東京電力 見通し。 千葉県停電、2度目の見通し修正 完全復旧は「最大で2週間程度」 「経験したことがない規模の設備損壊」

📞東京電力:カスタマーセンター・問い合わせ電話番号(電話番号は当サイト下部に地域別・要件別に掲載しています)

東京電力 見通し

純利益の推移 2014年 4,386億円 2015年 4,516億円 2016年 1,408億円 2017年 1,328億円 2018年 3,181億円 2019年 2,324億円 2020年 790億円(予想) 利益水準だけでみれば、既に同業他社と同一。 配当金の復活が噂 資料 今後の見通しにプラス、外部環境の要素 2020年、コロナショックから始まったリセッション。 東京電力は景気変動に強いディフェンシブ銘柄に該当、株価の下落が起きにくいとされる。 原子力損害賠償・廃炉等支援機構(支援機構)からの安定した資金援助。 東京電力の弱み、脅威、今後の見通しにマイナスの要素 次に東京電力の株価を予想する上で、弱みとなる点、マイナスの要素を洗い出していきます。 今後の見通しにマイナス、内部環境の弱み ・利益をあげても特別損失を計上し、福島への責任を果たす。 東京電力の株価予想。 今後の見通し まとめ 以上、東京電力の株価にプラスの影響をもたらす要素、マイナスの影響をもたらす要素をリストアップしました。 結果、 東京電力の配当金が復活することはまだまだ無い。 が、株価はゆるやかな上昇を描き、現在の株価380円に対し、目標500円近くまで上昇すると予想します。 ・東京電力の復配、配当金復活について 電力株の魅力はなんといっても安定した配当利回り。 東京電力は利益水準のみで考えれば、いつ復配してもおかしくないとされ、「2023年頃には復配されるのでは?」「いつか復配されることに賭けて安値で購入する」といった展望を持たれている投資家を見かけます。 が、 住民の避難解除、復興特別所得税といった要素を考えれば、配当金の復活は当面ない。 あったとしても2030年以降だと予想します。 ・株価はなぜ上昇すると予想するのか 震災以降、2013年5月 841円、2015年8月 939円と最安値120円と比較すれば高い株価を付けた実績があります。 当時の利益水準までは届かないものの、一応、業績は改善。 大きな材料が出てこない限り、300円~500円の間でレンジ相場が形成。 現在の価格が380円なので、今後、買っておけばいずれ利益になるという見通しです。 が、 電力株全般が抱えている原発リスクを考慮すると、あえて投資する理由は全くありません。 業績好調、株価上昇に期待できる銘柄は数多くあり、ディフェンシブ銘柄と言われるものの、電力株に投資する必要はないでしょう。

次の

【9501】福島賠償費用に苛む東京電力ホールディングスの今後の株価推移を予想する!配当は復活するのか?

東京電力 見通し

東日本大震災から7年。 2011年3月11日に発生した福島第一原子力発電所事故の影響で、倒産の危機に瀕した東京電力。 世界で至上最悪の事故レベルに認定されてしまったことにより、2,000円以上だった株価は120円まで暴落。 自己資本比率も3. 東電はもともと高配当優良株の代名詞であり、年金代わりに保有している個人投資家がたくさんいました。 また、東京都の行政や日本生命などの主要企業も多数保有していたため、東電の大暴落は日本国全体に大ダメージを与えました。 当時、国民の誰しもがそう思いましたが、今現在東電は生き続けています。 それどころか、近年では東電の決算は絶好調で過去最高益を更新することもしばしば。 その理由はカンタンです。 国の心臓は電力であるからです。 震災の影響からか、東電を毛嫌いする人は多いですが、その方たちもフツーに東電の電気を使って生活しています。 朝起きてから夜寝ているときまで24時間365日、人々は全ての活動に電気を使って生きています。 いくら東電を否定しようが、いくら東電が憎かろうが、人々は東電に利用料金を支払い続けている現実があります。 東電の努力もあります。 今まで半公務員体質でぬるま湯だった社風は事故後に一遍しました。 トヨタ式の改善を取り入れながら、コスト削減と新規事業の立ち上げを図り、収益力強化に大きく貢献しています。 原発稼働ゼロ状態において、なんと5,000億円の純利益を計上するに至っています。 さらに今後、柏崎刈羽原発が再稼働すれば1基あたり毎年400億~900億円の収支改善を見込めることになるため、何度目かの過去最高益更新は確実に達成することが約束されているのです。 SPONSORED LINK 福一事故の費用も問題ありません。 原子力損害賠償支援機構から多額の資金援助を受けている東電ですが、法律上この費用を返済する義務は一切ないため、国民の税金で賄われます。 原発は国が推進した政策であったため、電力会社には責任は無いわけです。 国が主導したということは、国民が選んだ議員が推進したため、国民の責任=税金というのは当然のことです。 間違っても、電力会社の責任ではないのです。 原発について日本のみならず世界的に賛否両論はありますが、IAEAは長期的に原発の重要性は続くと予測を立てています。 世界全体を見渡すと、現時点では31ヶ国・地域で447基の原発が稼働し、その数も年々増え続けています。 そして、アメリカでは世界で最も多い99基の原発が稼働しています。 日本人がいくら原発に拒否反応を示そうと、原発の優位性は圧倒的であり、今後も発電のスタンダードとして機能していくことになります。 事故発生後、東電は過去最高益を稼いだことで「利益を上げるとは何事だ!」というトンチンカンなクレームが多数寄せられたと言います。 しかし、株式会社である以上、稼ぐことは悪いことではありません。 そして、株主は稼ぐ企業に投資して、利益を還元してもらう。 それこそが私たちの暮らしている"資本主義社会"なのです。 東電は事故の深刻さや世論を気にして、現在配当を出していません。 しかし、2020年以降の原子力損害賠償・廃炉等支援機構による経営評価にて、経営状況の進展が評価された場合に、東電は配当の復活または自己株式消却の開始による株主還元を計画しています。 現状の収益力から考えると、配当再開はもはや既定路線というわけです。 現在、東電株は400円を切ってしまっています。 買い手がいないのは配当が無いから他なりません。 しかし、いざ復配がアナウンスされようものなら、当時の2,000円は難しいにしろ1,000円は軽く突破することは間違いありません。 東電株は世界一割安で放置されている優良株であるとも言えます。 しかし、株価回復と復配を目的に保有し続けているわけですから、目先の株価に一喜一憂していません。 米国株と同じく、日本株で唯一永久保有しようと決めている銘柄。 それが東京電力です。 SPONSORED LINK.

