頭痛 外来 横浜。 横浜市旭区二俣川 頭痛外来 たまがわクリニック 慢性頭痛治療

頭痛・もの忘れ・めまい|横浜市泉区の内科・脳神経内科・脳ドックのはきいクリニック

頭痛 外来 横浜

お手数をおかけしますがお電話でご予約をお願いいたします。 045-650-8044 慢性頭痛は多くの場合 機能性頭痛(CT検査などの検査ではっきりとした原因が見つからない頭痛)です。 機能性頭痛は 生まれ持った体質によるものです。 機能性頭痛を 完全に治したい(二度と頭痛を起こさない体質に変えたい) 原因を究明したい という訴えの方が多いのですが、これは 大変困難です。 花粉症やアトピー、にきびなどもそうですが、生活習慣などである程度は症状が悪化しにくい状態に近づけることはできますが、全く症状を起こさないからだに作り変えることはできませんね。 医療機関ができることは、症状に対しての対処療法としての治療薬処方です。 機能性頭痛も、同様です。 一生、その頭痛と付き合って生きていくしかないのです。 当院で機能性頭痛と診断した場合にできることは 頭痛が起きたときの対症療法としての治療薬処方となります。 機能性頭痛を完全に治す 機能性頭痛の原因を究明する ことは 不可能なこととお考え下さい。 これは、日本全国どこの医療機関に行っても、同じです。 上記に関して、受診の前にあらかじめご了承頂きますようお願いします。 脳神経科医として経験豊富な医師が担当します 「詳しく、分かりやすく」をモットーにご説明します。 時間の余裕は、インフォームドコンセント(病状や治療法の詳しい説明によって患者様が納得して治療を受けること)に役立てます。 短時間での詳しい画像検査が可能 頭痛には大きな病気が隠されている場合があります。 当院では必要に応じてデジタルレントゲンやヘリカルCTスキャンによる詳しい検査が可能。 これらの所要時間は10分程度。 非常に短時間の撮影で、X線の影響も微量です。 頭痛は、誰でも一度は経験したことのある症状でしょう。 日本では頭痛くらいで会社や学校を休むことができない風潮があり、市販薬でごまかしながらやりすごしている方も多いと思われますが、実は「頭痛」にはいろいろな種類があり、それぞれ適切な治療が異なります。 当院の頭痛外来を受診する患者さんで最も多いのは、 混合型頭痛(筋緊張型と片頭痛の混合型)ですが、片頭痛がある人には トリプタン製剤(医師の処方が必要)がとても効果的です。 これまで市販薬や処方薬の解熱鎮痛剤(市販だとイブ・バファリンなど、処方薬だとボルタレン・ロキソニンなど)しか使用経験の無い方もまだまだ多いと思います。 また、このトリプタン製剤も数種類あるため、自分に合う薬にまだ出会っていないだけの方も多いのではないかと思います。 また、頭痛には、実は別の病気が隠れていることもあります。 頭痛の場合、まず 「症候性頭痛(原因がはっきりしている頭痛のこと。 例えば脳腫瘍や脳卒中など。 )でないことを確認する」=除外診断する、ことが大切です。 慢性頭痛は多くの場合機能性頭痛(CT検査などの検査ではっきりとした原因が見つからない頭痛)ですが、この除外診断をしっかりつけないと命にかかわる病気の発見が遅れることもありますから、あなどれません。 除外診断ができ、機能性頭痛であれば、薬を上手に使いうまくコントロールして付き合っていく方法を見つけていくことになります。 機能性 頭痛の種類 頭痛の原因と症状 適する頭痛治療薬 片頭痛 血管性の頭痛。 