照の日記。 照の日記

照ラス食堂*

照の日記

 今日もお昼から神戸西ロータリークラブの例会に出席しました。 会場は、 ホテル・オークラ神戸ですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、 ホテル内は閑散としています。 ホテルのスタッフと少しお話ししたのですが、食事を伴った宴会はいまだにゼロだそうです。 最悪だそうです。 ホテルのスタッフも何か元気がなく笑顔がありません。 今、 サービス業は、思っている以上に深刻な事態となっているようです。 さて、 今日の東京都の感染者数は、293人だったそうです。 昨日より更に増加して、 過去最多を更新しています。 兵庫県では、24人の感染者を確認しました。 日増しに感染者数が増えて、感染の勢いを増しているようです。 この状況下では、 ホテルを含めてサービス業・飲食店では、更に追い討ちを受けるでしょう。 いつもながら、政府・安倍晋三総理大臣は、強いメッセージもなく、いつも判断が曖昧と言わざるをえません。 新型コロナウイルスは、したたかに生き延びています。 合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝  今日、 東京都では、286人の新型コロナウイルス感染が確認されました。 過去最多の感染者数となりました。 大阪府では、昨日の感染者数を上回り、 66人が確認されました。 兵庫県では、 16人確認されています。 全国で何と600人を超える感染者が確認されています。 事態は日ごとに深刻さを増しています。 そんな状況下で、 政府は、観光需要喚起キャンペーン『Go To トラベル』を見直して、東京都を対象外とすると発表しました。 しかしながら、 東京都周辺の県は、予定通り、22日から運用するそうです。 何か大きな矛盾を感じずにはおれません。 この決定には、何か不気味さえ感じます。 東京都だけ押さえても、感染者数は、今後増え続けるでしょう。 冷静な勇気ある判断・再考を強く求めます。 人の命に関わる重大な問題です。 合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝  梅雨も小休止となり、曇り空の一日でした。 新型コロナウイルス感染再拡大は、全国で日に日に増え続けています。 そんななか、政府は、 今月22日から、『Go To トラベル・キャンペーン』を予定通り開始するそうです。 どうも日本政府・政治家は、 経済を最優先に考えたいようです。 経済を最優先し人の動きが活発になると、自然に新型コロナウイルスは感染拡大します。 人が動くから、ウイルスは人から人へとうつり進むことができるのです。 政府の考える経済とウイルスを天秤にかけて両立させたいのはよくわかります。 しかしながら、経済が活発になるということは、それだけ人が動いたということになり、 感染拡大予防対策が十分ではなければ、感染拡大に繋がってゆきます。 感染拡大は、今のところ無症状の方が多いですが、小生、思うに、夏の暑い時期には、ウイルスはおとなしくしているかもしれませんが、その間に、ウイルスが増え続け、秋以降、強い毒性を出すことがあるかもしれません。 そうなると、一気に重傷者が急増します。 いまだに新型コロナウイルスは、よくわからない未知のウイルスなのです。 もう少し、慎重に感染拡大状況をよくよく見据えて、『Go Toトラベル・キャンペーン』を 再考していただきたいと、切に願います。 今は時期的に早過ぎる感があります。 人の命に関わる重大な問題なのです。 合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝  今日も雨が降り続きました。 ジメジメとさらに湿気が多くなりました。 さて、午後2時より、 神戸市佛教連合会の参議会が、メリケンパークオリエンタルホテルで開催されました。 新型コロナウイルス感染拡大により、 総会も書面決議となり、参議会が開けずにいましたが、広い部屋をお借りして、 感染予防対策を講じた上で、十分に席の間を開け、全員マスクを着用して、 今後の行事等についてご審議いただきました。 今後の行事は、新型コロナウイルス感染拡大状況を見極めて臨むことになりました。 久しぶりの神戸市佛教連合会の会合でした。 皆さんお疲れさまでした。 ありがとうございました。 合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝.

