アルキメデスの大戦 原作 ネタバレ。 映画『アルキメデスの大戦』ネタバレあり感想・レビュー!結末を知りながら見る頭脳戦は果たして面白いのか?

映画『アルキメデスの大戦』ネタバレあり感想・レビュー!結末を知りながら見る頭脳戦は果たして面白いのか?

アルキメデスの大戦 原作 ネタバレ

あらすじ 日本と欧米が対立する昭和8年。 巨大戦艦ヤマトの建造計画に大きな期待を寄せる日本帝国海軍上層部は、山本五十六の代替案を提案されるも、世界に力を誇示するため、この計画を決行へ移した。 山本は大和建造にかかる莫大な費用を算出し、大和建造の裏にある不正を暴くために天才数学者「櫂直」を海軍へ招き入れる。 大和の誤算を暴いていく櫂直だったが、帝国海軍が立ちはだかり__。 『アルキメデスの大戦』結末(ラスト)はどうなったの? 『スポンサーリンク』 『アルキメデスの大戦』では、 天才数学者の櫂直(菅田将暉)が、 山本五十六にスカウトされる形で海軍少佐になり、大艦巨砲主義者による戦艦建造を撤回させるべく、数学の力を駆使して虚偽を算出し、証明する過程が描かれます。 櫂は平山案と呼ばれる戦艦建造案の虚偽を暴いて、さらに、戦艦の欠陥を証明し、一度は撤回に成功します。 しかし、 戦艦建造案を撤回した平山が後日、 櫂に協力を依頼して戦艦の欠陥を修正。 その結果、 戦艦大和が作られ、大和は3000人以上の兵を乗せて散っていくこととなりました。 戦艦大和はどうなったの?建造は止められた? うっかり上述してしまいましたが、 史実通り、 『アルキメデスの大戦』では戦艦大和が建造されました。 「戦艦大和」は平山曰く、 「戦争での負け方を知らない日本人は、最後の一人まで戦ってしまいうため、その結果国はつぶれる。 この国を守るには、絶対に沈まないと信じさせた鉄壁の船を目の前で沈ませ、国民を目覚めさせなければならない。 戦艦大和は、日本の依り代なのだ」とのこと。 大和建造の裏側をうまいことまとめたもんです。 原作との違いは? 映画『アルキメデスの大戦』にはコミックスの原作がありますが、 おおむね原作通りの脚本で話が進んでいきます。 セリフもそのまま使用されていたりと、原作をリスペクトする表現が多々。 ただ、平山が最後、櫂と模型を観ながら会話するシーンはかなりセリフも違ったので目立った原作との違いとしてあげられると思います。 原作について 今回実写映画化された『アルキメデスの大戦』は同名のコミックスが原作にあります。 ヤングマガジンで2015年に掲載を開始して現在も掲載中の三田紀房による人気コミックス。 日本海軍の造船を始めとする当時の戦術作品をテーマとした作品で、どちらかというと大人向け。 坊ノ岬沖海戦にて戦艦大和は沈没した。 大和沈没によって出た犠牲者は3000名以上。 生還者はわずか200人ほどだった。 戦艦建造にいたるまで:孤立していく日本 満州鉄道の権益をめぐって日本と中国、中国へ進出をはかる米国との対立は激化していた。 満州問題を解決すべく、関東軍は昭和6年に満州事変を起こし、その翌年に満州国建国を宣言。 これは国際平和機構・国際連盟によって否決され、日本はこれを不服として国際連盟から脱退。 「世界の孤児」となった。 保守派と航空主兵主義の対立 海軍少将である「山本五十六(舘ひろし)」は機能性が上がる航空機を主兵とする航空主兵主義者であった。 山本は世界から孤立の一途をたどる日本がもし戦争へ向かうのであれば、必要なものは大きくて身動きがとりにくい戦艦ではなく、命中率が高く、機動性が高い航空機を排出できる航空母艦であると考えていた。 設計者である藤岡もこの考えには賛成しており、海軍上官である永野修身も山本を支持。 戦艦会議で山本らは航空母を作る案を提出。 これに対抗したのは、平山をはじめとする保守派の大艦巨砲主義者だった。 彼らは日露戦争で勝利のきっかけを与えた戦艦こそが、海軍にとって必要なものとしてその意を曲げなかった。 会議は決着がつかないまま、 半月後の決定会議に決定は持ち越しとなった。 