日常生活に影響する程の随伴症状がある。 例:動くとガンガン響いてつらい、光や音・においに敏感になり、吐き気を催す。 症状の変化がある。 片側の場合が多いが両側の場合もある。 トリプタン製剤 筋緊張型頭痛 肩や首のコリが原因の頭痛。 ・ 疲れ目や長時間のデスクワークの場合に多く見られる。 ・頭の両側〜全体が重苦しく鈍痛が主だが、ズキズキした痛みと感じる人もいる。 ・片頭痛ほどの重症感はなく、なんとか日常生活を送ることはできる。 解熱鎮痛剤、筋肉をほぐす薬など 混合型頭痛 片頭痛と筋緊張型頭痛の2つの頭痛が交互に起こるタイプ。 例:重苦しい痛みが連日のように続き、月に1〜数回はズキンズキンという激しい痛みがある。 (後頭神経は首の骨である頚椎の2番目と3番目の骨の間を通る神経。 首の骨や靭帯の変形等が原因の場合もあり。 ) ・首を動かしたときにビリっと後頭部に響く痛みが走る。 解熱鎮痛薬とビタミン剤 群発頭痛 血管性の頭痛。 ・季節の変わり目などに夜中に片目の目の奥の激痛で眼が覚め、1〜2ヶ月間毎日続き、眼の充血・涙・鼻水を伴うことが多い。 トリプタン製剤、カルシウム拮抗薬、リチウムなど その他に、くも膜下出血、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫、髄膜炎などの危険な頭痛や、変形性頚椎症、副鼻腔炎、三叉神経痛、帯状疱疹に伴う神経痛でも頭痛が起きることがあります。 また、うつ病やその前段階の抑うつ状態の症状としても、頭痛があります。 落ち込んだり気分がふさぐことがある方は、も読んで下さい。 ・当院の頭痛外来を初めて受診する際には、を記入の上(できればも一緒に)ご持参頂けますようお願い申し上げます。 妊娠の可能性がある女性も必ずお申し出下さい。 A : 頭痛外来については健康保険での治療となりますので、通常の病気と同じく、自己負担分は通常3割程度です。 [以降、自己負担分について]お薬代は片頭痛のトリプタン製剤が含まれない場合、10日分程度の量を処方しても1,000円位ですが、トリプタン製剤は1錠・1回分で300円程度かかってしまいます。 頭部CT検査は3,500円程度ですので、初診時は初診料やCT検査、処方せん代を合わせて5,000円程度をお考え下さい。 再診の場合は再診料・処方せん代で2,000円程度となります。 Q2 頭痛がない時に受診をしても良いのでしょうか。 A : 当院の頭痛外来を受診される患者さんのほとんどが、頭痛が起きていない時に来院されています。 頭痛が起きている時に病院に行くのは大変でしょうから、普段の状態の時に受診して頂くのをお勧めします。 Q3 片頭痛に効果的なトリプタン製剤と、普通の痛み止め(解熱鎮痛薬)はどのように違うのですか。 A : まず、片頭痛が起きるメカニズムを説明します。 解熱鎮痛薬は、炎症の原因となるプロスタグランジンという物質を作る過程をブロックする効果があります。 片頭痛に対してはトリプタン製剤が最も効果があります。 Q4 片頭痛の痛みが起きた時は吐き気が強く、薬を飲むことが難しいのですが・・・ A : トリプタン製剤には、内服以外にも点鼻薬などもあります。 また、服薬のタイミングがとても重要で、頭痛が始まったらすぐに使用することが大切です。 時期を逃すと効果がでにくいためです。 Q5 頭痛の予防薬はあるのですか。 A : 片頭痛の予防薬として降圧剤の仲間の薬がありますが、完全に防ぐことはできません。 