次の

長七郎江戸日記

照の日記

経歴 [ ] 卒業後、のに進む。 でから6位指名を受け入団。 オーソドックスな右腕で主に中継ぎ、時には先発として活躍。 入団後はなかなか芽が出なかったが、プロ4年目のに一軍初登板を果たし、プロ6年目のにプロ初勝利をあげる。 には54試合に登板。 エース級の相次ぐ故障もあって途中からは先発ローテーションを死守し、9勝したが18敗を喫している。 同年はにも出場し同僚のと同第3戦でもバッテリー組んだ。 には主に中継ぎで防御率1点台を記録しリーグ優勝に大きく貢献した。 同年のとのでも中継ぎとして4試合に登板する。 限りで現役を引退。 引退後は球団職員となり、に中日球団寮である「昇竜館」の館長であったの死去に伴い、後を引き継いで新館長に就任。 では週1回若手の活躍をレポートする「堂上照 昇竜館日記」を連載していた。 シーズン終了をもってに寮長職を譲って退団。 また、から館長を退団する2008年まで制作の2軍戦中継の試合解説を不定期で担当していた。 プレースタイル・人物 [ ] 投手でありながら、打撃の能力も高く、投手として完投した上に4打数4安打といった活躍をした事もあり、何度か代打にも起用され結果も残している。 また、プロ通算で4本の本塁打を記録している。 中日ドラゴンズおよびに所属し2017年に現役を引退したは長男。 現在中日ドラゴンズに所属するは次男である。 なお息子の兄弟が同じチームに所属することについては、ポジションで競合する可能性が高く(入団当時剛裕は内野手だった)、同時に試合に出場できる事が少なくなることなどから、「親心としては本当は別々のチームでプレイして欲しかった」とも語っている。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 13 3. 0 4 1 0 0 1 0 0 0 2 2 6. 00 1. 67 18 0 0 0 0 0 1 0 --. 000 101 23. 2 23 2 7 0 1 14 2 1 13 10 3. 75 1. 27 27 12 1 0 0 4 4 1 --. 500 394 97. 1 89 13 29 4 2 22 0 0 38 36 3. 34 1. 21 43 21 3 1 0 5 8 1 --. 385 639 148. 2 150 20 50 1 7 51 0 0 85 71 4. 29 1. 35 54 25 4 3 1 9 18 4 --. 333 873 197. 0 227 32 63 3 6 81 1 1 112 98 4. 48 1. 47 14 4 0 0 0 0 4 0 --. 000 100 21. 0 32 5 8 0 0 8 0 0 19 19 8. 14 1. 90 33 19 1 1 0 7 7 0 --. 500 604 134. 1 145 18 53 9 7 48 1 1 82 74 4. 97 1. 47 36 2 0 0 0 1 3 1 --. 250 274 63. 1 71 4 18 6 1 28 0 0 30 29 4. 14 1. 41 28 4 0 0 0 1 0 0 -- 1. 000 257 65. 1 51 3 14 3 1 42 0 0 12 9 1. 25 0. 99 16 0 0 0 0 0 1 0 --. 000 114 22. 0 41 5 9 3 0 9 1 0 23 20 8. 18 2. 27 40 9 0 0 0 8 1 0 --. 889 375 85. 0 90 14 37 4 5 34 0 0 39 37 3. 92 1. 49 9 1 0 0 0 0 2 0 --. 000 81 13. 2 25 2 14 0 1 8 0 0 22 19 12. 51 2. 85 通算:12年 320 97 9 5 1 35 49 7 --. 417 3825 874. 1 948 119 302 33 32 345 5 3 477 424 4. 36 1. 各年度の 太字はリーグ最高 記録 [ ] 投手記録• 初登板:1974年10月14日、対26回戦()、5回裏に3番手で救援登板、3回2失点• 初奪三振:1975年6月29日、対13回戦()、8回表にから• 初勝利:1976年8月5日、対18回戦(川崎球場)、7回裏に4番手で救援登板、2回無失点• 初先発勝利・初完投勝利:1976年8月17日、対大洋ホエールズ19回戦(ナゴヤ球場)、9回2失点• 初完封勝利:1977年10月1日、対読売ジャイアンツ25回戦(後楽園球場) 打撃記録• 初安打・初打点:1976年8月11日、対ヤクルトスワローズ17回戦(ナゴヤ球場)、4回裏にから2点適時打• 初本塁打:1977年5月22日、対大洋ホエールズ7回戦(ナゴヤ球場)、3回裏にからソロ その他の記録• 出場:1回 (1978年) 背番号 [ ]• 38 (1971年• 13 (1972年 - 1985年)• 94 (1996年 - 1998年) 脚注 [ ] [].

