サンダー 対 ブルズ。 フェニックス・サンズvsオクラホマシティ・サンダー 11月4日結果

オクラホマシティ・サンダー

サンダー 対 ブルズ

強いていえば、セルティックスでしょうが、選手の高齢化やリバウンド不足で去年ほど強くない気がします。 でも、経験豊富なので、大穴的な存在でしょうね。 西では、サンダー、スパーズ、マブスあたりです。 LACはクリスポールやグリフィン中心の良いチームですが、結構負けが積み重なって、おそらく無理でしょう。 レイカーズは、トレードでイイPGを獲得したのでコービーの体調も整えることができると思います。 あと、レイカーズは、速攻の増加やベンチ陣の活躍、3Pの確率を上げる、主力の体調を崩さないようにしたら、西の4チームよりファイナルに行く可能性があると思います。 ファイナルでもコービー中心に経験が豊富なので東のどこのチームより有利だと思います。 個人的にレイカーズファンなので、言いすぎかもしれませんが、トレードでシーズン最初より強くなったのは確実でしょう! 確かにその4チームは優勝の有力候補ですね。 レイカーズも絶対優勝できないとはいいません。 しかし今までの成績を見てみると、コービーがたくさん点を取っているシーズンは成績があまりよくありません。 今年もその兆候が見られるので、うまくいかない可能性があります。 まぁ個人的な意見ですけど、今年の優勝の最有力候補はヒートだと思います。 ブルズはローズ以外のしっかりしたスコアラーがいないし、サンダーはまだ若くて経験が足りない。 スパーズはダンカンがもう歳で、インパクトがない。 ヒートはインパクトも十分だし、点も取れる。 ディフェンスもいい。 なにより、去年あと一歩のところで敗けたの悔しさがあります。 でもNBAはなにがあるか分からないので、意外なチームがでてくるかもしれないですよ。

次の

MASAKARI TECHNO NBA NEWS: D.ローズ26得点! ブルズがサンダー下しプレシーズン無傷の7連勝

サンダー 対 ブルズ

2010年1月4日の【NBA】 『オクラホマシティ・サンダー』VS『シカゴ・ブルズ』 試合結果は、『オクラホマシティ・サンダー』が『シカゴ・ブルズ』に98対85で快勝!! 今季19勝目(15敗)を挙げた。 勝利した『オクラホマシティ・サンダー』では、『ラッセル・ウェストブルック』選手 チーム最多の29得点・7リバウンド・6アシスト とオールラウンドなプレイ!。 前の試合まで今季28. 5得点のアベレージでリーグ4位につけていた『ケビン・デュラント』選手 25得点 は、ここ8試合で初めて30得点に達しなかった。 5点ビハインドで前半を折り返した『オクラホマシティ・サンダー』は、第3Qに反撃を開始。 『ラッセル・ウェストブルック』選手と『ケビン・デュラント』選手がそれぞれ8得点を挙げた27対6のランで、第3Q終了時には79対66の13点リードとして試合をひっくり返した。 第4Qはそのリードを守り、勝利を収めた。 敗北した『シカゴ・ブルズ』! 今季18敗目(14勝)だ。 『デリック・ローズ』選手 19得点 ・『ジョアキム・ノア』選手 14得点・14リバウンド が活躍したが、第3Qのフィールドゴール成功率が、『オクラホマシティ・サンダー』の65%に対し、『シカゴ・ブルズ』は22%だった事が敗因となった!

次の

13

サンダー 対 ブルズ

まずはシカゴ・ブルズのチームプロフィールです。 チーム名:シカゴ・ブルズ 【創設】1966年 【本拠地】イリノイ州シカゴ 【所属】イースタン・カンファレンス 【チームカラー】赤・黒・白 イリノイ州シカゴを本拠地として活動しているシカゴ・ブルズ。 チーム名の由来は、同じシカゴを拠点としているMLBとNFLのプロスポーツチームが獣をモチーフとしたチーム名であったため、現在の名前が使用されているそうです。 シカゴ・ブルズの昨シーズン 【成績】プレーオフ未進出 【勝率】27勝55敗 【順位】イースタン・カンファレンス 13位 昨シーズンのシカゴ・ブルズは、イースタン・カンファレンス13位という成績でNBAプレーオフ進出を逃しています。 15チーム中の13位と低いランクで昨シーズンを終えてしまっており、悔しさの残るシーズンとなってしまいました。 昨シーズンから戦力メンバーが変わったののもあり、再建の時期でもあります。 昨シーズンの悔しさを武器に2018-2019NBAシーズンを戦って欲しいところです。 (ボールスクリーンと呼ばれることが多い)センターがメインになりますが、スクリーンのかけ方は本当に重要です。 ここで確りと相手をひっかけないと、スクリーナーのファールになってしまう事もありますし、仮にかかったとしても、スクリーンの方向が下手だとスクリーンをもらう選手がその後に攻撃動きにくくなってしまいます。 逆にディフェンスをするほうからすれば、相手のスクリーンの仕方や相手のオフェンスの特性によってピック&ロールに対するディフェンスは変わります。 そのなかでもシカゴ・ブルズが多用するピック&ロールのディフェンスのアイスは、45度などでピック&ロールを仕掛けてくるオフェンスに対して、ボールマンのディフェンスが大きくサイドラインと平行にスクリーンを受けて、サイドラインやベースライン側に意図的にオフェンスを行かせるディフェンス方法です。 2人でサイドラインとエンドラインを使いドライブした選手をトラップしたことにより、スクリーナーの選手がフリーとなりリングに向かってダイブされることもありますが、カバーディフェンスが確りとゴール下で3線ポジションに立っていれば、たとえボールが入ったとしても囲むことができるので怖くないです。 この時確りと他のディフェンダーはヘルプのポジションにいることを忘れないでください。 この場面がアイスで1番の弱点になる場合になります。 スクリーナーがポップアップしたことで必ず1人空いた選手ができてしまい、きちんとコミュニケーションをとらなければ相手に簡単に得点を入れられてしまいます。 このスクリーナーになる選手が外も打てるピックマンなどの場合はアイスは注意するべきディフェンスフォーメーションになります。 相手にポップアウトされた場合は、確りとスクリーナーのディフェンダーがチェックに行くか、周りがカバーディフェンスをしてローテーションする必要があります。 そのディフェンスをマスターすることで、オフェンスにもバラエティーが出てくるのではないでしょうか?ぜひ練習してチームにあったピック&ロールのディフェンスをマスターしてみてください!!.

次の