天才数学者との出会い 山本ら3人はある料亭で会食を行い、会議していた。 半月後の決定会議では、必ず自分たちの提案が通らなければならないと方針を固めるも、決定権を持つ大角大臣を説得する打開策は思い浮かばなかった。 3人は一度芸子を呼ぼうとおかみを呼びつけた。 しかし、芸子はすべてある人物のもとへ行っており、出払っていた。 これをよく思わなかった永野は山本と藤岡をその人物へ文句を言うよう命じた。 二人が芸子を独占する人物のもとへ行くと、そこには一風変わった学生風の青年がいた。 芸子の胸囲を図ったり、 センスの投げる角度を算出したり、 普通とは違った青年に二人は文句をいうも、青年は、 「バランスが悪く美しくないことをする軍人は嫌いだ」 「自分は数学者である」 「帝都大学に行っていたがやめさせられた」 など、一風変わった語りで上記を述べ、これをはねのけた。 青年の名は櫂直といい、 藤岡は彼をよくは思わなかったが、 山本は彼を利用できないかと考え、 彼の数学力を使って平山案の虚偽を暴いて糾弾するという妙案を2人に出すのであった。 数学者「櫂」への依頼 さっそく山本は海軍少尉である「田中正二郎」に櫂の調査を依頼。 田中は櫂が尾崎造船という大手会社のご令嬢とスキャンダルな関係にあったことが原因で帝都大学を追われたことを突き止め山本に報告した。 田中は櫂を海軍に入れようとする山本に反対だったが、山本は田中に付き人をさせて櫂のもとへ足を運ぶのであった。 二人は櫂のもとへいくも、櫂はすぐに二人の申し出を断った。 なんでも、翌日に数学の研究のためにアメリカへわたる予定があるのだそうだ。 かたくなに断り続ける櫂に、山本は「このままでは戦争が起こる」と彼をたきつけた。 尾崎のご令嬢「鏡子」 翌日。 櫂は「戦争が起こる」という山本の言葉を思い出しながらも、アメリカ行きの船に乗りこんだ。 しかし、船の端から想い人である尾崎鏡子の姿を見つけ、櫂は慌てて下船する。 引き止めに来た鏡子に別れを告げようとするも、鏡子の背中に、櫂は戦争が起こるのであればあがるであろう戦禍をみた。 このままでは本当に戦争は起こると感じた櫂は思い直し、日本に残ることにするのであった。 なぜか「田中」は付き人に 待っていた山本と田中のもとへ歩みよると、山本は櫂に海軍兵になることを呼びかけた。 櫂はこれを断るも、海軍少佐にでもならなければ誰も話をきいてくれないと山本に説得され、不本意ながらも少佐になることに。 また、こちらも不本意ながら、山本に命じられた田中は櫂の身の回りの世話をする付き人に抜擢されてしまうのであった。 資料はたったの2枚 櫂は山本に「平山が出した案の予算が明らかに低すぎるため、これが虚偽であることを証明しろ」と命じられていた。 海軍へと招かれた櫂は、 北側の日の当たりが悪い部屋を貸しだされ、自分は招かれざる客であることを感じながら職務を全うすることを誓った。 田中に資料の提出をお願いした櫂は、平山案の資料がぺらぺらの紙ぺらであることに唖然とした。 予算を再計算するには設計図や人件費といった詳細な情報が不可欠だったからだ。 とてもじゃないがこの資料では予算の再計算はできない。 と、櫂は田中をせめるも、資料は平山によって軍記にしか記されておらず、軍記は櫂や田中には触れることができない秘匿性の高いものであったため、資料を集めることは不可能に近かった。 戦艦長門をはかりまくる どうしても軍記に触れることを許してもらえず、櫂は直に戦艦を見ることにした。 田中に戦艦が停泊する海へと連れて行ってもらった櫂は、ちょうど出航していた戦艦長門に乗り込みたいと田中に無理を言った。 田中は当初できないといっていたが、上官の永野に掛け合うと、長門の艦長とは朋友であるため、つてを使ってのせてもらえるとお許しを得ることに成功。 二人は長門へ乗船することができた。 乗船した二人は、艦長と話をするために小さな部屋に案内され、飲もうといわれるが、設計図をどうしてもみたい櫂は田中に艦長を連れ出すように依頼した。 