東京 一人暮らし おすすめ。 【東京の部屋探し】家賃相場とおすすめ不動産会社の口コミ

東京都内の住みやすい街おすすめランキングTOP30!一人暮らしに人気な駅も大公開!

東京 一人暮らし おすすめ

東京で男性の一人暮らしにおすすめの街TOP10を紹介します。 ランキングの選定基準は、飲食店の多さ、日用品を購入できるお店が駅周辺に2件以上あるか、ターミナル駅にアクセスしやすいか、1R・1K・1DKのお部屋の家賃が安いかの4項目です。 男性の一人暮らしにおすすめの街TOP10 東京で男性の一人暮らしにおすすめの街をランキング形式で紹介します。 4万円 池袋駅は、ターミナル駅へのアクセス、飲食店の多さ、買い物のしやすさなど、あらゆる要素が都内でもトップクラスに良いです。 加えて、駅の利便性に対して、家賃相場が非常に低いです。 また、池袋駅には方角ごとに出口が4つあり、出口ごとで街の雰囲気がかなり違います。 6万円 中野駅は、中野ブロードウェイ、サンモール商店街など、買い物環境が整っている街です。 また、新宿・渋谷・池袋までそれぞれ10分前後でアクセスできる利便性に対して、家賃が安いです。 駅周辺は夜遅くまで営業している飲み屋が豊富で、夜遅くになっても賑やかです。 8万円 成増は、池袋まで約10分で行ける立地が良い駅で、家賃がかなり安いのが特徴です。 また、駅周辺には商店街や24時間営業のスーパーなど、お買い物に便利な施設がたくさん揃っています。 東武東上線、有楽町線、副都心線の3路線が乗り入れていて、ターミナル駅以外の駅にもアクセスしやすいです。 6万円 赤羽駅の周辺には、賑やかな飲み屋街と、買い物環境が整っていて住みやすい住宅街があります。 駅東側の飲み屋街は夜でも賑やかですが、駅西側の住宅街は閑静な雰囲気です。 京浜東北線・埼京線・湘南新宿ラインなど5路線が乗り入れていて、池袋まで乗り換え無しでアクセス可能です。 2万円 明大前駅の目の前に明治大学があって、学生で賑わっています。 治安が良く、家賃や物価が安いので、一人暮らしにぴったりの住環境です。 駅前は商店街は、学生向けの飲食店が多く外食しやすいです。 駅から少し歩くと閑静な住宅街が広がっていて、日中でも静かなので、落ち着いて暮らせます。 京王線と井の頭線が乗り入れていて、新宿駅や渋谷駅まで7分という抜群のアクセスの良さを誇ります。 5万円 下北沢駅は、駅前に古着屋やカフェ、飲食店が多く集まっていて、連日たくさんの若者が訪れる街です。 駅から離れると、閑静な住宅街が広がっています。 駅前からは想像もできないくらい穏やかな雰囲気ですが、坂がキツく、歩いて移動するのが大変です。 京王線が乗り入れていて、渋谷駅まで乗り換え無しでアクセス可能です。 4万円 新小岩駅は、駅前にレトロな雰囲気が漂う飲食店が多く、昼間は主婦や高齢者、夕方は学生やサラリーマンで賑わっています。 複数の商店街が広がっているので、買い物や外食に困りません。 アジア系の外国人がたくさん住んでいる地域で、中華料理店や韓国料理店が多いです。 電車は中央総武線が乗り入れていて、東京駅や新宿駅まで乗り換え無しでアクセス可能です。 8万円 北千住駅には「ルミネ北千住」と「北千住マルイ」という2つの商業施設が繋がっています。 飲食店も多く入っていて、買い物も外食もしやすい便利なスポットです。 西口側には下町情緒が感じられる「北千住西商店街」があり、安くておいしい飲食店が多いです。 遅くまで営業している店舗が多いので、帰りが遅くなっても利用しやすくて便利です。 電車は5路線が乗り入れていて、通勤や通学がしやすいです。 新宿駅や渋谷駅へも30分前後でアクセス可能です。 1万円 武蔵小山には、駅前にアットホームな雰囲気の商店街があります。 