福島聡。 福島聡|プロフィール|HMV&BOOKS online

福島聡|プロフィール|HMV&BOOKS online

福島聡

略歴 [ ] 映画、アニメーションの仕事に就きたかったために、映像学科に入学するも後期授業の学費の手続きをほったらかしていた為に除籍される。 19歳のときに初めて描いた「箱庭王子」がの秋のコンテストで準入選を受賞し、『』()に掲載されてデビュー。 その後、劇団で役者などもしている。 講談社の『』にて「」、『』にて「」を連載。 その後はの『』に活動の場を移し、「」「」を連載した。 近年は同じくエンターブレインの『』誌上にてタイム・スキップ・コメディー「」を、『』誌上にてマジカル野球漫画「」を連載していた。 作品リスト [ ] 連載 [ ]• G(『』1997年 - 1999年4月1日) - 未単行本化。 (『モーニング』2000年5月25日号 - 10月26日号)• (『』2001年12月号 - 2004年4月号)• (『コミックビーム』2004年8月号 - 2009年1月号)• (『』volume3(2009年2月発売) - volume7(同年10月発売)) - 単行本『機動旅団八福神』第10巻に収録。 (『Fellows! 蜂矢乙女の魔球(『Fellows! (『ハルタ』volume20(2014年12月発売) - volume32(2016年3月発売))• バララッシュ( ハルタ2017-DECEMBER volume 50 より連載開始 - 掲載中) 読み切り [ ]• 箱庭王子(『』1990年12月28日号) - デビュー作。 開催・秋のコンテスト準入選。 一日の楽天(『モーニング』1992年9月10日号)• 花は桜木(『モーニング』1992年11月5日号) - 開催・第21回準入選。 きいろとむらさき(『』2001年1月号)• UFO(『』7号(2001年11月発売))• 溺れる者(『』Vol. 300(2003年5月発売))• 揺らぐ大地(『劇団「はたらくおとこ」パンフレット』(2004年4月公演))• すみれの花(『コミックビーム』2004年9月号付録小冊子) - 原作担当、作画:。 森薫の短編集『森薫拾遺集』にも収録。 みかんスープ(『』Vol. 1(2006年10月発売)) - 作画担当、原作:。 (『コミックビーム』2008年1月号)• ググッてハニー(『』(2009年8月発売)) - 単行本未収録。 Who's Fool No. (『』(2009年8月発売『Fellows! 』volume6付録小冊子)) - 『』に再録。 』volume7付録小冊子)) - アンソロジーコミック『Awesome Fellows! 』に再録。 アタシをフッた腹いせに死んでやるッそんでアレよッ化けて呪ってやるからなッ(『』(2011年3月配送)) - アンソロジーコミック『』に再録。 春が来た(『』(2012年2月発売『Fellows! 』volume21付録小冊子) - アンソロジーコミック『Awesome Fellows! Perfect』に再録。 ショートケーキストーリー(『』(2016年3月配送)) - 単行本未収録。 書籍 [ ]• 『』、 〈〉 2000年、全2巻 - 第1巻が初単行本。 (新装版)『DAY DREAM BELIEVER again』、 〈ビームコミックス〉 2004年、全2巻• 『』、エンターブレイン 〈ビームコミックス〉 2002年 - 2004年、全4巻• 『』、エンターブレイン 〈ビームコミックス〉 2003年、全1巻 - 未発表の第4話以降も収録。 『6番目の世界』、エンターブレイン 〈ビームコミックス〉 2003年、短編集 - 未発表作品「もう半分」収録。 『』、エンターブレイン 〈ビームコミックス〉 2005年 - 2009年、全10巻• 『』、エンターブレイン 〈ビームコミックス〉 2008年、短編集• 『』、KADOKAWA 〈ビームコミックス〉 2016年、全2巻• 『バララッシュ』、エンターブレイン 〈HARTA COMIX〉 2018年、既刊2巻 その他 [ ]• (『』2012年3月号) - ・一部作画担当。 『Fellows! 』volume22販促小冊子に再録。 脚注 [ ] [].

次の

楽天ブックス: バララッシュ 3巻

福島聡

【内容情報】(出版社より) 1991年、東京。 気鋭の原画アニメーターとして、業界に名を轟かせている宇部。 対して山口は、演出助手として不破監督に服従し、自分の企画を作れずにいた。 自らアニメを作るチャンスを求めて、スタジオサンガロンからの退社を決意する山口。 しかしそれは、宇部との別離を意味していたーー。 『機動旅団八福神』で正義を、『星屑ニーナ』で愛を描いた福島聡。 今作のテーマは、友情。 男ふたりの平成アニメーション戦記。 1巻「青春篇」、2巻「上京篇」に続く完結3巻は、長年の夢である劇場版制作へと駆ける「プロフェッショナル編」。 特厚256ページでお届けします。 フルキャストが登場する万感の最終話をお見逃しなく!.

