斎藤 まさし 山本 太郎。 「山本旋風」の仕掛人斎藤まさし:FACTA ONLINE

山本太郎参院議員「衆院解散のおそれ出てきた」…れいわ新選組の会見、急遽中止(デイリースポーツ) 完璧帰趙

斎藤 まさし 山本 太郎

山本太郎のバックに斎藤まさしがいる? 2人の関係について「週刊文春オンライン」は次のように報じています。 一時は政党支持率で共産党に並ぶ野党第2党に躍り出た「れいわ新選組」。 果たして、 この「れいわ現象」の背後には誰がいるのか。 名前が挙がった1人が、 極左の活動家で知られる「市民の党」の斎藤まさし代表(公職選挙法違反で有罪。 2021年まで公民権停止)だ。 斎藤氏はこれまでも様々な地方選で無党派の選挙ブレーンとして暗躍していた。 官邸サイドも、 斎藤が山本の街頭演説に現れていたことを注目していたという。 (2019年9月21日配信) 上記の通り、斎藤氏は山本さんのブレーンを務めていたのです。 斎藤氏はこれまでにも様々な人物の選挙をプロデュースしており、選挙には欠かすことのできない人物として知られていました。 しかし、当の山本さんはこの疑惑を真っ向から否定しています。 「関係ない。 彼は選挙運動できない立場ですから。 演説の現場には来ていたようですが、 『誤解を受けるから来るな』 とは言えません。 」 「これはどの立場の方に対しても同じです。 政治家の街宣の場での排除は、 よほど悪質でない限りはやってはいけないことだと考えます」 山本さん本人によると、「私にはバックはいない」とのこと。 公民権停止の理由とは? 斎藤氏は2021年まで公民権が停止されており、選挙活動に関わることができません。 一体なぜ、彼は公民権を停止されたのでしょうか? そこで、この背景について調べたところ、以下の報道が確認されたのです。 4月の統一地方選挙の静岡市長選で落選した元薬局チェーン役員、高田都子(ともこ)氏陣営の選挙違反事件で、 静岡県警は26日、 投票を呼び掛けるビラ配りを依頼した見返りに現金5百数十万円を支払う約束をしたなどとして、 公職選挙法違反(利害誘導・事前運動など)の疑いで、 東京都練馬区の無職、 酒井剛容疑者(63)ら男3人を逮捕、 静岡市議の宮沢圭輔容疑者(36)を再逮捕した。 「菅直人とは30年ぐらい前からの付き合い」と発言している。 斎藤氏は菅直人元首相と以前から親交があり、 1980年の衆院選では菅氏を斎藤氏が応援している。 この時、 菅氏は4度目の国政挑戦で初当選を果たした。 斎藤氏が代表を務める市民の党は、 よど号ハイジャック犯の息子と関係が深く、 その派生団体は2年前(2011年)に菅元首相の資金管理団体から2009年までの3年間で合計6250万円の献金を受け取っていたことが、 国会で問題となったことがある。 (2013年7月23日).