都心に近い地域ですが、のんびりとした下町の雰囲気が残っていて、帰ってくるとホッとできる街です。 電車は東急目黒線しか止まりませんが、山手線の目黒駅まで2駅の好立地です。 目黒駅には山手線・三田線・南北線の3路線が乗り入れているので、都内の各方面へのアクセスが良いです。 8万円 三軒茶屋はオシャレなお店が多く、若者に人気の街です。 また、駅周辺には下町情緒が感じられる商店街があり、買い物環境が非常に良いです。 「西友」や「肉のハナマサ」など24時間営業のスーパーもあるので、帰りが遅くなっても買い物できます。 田園都市線が乗り入れていて、渋谷駅で乗り換えれば各方面にアクセスしやすいです。 おすすめの街の選定基準 Roochでは、男性におすすめのエリアの選定に4つ基準を設けています。 家賃を抑えることで将来のための貯金ができますし、趣味に使えるお金が多く確保できます。 わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか? わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます! SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます! 遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです! おすすめ関連記事.

次の

【2020年最新】一人暮らしにおすすめの電力会社と選び方!電気代が安い5社比較

東京 一人暮らし おすすめ

この疑問の目次• 初めて都内で一人暮らしする人におすすめの街とは? 都内で初めて一人暮らしをする人は、なるべく家賃が安くてアクセスも良く、利便性が高い街を希望するかと思います。 治安情報や女性の住みやすさもご紹介するので、ぜひあなた好みの街を見つける参考にしてください! 関連リンク: 関連リンク: JR山手線 都内 で一人暮らしにおすすめの相場の安い駅 【田端駅】駅の近くに交番があり、女性の一人暮らしにおすすめ 街の特色 山手線沿線ながら閑静な住宅街が広がっていて、家賃相場が安い 治安の良さ 全体的に犯罪の発生が少なく、治安が良い 家賃平均 7. 好アクセスなのに都会の喧騒を感じさせない静かな住宅街が広がっているのが魅力と言えます。 複数のスーパーや飲食店があるため日常生活を送るのに困らない上、治安が良いので女性でも住みやすいです。 坂道が多いのと、夜道が少し暗いのがネックですが、注意して歩けば必要以上に警戒はいらないでしょう。 JR総武線 都内 で一人暮らしにおすすめの相場の安い駅 【阿佐ヶ谷駅】駅周辺は街灯が多く、パトロールも頻繁に行われているので女性の一人暮らしでも安心 街の特色 レトロで安いお店とおしゃれな飲食店が融合する活気ある街 治安の良さ 粗暴犯の発生が非常に少なく、全域で治安が良い 家賃平均 6. 賑やかながら、どこか温かい雰囲気があるので都会の雑踏が苦手な人でも居心地がいいでしょう。 駅前には交番があり、街灯も多く治安がいいので女性でも安心して住むことができます。 JR京浜東北線 都内 で一人暮らしにおすすめの相場の安い駅 【上中里駅】駅周辺に必要最低限のお店があり、静かに生活したい女性の一人暮らしにおすすめ 街の特色 治安が良く、一人暮らしがしやすい静かな住宅街 治安の良さ 犯罪発生件数が非常に少なく、治安が良い 家賃平均 6. 日常のちょっとした買い物をするのに便利なお店が点在していて、緑と水が豊かな滝野川公園もあります。 暮らす街は静かな場所、遊びやショッピングは他の街に出かけたいという人にぴったりです。 北区の中でも非常に治安が良いエリアなので女性でも安心です。 