ボーナス 計算 の 仕方。 賞与(ボーナス)支給額の計算方法

公務員ボーナスの計算方法はとっても簡単!支給額の推移も算出しました。|次席合格元県庁職員シュンの公務員塾

ボーナス 計算 の 仕方

ボーナスの計算の仕方について 6月や11月になるとボーナスの時期が近づいてきて、心踊る人も多いのではないでしょうか。 ただ、実際の手取り額については、ボーナスの明細を受け取るまでは確認することができません。 この手取り額についてですが、毎回、支給額に大きな変動がないのであれば、ある程度想定もできます。 変動がある場合は、手取り額が想定できず、色んな計画を立てることができません。 ここでは、基本給からおおよその手取り額を想定する方法などをご紹介致します。 手取り額は基本給でわかる 多くの企業では、基本給に団体交渉で妥結し決定されたボーナス月数を乗じて、ボーナスの金額を決定します。 それに加えて、特別手当が支給されたり、業務査定で大きく金額が変動したりする場合もありますが、これらの金額から社会保険料と所得税を控除したものが手取り額となります。 実際にシュミレーションをしながら、手取り額を想定していきたいと思います。 シミュレーションをしてみよう それでは実際に具体例を挙げながら、ボーナスの手取り額をシュミレーションしてみましょう。 例) 基本給 200,000円 ボーナス月数 2ヶ月である場合 (額面金額は? なお、賞与の所得税率を知るには、前月給与の課税対象額と扶養家族の人数が必要となりますので、前月の給与明細を用意しましょう。 税率を知るためには それに合わせて、インターネットから賞与の税額表を手に入れ、前月の課税対象額と扶養家族数の交わった部分を見れば、税率を知ることができます。 これで、大体の手取り額を把握することができます。 関連相談• ボーナスの支給額の計算に手当は含まれる? 月々の給料で、基本給以外に役職手当・住宅手当・家族手当など、いろいろな手当が支給されているかと思います。 果たして、これらの手当は、ボーナスを計算する際に考慮されるのでしょうか? 実際に見ていきたいと思います。 育休・産休手当があった場合のボーナス額 最近は、各企業とも育児休業の取得に力を入れています。 したがって、育児休業を取得している間、育児休業給付金を受け取っている人もいるはずですが、産休や育児休業中のボーナスについては、各企業の就業規則や給与規定を確認するようにしましょう。 育休・産休手当で確認したいポイント 確認するポイントとしては、賞与の対象期間と賞与における育児休業期間中の取り扱いについてです。 対象期間内に少しでも勤務実績があれば、減額されても支給されるかもしれませんが、全部が休業である場合、実際には労働が提供されていないわけですから、賞与の支給がないケースが多いといえます。 基本給と住宅手当は異なる? ボーナスの金額は、基本給がベースになると説明しましたが、住宅手当や家族手当は考慮されないのでしょうか。 賞与は会社業績や個人の成績に応じて支給される意味合いが強いので、労働とは関係のない住宅手当は、基本給とは異なる性質であることから考慮されない、と考えていいかと思います。 関連相談• ボーナスの査定期間について ボーナスのことを考える上で大切なのが査定期間です。 夏のボーナスであれば、1月〜6月や前年10月〜3月といった査定期間を設定することが多いですが、各企業によってその期間は異なります。 この 査定期間については、必ず就業規則や給与規定を確認するようにしましょう。 いくら自分が満足のいく成績を収めたと思っていても、この査定期間がずれていれば、受け取ったときに愕然とする場合もありますので、必ずチェックするようにしてください。 会社によって査定項目は追加される? ボーナスは、特に査定が色濃く反映されるものです。 月々の給料は、主に生活を支える意味合いがあるので、歩合給を採用している企業以外は大きな変動はありません。 ただ、成績の良し悪しに関わらず、受け取る収入に差がなければ、企業は成長できませんので、ボーナスに成績を反映させる企業が大半です。 なお、その反映のさせ方については、ボーナスの全額を対象にする場合や半額だけを査定対象にするなど、企業によって異なりますので、こちらも就業規則や給与規定を確認するか、人事担当に確認するようにしましょう。