片頭痛は若い女性に多い病気で、最近の若い女性は低血圧の方が多いので、当院ではあまり積極的に処方をお勧めしていません。 また、片頭痛を含め機能性頭痛は日常生活で予防するためのいくつかのコツがありますので、まずはそこから試してみるのが良いと思います。 Q6 頭痛はお薬を飲むなどの治療で、いつか完全に治すことができますか。 頭痛薬というのは痛みを止めるものであり体質改善薬ではありません。 上手に薬を使ったり頭痛を起こしにくい生活を心がけるなど、頭痛とうまく付き合って行く方法を見つけましょう。 Q7 片頭痛に対して、薬以外の自分でできる対処法があれば教えて下さい。 A : 悪化させる要因を知り、それを避けることが対処法となります。 片頭痛の悪化要因 睡眠不足、ストレス、過労 空腹(低血糖) 人ごみ、光や音 チョコレート、赤ワイン、チーズなど、特定の食べ物や飲み物 頭部を温めること等、血管を拡張させること 片頭痛の対処法 まず、外出先でも使えるようにサングラス・アイマスク・耳栓を持ち歩き、頭痛の予兆が来たら人ごみを避けて光や音を遮ることができると良いですね。 また自動販売機などがあれば、砂糖入りの冷たい缶コーヒー等のカフェイン入りのドリンク(カフェインは血管を収縮する効果がある)で、こめかみ付近を冷やしながら飲むことをお勧めします。 ところで休日など、ストレスから開放され朝寝坊をした時に片頭痛が起こることもあります。 寝すぎると頭の血管が拡張しやすいためですが、悪化要因から開放された時に頭痛が起こることもあるので、注意が必要です。 Q8 自分の頭痛が 混合型頭痛の場合、頭痛が始まった時に、「今の頭痛が片頭痛なのかそれとも筋緊張型頭痛なのかを見極める」方法を教えて下さい。 例えば、片足で軽くトントントンと跳んでみたら頭に響いてつらいとか、始めは肩こりのひどいような痛みだったのが拍動性のズキズキした痛みに変化してくるなどがあれば、それは片頭痛の発作である可能性が高いと言えるでしょう。 片頭痛に効果的であるトリプタン製剤は、片頭痛の発作が始まったら早めに服用することが大切です。 もしも服用するタイミングを逃してしまうと頭痛発作が進み三叉神経の痛み信号が脳の中で広がってしまうため、薬の効果が現れにくくなってしまいます。 また、生理前や更年期には肩こりも悪化しやすいため、筋緊張型頭痛も起こりやすいですね。 生理不順や更年期症状などに思い当たることがある方は、まず産婦人科を受診して相談されることをお勧めします。 また、妊娠中はエストロゲンが増えるために片頭痛が起こりにくいのですが出産後はまた再発します。 Q10 私は頭痛持ちで、これまで市販の頭痛薬で対処してきましたが、このまま続けていても良いでしょうか。 A : 市販の頭痛薬を長期に渡って服用するなど、自己流の対処を続けていると、薬が効きにくくなったり、知らず知らずのうちに薬物乱用の状態に陥ってしまう方もいますので、頭痛の専門医師に相談されるのをお勧めします。 Q11 危ない頭痛の場合は、どのような症状ですか。 A : いつもと違う頭痛だと感じたら、医療機関を受診しましょう。 命にかかわる病気が発見されることもあります。 特に下記のような場合は、緊急事態と考えて下さい。 ・今までに無い、強い頭痛 ・突然の強い頭痛 ・痛みの程度がどんどん強くなっていく頭痛 ・発熱を伴う頭痛 ・手足のしびれまたはけいれんを伴う頭痛 ・意識がもうろうとなる頭痛.