JR中央線 都内 で一人暮らしにおすすめの相場の安い駅 【国分寺駅】買い物に便利で駅から離れると治安が良く、女性でも安心なのに家賃相場が安い 街の特色 商業施設と緑豊かな庭園が共存する、便利で自然の美しさも感じられる街 治安の良さ 南町3丁目と本町2丁目は粗暴犯・自転車盗難が少なくないので注意が必要 その他のエリアはおおむね治安が良く、女性でも安心 家賃平均 5. また24時間営業のスーパーや遅くまで営業しているファミレス・チェーン店も多いので食事にも困りません。 便利な商業施設がある一方で、国の指定文化財になっている殿ヶ谷戸庭園が癒しのスポットになっています。 都心まで好アクセスですが、わざわざ出かけなくても十分街の中で楽しめ、充実した暮らしができるでしょう。 東京メトロ丸ノ内線 都内 で一人暮らしにおすすめの相場の安い駅 【南阿佐ヶ谷駅】おしゃれなお店も多く、便利で治安がいいので女性の一人暮らしにもおすすめ 街の特色 自然豊かで利便性も高いバランスの取れた街 治安の良さ 杉並警察署が近くにあり、非常に治安が良いエリア 家賃平均 6. 阿佐ヶ谷同様治安が良く、商店街での七夕祭りなどの催し物も盛んなので安心して楽しく暮らすことができます。 桜の名所の善福寺川は春になると大勢の人で賑わいます。 阿佐ヶ谷駅までも徒歩10分ほどなので、中央線と丸の内線の2路線が利用できるのも非常に便利です。 都営大江戸線 都内 で一人暮らしにおすすめの相場の安い駅 【豊島園駅】駅周辺で遊園地・プール・映画・温泉が楽しめる、女性にとって嬉しい街 街の特色 遊園地、映画館、温泉施設、日本庭園のあるレジャー施設の充実した街 治安の良さ 全体的に治安が良く、特に向山2丁目は平成29年の犯罪発生が4件のみ 家賃平均 6. 遊ぶところが多い一方で自然が豊かで、駅から少し離れると緑の多い住宅街が広がっています。 トルコ料理やインド料理を安く楽しめるお店もあるので食事には困らない上、買い物に出かけるのにも便利なアクセスの良さです。 JR湘南新宿ライン 都内 で一人暮らしにおすすめの相場の安い駅 【赤羽駅】駅周辺には飲み屋がたくさん!お酒好きな女性も楽しめるグルメな街 街の特色 リーズナブルな居酒屋や飲食店が多いお酒好きにはたまらない街 治安の良さ 赤羽1丁目・2丁目・赤羽西1丁目は治安が良くないので注意が必要 赤羽台1丁目~4丁目と赤羽西2丁目は犯罪発生件数が少ないのでおすすめ 家賃平均 7. 西側は綺麗に整備してありアパレルショップや雑貨屋もあるのでおすすめ (参考:) 5つの路線が使え、池袋まで9分という非常に便利な立地です。 スーパーや商店街が多く、わざわざ都心まで行かなくても日常の買い物には困りません。 路地裏の安いレトロな飲食店を巡るのも楽しいですが、緑の多い赤羽公園で癒しの時間を過ごすこともできます。 飲み歩きや食べ歩きが好きな人は、お気に入りのお店を見つけることも楽しみのひとつになるでしょう。 東急東横線 都内 で一人暮らしにおすすめの相場の安い駅 【多摩川駅】上品な雰囲気を好む女性にぴったり!駅周辺に何もないことが何よりも贅沢な街 街の特色 多摩川が流れる、落ち着いた高級住宅街 治安の良さ 上品で閑静な住宅街であり、犯罪発生件数は少ない 家賃平均 7. 立派な戸建てが建ち並んでいますが、いくつか一人暮らし用の物件も点在しています。 近くに多摩川が流れ、緑豊かな公園もあります。 通勤は便利に、オフの時間は静かな環境で安心して暮らしたい、という人にとってはとても良い環境だと言えます。 埼京・川越線 都内 で一人暮らしにおすすめの相場の安い駅 【北赤羽駅】運動好きの女性にもおすすめ!川沿いでジョギングや散歩を楽しめる、便利でのどかな街 街の特色 隅田川と荒川が流れる自然豊かなのんびりとした環境 治安の良さ 隣の赤羽よりは治安が良いが、自転車の窃盗などは多いので注意 家賃平均 7. 