またしても田中は無理だと断るが、 櫂はどうしてもといって聞かず、 「永野上官に電報を打ちたい、艦長にも一言添えてほしい」と苦い提案をして艦長を部屋から連れ出した。 この隙に櫂は設計図をできるだけ写し、資料を得ることに成功。 また、許される限りの時間いっぱいを使い、長門の船内を巻き尺で測り続けるのであった。 図面に起こす 長門乗船で得た資料をもとに、 櫂は平山案の戦艦を図面に起こしはじめた。 決定会議まで10日のことだった。 徹夜明けの二人だったが、何とか櫂は図面を大部分起こしていた。 田中は櫂の尽力する姿に心を打たれ、彼の全面的に協力しようと朝食を取りに部屋を出る。 しかし、部屋の扉には櫂を揶揄するような張り紙が無数に張られており、櫂たちはすっかり孤立してしまっていることに気づいた。 価格表と民間企業 図面を起こしたとしても、正確な経費を算出するにはどうしても人件費などを記した価格表が必要だった。 しかし、その価格表はやはり軍記に載っている情報であり、櫂は閲覧することができなかった。 田中はこれに対して、造船に携わったことがある民間企業であれば教えてくれるかもしれないとひらめき、櫂に提案する。 櫂はこれに乗って民間企業を田中とともにその足で回るも、門前払いをくらうだけ、価格表を見せてもらえることはなかった。 価格表の話をしたとたんかたくなに相手が断るところ、どうやら都内の民間企業には平山派から圧力がかかっているようだった。 ご令嬢の力を借りる なすすべがなくなった櫂は思い人であり、民間企業で造船会社を営む父を持つご令嬢、「尾崎鏡子」に自分の置かれている状況や価格表が必要な旨を説明した。 鏡子は協力したいと申し出て、 以前お世話になった造船会社経営者が大阪にいて、その人なら話をきいてくれるかもしれない旨を櫂に話した。 大阪の大里造船会社へ 櫂たちは急遽大阪へ1日汽車に揺られていくことにした。 往復2日かかる大阪への旅はタイムロスだったが、このつてを頼るほか櫂たちに残された道はなかった。 大阪につくなり、櫂たちは鏡子から聞いた大里造船会社へ訪問。 社長である大里に価格表の話をするも、こちらもやはり門前払いされてしまった。 話を聞いてくれるまで離れないと、半日粘る二人だったが、ついに社長は話を聞いてくれることはなかった。 絶望的な気持ちを抱え、二人が会社を去ろうとしたその時、鏡子が東京から駆け付けた。 鏡子は昔お世話になった社長に取り次いでもらうよう依頼し、鏡子がきたということで大里社長も話を聞いてくれることになった。 大里社長と、予算計算 櫂はさっそく大里社長に起こした図面を見せ説明し始めた。 たった数日で資料がない中平山案の図面を起こした櫂に大里社長はえらく感心し、協力することを約束。 価格表を見せてくれた。 予算の算出への兆しが見え始めたが、田中に電報が届いた。 電報には会議が明日の11時開始に早まった旨が書かれており、一同は窮地に追いやられた。 櫂も焦りを隠しきれなかったが、資料を見てあることに気づき、鉄の総量だけを算出する計画に変更。 鉄の総量から予算を算出するという妙案でこのピンチを脱すると櫂は言うのであった。 決定会議 翌11時。 櫂と田中は鉄の総量を求めながら会議に滑り込んだ。 しかし計算は終わっておらず、10分時間を稼がなければならなかった。 櫂は田中に鉄の総量を求めるよう作業をすすめさせつつ、一同を説得するために鉄の総量から予算を算出する方程式を立証した。 方程式に食って掛かるものもいたが、 軍記に記された鉄の総量を当てはめることでほかの戦艦の正確な予算を算出したことから方程式が正しいことを証明した櫂は、田中が平山案の鉄の総量のもとめる時間を稼ぐことにも成功。 ぎりぎりで田中が平山案の鉄の総量を櫂に伝え、櫂はこれを方程式に当てはめて、平山案が虚偽の予算を提出していたことを明らかにした。 これを糾弾し、平山案は撤回されるかのように思えた。 