次の

本とコンピュータ 福嶋聡連載コラム

福島聡

来歴 [ ] 出身。 生後5ヶ月で眼病を患い3歳で右目、9歳で左目を失明する。 18歳のときに特発性難聴で失聴し全盲ろう者になる。 そのため、18歳までの音の記憶が残っており、自分の声を聴くことはできないが、よどみなく口で発話する事ができる。 実際、講義や講演会でも発声して話している。 神戸出身のため日常生活ではを話す。 また、の演奏も行う。 母・令子の考案したを使い会話とコミュニケーションをはかる。 指点字は全国の盲ろう者に広く知られ、盲ろう者のコミュニケーション手段の新たな選択肢となる。 盲ろう者として日本で初めて大学へ入学((現在の )。 教育学部助教授、東京大学先端科学技術研究センター准教授を経て現職。 に士の光成沢美と結婚。 (のちに、光成との結婚生活は終わる。 ) 、母親の令子とともに受賞。 には、の週刊誌(2003年4月28日号)で「アジアの英雄」に選ばれる。 、適応障害と診断される。 以後、再発を繰り返している。 に出演した「」『みんな生きていればいい』の回はグランプリおよび「コンテンツ部門 青少年向けカテゴリー 賞」を受賞。 現在は、大学で、障害学(Disability Studies)の研究と教育に従事する一方、盲ろう者を含めたの福祉増進を目指す社会的活動に取り組む。 2015年にを受賞。 同年、20歳以上年下の指点字通訳者と再婚。 学歴 [ ]• 1982年3月 - 高等部普通科 卒業• 1987年3月 - 東京都立大学人文学部人文科学科教育学専攻 卒業• 1989年3月 - 東京都立大学人文科学研究科教育学専攻 修了• 1992年3月 - 東京都立大学大学院人文科学研究科教育学専攻単位取得満期退学• 2008年5月 - 東京大学よりの学位を取得(博士論文:「福島智における視覚・聴覚の喪失と「指点字」を用いたコミュニケーション再構築の過程に関する研究」) 職歴 [ ]• 1996年7月 - 東京都立大学人文学部• 1996年12月 -• 2001年4月 - 東京大学先端科学技術研究センター 助教授• 2007年4月 - 東京大学先端科学技術研究センター 准教授• 2008年10月 - 東京大学先端科学技術研究センター教授 非常勤 [ ]• 1988年4月 - 高等部国語科 非常勤講師• 1993年4月 - 国立身体障害者リハビリテーションセンター学院 手話通訳専門職員養成課程 非常勤講師• 1994年4月 - 教育学部 非常勤講師• 1995年4月 - 教育学部 非常勤講師• 1996年4月- 非常勤講師 主な著作 [ ]• 渡辺荘の宇宙人-指点字で交信する日々( )• 盲ろう者とノーマライゼーション-癒しと共生の社会をもとめて( )• 生きるって人とつながることだ!( )• 盲ろう者として生きて-指点字によるコミュニケーションの復活と再生(明石書店 )• ぼくの命は言葉とともにある( ) 関連書籍• ゆびで聴く-盲ろう青年福島智君の記録(塩谷治(著)、小島純郎(著) )• 指先で紡ぐ愛-グチもケンカもトキメキも(光成沢美(著) )• 指先で紡ぐ愛(コミック版、、講談社、2004年)• ゆびさきの宇宙-福島智・盲ろうを生きて(生井久美子(著) ) のち文庫• さとし わかるか(福島令子(著) ) 出演 [ ] テレビ番組 [ ]• (NHK、2008年5月)• (、2009年6月9日) - ゲスト• (NHK、2017年4月)• (NHK、2020年5月) ラジオ番組 [ ]• 「人間を考える~わたしの『幸福論』」第4回(NHKラジオ第2、カルチャーラジオ 日曜カルチャー、2020年3月) 脚注 [ ]• 毎日新聞2017. 毎日新聞2017. 教授昇任については、『学内広報』 No. 1378、東京大学広報委員会、2008年10月20日、37頁。 『ぼくの命は言葉とともにある』72頁。 2010年2月9日時点のよりアーカイブ。 2020年6月15日閲覧。 『ぼくの命は言葉とともにある』74頁。 外部リンク [ ]•

次の