次の

山本太郎参院議員「衆院解散のおそれ出てきた」…れいわ新選組の会見、急遽中止(デイリースポーツ) 完璧帰趙

斎藤 まさし 山本 太郎

Facebookからの転載。 「桜を見る会」については、様子見。 安倍晋三にとっていよいよ八方塞がりなのは間違いないようだ。 今日は山本太郎について久しぶりにFacebookに書きますが、前にも言ったが私は以前から山本太郎とれいわ新選組にあまり興味がない。 ただ、マスコミやSNSや知り合いから聞こえてくるだけだ。 参院選の時は注目を浴びたものの、もはやネットですら話題にならない。 JXが行なったネットユーザー向けの世論調査でも、わずか1. ネットの一部ですら人気が無くなっている。 「冷たいもんだなあ」と思うんだけど、一時期Twitterでチヤホヤしていた一部文化人も相手にしなくなっている。 ざっと書く。 まずこんなことがあった。 うちの地元に、反安倍政権の大学教授で知られる金子勝が講演しに来たので行った。 そしたら、実際行ったらビックリした。 強烈な山本太郎批判をしたのだ。 まだ当時は金子勝が山本太郎批判をするとは意外だったらしく、その内容をつぶやいた私のTwitterが軽くバズった。 この数日後くらいから金子勝は自分のTwitterでも山本太郎批判をするようになった。 それから、ニューズウィーク日本版で山本太郎の特集が組まれた。 ここに、山本太郎のブレーンと噂されていた斎藤まさしが出てきた。 「山本太郎を操っている?」斎藤まさしに全て聞いた インタビューは超長い。 私は知らなかったが、知り合いの政治学者が教えてくれた。 故翁長雄志の対抗馬に喜納昌吉を立てたのが、斎藤まさしなんだそうだ。 ちなみに斎藤まさしは公選法違反で現在公民権停止中。 だから口が裂けても「れいわ新選組の選挙に関わった」とは言わない。 どうでもいい旧民主党の裏話と自分 がいかに山本太郎を育てたかをしゃべっている。 後半はわけのわからない陰謀論。 れいわ新選組には何故か陰謀論がまとわりつく。 長いインタビュー読むのがダルい人はこのブログをどうぞ。 手短に解説してます。 山本太郎と山本元号党の「終わりの始まり」を告げる斎藤まさしインタビューに呆れ返る - kojitakenの日記 それから、これは笑った。 Facebookには画像添付したが、noteではうまく画像の添付ができないので立憲民主党石垣のりこの後援会アカウントを見に行ってほしい。 石垣の後援会アカウントが添付してるブログは、あの植草一秀のブログだ。 植草を覚えてる人がどれだけいるか。 添付されてる植草のブログを見ると、呼びかけ人は植草と斎藤まさしで、参加するとも言ってない議員の名前を勝手に並べている。 典型的な「山師」の手口で、山本太郎の周りには可哀想なくらいロクな人間がいないんだなあ、と思った。 それから、今日はこんなことがあった。 ああ、立憲民主党から日本共産党まで敵にまわしかねない姿勢で、山本太郎は政局が読めない愚かな男なんだなあ、と思った。 自民党は当然れいわ新選組なんか相手にしないだろうし、この調子で野党共闘も敵にまわすと、ああ、しょうもない第三極政党になって消えていくんだなあ。 そういえば、「日本未来の党」って政党があったなあ。 ネットで少しチヤホヤされたけど、あっと言う間に消えて無くなったなあ。

次の

〔山本太郎〕の選挙参謀が〔斉藤まさし〕だったとは?!: 織伊友作の『時事巷談』

斎藤 まさし 山本 太郎

参院選最終日の7月20日の夕刻、猛暑に見舞われた東京・渋谷駅のハチ公前広場は、黒山の人だかり、興奮のるつぼと化していた。 お目当ては「反原発運動の星」、山本太郎(38)。 「選挙フェス」と銘打った舞台からのアジテーションは、渋谷駅一帯に響きわたり、ツイッターやフェイスブックを介して集まった若者たちは拳を突き上げ、歓声を上げた。 その山本の隣で、マイクを握ったアロハシャツ姿の白髪の男が群衆に向かって、得意げにアジり出した。 「このフェス、もう事件だよ。 みんながつくった事件だよ。 新しい時代は、もう始まるんです……」この白髪の男こそ、東京選挙区(定員5)で山本を当選(4位)に導いた陰の選挙参謀、斎藤まさし。 警視庁の公安関係者は、その一挙手一投足を見逃さなかった。 「既成政党を敵視する筋金入りの市民運動家。 もとは新左翼系の活動家だったが、1983年に政治団体『MPD・平 ……… ログイン オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。 IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。 FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。 年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。 詳しくはをご覧ください)。

次の