次の

照ッ(〃ノ∇ノ): ブン太の気まま日記♪

照の日記

 今日もお昼から神戸西ロータリークラブの例会に出席しました。 会場は、 ホテル・オークラ神戸ですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、 ホテル内は閑散としています。 ホテルのスタッフと少しお話ししたのですが、食事を伴った宴会はいまだにゼロだそうです。 最悪だそうです。 ホテルのスタッフも何か元気がなく笑顔がありません。 今、 サービス業は、思っている以上に深刻な事態となっているようです。 さて、 今日の東京都の感染者数は、293人だったそうです。 昨日より更に増加して、 過去最多を更新しています。 兵庫県では、24人の感染者を確認しました。 日増しに感染者数が増えて、感染の勢いを増しているようです。 この状況下では、 ホテルを含めてサービス業・飲食店では、更に追い討ちを受けるでしょう。 いつもながら、政府・安倍晋三総理大臣は、強いメッセージもなく、いつも判断が曖昧と言わざるをえません。 新型コロナウイルスは、したたかに生き延びています。 合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝  今日、 東京都では、286人の新型コロナウイルス感染が確認されました。 過去最多の感染者数となりました。 大阪府では、昨日の感染者数を上回り、 66人が確認されました。 兵庫県では、 16人確認されています。 全国で何と600人を超える感染者が確認されています。 事態は日ごとに深刻さを増しています。 そんな状況下で、 政府は、観光需要喚起キャンペーン『Go To トラベル』を見直して、東京都を対象外とすると発表しました。 しかしながら、 東京都周辺の県は、予定通り、22日から運用するそうです。 何か大きな矛盾を感じずにはおれません。 この決定には、何か不気味さえ感じます。 東京都だけ押さえても、感染者数は、今後増え続けるでしょう。 冷静な勇気ある判断・再考を強く求めます。 人の命に関わる重大な問題です。 合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝  梅雨も小休止となり、曇り空の一日でした。 新型コロナウイルス感染再拡大は、全国で日に日に増え続けています。 そんななか、政府は、 今月22日から、『Go To トラベル・キャンペーン』を予定通り開始するそうです。 どうも日本政府・政治家は、 経済を最優先に考えたいようです。 経済を最優先し人の動きが活発になると、自然に新型コロナウイルスは感染拡大します。 人が動くから、ウイルスは人から人へとうつり進むことができるのです。 政府の考える経済とウイルスを天秤にかけて両立させたいのはよくわかります。 しかしながら、経済が活発になるということは、それだけ人が動いたということになり、 感染拡大予防対策が十分ではなければ、感染拡大に繋がってゆきます。 感染拡大は、今のところ無症状の方が多いですが、小生、思うに、夏の暑い時期には、ウイルスはおとなしくしているかもしれませんが、その間に、ウイルスが増え続け、秋以降、強い毒性を出すことがあるかもしれません。 そうなると、一気に重傷者が急増します。 いまだに新型コロナウイルスは、よくわからない未知のウイルスなのです。 もう少し、慎重に感染拡大状況をよくよく見据えて、『Go Toトラベル・キャンペーン』を 再考していただきたいと、切に願います。 今は時期的に早過ぎる感があります。 人の命に関わる重大な問題なのです。 合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝  今日も雨が降り続きました。 ジメジメとさらに湿気が多くなりました。 さて、午後2時より、 神戸市佛教連合会の参議会が、メリケンパークオリエンタルホテルで開催されました。 新型コロナウイルス感染拡大により、 総会も書面決議となり、参議会が開けずにいましたが、広い部屋をお借りして、 感染予防対策を講じた上で、十分に席の間を開け、全員マスクを着用して、 今後の行事等についてご審議いただきました。 今後の行事は、新型コロナウイルス感染拡大状況を見極めて臨むことになりました。 久しぶりの神戸市佛教連合会の会合でした。 皆さんお疲れさまでした。 ありがとうございました。 合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝.

次の