平山、開き直る しかし、平山はこともあろうに虚偽があったことを認め、開き直った。 さらに、故意に予算を安く提出したのは、大金をかけて戦艦を作ったとしたことが他国にバレれば他国はさらに膨大な金をかけてこれよりも強力なものを作ろうとするからだと畳みかけた。 そもそも出来レースであった会議は、これによって平山派に大きく傾倒した。 不正を暴いても、意味がなかったのだと櫂は落胆する。 しかし、櫂はここで戦艦の決定的な欠陥を見つけてしまうのであった。 数日で起こした図面と、平山 櫂は急遽、自分が起こした図面を田中に広げさせた。 平山は自分が設計した図面をなぜ持っているのか櫂に訪ねたが、櫂が数日で図面を起こした旨を伝えると、驚きとともに関心しているようだった。 櫂は「この戦艦には欠陥がある」とし、撤回を求めると、一同が反対する中平山が話を聞くように声を上げた。 櫂は平山の設計した船では、台風が来た時に戦艦が大きな複合型の波を受けて沈没する可能性があるという重大な欠陥を一同に告げる。 平山は自身が起こした図面に欠陥があったこと、また、それに気づけずに会議に提出したことを謝罪し、自らこの案を撤回、退出するのであった。 櫂の目的は達成された。 しかし、櫂にはなぜか達成感はなかった。 平山に呼び出される 後日。 櫂は平山に呼び出されていた。 平山は櫂を建物内に案内し、ある模型の前に通した。 模型は平山が会議に提出したあの戦艦だった。 美しいその姿に、櫂は強いあこがれを抱きつつも、これは生み出してはいけない怪物だと非難した。 そんな櫂に、平山は 「戦争での負け方を知らない日本人は、最後の一人まで戦ってしまいうため、その結果国はつぶれる。 この国を守るには、絶対に沈まないと信じさせた鉄壁の船を目の前で沈ませ、国民を目覚めさせなければならない。 この戦艦は、日本の依り代なのだ」と語った。 平山が戦艦にこだわったのは、日本のためであり、決して日本をつぶすためではないのだそうだった。 櫂は平山に戦艦の欠陥を修正するため、 櫂が起こした方程式を教えてくれるよう依頼。 櫂は涙を浮かべながらこれを飲み、方程式を開示するのであった。 戦艦大和 9年後。 真珠湾攻撃から2か月がたち、戦艦大和は戦場へ進行をすすめることとなった。 櫂は出航する大和を見て、 「あの船が、日本のように見える」と口にするのであった。 キャストは誰? 配役についてまとめ 『スポンサーリンク』 以下、主要キャストについて記載します! 櫂直:菅田将暉 ニコアンドの菅田将暉くんは日常生活のすぐ隣にいてほしい大学生の美青年って感じ — 境(推し礼賛おじさん) ZroMw 今作の主人公天才数学者「櫂直」を演じるのは菅田将暉。 山本五十六にスカウトされて海軍少佐に抜擢され、平山の戦艦案の形状虚偽を暴いていく重要な役。 尾崎造船会社は本編で終始絡んでくる造船会社のため、ご令嬢はただのヒロインとしての登場ではないです。 大里清:笑福亭鶴瓶 家をきれいにする、 約束を守る、お礼の手紙を書く、 そういう基本をきっちり続けることが、 自分の型の基本をつくってくれたと思っています。 — 笑福亭鶴瓶- — 愛にあふれる言葉 ainiafuretukoto 造船会社「大里造船」の社長大里清役を演じるのは「笑福亭鶴瓶」さん。 原作者の三田紀房が鶴瓶をモデルにしてキャラクターを生み出したこともあり、本人が演じることに。 再現度は100%。 いい感じに櫂を手伝ってくれる役。 宇野積造:小日向文世 見た目を完全に二枚目に振り切った小日向文世とかものすごくみたみたい。 振る舞いは殆ど二枚目みたいなキャラ多い気がする。 — 人気のアカウント orange21 戦艦長門の艦長「宇野」を演じるのは小日向文世。 櫂が平山案の嘘の算出を暴く際に必要なモデルとして長門が必要になってくるため、かなり重要な人物。 永野とは朋友。 永野修身:國村隼 個人的にシンゴジラのキャスト面でビビッときたのは圧倒的に「國村隼」さんでした。 