キャンピング ムーン。 キャンピングムーン(CAMPING MOON) 焚き火台 折りたたみ 高さ3段調整 Lサイズ 4〜5人位 収納バッグ付 MT

激安パクリブランド「CAMPING MOON」のキャンプ用品がヤバイ!

キャンピング ムーン

こんにちは。 「アウトドアする人には見えない」と、よく言われるむひろです。 個人的に、焚き火台のプレミアランキング総合1位にあるのが『スノーピークの焚火台』。 価格もさることならがら、折りたたんで薄くなり積載性にも優れ、さらに品質とアフターフォローの良さ、リセールバリューの高さなど、外部的な要因からも総合1位に君臨しています。 そのプレミアランキング総合1位の 『スノーピークの焚火台』にソックリなのが、Made in China の『キャンピングムーンの焚火台』。 気になる一番の理由は、そのお値段。 キャンピングムーン焚火台 L 「肉」などを焼くときは、『網目状』の方がすき間から「肉」が落下することがないので焼きやすいです。 しかし、洗う時は『ストレート』の方が「楽」です。 重さ 『スノーピーク』の方が約6. 3kgも重いです。 その分、板材の厚さが1. 5倍の1. 5mmもあり、耐久性が優れています。 また、『スノーピーク』の炭床は3. 9kgもあるので、これを軽量の物に変えれば、もう少し軽くすることができそうです。 値段 『スノーピークの焚火台 L 』のフルセットは38,664円に対し、 『キャンピングムーンの焚火台 L 』のセットは10,800円。 その差、なんと27,864円也。 この値段の差が大きいですね。 『キャンピングムーンの焚火台 L 』が後2台買えて、さらにお釣りがきます。 考察 『キャンピングムーン』は、『スノーピーク』の後発になるので、所々使いやすく改良されています。 では、両者の相違点はわかりましたが、実際『キャンピングムーンの焚火台 L 』の使い心地はどうなのか? アマゾンの口コミを見てみると、 口コミ評価は『4. 1』の高評価。 以下、アマゾンの口コミの抜粋です。 コピーではありますがコストパフォーマンスいいです。 本家購入には勇気が出なかった私ですが、レビューを信じてこちらを購入。 本家のM相当の大きさです。 付属の炭床は小さめなのでホームセンターで30センチ四方のしっかりした焼き網を購入し使ったところ、横に空いている穴の少し上でとまるちょうど良いサイズでした。 これで付属の炭床との距離も離れすぎず、いい感じでBBQができました。 付属の網は焚火の時にちょうどいいと思います。 使用後全く歪みなし。 鬼のように重い事以外は大満足です。 本家にそっくりなのに、価格が非常にに安かった為ちょっと不安でしたが、他の方のレビューを参考に購入。 実物はとても重いです…。 ただ、それが逆にしっかりしている安心感を感じました。 値段以上の良い買いものが出来て満足! 長く使いたいと思います。 BQも焚き火も出来て一石二鳥でした。 付属のバッグも付いているので便利でしたが 焼き台の高さを調節する所が1箇所半分くらい折れていました。 真っ直ぐなるように戻しましたが 使っているうちにいつかポキっと折れてしまうでしょう… キャンプの日まで時間が無かったので返品する事も出来ずでした。 ちゃんと細かく検品して出荷して欲しいなと思います。 一式がすべて揃うため、某社製の製品と比べるとお得に感じるが、本製品と同価格帯で他社でも良さそうな製品が出ているので、気を付けた方が良いです。 購入して、ほかの方が言われているように溶接の確認を行いました。 やはり、溶接は足りていない。 当方はろう付けを行い、強度の補強を行いました。 現在、5度ほど使用し、ハードに使用していますが製品としては問題なく使用できています。 本製品の網に関してですが、網というよりもロストルと感じるほど武骨なものになっております。 実際のレビューも好意的なものが多く、満足している方が多いようです。 評価も星5をつけている方が55%と、半数以上の方が星5をつけています。 ただし、やはり「Made in China」だけあって 当たり外れもあるようなので、使用前にしっかりと検品してから使用した方が良さそうです。

