テゾーロ 過去。 『ONE PIECE FILM GOLD』テゾーロの悲しき過去が泣けてくるぜ!

【ワンピース 】黄金帝テゾーロの能力・強さ大全【過去やその後も】

テゾーロ 過去

【スポンサーリンク】 テゾーロとステラの関係・エグすぎる過去について思うこと。 マネーによる支配。 テゾーロの若い時もそういった背景が充分あったみたいで、時の権力者である天竜人から相当に痛い目に遭わされてしまっている。 2016年週刊少年ジャンプ34号より引用 若き日のテゾーロ 劇中のテゾーロの価値観は決して褒められないし、賛成できるものじゃない。 奴隷として売られることを宿命付けられてしまった彼女が、テゾーロの歌を褒めてくれた。 そのために毎日一生懸命汗水たらして働いていたんだ。 もう少しでステラを買い取り、自由にしてくれる額になる。 でも、残念ながら運命は2人に味方してくれなかったみたいだ。 2016年週刊少年ジャンプ34号より引用 奴隷として連れ去られたステラ ギリギリのところで天竜人に買い取られてしまうステラ。 しかも、テゾーロの目の前で。 いつかのナミも、村を買い取るために頑張って、最後にアーロンに阻まれてしまったけど、あの時の状況と結構感覚としては似ているかもしれない。 ただ、今回のテゾーロ&ステラの関係でエグさに拍車をかけていたのは…。 あなたがもし女性なら、大切な彼氏が…。 でも、天竜人にとってのステラは違う。 命に代えても守りたい大切な人を、暇つぶし程度の動機で奪われたテゾーロの痛みは、ほんと計り知れないと思う。 一度傷は消えない。 トラウマは薄れても、一生残り続けてしまうんだ。 そういった点を考えると、テゾーロの恨みや価値観の転換とかは、ある意味仕方ないものであるとも思えてきてしまう。 映画の中でのテゾーロは確かに嫌なヤツだった。 ちょっとこのあたりのエピソードはこれ以上掘り下げると鬱になってくるのでこの辺で止めておきたい!.

次の

ワンピース!テゾーロの過去や生い立ちは?ドフラミンゴとの関係も!

テゾーロ 過去

二人の関係性は本編では明かされず、劇場特典の777巻でが極秘ノートとして紹介している。 少年時代 金の不足から家庭が崩壊して、金で手に入れた友情が裏切りで消え去り、命からがら人買いの手から逃れたとき、テゾーロはステラに出会った。 当時テゾーロが16歳、ステラが18歳であった。 ステラは父親のギャンブル狂いで人買いに売られたが、決してめげようとはせず「 いつか私は買われちゃうけれど、心までは買われはしないわ」と気丈な態度を崩さない。 そんな彼女のテゾーロの悪評を知りながらも微笑みふるまう様子に恋をしたテゾーロはまっとうな手段で金をためてステラをその境遇から助け出すことに決める。 三年間もの間、朝・昼・夜・深夜働き続けようやく目標の金額に達しようとするテゾーロ。 しかしが現れ、ステラはいとも簡単に買い取られてしまう。 当然納得できないテゾーロは天竜人に挑むが、SPにあっけなく取り押さえられる。 そんなテゾーロの前にステラが最後の言葉を残す、「 ありがとう。 あなたが私の為に一生懸命働いてくれた事が何よりも嬉しかった。 私は世界で一番の幸せ者」「 ー私は心から幸せだった」 奴隷時代 テゾーロも天竜人に向かっていったという大罪からステラ同様、奴隷となった。 しかし、天竜人の前で自由であるはずがなく、ステラとは会えない。 そして二年後、21歳になった時、風の噂でステラが亡くなったと聞く。 テゾーロはそれを金がなかったせいだ、『 金がないから彼女は不幸のうちに死んだんだ』と思い込む。 しかし、実際には彼女は笑顔で死んでいった。 なぜなら、彼女は奴隷の身でありながら とても金には代えられない愛情をある男からもらったからだ。 しかし、テゾーロは怒りでそれに気づかない。 栄光時代 その後、によって奴隷解放された後は、からゴルゴルの実を奪い権力を手に入れ、とまでつながりを持ち、ついには天竜人まで手玉に取る。 金を求め、金を第一に考え、世界の20%の通貨を掌握するように至った彼。 そんな彼の拠点グランテゾーロにて彼が開くショーの名は「 GOLD STELLA SHOW」。 彼が真に求めていたものは金なんかではなかったのだろう。 そして、彼の前に がやってくる。 捕らえられた仲間を助けるために自分に挑むその男は絶体絶命の危機だってのに、決して態度を崩さず、あげくの果てには優位にある自分を挑発までする、「 ーお前はおれの大嫌いな奴らにそっくりだ…!!! その姿にステラを助けるために天竜人に挑んだ自分を一瞬重ねるテゾーロ。 しかし、彼はそのことに気づけない。 栄光崩壊 怪物と称されたテゾーロは、その男がに敗れることになる。 栄光が崩れ、築き上げてきた富が無くなるその瞬間、彼はステラの言葉を思い出していた。 最後の最後にステラの思いに気づけたのかもしれない。 関連イラスト.

