サロニア ヒート ブラシ スリム。 ストレートヒートブラシ スリム ブラック|SALONIAの口コミ「🌁サロニア ストレートヒートブラシスリム🌁..」 by 🌀だしまき🌀

SALONIA ストレートヒートブラシスリムはくせ毛でも使えるの?口コミや評判を調べてみた

サロニア ヒート ブラシ スリム

普段使っているブラシよりもひと回り大きいヘッドで、正直ちょっと扱いづらそうな大きさです ヘッドの下の部分には、マイナスイオン噴射口がありました。 ブラシの裏側には、サロニアのロゴが入って高級感がありますね。 持ち手の方は結構細めで、握りやすそうな印象。 ケーブルの部分は360度回転するので、コードがねじれたりしづらいのが嬉しいですね。 説明書には、使い方や注意事項、各部位の説明などが書かれていましたよ。 今までヒートブラシを使ったことがないので、どれくらいのストレート効果を発揮するのかもちょっと楽しみです。 ストレートアイロンを愛用している私からみると、 『ブラシで髪の毛をとくだけで、ストレートになるわけないでしょ?』 って感じなんですけどね。 実際のところ、どうなのかを試してみたいと思います。 サロニアヒートブラシの使い方 サロニア ストレートヒートブラシの使い方はとっても簡単です。 コンセントにケーブルを刺しこんだら、電源ボタンを長押し(2秒間)するとスイッチが入ります。 この長押しというのも、子供がいる家庭にとってはかなり嬉しいんですよね。 子供が勝手に電源スイッチを押しても、長押しでないと熱くならないというのが安心です。 最低温度は100度から 最高温度は210度までで、5度刻みで温度調整ができるのでかなり細かく設定できます。 私は普段のストレートアイロンを使う時と同じ、180度で設定してみましたよ。 アイロンと違って髪の毛を挟み込むわけではないので、もしかするともう少し高い温度の方がいいかなと思いましたが、とりあえずはいつもと同じ温度で試してみました。 どっちもストレートになってる! そうなんです、アイロンをかけたのと同じくらいヒートブラシの方もまっすぐになりました。 実際によく見てみると、ストレートアイロンはこのようにかなりの直毛になったのに比べて… ヒートブラシでは髪の毛をしっかり挟み込んだりはできないので、毛先がまだカールしていたりでストレート具合に少し差はあるなといった感じです。 けれどかける前にくらべると、髪の毛のツヤも出てボリュームもかなり押さえられているので、短時間でできたことを思うとかなり満足です。 というのも、ここまでにかかった時間が• アイロンだとどうしてもブロッキングをして、少しずつ毛束をまっすぐにしていく必要があるんです。 それに比べてヒートブラシは、一気に束でブラシをかけるようにストレートにできるので、本当に手軽で時短になりましたよ。 気になるところやハネているところだけは、少しゆっくり目に反対の手で髪の毛を引っ張りながらブラシを通せば、アイロンをかけたようにしっかりとまっすぐになってくれますよ 縮毛矯正をかけたようにまっすぐにしたい!というならアイロンの方がおすすめですが、髪の毛のボリュームを落ち着かせたいくらいなら、ヒートブラシの方が圧倒的に手軽で早いですね。 正直ここまでヒートブラシでまっすぐになるとは思っていなかったので、かなりびっくりしました。 朝の時間がない時や、子供の寝癖をサクッと直したい時なんかには本当に使えそうですね。 