次の

ボーナス合算確率(合成確率)の計算方法

ボーナス 計算 の 仕方

ボーナスは毎年その比率が発表されるけど、それは景気に左右されるからよ。 不景気で民間の収入が悪い時なんかは、次の年に遅れて比率が下がるわ。 平成21年の例とかそうね。 公務員の期末手当と勤勉手当について 公務員のボーナスは「期末手当」と「勤勉手当」からなっています。 となっています。 これからを元にご説明していきます。 公務員の期末手当について こちらは国家公務員の平成31年の期末手当の支給割合となっています。 基本的な一般職員であれば、1. 3(1回あたり)となっています。 375 となる場合が多いです。

次の

ボーナスの査定方法とは?評価基準や計算方法について

ボーナス 計算 の 仕方

待ちに待ったボーナス(賞与)の支給日。 実際に振り込まれた金額を見て、「あれ? 思ったより少ない……」と思ったことはありませんか。 ボーナスも毎月の給与と同じように税金が引かれるため、手取り額は少なくなってしまうのです。 「こんなはずでは!」とならないように、ボーナスの手取り金額を計算しておきましょう。 そこで今回は、ボーナスの手取り金額の計算式を紹介します。 ボーナスの平均金額や支給時期、査定などについても併せて紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。 そもそもボーナス(賞与)って何?どんな種類がある? 国税庁のHPによると、賞与は「定期の給与とは別に支払われる給与等で、賞与、ボーナス、夏期手当、年末手当、期末手当等の名目で支給されるものその他これらに類するもの」と定義されています。 公務員の場合は、ボーナスを「期末・勤労手当」と呼ぶなど、勤め先によってボーナスの名称は様々です。 また、業績に応じて支払われる「決算賞与」を設けている会社もあります。 ボーナスは法律で支給を義務づけられているものではないので、ボーナスがない会社もあります。 前述の厚生労働省の調査によると、2019年の夏季ボーナスの支給事業所は67. 9%であり、約3割の会社はボーナスがないということになります。 就職する際は、ボーナスの有無はチェックしておきたいですね。 ボーナス(賞与)の平均額は?金額は何で決まる? ボーナスの平均支給額は、いくらでしょうか。 会社の業績によって左右されるものではありますが、厚生労働省の「毎月勤労統計調査(令和元年9月・平成31年2月分結果速報等)」によると、夏季と年末の賞与額の平均は約38万円。 2回のボーナス支給額合計は、約77万円です。 では、どんな会社のボーナスが高いのでしょうか。 「企業規模別」と「業種別」で見ていきましょう。 「企業規模別」で見るボーナス(賞与)の違い 雇用人数別のボーナス支給額は、以下のとおりです。 5~29人 約26万円• 30人~99人 約33万円• 100人~499人 約43万円• 500人以上 約65万円 企業規模(雇用人数)が大きくなるほど、ボーナス支給金額が高くなることがわかります。 「業種別」で見るボーナス(賞与)の違い 業種別で見ると、ボーナスが最も高いのは「電気・ガス業」(約77万円)、次いで「学術研究等」(約66万円)、最も低いのは「生活関連サービス等」(約15万円)でした。 ボーナス(賞与)の支給時期はいつ? 有無はどう決まるの? ボーナスの支給時期は6月と12月の年2回、という会社が多いようです。 ただし、支給時期や支給条件については各会社で定められた就業規則によります。 支給されるかどうかの条件としては、「ボーナスの支給日に会社に在籍していること」「業績が悪ければ支給しない」などがあります。 また、出勤率をボーナス支給の条件に加えている会社もあります。 ボーナス(賞与)の査定はどう決まるの? 個人の成績評価に加えて、勤続年数や出勤率などの勤労奨励評価などの「査定」が行われ、支給金額が決定される会社が多いようです。 査定の内容は、会社によって異なります。 会社の業績によって支給額が変わることもありますので、勤めている会社の規定をチェックしてみましょう。 査定時期も、たとえば「6月支給のボーナスの査定は、前年10月から3月末までの勤務に対する評価で決定する」など、各社の規則で定められています。 〈ボーナス支給額の平均は?〉 ボーナス(賞与)の手取り額から差し引かれる4つのもの ボーナスから天引きされるものは、以下の4つです。 厚生年金保険料• 健康保険料• 雇用保険料• 所得税 支給額や年齢、扶養家族の有無によって引かれる金額に差はありますが、ボーナスから引かれる金額は支給額の2割程度です。 では、それぞれどのくらいの金額が引かれるのか、それぞれの計算式を見ていきましょう。 