どこまでいっても安定の國村隼節と言いますか、鋭い眼光、落ち着いた物腰、風格ある発言がめちゃくちゃカッコイイです!憧れるなあ。 — ロボ石丸 robo1954 櫂や山本を側で彼らを指示する海軍中将「永野」役は「國村隼」。 これからは戦艦ではなく、空から攻撃をすべきだとする航空主兵論を支持しています。 日露戦争で勝利をもぎとった戦艦こそ日本に必要である主戦力とする大艦巨砲主義者。 航空主兵論者。 豪華キャストが勢ぞろいしているので要チェック作品ですね! 感想 同日公開の『ペット2』の後に鑑賞したので、テンションの高低差がありすぎて死にかけましたが、見てよかった作品でした。 むしろ『ペット2』より良かったです。 菅田将暉さんの演技力はもちろんですが、名俳優さんがわんさか出ていて視覚的にもあきません。 本作はフィクションですが、史実に着想をえて作られているというだけあって大和に関してはかなり忠実。 冒頭の海戦はかなり迫力があり、すべてCGとわかっていながら手に汗を握ってしまいました。 ただ、戦闘シーンは冒頭だけ。 戦争映画だと思っていくとちょっと違うので「あれ?」と拍子抜けする人もいそうですが、私にはかなり新鮮で逆に良かったです。 戦艦なんていうものは私にとっては遠い存在で、あまり考えることがなかったのですが…… フィクションながらラストはかなり腑に落ちる終わり方をしたので鑑賞後も不思議とすっきりとしていました。 夏休みに見るなら『トイストーリー4』一択だなとか思っていましたが、大人だけでみるなら『アルキメデスの大戦』もありだと思います。 まとめ 以上が『アルキメデスの大戦』に関してまるっとネタバレでした。 いかがだったでしょうか。 ちょっとでもお役に立てたのであれば幸いです。 ではでは、映画を見るよー!という方も、そうではない方も、良い映画ライフをお過ごしくださいませ! 『スポンサーリンク』.

次の

「アルキメデスの大戦」【映画】ネタバレ、あらすじと感想!news zeroに菅田将暉出演!7月25日追記!

アルキメデスの大戦 原作 ネタバレ

日本は大和の建造計画に大きな期待を寄せていた。 しかし、海軍少将・山本五十六はその計画に待ったをかける。 山本は代替案を提案するも、上層部は世界に誇示する大きさを誇る大和の建造を支持する。 そして山本は、大和の建造にかかる莫大な費用を算出、その建造計画の裏に隠された不正を暴くべく数学者の櫂直を海軍に招き入れるのだった。 数学的能力と持ち前の度胸を活かし、大和の試算を行っていく櫂の前に、日本海軍の大きな壁が立ちはだかる。 関連記事: スポンサーリンク 映画『アルキメデスの大戦』のフル動画を無料で視聴する方法 動画配信サービスU-NEXTが一番オススメの理由• 登録する際の入力項目が少なく、使いやすい• 無料キャンペーン期間が31日間で他のサービスよりも長い• 作品のラインナップが一番充実している(日本最大級)• 毎月ポイント(1200円分)が無料付与される• 無料でファミリーアカウントが使える(最大4つまで)• 解約したいときは簡単にアカウントページから解約できる ですので、やっぱり一番オススメの動画配信サイトは「 U-NEXT」ですね。 映画『アルキメデスの大戦』を今すぐみるならU-NEXTがオススメ 動画配信サービス「U-NEXT」は、 無料トライアル期間が31日間となっています。 ですので、正直、この間に退会をすれば、料金はかからないです。 この点が最大のオススメのポイントですね。 なお、U-NEXTで視聴できる動画作品には、以下の動画作品があります。 U-NEXTで視聴できる動画作品の種類• 見放題作品• ポイントレンタル作品 『アルキメデスの大戦』はポイントレンタル作品となりますので、通常は料金がかかります。 しかし、無料登録キャンペーンに登録した際にもらえる600ポイントを利用すれば、無料で映画『アルキメデスの大戦』を視聴することが可能です。 また、無料期間を超えてしまっても、毎月1200ポイントがもらえるようになります。 