次の

【ワンピース】テゾーロとステラの関係・エグすぎる過去について思うこと。

テゾーロ 過去

こんにちは、マフラーマンです。 去年、「ONE PIECE FILM GOLD」っていう映画が放送されましたよね?その映画でボスキャラとして登場するのが、テゾーロです。 「」で考察済みですが、グランテゾーロの王で、新世界の怪物として君臨している超大物。 しかし、「がっこうぐらし」並みに壮絶な過去を背負っていました。 彼には ステラという恋人がいましたが、天竜人によって引き裂かれてしまい、会えぬ身となりました。 映画を既に見た人にとっては承知のことだと思いますが、ステラとの関係はテゾーロの過去や魅力を語る上で欠かせないものです。 今回はテゾーロとステラの関係を考察していきたいと思います。 テゾーロとステラの関係をご紹介! 1. テゾーロの前史まとめ テゾーロは、今の華やかなイメージから想像できないことですが、元々は 貧乏な家庭の生まれでした。 彼の父はギャンブル好きで、母は貧乏な状況に余裕がないためか、テゾーロの歌を嫌っていました。 こういう家庭は日本でもよくあることですが、どちらにしろ悲惨なことには変わりはありません。 父がこの世を去ったのをきっかけに、家庭はどんどん貧しくなり、テゾーロは家を出ていきました。 その後、彼は金で友達とつるみ、酒や喧嘩が日常茶飯事の荒れた日々を過ごしていました。 ある日、ヤバめのカジノで負けてしまい、仲間たちはテゾーロを見捨て逃げてしまいます。 仲間たちは金だけの関係だったので、当然テゾーロとの絆は全くありませんでした。 ボロボロになったテゾーロは、立ち寄ったヒューマンショップでステラという女性と会います。 彼はステラと心を開きあい、彼女を必ず助けようと悪事をやめて必死に働きました。 彼はステラを買える額まで溜め込みますが、その願いは虚しく天竜人に買い取られます。 こう考えると運命というものは、残酷なのです。 ステラはテゾーロにとってのオンリーワン テゾーロにとってステラは 唯一心を許せる存在でした。 人間関係によくあるような、利害や打算といったものとは関係がありません。 2人はただ純粋に絆を分かち合っていたのです。 2人とも父がギャンブル好きなために不遇な境遇にいる身でしたからね。 この絆は 「これだけは誰にも渡せないもの」だったものでしょう。 事実、テゾーロにはステラのように心を許せた人物はいませんでした。 テゾーロの両親や金でつるんだ仲間ですら、情は薄くむしろギスギスしていたじゃないかと思います。 そのかけがえない人を天竜人に奪われたので、上の連中に対する怒りは激しかったでしょう。 天竜人には向かった彼も、結局は奴隷にされてしまい、ステラも奴隷生活の中、この世を去ってしまいます。 これがきっかけでテゾーロは歪んでいったのです。 もし、テゾーロがステラを買い取れたら… ステラは天竜人に飼われてもなお、 「私は幸せだった」とテゾーロを思い続けていました。 そう、彼女は 全ての答えを持っていたのです。 しかし、テゾーロは怒りでその答えに気が付けませんでした。 ある意味、悲しい過去だったと思います。 もし、テゾーロが天竜人により先にステラを買い取れたから、2人とも幸せに暮らせたのかもしれません。 果てには、結婚して子供も生まれたかもしれません。 劇中では、グランテゾーロと呼ばれるエンターテイメントシティを建てましたが、それはドレスローザのように弱い者を排他する国でした。 お金持ちではなくても、レベッカやキュロスのように幸せに暮らせたはずです。 が、それは叶いませんでした。 テゾーロも心の底では、幸せを願っていたのかもしれません。 終わりに ここまでテゾーロとステラの関係を考察してきました。

次の