次の

【楽天市場】★CAMPING MOON★プレミアムコットンローチェア★キャンピングムーン★折畳チェア★アウトドア★キャンプ★グレー★グランピング★:ドミノサーフアンドキャンプ

キャンピング ムーン

というブランドを知っていますか? このCAMPING MOON、なんと 有名アウトドアブランドの大人気商品そっくりの商品を、激安で販売しているブランドなんです。 笑 それもこんなに似せて大丈夫なのか心配になるレベル。 ただ、ソロキャンプをはじめるときに道具を安くで揃えるにはオススメかなーと思ったので、紹介したいと思います。 キャンピングムーンのキャンプ用品 焚火台 まずキャンピングムーンの という商品からみてください。 もうちょっとズームしてみましょう。 スノーピークが焚火台のトリプルエックスSをリリースしたのかな?と思わせるデザインですねー こちらが ですが、やっぱり似てます。 おどろくなかれ!この ですが、 ・焚火台 ・焚火台の下に敷くプレート ・焼き台 ・ロストル ・収納ケース ・簡易テーブル これらがセットで、お値段なんと 3,480円!!! すごいですねー ジャパネットたかたさんに売らせたら5万個くらい売りそう まだまだあるんです。 これもどこかで見たことがあるような、、 あっ! にそっくりじゃないですかー笑 ロゴスのバーベキューコンロは8千円ちょっとしますが、 はなんと、、 3,280円!!!! 言っときますけど画像のセット内容でこのお値段ですからね! CAMPING MOONのこういったキャンプ用品は焚火台のみじゃないんです。 テーブル ユニフレームの大人気商品である焚き火テーブルそっくりですねー。 は7,500円しますが、 は 5,480円!!! 収納方法もユニフレームの焚火テーブルとまったく同じ作りっぽいんですよねー ここまで真似されてしまうとユニフレームもきっついですね、、 ユニフレームの焚き火テーブルのレビュー記事はこちら 気になる使用感は? CAMPING MOONの商品レビューを書かれているブログもいくつか見ましたが、高評価されているものが多いです。 ですが、使用感はあまり変わらないものの、作りの丁寧さを比べるとやはりユニフレームの焚き火テーブルのほうが品質が良いです。 実際にユニフレームとキャンピングムーンの焚き火テーブルを購入して徹底的に比較したときの記事がこちら 参考にされてみてください。 まとめ デザインについてはいろいろ思うことはありますが、ソロキャンプをはじめるにはリーズナブルだし買う人も多いだろうなーと思っています。 近々レビュー書きますのでお楽しみに! kawabatamasami.

次の

【使用レビュー】キャンピングムーンの焚火台(Mサイズ)を貰ったので使ってみた!【campingmoon】

キャンピング ムーン

キッチン Kitchen キッチンはコンパクトな独立型。 ステンレスシンクはガラス蓋付きで閉じれば調理スペースを広げられます。 冷蔵庫は使いやすい前開き40Lを標準装備。 ベッド展開をした時も、冷蔵庫はそのまま開閉が可能です。 オプションで、電子レンジの取付も可能です。 ベッド Bed 業界初の上下段スライド式二段ベッド。 夫婦2人旅であれば、拡張しなくても2段ベッドとして使うこともでき、通路スペースを残すことも可能です。 収納 ・フリースペース Cargo・Free space リヤのフリールームは車内・外部からの視線は遮られるスペースのため、トイレルームや着替えのスペースとしても使用できます。 独立したカーゴスペースとしても重宝し、旅の荷物が増えても室内に散乱することがありません。 また、ベッド下の空間も収納スペースとなっており、長尺物の収納にも便利です。

次の