ツイン ドラゴン ハナハナ ベル。 【ツインドラゴンハナハナ】超BIG先行型でスイカが悪いけどベルが抜群に良いツインドラゴンハナハナを打った結果

ツインドラゴンハナハナ30|スペック・解析・打ち方まとめ

ツイン ドラゴン ハナハナ ベル

感想 ツインドラゴンハナハナのベル確率荒すぎる ツインドラゴンハナハナベル確率が基本的にクソ悪いので ベル確率が 朝一9.3とかぶっとんだ数字になることもよくあります。 明らかに設定4くらいのツインドラゴンハナハナを打ったのですが ベル確率が終日むちゃくちゃ悪く 8.3~6くらいで ボーナスを引いても全くコインが増えません回しても、コインがどうやって増えるのか? 疑問に思うくらいコイン持ちが悪くなることがあります。 ベルをもっと安定する確率で作れなかったものかなぁ?と思います。 ボーナス確率が荒すぎる ハナハナシリーズどのハナハナもボーナス確率は荒い台が多いですが ツインドラゴンハナハナは特に荒いように感じます。 多分ですが、そう感じる理由はベル確率が悪いせいにあるんだと思います。 ベル確率が悪いツインドラゴンハナハナは少しハマリが続くだけで 2000枚くらい一瞬で飲み込むのでそう感じるのかもしれません。 龍玉への不慣れ 今までのハナハナはボーナス終了後は パネルがフラッシュしました。 パネフラは正直少し よそ見していてもわかるくらい はっきりパネルが光ります。 しかし 龍玉になってからは、 龍玉をじーとみていないと 色の変化が分かりません。 色の変化が長いならともかく、色が変化している時間は かなり短く、 すこし よそ見をしてしまうと 見逃すことも多くあると思います。 龍玉じゃなくて パネフラのままにしてほしかったです。 ボーナスを揃えた後に謎に固まることへの不満 ツインドラゴンハナハナはボーナスを揃えたあとなぜか謎の固まる時間があります その間リールを回せません!なんでこんな仕様になってるのかは分かりませんが。 ゆうおじだけではなく多くの人がこの固まる仕様を嫌ってるみたいです。 評価 上記で書いたようにゆうおじはツインドラゴンハナハナに 不満しかありません。 正直ハナハナの中では 悪い台だと思います。 ホールのツインドラゴンハナハナの島割を見ても 設定通りに反応しないケースも かなり多く見られます。 ホール側もかなり扱いにくい台になってるんじゃないでしょうか? ツインドラゴンハナハナ、導入した瞬間は稼働がついてますが これからどんどん稼働がなくなっていくのではないか?と予想しています。 以上がゆうおじのツインドラゴンハナハナと感想でした。 データ的に出し抜くツールの記事はこちら 設定狙いの店側を知り積もる確率を上げ場合はこちらの記事へ.

次の

ツインドラゴンハナハナを評価してみた!|パチンコ店

ツイン ドラゴン ハナハナ ベル

【枚数調整用の技術介入要素はナシ】 「ボーナス成立後」 全リールに同じ7絵柄を狙えば、BIGとREGを同時にフォローすることが可能。 本機は1枚掛けができるため、後告知だった場合は必ず1枚掛けで揃えよう。 「最大獲得枚数」 BIG…312枚 REG…130枚 どちらのボーナスもほぼフリー打ちで最大枚数を獲得できる。 「BIG中の打ち方」 [フラッシュ非発生時] 全リールフリー打ちで消化。 [フラッシュ発生時] サイドランプが赤緑にフラッシュしたら通常時と同様の小役狙いを実行。 スイカが多いほど高設定に期待できる!? 「REG中打ち方」 左リールのビタ押しに成功しても中右リールにスイカを目押ししないと、取りこぼす可能性があるので注意。 スイカを1度獲得したあとは左リールに白7を避けつつ、消化すればOKだ。 スイカ入賞後のサイドランプの色で設定示唆をおこなっており、虹なら高設定濃厚!? 【プレミアム演出発生=BIG濃厚】 「プレミアム点滅」 回転やめしべのみ点滅といった新搭載のプレミアム点滅が存在。 過去最多の点滅パターンが存在する。 「フリーズ演出」 フリーズ演出は2パターンあり、どちらも壮大なBGMを伴う。 「バウンドストップ」 第1〜3停止時にリールがバウンドを伴うプレミアム演出だ。 「ランプ系演出」 [レインボーランプフラッシュ] 筐体上部のウイングランプが虹色に! [バックライトフラッシュ] 全リール停止後にバックライトがV字フラッシュ! 「MAXBETボタン変化」 通常は赤色のMAXBETが緑に光る(ハイビスカスランプが浮かび上がる)。 「サウンド系演出」 ・各小役のSP音 ・払い出し音ナシ ・払い出し音が間延び 「プレミアムバイブレーション」 様々なタイミングで発生する強烈な振動を伴うボーナス告知! 【ハイビスカスが点滅すればボーナス!】 ハイビスカスランプが点滅すればボーナスとなる、おなじみの告知は健在。 通常点滅(交互に点滅)以外ならBIG濃厚となる法則も、もちろん踏襲されている。 筐体の特徴から、設定推測は楽しくなったかな… ただ、荒波感は否めない。 設定を掴んだと思った 推測した としても、腰を据えて打てない!.

次の

(荒すぎ)ツインドラゴンハナハナが1桁ゲーム数当たり多すぎ説を検証してみた結果?!|パチンコ店

ツイン ドラゴン ハナハナ ベル

こちらは実践値なのであくまでも目安にはなりますが、前作から同様にBIG中のスイカ確率に設定差があります。 設定判別・設定差解析 こちらでは現時点で判明している、ツインドラゴンハナハナの設定差を1つずつ解説しています。 REG中スイカビタ押しでのランプ色 設定 出現率 青 奇数設定で出やすい 黄 偶数設定で出やすい 緑 奇数設定で出やすい 赤 偶数設定で出やすい 虹 高設定で出やすい REG中の技術介入でスイカを揃えた際に、ランプの色にて設定を示唆。 特に緑・赤・虹が頻発するようであれば高設定に期待が出来る。 69 小役確率の部分でも紹介しましたが、前作までと同じくBIG中のスイカに設定差が設けられている可能性が高いです。 あくまで実践値となりますが、実際にスイカの数を数えてあまりにも出ない場合は、低設定の可能性、1BIGで1~2回出現するようであれば高設定に期待が出来ます。 ボーナス後の龍玉の色 今作からパネフラではなく、龍玉に注目。 こちらの色によって設定を示唆しているので、虹など見かけたら高設定に期待しましょう。 朝一のリセット判別 朝一の設定変更を判別する方法としてはガックンチェックがあります。 筐体の作りやシリーズによっては中々見分けがつかないこともあるかもしれませんが、今作でも微妙な違いがある可能性も高いです。 関連記事も合わせてご覧ください 当サイトおすすめ!!

次の