休日は川沿いを散歩するとリフレッシュできますし、駅周辺で日常の買い物も済ませられます。 埼京線は非常に混雑しますが、どこへ行くのにも便利なので遊びに行きやすいのも嬉しいです。 小田急小田原線 都内 で一人暮らしにおすすめの相場の安い駅 【和泉多摩川駅】都内なのに家賃相場が低く、のどかで女性も安心して暮らせる街 街の特色 多摩川沿いののどかな街並み 治安の良さ 非常に治安が良く、犯罪発生件数が極めて少ない街 家賃平均 5. 都内ながら家賃相場が非常に低く、リーズナブルに物件を借りることができます。 遊びに行く時は乗り換えが必要なことが多いですが、自然を感じられる心地よい環境で暮らすことができます。 駅前にフィットネスクラブがあるので運動好きな人も嬉しいです。

次の

【ホームズ】東京都の「一人暮らし(単身)にぴったりな間取り」を賃貸で探す

東京 一人暮らし おすすめ

一人暮らしで安い電力会社はどこだろう?と探していますよね。 一人暮らしの電気代は4,000円前後が相場。 そんな電気をあまり使わない一人暮らしでは、おすすめ電力会社を選ぶために各社の料金・割引内容などを細かく比較する必要があります。 結論を言うと、一人暮らしにおすすめな電力会社は「 Looopでんき」「 シン・エナジー」「 CDエナジー」「 東京ガス」「 関西電力」の5社になります。 この記事では一人暮らしの方におすすめな電力会社をランキング形式で紹介し、お得な選び方や乗り換えの疑問点なども分かりやすく解説します。 一人暮らしで電気の乗り換えを検討しているみなさんのお役に立てる内容になっているので、ぜひ参考にしてくださいね。 こんな人におすすめ! ・電気をあまり使わない人 ・家にあまりいない人 ・30A以上で契約している人 ・解約金や違約金を支払いたくない人 一人暮らしの方に今もっとも安くておすすめなのがLooopでんき。 Looopでんき最大の特徴は「基本料金が0円」ということ。 一人暮らしでは電気をあまり使わないため、電気代に占める基本料金の割合が大きくなりがちです。 しかしLooopでんきでは、 今まで毎月かかっていた基本料金をまるまる節約することができるのです! 余計な固定費がなくなり電気代は使った分だけ支払えばいいので、まさに一人暮らしにピッタリの電力会社と言えるでしょう。 特に30アンペアや40アンペアなど、基本料金が一定程度かかっている方では月に数百円の節約も可能です。 また、Looopでんきは初期費用や解約金などがありません。 もしかしたら将来引っ越すかもしれないという一人暮らしの方でも、気軽に申し込むことができますよ。 なお、東京の方はガスもセットで契約が可能。 電気とガスをまとめてお得にしたいという方にもピッタリの新電力です。 こんな人におすすめ! ・電気をあまり使わない人 ・関西、中国、四国、沖縄在住の人 ・日中にほとんど家にいない人 シン・エナジーはすべてのエリアに共通して、電気をあまり使わない方がお得になるような料金プランが特徴。 特に 関西、中国、四国、沖縄エリアでお得に利用できるのがポイント。 上記のエリアでは従来の電力会社が既に十分安いため、他の新電力ではほとんど安くできないか、むしろ割高になってしまうことが多いのです。 これらのエリア在住の一人暮らしの方は、 シン・エナジー一択と言っていいでしょう。 また、通常のプランと別に夜間(22時~8時)の電気代が安くなる「生活フィットプラン」も用意。 平日は仕事で日中ほとんど家を空け、電気は主に夜間に使うという生活の方にピッタリです。 寝てる間はエアコンをかけっぱなしという方にも最適なプランです。 関西、中国、四国、沖縄エリアに限らず他のエリアに住んでいる方でも、夜に電気を使う割合が高いという方はお得に利用できますよ。 