ブラシ型なのでアイロンの様にやけどをする心配もないですし、ちょっと重いかとおもったけれど短い時間で仕上がるのでそこまで重さも気になりませんでした。 これはヒートブラシを使う頻度が、かなり増えそうな予感がしますね。 ヒートブラシはショートやボブだと使えない? ちなみに、今回私の髪の毛だと長さがミディアムくらいで、前髪もない髪形なので短い髪をストレートにすることがありませんでした。 けれどショートスタイルやボブスタイルの人でも、ヒートブラシを使いたい人ってたくさんいますよね。 実際に使ってみて感じたのは、どうしてもブラシ型のヘッド(しかもかなり大き目)なので短い髪の毛をストレートにするにはけっこう大変かなと思いました。 というのも、ストレートにしたい場合はどうしてもブラシをかける時に、反対の手で髪の毛をしっかり引っ張ってブラシをかける必要があるんですよね。 けれどボブやショート、もしくは前髪をかける時には髪の長さが足りなくって、引っ張ることが難しいんです。 それに動画の様に内側からもブラシをかけたいところが、それも髪の毛が短いとできない(もしくは逆にボリュームが出てしまう)んですよね。 ブラシ部分が外側に広がっている分、短い毛も逃さずにキャッチしてくれるみたいですよ スリムが出ると知っていれば、もう少し待っておけばよかったなぁというのが本音(笑) ロングヘアでしっかりストレートにしたい人は今までのヒートブラシの方が便利ですが、髪の毛が短めの人やいろんなニュアンスにも使いたいって人にはスリムタイプがおすすめですよ! サロニアヒートブラシとサロニアストレートアイロンを比べてみました ちなみに私が今まで愛用していたサロニアストレートアイロンと、今回購入したサロニアヒートブラシの大きさや見た目も比べてみました。 サロニアストレートアイロンのレビューはこちら。 並べてみると、ストレートアイロンの方がかなり細くてコンパクトなのがわかりますよね。 長さは少しストレートアイロンの方が短いですが、ヘッドの太さがヒートブラシがかなり太目です。 厚さは同じくらいでしょうか。 髪の毛を挟むヘッド部分の面積は、ヒートブラシが断然広めです。 挟まない分、この広いヘッドでとかすことで毛量が多くてもしっかりとストレートにしてくれるんですね。 ちなみにストレートアイロンには専用ケースがついてくるかわりに、ヒートブラシにはケースはありませんでした。 旅行などへ持っていくときにはこのケースがかなり重宝するので、できればヒートブラシにもケースがほしかったですね。 持った感じだとかなりヒートブラシの方が重く感じたので、実際に重さも測ってみましたよ。 ケーブル部分を含まずに測ってみたところ、ヒートブラシは約278g くらべてストレートアイロンも、ゲーブル抜きだと約230g 50gしか違わないのっ? そうなんです、実は実際の重さはたった50gしか違わないんですよね。 けれど本体がまっすぐ同じ太さのストレートアイロンに比べて、ヘッドが大きくてヘッド部分に重さが集中しているヒートブラシは持った感覚だとかなり重く感じるんです。 けれど他の市販のアイロンに比べると、ヒートブラシもかなり軽めなのは事実。 それに使用時間が短くて済むので、ちょっと重いなと思ってもそこまで負担には感じませんよ。 それ以外の機能についても、ヒートブラシとストレートアイロンで比べてみましたよ。 また、楽天だとお値段も1,000円ほどヒートブラシの方が高いです。 