次の

頭痛・もの忘れ・めまい|横浜市泉区の内科・脳神経内科・脳ドックのはきいクリニック

頭痛 外来 横浜

頭痛 片頭痛 頭のこめかみ・眼の奥が、心臓が脈打つようにドクドク・ズキンズキンと強く痛みます。 頭を下げたり階段を昇り降りすると、さらに頭痛が悪化し、吐き気を伴います。 光がまぶしく感じ、話し声や食器のぶつかる音などが頭に響き、いつもより過敏になります。 頭痛の前触れとして、視野にギザギザの光が広がっていくのが見える患者さんもいます。 片頭痛は、受診する患者で一番人数が多いタイプです。 小学生から片頭痛のある方もおり、学校を休みがちなお子さんの頭痛でお悩みなら、ご相談ください。 患者さんの年齢にあった、片頭痛薬を飲んでいただくことで、治療が可能です。 緊張型頭痛 頭痛全体では、最も患者数が多い頭痛です。 身体的・精神的ストレスから生じる場合が多いと言われています。 何日にもわたり、頭の周囲がギューッと締め付けられるような頭痛が続きます。 吐き気は少なく、体を動かしても頭痛はそれほど悪化しません。 入浴で改善することが多いことも特徴です。 筋肉の緊張をほぐす薬やストレッチをすることで、治療可能です。 群発頭痛 1~2か月間、ほぼ毎日頭痛が起こります。 1時間ほど続くことが多く、寝ているときに起こりやすいです。 片側の目を中心に、突き刺すような激しい痛みが生じます。 特徴として、痛む側の目が充血したり、涙が出たり、鼻水が出たりします。 アルコールを飲んだ日は、頭痛はほぼ必発となります。 頭痛発作は発作時に使用する点鼻薬・注射薬で対応し、群発頭痛を抑え込む予防薬を飲むことで治療可能です。 しかし頭痛で受診される患者さんは片頭痛の場合が半数以上です。 片頭痛に伴い、上記症状も合併する症例が散見されます。 片頭痛専用の痛み止めと予防薬を内服することで、治療が可能です。 二次性頭痛 くも膜下出血、脳出血、脳腫瘍、急性副鼻腔炎などが対象となります。 若いころから頭痛で悩んでいる、最近頭痛が増えた、普段有効な鎮痛剤が効かなくなった、突然の脈打つ頭痛が出現したなどの症状がある場合も、頭痛外来にご相談ください。 もの忘れ もの忘れは、高齢化につれ誰にでもみられるものですが、日常生活に支障をきたす場合には認知症の可能性が考えられます。 ・多発性脳梗塞による脳血管性認知症 ・海馬萎縮に伴うアルツハイマー病 ・幻視・幻覚が前面に出るレビー小体型認知症 などが患者数の多い疾患です。 病気の経過を丁寧に問診し、頭部MRI画像による評価から、診断が可能です。 病状・原因に合わせて、内服治療をいたします。 めまい 耳鼻科領域の病気からのめまいが、よく見られます。 天井が回る・周囲の景色が横に流れるなどのめまい症状を、訴える患者さんがほとんどです。 その中で、脳出血や脳梗塞からのめまいが隠れている場合もあるので、MRIでの客観的評価が必要となります。 もし、脳疾患が確認された場合は、異なる治療や入院対応が必要となりますので、MRI画像での評価が重要となりますので、ぜひ受診をお勧めいたします。 脳神経内科 脳神経内科では、脳や脊髄、末梢神経、筋疾患が対象となります。 もの忘れがひどくなった、手足に力が入りづらい、しゃべりづらい、手足がこわばる、足がすくんで前に出づらい、歩幅が狭くなった、手足が振るえる、しびれがあるなど、気になる症状があるようでしたら、受診をお勧めします。 パーキンソン病 安静時や興奮した時に手足が振るえる 歩く時に前かがみになる 歩幅が狭く、足が前に出ない 顔の表情が乏しくなったりする病気です。 脳神経の一部が変性し、ドパミンが不足することで症状が出現します。 パーキンソン病専用の薬を内服することで、上記症状を和らげることが可能です。 ・会話中に突然ボーっとして反応がなくなる。 ・口をモゴモゴさせたりしたり、一点を見据えて、名前を呼んでも反応しなくなる。 少量の抗てんかん薬を服用することで、発作を抑えられますので、ご相談ください。