およそ新作映画の2本分が毎月ポイントで視聴することができるんですね。 U-NEXTは、 映画だけではなく、国内ドラマ、海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、漫画、雑誌なども視聴あるいは閲覧が可能です。 31日間の無料体験期間は見放題です。 ですので、色んなジャンルを試してみる価値はあると思います。 試してみて「やっぱり合わないな」という場合は、U-NEXTのアカウントページの【解約】ボタンを押せば解約可能となります。 この点も、分かりやすい場所に解約ページへのリンクがありますので、安心して使ってみてください。 スポンサーリンク まとめ:映画『アルキメデスの大戦』みどころ.

次の

アルキメデスの大戦【映画】原作漫画のネタバレ感想!内容は何巻のどこまで?

アルキメデスの大戦 原作 ネタバレ

どうも、もっちゃんです。 8月だね!暑いね! 先日「アルキメデスの大戦」を鑑賞してきました。 実は私、東大を出ていながら日本の歴史に疎いところがありまして…(一度勉強しても関心をしっかり持ち続けないと忘れるものですね) このままじゃいかんと思い、歴史モノの映画をきっかけにしながら少しずつ勉強しておりました。 この「アルキメデスの大戦」も戦争映画ですが、歴史に基づいたフィクションであり、戦争についてあまり知らなくても楽しめたので紹介しようと思います。 15日は「終戦の日」ですし、私のような戦争や歴史に疎い若者にも観てもらいたいなあと思いnoteを書いています。 原作はドラゴン桜の三田紀房!監督はVFXディレクターでもある山崎貴! 映画「アルキメデスの大戦」は、「ドラゴン桜」「インベスターZ」などで人気の三田紀房先生の漫画が原作になっています。 監督は「ALWAYS 三丁目の夕日」「永遠の0」などを監督し、VFXディレクターでもある山崎貴監督です。 いま公開中の「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」でも総監督を務めています。 (アルキメデスの大戦は概ね好評なんですが、こちらはなかなか賛否が割れている模様) あらすじ これは、帝国海軍という巨大な権力に立ち向かい、数学で戦争を止めようとした男の物語。 1933年(昭和8年)。 欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。 海軍省は、世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。 だが省内は決して一枚岩ではなく、この計画に反対する者も。 「今後の海戦は航空機が主流」という自論を持つ海軍少将・山本五十六は、巨大戦艦の建造がいかに国家予算の無駄遣いか、独自に見積もりを算出して明白にしようと考えていた。 しかし戦艦に関する一切の情報は、建造推進派の者たちが秘匿している。 必要なのは、軍部の息がかかっていない協力者…。 山本が目を付けたのは、100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直。 ところがこの櫂という男は、数学を偏愛し、大の軍隊嫌いという一筋縄ではいかない変わり者だった。 頑なに協力を拒む櫂に、山本は衝撃の一言を叩きつける。 「巨大戦艦を建造すれば、その力を過信した日本は、必ず戦争を始める」…この言葉に意を決した櫂は、帝国海軍という巨大な権力の中枢に、たったひとりで飛び込んでいく。 天才数学者VS海軍、かつてない頭脳戦が始まった。 同調圧力と妨害工作のなか、巨大戦艦の秘密に迫る櫂。 その艦の名は、【大和】…。 (公式サイトより引用) ざっくり言うと、軍の中で「欧米に負けない立派な戦艦を作れ!」派と「これからは航空機時代!空母を作れ」派が別れます。 後者の山本五十六は、大和の建造は国家予算の無駄遣いであると考え、なんとかこれを止めようとします。 