なのでどちらかというと、1本目に持つならストレートアイロン、2本目にヒートブラシといったほうが良いかもしれませんね。 サロニアには他にも、カールとストレートどちらもできる2wayアイロンなどもあります。 どれが1番というわけではないですが、自分の髪質や長さ、理想のヘアスタイルなどによって選ぶのがいいですよ。 こちらでは、ストレートアイロンと2wayアイロンを比較しました。 ストレートアイロンにも、ヘッドの太さが違うものなどもいろいろあるのでぜひ自分に合ったものを探してみてくださいね。 やけどしにくい• ブロッキングが不要• とかすだけで簡単• 髪の毛にツヤが出る• 温度調整が幅広く可能• ストレートアイロンほどまっすぐになりすぎない• ストレートアイロンより髪が傷まない• 時短になる まずはメリット。 実際に使ってみて感じたのは、とにかく手軽で短い時間で髪の毛を落ち着かせることができるということ。 特に長さがある程度あれば、反対の手で髪の毛を少し引っ張りながらブラシをかけることであっという間に落ち着きます。 アイロンをかけたほどはまっすぐの直毛になりませんが、それも逆に自然なストレートになるのがいいかなと感じました。 温度調整もかなり幅広くできますし、髪の毛を挟まない分傷みづらいのも嬉しいところ。 朝の忙しい時間にサクッと髪の毛を落ち着かせるためには、ストレートアイロンに比べてもかなりピッタリだなと感じました。 ヘッドが重い・大きい• ショートやボブだと慣れが必要• 前髪には向いていない• 毛先をカールしたりが難しい(短いとできない)• ストレートアイロンほど直毛にはなかなかならない• 専用ポーチがない どうしても短い髪の毛に対しては、ヘッド部分が大きすぎるため使いづらいというのが正直なところです。 もちろんとかすだけでもある程度まっすぐにはなりますが、やっぱり思った通りに髪の毛を整えたいならある程度髪の毛を引っ張ったりブラシに押さえつける必要があります。 髪の長さがないとそれができないので、ストレートアイロンに比べると使いづらいなと感じました。 またミディアムやロングの場合も、毛先をクルンときれいに内巻きにしたりするなら断然アイロンの方が便利です。 あくまでブラシなので、細かいニュアンスを着けるといったことは難しいですね。 また重くてヘッド部分も大きく、専用ポーチもないので旅行時に持っていくにはちょっと向いていないかなと感じました。 私にも当てはまる部分が多いので、かなり自分には合っていましたよ 特にアイロンだととにかく時間がかかって嫌!という人には、ぜひ1度試してみてほしいですね。 ブロッキングをして髪の毛を少しずつアイロンをかけるのって、本当に面倒で時間がかかるんですよね。 その分確かにまっすぐのきれいなストレートにはなるのですが、毎日そんなにまっすぐにならなくてもいいなって人も多いはず。 とにかくうねりやボリュームだけを押さえられればいいって人には、本当にヒートブラシがおすすめですよ。 これからどちらかを購入したいという人は、もし上のことにいくつか当てはまるならヒートブラシでもいいかなと思います。 ただし、ヒートブラシでできることは時間をかければストレートアイロンではできますが、ストレートアイロンでできることは完全にはヒートブラシではできません。 そういったところを考えると、まずは1本持つならストレートアイロンの方がいいのかもしれませんね。