シン・エナジーでは現在、Amazonギフト券やWAONポイントなどと交換できる 「EJOICAセレクトギフト」3,000円分プレゼントキャンペーンを実施中です。 こんな人におすすめ! ・電気をあまり使わない人 ・電気とガスをまとめたい CDエナジーには一人暮らしの方向けの「シングルでんき」が用意されていて、電気の使用量に関わらず毎月100円を安くすることができます。 また、首都圏ではガスの供給も行っていているため、電気とガスをセットで契約できるのも魅力。 CDエナジーでは 電気だけでなくガスもあわせて光熱費全体を節約することができるのです。 また、Amazonプライムの年会費を負担してくれる「エンタメでんき」というプランも選べたり、電気代100円につき1ポイントが毎月付与されるなど特典が豊富なのも魅力。 ポイントはTポイントやdポイントなどの提携ポイントと交換でき、電気代の支払いに充てることもできます。 CDエナジーに新規申し込みで 最大10,000円キャッシュバックキャンペーンを実施しています。 これから夏は電気代が高くなる季節なので、検討中の方はこのタイミングでの申し込みがおすすめです。 こんな人におすすめ! ・電気とガスをまとめたい方 ・電気代の支払いでポイントを貯めたい方 深キョンのCMでおなじみの東京ガスの電気には、一人暮らしなど電気をあまり使わない人向けの「ずっとも電気1Sプラン」があります。 電気を使っても使わなくても、必ず東京電力より安くなるように設定されています。 さらに、毎月の電気代の支払いで パッチョポイントが貯まり、貯まったポイントはdポイントやPontaポイント、Tポイント、WAONポイントなどと交換ができます。 ポイント還元率 電気代1,000円=15ポイント ガス代1,000円=5ポイント また、レシピ動画サービス『クラシル』の有料機能の一部が使えたり、電気トラブルに24時間無料で対応してもらえるなどのサポートが充実しているのも魅力です。 ガス料金は変わりませんが、 電気とガスを東京ガスにまとめたい、様々なサービスやサポートもあわせて利用したいと言う方におすすめです。 こんな人におすすめ! ・関西エリアに在住 ・電気をあまり使わない ・電気とガスをまとめたい 関西エリアにお住まいの一人暮らしの方は、関西電力に電気とガスをまとめるというのもお得です。 関西電力では電気とガスのセットプラン「なっトクパック」を用意していて、 電気とガスをまとめると電気代、ガス代ともに今の関西電力・大阪ガスの料金より必ず安くなります。 「なっトクパック」に申し込むことで、電気は関西電力の従量電灯A(従来のプラン)から「なっトクでんき」に、ガスは大阪ガスの一般料金(従来のプラン)から「なっトクプラン」に切り替わります。 また、なっトクパックにすることで、電気代・ガス代の支払いで「はぴeポイント」という独自のポイントが貯まります。 ポイントはdポイントや楽天ポイント、ANAマイルなどの提携ポイントに交換することもできます。 ポイント還元率 電気代1,000円=8ポイント ガス代1,000円=5ポイント ポイントを貯めたいという人にもおすすめです。 一人暮らしにおすすめの電力会社の選び方 おすすめの電力会社を選ぶためには、選び方のコツを知っておくことも大切です。 一人暮らしで安い電力会社を選ぶポイントをまとめたのでご覧ください。 月々の電気使用量・アンペアを把握する まずは自分の現在の 電気使用量と 契約アンペアを確認することが大切です。 電気使用量はどれくらい? 電気使用量はkwhという単位で表されます。 一人暮らしの電気使用量は70~200kwhまでが相場。 130kwh前後が平均的で、それ以下なら少なめ、それ以上なら多めと判断するといいでしょう。 