズ】を柔らかくし、ダメージを防ぐことができました。 ポルナレフの精神を受け継いだ【シルバー・チャリオッツ・レクイエム】は、 『矢』を奪おうとする者から『護る』スタンドへと変化しました。 それは、『矢』を奪おうとする者の攻撃を跳ね返すという無敵の能力だったのです。 起き上がるブチャラティの体に【ピストルズ】を撃ち込みます。 弾丸を撃ち込まれたブチャラティの体は倒れ込みました、 拳銃の弾丸を補充するため、ミスタ(トリッシュの体)は、 トリッシュ(ミスタの体)のブーツに入った弾丸を渡すように言います。 しかし、すでにミスタ(トリッシュの体)の手の中には、 弾丸が握りしめられていました。 ディアボロの【キング・クリムゾン】による時間飛ばしが発動したのです。 ナランチャ(ジョルノの体)に周囲を見張るように 命令するブチャラティ(ディアボロの体)。 しかし、ナランチャ(ジョルノの体)からの返事はありません。 天井からはテントウムシのブローチと血が滴り落ちていました。 見上げると、ナランチャは鉄格子に突き刺さっていたのです! 【ピストルズ】に撃たれたブチャラティの体からは、 【キング・クリムゾン】を出した形跡は見られませんでした。 そして、ナランチャ(ジョルノの体)を攻撃するにしても 射程距離が遠すぎます。 急いでナランチャを鉄格子から下ろすブチャラティチーム。 ジョルノ(ナランチャの体)は傷口を治しますが、 すでにナランチャの魂は天に召されてしまったのです。 ジョルノは自分の体へと戻っていきました。 ブチャラティの体に入っていた魂は一体、誰だったのでしょう? まとめ ディアボロの魂は一体、誰の体と交換されているのでしょうか? 謎を呼ぶ展開となっています。 そして、ナランチャが亡くなり、ブチャラティチームは悲しみにくれていました。 ナランチャの最後はかなり泣けます。 最新の配信状況は Huluサイトにてご確認ください。 次回は、「」です。 それでは、また!.

次の

さよナランチャとは (アリーヴェデルチとは) [単語記事]

さよなランチャ

ーヴェ帰ルチ!(さよナランチャ とは、てらごやてぇそ。 氏による「の5」のである。 はの「 」、それについては当記事を参照。 概要 上記の最後、がに投げた「(だ)」がによって、が「ーヴェ帰ルチ!(さよナランチャ」になった。 そのはすぐにの中で流行し、定番なになった。 てらごやてぇそ。 氏もこののをにした。 「の5」にて変されたのはだけ、は「」のままだが、続編の「の7」にて、が「さよナランチャ(だ」を字面通りの発音でに言いつけた。 言われたは即座に(?)を使ってのを吹き飛ばした。 、「」が登場する「」第16話が放送、それをきっかけに「さよナランチャ」もトドと本科にした。 関連動画 関連静画 関連商品 関連項目•

次の