次の

ストレートヒートブラシ スリム ブラック|SALONIAの口コミ「🌁サロニア ストレートヒートブラシスリム🌁..」 by 🌀だしまき🌀

サロニア ヒート ブラシ スリム

ストレートアイロンに比べると真っ直ぐ感は弱いけど、その分髪のダメージも少ないので助かります。 寝癖には最適です。 ストレートヒートブラシスリムは、まだ発売したばかりですが、通販サイトやSNS上などいろいろと調べてみると、早くもその仕上がりに満足されてる方が多いですね。 くせ毛の方でも効果を感じてる方が多かったですが、やっぱり中にはくせ毛に効果を感じていない人もいたので個人差はありそうですね。 柔らかい毛質のくせ毛で、湿気を含むと膨らむのですが、雨の日でも全然マシです。 短時間で一気にボリュームダウンしながらとかすだけでツヤが出て使い勝手はとても良いです。 普通のブラシと同じくらいの幅なので内巻きや外巻きなどがやりやすいです。 アイロンのようにしっかりストレートになることを期待していた人にはちょっと残念な口コミが多かったですね。 ただ、ワイドタイプと比べてブラシ幅は狭くなってるので、内巻きや外巻きなどで使おうと思っている方にはおすすめです。 サロニアのストレートヒートブラシスリムの良いところは? 実際にストレートヒートブラシスリムを使ってみて、どんなところが高く評価されてるのかも見てみましょう。 そこで悪いところについてもいろいろと調べてみると、電源コードは約1. 5mと確かにもう少し欲しいところではありますよね。 重さはワイド版と比べると少し軽くなっていて、約325g(ワイド版・約360g)ですが、使う人からすれば重たく感じる方もいましたの。 使うタイミングですが、ボブの方は、ドライヤーで半乾きにした後に使うと髪がすごくサラサラになるという声もあったので、こちらを参考に温度調節をしていくのが良いかもしれませんね。 楽天で購入 サロニアのストレートヒートブラシスリムの特徴 口コミを見ても好評だったサロニアのストレートヒートブラシスリム。 ここからは、もっと具体的な特長や機能についてもまとめていきます。 短い髪もしっかりキャッチする ワイド版は、毛束を大胆にキャッチするようなブラシだったのが、スリム版は外に広がるブラシ構造になっているので、短い髪でもしっかりキャッチすることができます。 ショートの女性はもちろん、短髪の男性でも使っている口コミがあったほどですので、ブラシ構造の変更で男女問わず使いやすくなったということですね。 地肌を熱から守る 髪に当たるブラシから熱が発生して艶が出るのですが、耐熱素材を使うことで高温にしても地肌を熱から守ってくれます。 髪の毛にどんなに良くても頭皮にダメージが大きいともっと大きなトラブルが起きてしまうので、これなら安心して使うことができますね。 しかも、現在の温度はデジタル画面で大きく赤文字で表示されるので、温度確認もしやすいのもポイントです。 Wマイナスイオン 口コミでも、「髪にツヤが出た」という声が多かったのは、このWマイナスイオン効果です。 ダブル噴射口でマイナスイオンを発生させることで、髪にまとまりが出てくるのです。 寝癖やくせ毛の方も、整いやすいし、マイナスイオンは髪にもやさしいので気軽に使いやすくなりますね。 自動停止機能 使い始めて約30分後に自動的に電源がオフになる安全機能を搭載しています。 電源を切り忘れてしまうことがあっても、これなら30分後に自動的にOFFになるので安心して使うことができますね。 誤動作防止機能 スタイリング中に温度設定のボタンを触ってしまうと、せっかく設定しても意味がなくなってしまいます。 そんなときには、誤動作防止機能を使って温度調整をロックすることで、スタイリングに集中することができます。 この機能は、電源スイッチを2回押すことでロック&解除ができる簡単仕様になってます。 海外旅行に行くときにも持っていきやすいのは魅力ですね。 サロニアのストレートヒートブラシスリムの使い方 ネット上を見てみると、取説が悪いのか「使い方が良く分からない」という口コミもよく見かけたので、使い方についても調べてみましたので、ぜひ参考ンしてみてください。 設定温度に到達すると液晶画面の点滅が止まります。 充分に本体を冷ましてから保管しましょう。 基本的な使い方はこのようになっています。 髪の毛は半乾き状態で使用するのが良いとの声もありましたので、この辺りはいろいろと試しながら自分に合うタイミングや状態を模索していくことにんりそうです。 サロニアのストレートヒートブラシスリムの通販販売店情報! サロニアのストレートヒートブラシスリムは楽天市場やAmazonなどでも取り扱いがあります。

次の

SALONIA

サロニア ヒート ブラシ スリム

お気軽にお問合せくださいませ。 髪を傷める原因となります。 やけど・髪を傷める原因となります。 直接触れたりしないでください。 やけどの原因となります。 その場合は温度を下げてご使用ください。 設定温度に到達すると点滅が止まります。 POINT 電源スイッチを2回連続で押すと、設定温度のロック及び解除ができます。 本体の電源が切れてから、電源プラグをコンセントから抜きます。 本体が十分に冷めてから保管してください。 お気軽にお問合せくださいませ。 髪を傷める原因となります。 やけど・髪を傷める原因となります。 直接触れたりしないでください。 やけどの原因となります。 その場合は温度を下げてご使用ください。 生産 China メーカー名 株式会社I-ne 広告文責 株式会社I-ne 0120-777-034.

次の