次の

済生会横浜市東部病院

頭痛 外来 横浜

・お腹の調子が悪い ・胸焼けで困っている ・ピロリ菌の除菌治療を行っている ・便通の調子が悪い ・血便がでた ・大腸内視鏡検査 大腸カメラ検査 を受けたい ・苦痛のない内視鏡検査を受けたい ・便潜血検査 で陽性と診断された ・ご親族に大腸癌にかかった事がある方がいる 当院は内視鏡検査に力を入れており、地域にお住いの皆様の健康に貢献しております。 早期の胃カメラ検査、大腸カメラ検査を行う事で胃がん・大腸がんの発症リスクは抑える事ができる時代となりました。 胃がん・大腸がんで苦しむ方を一人でも減らしたい一心で、今後も日々診療・検査に尽力を尽くしてまいります。 当院では内視鏡検査以外にもCT検査や超音波検査も行っています。 また、生活習慣病などの外来診療にも力をいれて取り組んでおります。 小さいお子様からお年寄りの方まで、幅広い年齢層の方々から親しまれる地域に根づいたクリニック作りを心掛けています。 お身体の不調でお困りの際はご遠慮なくお問い合わせ・ご来院下さい。 神奈川県横浜市泉区にあります、はきいクリニックでは、風邪や健康診断、ガン検診等の一般内科の他、脳神経内科を専門としております。 脳神経内科は、脳梗塞、物忘れ、めまい・しびれ、パーキンソン病などを専門といたします。 また、私が頭痛専門外来に4年ほど勤めていた経緯 もあり、頭痛で悩んでいる患者さんがいらっしゃいましたら、一度受診されることをお勧めします。 MRI で、脳出血・脳腫瘍などの器質的疾患を否定した上で、それぞれの患者さんにあった治療を、御提供できると考えております。 宜しくお願いいたします。 また1. 5T MRIを導入しているので受診当日に検査を受けていただき、当日のうちに検査結果を説明いたします。 物忘れ、頭痛、めまい、しびれなどの症状がある方は一度受診されることをお勧めいたします。 多くのご縁の巡り会わせで神奈川県横浜市金沢区富岡という、とても歴史のある町でクリニックを開設いたしました「はまと脳神経クリニック」です。 この地域の、みなさまのご健康に貢献することを、第一に診療を続けていく所存です。 当院は、MRI等を整えておりますので診 断を迅速に行うことが可能です。 標榜する診療科は、脳神経外科、内科、神経内科ですが、少しでもお悩みの症状があれば、診療科に関わらずご相談ください。 様々な症状でお悩みの患者さまに対して、正確かつ迅速な診断と適切な治療ができると考えており、当院で治療対応ができない治療 他科での専門治療、入院治療、大手術、放射線治療など が必要や場合には、他の医療機関へ紹介させていただきます。 また、当院では、保険診療、患者さまのご希望される治療 保険適応ではないが有効な治療方法:自費診療 にも柔軟に対応可能ですので、ご気軽にご相談ください。 患者さまを自分の家族の一員と考え親身になって接することで、「はまと脳神経クリニック」と患者さまの間に、安心と信頼関係を築くことができると信じております。 スタッフ一同、誠意を持って、一人でも多くの方々に健康で楽しい生活を過ごしていただくための手助けをしたいと考えております。 参考情報: 頭痛, C型肝炎, 肥満, 高血圧, 漢方, 禁煙治療,... 京浜急行線 杉田駅の改札直結「プララ杉田」3Fにあります。 スギ花粉症に対する舌下免疫療法は次のシーズン 2月 に間に合わせるには前年の10月、11月に始めた方がよいです。 イビキ、日中の眠気が強い方は、睡眠時無 呼吸症候群の簡易検査を受けましょう。 横浜市内視鏡胃がん検診が鎮静剤を併用した経鼻内視鏡でさらに楽になりました。 便潜血による大腸がん検診、腹部超音波検査による肝がん、膵がん検診、横浜市肺がん検診、前立腺がん検診 PSA検査 、甲状腺がんの検診 エコー など多数のがん検診行っています。 慢性咳嗽 長引く咳 でお困りの方は、百日咳、マイコプラズマ感染症、咳喘息、逆流性食道炎など原因を鑑別し適切な治療を行います。 風邪、気管支炎、頭痛、腰痛、排尿障害、更年期障害など保険診療で漢方エキス製剤を処方しております。 睡眠時無呼吸症候群、ムズムズ脚症候群、夜間頻尿、入眠困難など睡眠障害についても適切な診療を行っています。 