電力会社の中には80kwhなどあまり電気を使わない場合でお得になるところもあれば、200kwhなど電気をある程度使った方がお得になるところもあります。 検針票や請求書を見れば載っているので、まずは自分が電気をどれくらい使っているのかを知っておきましょう。 契約アンペアはどれくらい? 電気の使用量だけでなく、現在契約しているアンペア数も把握しておきましょう。 契約アンペアとは、電気を一度に流せる容量のこと。 アンペアが大きいほど一度に流せる電気も多くなりますが、その分基本料金が高くなってしまいます。 契約アンペアによってお得な電力会社も変わってくるので、電力会社を選ぶ際には自分の契約種別をしっかり確認しておきましょう(検針票に書いてあります)。 なお、契約アンペアや使用量ごとに安い電力会社は後半の『』で紹介します。 基本料金が無料または安い電力会社を選ぶ 一人暮らしの方は複数人世帯と比べて使用量が少ないので、その分基本料金が占める割合も大きいです。 基本料金は契約しているアンペアに比例して高くなるので、30Aや40Aで契約している人ほどメリットが大きいでしょう。 また、長期の出張や旅行などでよく家を不在にするという方も基本料金が0円または安い電力会社はお得です。 ただし、もともと基本料金がない関西、中国、四国、沖縄地方ではお得にならないので注意が必要です。 そこで一人暮らしの方は電気だけでなくガスとセットで光熱費全体を節約するという視点も大切になります。 現在のガス会社に特にこだわりがない方は、ガスも検討してみてください。 一人暮らしの方は引っ越しなどで電気を解約する機会も多くなりがちなので、解約金・違約金のかからない電力会社を選びましょう。 以下の電力会社では発生するので注意してください。 ・auでんき:1年未満の解約で2,000円 ・ソフトバンクでんき:いつ解約しても500円 ・J:COM電力:最大20,000円 一人暮らしで安い電気料金を比較 一人暮らしにおすすめな電力会社5社の電気料金はどこが安いのか?一目でわかるように比較しました。 東京電力エリア、関西電力エリアの2つのエリアに分けて、それぞれ3つの アンペア・使用量のパターンでシミュレーションしています。 電気代が3,000円程度になる方はシン・エナジーを、それ以上またはそれ以下になる方はLooopでんきを選ぶと良いでしょう。 関西電力エリアの一人暮らしで電気代を安くしたい場合はシン・エナジーを選びましょう。 なお、基本料金0円のLooopでんきはこれくらいの使用量まではあまりお得とは言えませんが、月5,000円を超えるような使用量の多い一人暮らしの方ではお得に利用することもできます。 一人暮らしで電力会社を乗り換える際の疑問解消 最後に、一人暮らしで電力会社を切り替える際によく聞かれる質問をまとめました。 一人暮らしでも必ず電気代が安くなるの? 電気の使用量や契約アンペアによっては 変わらないかむしろ割高になってしまう可能性があります。 電気使用量が極端に少ないと安くならない 電気の使用量が極端に少ない場合、電力会社を乗り換えても安くならない場合もあります。 そもそも新電力の多くは、使用量=電気料金が増えるにしたがって節約できる幅も大きくなるように金額を設定しています。 もちろん一人暮らしでも平均的な使用量の方であれば安くなりますが、月に2,000円未満というような極少使用量の方では残念ながらほとんど安くできないのです。 アンペア数によっては割高になる 電力会社の中にはあるアンペアまで基本料金が同額というところもあります。 例えば丸紅新電力では、10A~30A契約ではすべて基本料金が803円です(東京電力エリアの場合)。 東京電力の20Aの基本料金は572円ですから、現在20Aで契約している方が丸紅新電力に切り替えると月に231円の値上がりになってしまうのです。 