3%」が納める厚生年金保険料です。 15%)」となります。 標準賞与額には、1ヵ月150万円という上限があります。 また、厚生年金保険料の保険料率は一律ですが、健康保険料の保険料率は加入している健康保険によって異なります。 ただし、40歳以上65歳未満の人は「介護保険料」が追加で徴収される点は、どの健康保険でも同じです。 たとえば、東京都で全国健康保険協会(協会けんぽ)に加入している場合、介護保険料が徴収されない人(40歳未満)は4. 935%(9. 83%(11. 協会けんぽの保険料率は、都道府県によって異なります。 〈〉 3. 3%」です(建設業は0. 4%、2019年度の料率)。 雇用保険は厚生年金保険料や健康保険料のように1,000円未満の端数を切り捨てず、支給額そのものに保険料率を掛けます。 税率は国税庁の「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」に当てはめて求め、「前月の給与-社会保険料等」の金額と扶養している家族の人数によって決まるようになっています。 たとえば「前月の給与-社会保険料等」が25万円の場合、扶養親族が0人の場合は税率が4. 084%ですが、扶養親族が2人の場合は2. 042%になります。 また、扶養人数は特別な事情がある場合は加算することができます。 たとえば、納税者本人や扶養している配偶者、扶養親族が障害者である、本人が寡婦(夫)や勤労学生である場合などです。 扶養親族の人数を1人加算することができるので、その分引かれる税金は少なくなります。 ただし、前月に給与の支払いがない場合や前月の給与の金額(社会保険料等を差し引いた金額)の10倍を超える賞与(社会保険料等を差し引いた金額)を受け取る場合は、計算式が異なります。 ボーナス(賞与)35万円の手取りはいくら? 以下のモデルケースで、ボーナスの手取り額を計算してみましょう。 35歳独身(扶養親族なし)• ボーナス35万円• 前月の給与は25万円(手取り収入ではなく、支給額)• 社会保険料の合計は3万4,290円(健康保険料1万1,880円、厚生年金保険料2万1,960円、雇用保険料750円)• 「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」より、所得税率は4. 084%• 協会けんぽに加入• 住まいは東京都• 少し難しいと思うかもしれませんが、一つひとつ計算していくと簡単に求めることができます。 なお住民税は、昨年分のボーナスを加味して計算された税金が毎月の給与から引かれているので、ボーナスからは引かれません。 ボーナス(賞与)のメリット・デメリットって? 「ボーナスにはメリットしかないでしょ?」と思うかもしれませんが、実は考え方によってはデメリットもあります。 ボーナス(賞与)のメリット ボーナスがあると、車や家電製品など買い替えといった大きな支出に使うことができるので、月々の収入から貯蓄する手間が省けますよね。 また、旅行などの「ご褒美」といった使い方もできるので、生活にゆとりが生まれます。 ボーナス(賞与)のデメリット 会社によっては、ボーナスが「必ず支給されるもの」「金額が決まっているもの」ではないこともあります。 ボーナスを当てにしてローンを「ボーナス払い」にしておいたり、毎月の生活費の補てんにしたりしている場合は、注意が必要です。 ボーナスが減ったりなくなったりしたら、家計がマイナスに転落していくこともあります。 また、まとまったお金が一度に入ってくることで財布の紐が緩んでしまい、使う予定のない物を衝動買いしてしまうおそれもあります。 このように使い方や考え方では、「まとまったお金が入ること」自体がデメリットになりかねません。 ボーナスは、あくまで「ご褒美」「将来のためのお金」と捉えて、しっかり管理することが大切です。 ボーナス(賞与)の手取り金額を知って計画的に使おう ボーナスは毎月の給与に比べて支給金額が多いだけに、引かれる金額もそれなりの金額になってしまいます。 すでにボーナスの使い道を検討している人もいるかもしれませんが、「取らぬ狸の皮算用」にならないよう、手元に残る金額をもとに計画を立てていきましょう。 文・冨士野喜子(ふじのFP事務所所属) ボーナスを使って「つみたてNISA」で資産運用を 万が一の備えだけでなく、夢をかなえる後押しをしてくれるのがお金です。 今、手元にあるお金を運用に回し、お金にも働いてもらいませんか? 長期的な資産形成ツールとして今、注目されているのが非課税で投資をスタートできる「つみたてNISA」です。 詳しく知りたい人はこちらの記事もチェック!.

次の