次の

電力株比較・今後の見通し:2018年 2019年

東京電力 見通し

関東地方を襲った台風としては最大級だった。 住宅被害は1都7県で計4万511棟にのぼり(総務省消防庁)、千葉県で観測された最大瞬間風速は57. 5メートルを観測、損壊した電柱はおよそ2000本にのぼるとみられている(経産省)。 9月9日午前7:50には、関東地方で、最大約93万軒で停電となった。 これは2011年の東日本大震災以降では最多の軒数になる。 発災から1ヶ月が経ついまも、いまだに50軒近い住宅で停電が続いていて、復旧の見通しもたたないままだ。 1か月が経過してもいまだブルーシートが目立つ被災地 10月3日に、官邸では内閣官房副長官をトップとする台風15号の検証チームを立ち上げ、年内の報告書作成に向けて動き始めた。 同日に経済産業省でも検証会合が開かれ、この政府の検証チームと連携しながら、10月中には中間のとりまとめをする予定だ。 上記の3つのテーマと併せて、今後の対策として、ドローンを使った現場の巡視や電柱の地中化についても検討を行う。 二転三転した東京電力の復旧見通し 台風15号が千葉県を直撃した翌日、東京電力は会見を開き「あした(9月11日)中の全面復旧を目指す」と発言した。 その翌日には「あさって(9月13日)以降」。 そして9月13日には「最長で(9月)27日の全面復旧」…。 このズルズルと延びていく復旧見通しに苛立ちを隠せなかったのは、被災した人たちだった。 「なぜ正確な復旧見通しがにたてられなかったのか?」 東京電力が開いた会見でも、記者からの質問が相次いだ。 13日の会見で、東京電力担当者は「倒木などがひどく、現場をなかなか見ることができない状況の中で、経験則で判断してしまった」と答えている。 電力システムが専門の、東京電機大学・加藤政一教授も「今回の東電の復旧対応の一番の問題は、状況を的確に把握していないのに見通しを出したこと。 これでたくさんの人が振り回されてしまった」と指摘する。 なぜ経験則のみに頼らざるを得ない状況で、見通しを発信してしまったのか? なぜ被害の情報収集に時間がかかったのか 東京電力は昨年の9月から、 スマートフォンを使った社内情報共有システムの運用を開始している。 社員がスマホを1台ずつ持ち歩き、電話によるやりとりのほか、今回のような現場巡視をした際は写真で撮り、瞬時にシステムで共有できるようになっていた。 しかし加藤教授は、「広範囲になった場合、この社内の情報共有システムで、的確に迅速に情報集められることができたのか」と疑問を呈す。 今回の停電では、電波の基地局も使えなくなってしまったエリアが多かった。 そのため、このスマホによるやりとりが想定されていたより機能しなかった可能性があることを東京電力も認めている。 また、検証段階であるとしつつも、当時「何人」が「どこの現場」で「どういう作業」をしていたかの把握が、電波の問題でできなかった状況もあり得たという。 「台風の場合は配電線が切れたりするので、実際に現地を見ないとしょうがない。 東電として、どの時点でようやく全体の被害状況を把握することができたのか検証する必要がある」と加藤教授は話す。 台風15号の影響で千葉県内で2000本の電柱が倒れたとみられる 実際、今回の台風15号では、倒木などにより現場への立ち入りが困難な場所が多かった。 電線についている東京電力の停電情報システムでは、通電状況を認識できる範囲には限界がある。 今回の停電のような、高圧の電線以外の低圧線や、引き込み線に異常がある場合、正確に把握することができなかった。 東京電力は、「現場での巡視ではじめて被害状況が分かったという事例が相次いだことが、復旧見通しが何度も変更になった原因」とも説明している。 東電の社内マニュアルは山間部の台風被害を想定せず? また、東京電力によると、社内のマニュアルでは、大規模な災害により発生した停電の現場巡視は「切れた電線による感電事故を防ぐための巡視」が基本となっている。 東京電力では、マニュアルに従って、都市部など密集地域から巡視をしていく。 この点についても加藤教授は次のように指摘する。 「感電しないように、というのは基本中の基本だが、地震を想定しているもの。 今回のような台風は念頭に置いてなかったと思う。 道路が通れなくなった場合、東電がどう対応すべきかマニュアル化すべきだったのではないか。 これだけの台風被害で、東電は今後の対策を作る必要がある。 」 つまり、東京電力が今回のような山間部での台風被害を想定していなかったことで、被害の全容の把握ができないまま、いったん情報がまとめられてしまった可能性がある。 東京電力だけでなく、自治体、政府、自衛隊などの対応や互いの連携、意思統一のあり方についても検証が進められている。 10月12日頃には、また台風19号が関東地方に上陸する恐れがあり、今後の災害への対策が急がれる。 (フジテレビ報道局 経済部記者 井出光).

次の