20A以下で契約している方は乗り換え検討先の電力会社の基本料金を確認しておくことをおすすめします。 一人暮らしの平均的な電気代はどれくらい? 一人暮らしの方の電気代の平均は月に約4,000円程度。 ただし、エリアや年代、季節によって以下のような傾向にあります。 平均より安め 平均より高め 関西、中国、四国エリア その他のエリア 勤労世代 高齢世代 春・秋 夏・冬 平均はあくまで一つの指標ですが、平均より電気代が高い人は電力会社を切り替えることで安くできるでしょう。 賃貸マンション・アパートでも契約できるの? 賃貸のマンションやアパート、集合住宅でも、電力会社の切り替えは可能です。 ただし、建物で高圧一括受電をしている場合には申し込みができません。 検針票に「高圧」の記載があるか、契約アンペアが7kVA以上、建物に大きなキュービクルが設置されている場合は一括契約です。 分からない方は大家さんに確認してみましょう。 引っ越しと同時に申し込みできるの? 電力会社によって、 引っ越しと同時に利用できるかどうかは変わります。 この記事で紹介してきた電力会社で、引っ越しと同時に利用できるのはこちら。 引っ越しと同時に利用できない電力会社では、まずエリアごとの電力会社 東京電力や関西電力など に申し込んで1か月利用してから、希望の電力会社に申し込むことができるようになります。 今の電力会社へ解約連絡をすべき? 新電力への乗り換え時には、基本的にそれまで利用していた電力会社への解約連絡は必要ありません。 乗り換え先の電力会社が代わりに解約手続きをしてくれます。 初期費用・工事費はかかる? 電気の切り替えは基本的にはすべて無料です。 契約する電力会社によっては契約手数料がかかることもありますが、ほとんどの新電力では初期費用は無料です。 また、スマートメーターが未設置の方は簡単な取替作業が行われますが、工事費も一切発生しません。 切り替え完了までにはどれくらいかかるの? 基本的に次回の検針日から切り替わります。 申し込みのタイミングにもよりますが、およそ 2週間~1ヶ月程度かかるという認識でいましょう。 夏や冬など電気使用量が増える時期は申し込みが混み合い、次々回の検針日切り替えとなる可能性もあるので、なるべくゆとりをもって申し込むことをおすすめします。 他に電気代を安くする方法は? 電力会社を切り替えられない方、あるいは切り替えた上でさらに電気代を安くしたい方は以下の方法を実践すると良いでしょう。 契約アンペアを下げる 現在30Aや40Aで契約している方は、アンペアを20Aに下げることで月に200円~500円の節約になります。 それだけ電気を一度に使える量は減ってしまいますが、エアコン、ドライヤー、洗濯機、電子レンジなどを3つ同時に使わないなどの工夫をすれば問題ありません。 なお、10Aや15Aはさすがに低すぎて不自由になるので推奨しません。 エアコンの使い方を見直す エアコンは特に電気代が高くなる原因になるため、使い方を工夫することで使用電力を減らせます。 設定温度を調整する 冷房は28度、暖房は20度を目安にすることで電気代を抑えられます。 扇風機と併用する 扇風機を併用することで、部屋の空気を循環できエアコンの設定温度を下げずにすみます。 こまめに消さない エアコンは起動時が最も電気を使います。 1時間以内の外出ならつけっぱなしの方が消費電力を抑えられます。 まとめ 新電力への切り替えは、基本的に「電気をたくさん使う人ほどお得になる」と言われています。 しかし、 電気をあまり使わない家庭でもちゃんとお得になるということがこの記事でわかっていただけたかと思います。 ガスもまとめることでよりお得にすることができるので、ぜひあわせて検討してみてくださいね。 , ,•

次の