そこで数学者・櫂直が、大和の製造にかかる予算案の虚偽を暴こうとするのです…! ここから感想です 戦争映画って身構えてしまいますよね。 実際映画の大半は、ひたすら櫂直(菅田将暉)が奔走します。 予算を見積もろうにも、大和推進派の妨害もあり資料は見せてもらえない・戦艦の建造に関する知識もない。 しかし、それを勉強と交渉で乗り越えていきます。 他の方の感想にもよく出てきましたが、池井戸作品(半沢直樹など)っぽさがあり、全体的にテンポがよく、コミカルさもあるのでどんどん引き込まれます。 その真っ直ぐな頑張りに、気づけば櫂を応援しているのですが、ふとした瞬間に現実と向き合わされます。 「大和が沈む」ということを私達は既に知っている上に、この映画は「大和が沈む」という衝撃的なシーンから始まり、その事実を突きつけてくるのです。 戦艦大和は予算案の2倍ほどの費用がかかることが明らかになった上、建造を依頼する企業との癒着も判明します。 このシーンは非常に痛快でしたし、数式を書きなぐる菅田将暉さんがかっこいいです。 しかし、大和を実際に設計した平山中将(田中泯)の発言ですべてが変わります。 「他の国に日本が世界一の戦艦を作ろうとしていることが悟られるとまずい。 他国を欺くために予算をわざと低く見積もったのだ」と語るのです。 結局のところ、戦艦大和を作るという決定を覆すことはできませんでした。 映画の中で、大和推進派は滑稽に描かれています。 山本五十六(舘ひろし・上記写真)が、これからは航空機が主流だと説いても、櫂直が巨大な戦艦はほとんど玉が当てられないと言っても、「大和はかっこいい!美しい!」「誇りが〜〜」など精神論で反対してきます。 しかしその中でも、平山中将(下記写真)だけは違って見えます。 戦艦を設計する立場であれば、どれだけ無駄なお金がかかるかも、戦争に勝ち目がないことも理解しているのでしょう。 そんな彼の本心が、最後に櫂だけに語られます。 「このままだと日本人は最後の一人まで戦い、国は滅びる。 しかし、日本を象徴するような立派な戦艦ができ、それが沈めば、日本人は諦めるであろう。 」 国民が戦い続けることを望んでいる以上、負けることがわかっていても戦わねばならない。 どんなに数字が正しくても、理に叶っていても、戦時中の価値観の下ではどうにもならなかったのでしょう。 「君も大和を設計したなら、この美しい姿を見てみたいと思わないか」 予算を見積もる過程で、一から大和の設計図を描いた櫂には、「美しい大和を実際に見てみたい」というクリエイターとしての感情が少なからず湧いていた。 ひたすら数字や道理を追い求めてきた櫂にさえも、それと反する感情が存在しています。 映画のラストは櫂が、出撃する大和を見ながら「私には大和が日本そのもののように見える」と語るシーンで終わります。 独自の解釈ながら考えさせられるラスト 平山中将が語る「大和」建造の背景は映画独自の解釈ですが、実際に大和が海上特攻隊(戦死前提の特別攻撃)として任務に出たことから、当時も同じように考えていた人はいたと考えられます。 大和が追撃したとされる敵機の数は、わずか3つだったそうです。 絶対に勝てないと分かっていた戦争で、命を落とした人を思うと心が痛みますが、同時に国民や軍人自身が最後まで戦い続けることを望んでいた面もありました。 ここは否定もあると思いますが 当時の人々には、日本軍がいかに強いかなど政府にとって都合のいい情報だけが伝えられ、マスメディアも戦争を推し進めました。 人々は正しい「数字」や「情報」を知ることができず、自分で考える材料を与えられませんでした。 しかし情報を持っていても、何かを盲信し、客観的事実を元に自分で考えることができなければ、愚かであることに変わりありません。 滑稽な軍の大和推進派と同じです。 ラストのシーンは私達に語りかけているようにも感じられました。 というわけで、歴史とか戦争とかぶっちゃけ関心ないという若者こそ観に行って、考えるきっかけにしてほしいです!.

次の