トラベル 海外旅行 関連医療では各種予防接種、高山病の予防薬の処方など行っています。 頭痛、認知症、胸部異常陰影、近隣の病院のCT、MRIの予約を当院でお取りすることができます。 詳細は、ホームページをご確認ください。 永きにわたり、この地で地域医療の第一線を守ってこられた故土屋正彦先生の「土屋内科クリニック」の思いを受け継いで、一般内科、消化器・肝臓内科、産業医、放射線科の専門医 による診療を再開いたしました。 高血圧、脂質異常症、糖尿病をはじめとする内科の病気全般の治療と予防や、北新横浜のゆうあいクリニックと連携したがん相談もおこなっております。 地域の皆様に貢献できるよう努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。 院内感染が心配な方、日中の通院が困難な方、通院に抵抗のある方など、どうぞお気軽にご相談ください。 診療科目は内科、脳神経内科です。 総合内科専門医、神経内科専門医の院長が、かぜや花粉症、高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病の管理から、脳梗塞や 脳出血の再発予防やパーキンソン病や重症筋無力症、CIDP、多発性硬化症といった神経難病、認知症、てんかん、頭痛、めまい、しびれなどの神経疾患まで幅広く診療いたします。 大きな病院ではなかなか予約が取れない、相談しづらい、そんなときはお気軽にご相談ください。 くまがい内科・脳神経内科クリニックは日曜午前も診療しております。 仕事で平日は通院できない、家族が平日は休めない、そんな方でも通院しやすい診療時間となっております。 また、各種予防接種や健康診断も受け付けております。 地域の患者様、その家族に寄り添う医療を目指しておりますので、気になる症状や介護でお困りのことがございましたらお気軽にご来院ください。 東戸塚はまゆめ内科では『声を聞き逃さない』という姿勢で患者様の様々な訴えをよく伺い、きめ細かい温かい治療を心掛け、個々の患者さんたちと緊密な関係を築き上げたいと考えております。 皆様から信頼され、安心して気軽に相談できる『かかりつけ医』をめざし職員一同、努力 してまいります。 当院は、地域の皆様の生涯にわたる健康維持をお手伝いする『かかりつけ医』として、次の基本理念で日々の診療にあたります。 患者様たちと緊密な関係を築き上げ、ひとりひとりの患者様に最適な医療を提供します。 『声を聞き逃さない』という姿勢でお話をよく伺い、きめ細かい温かい治療を心掛け、患者様にご理解いただけるよう丁寧でわかりやすい説明を心がけます。 最新の技術の習得のために自己研鑽に励み、医師としての抱負な経験と再診の知見 EBM:Evidence based medicine から治療法を検討します。 病状に応じて必要と判断した場合には、積極的かつ速やかに中核拠点病院や大学病院と連携を行います。 患者様の利益を第一に考え、過剰な検査や治療は行わず、治療費を可能な限り抑制します。 一方で、必要と判断した場合には患者様同意の上で可能な限りの検査、治療を行います。 漢方の診療では、横浜市周辺域で最も歴史があり、日本東洋医学会から研修施設に指定されてます。 症状などにより、漢方薬に西洋薬も併用し、患者様に最適な治療を行っています。 糖尿病が疑われる人は、年々増加 してます。 初期の糖尿病は自覚症状がほとんどありません。 生活習慣などで糖尿病が気になる方は、早期に受診し検査を受けることが大切です。 糖尿病科の診療では、診断に必要な「血糖値」、「HbA1c」は、採血後およそ5分で結果が出ます。 インスリン治療が必要となった場合には、外来で導入しています。 外来の診療は、漢方専門医、総合内科専門医、糖尿病専門医などの資格を有する専門の医師が担当してます。 横浜市 での頭痛の病院・医院・薬局情報 病院なび では、 神奈川県横浜市での頭痛の診察・治療が可能な病院の情報を掲載しています。 横浜市 の頭痛の中でも、 を絞り込んで探すことも可能です。 頭痛 以外にも、横浜市の歯科口腔外科、消化器外科、消化器内科、皮膚科などのクリニックも充実。 また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

次の